FC2ブログ

アラカン映画の謎の綜芸プロの全貌の影に3人の中村正太郎の謎と永遠のライバル





アラカン嵐、現実に嵐のついた俳優名であり、テレビタレントグループの嵐よりも70年ほど前から嵐を映画界&芸能界に巻き起こしました。アラカン嵐は映画愛子の独自な造語ですが、事実です。今回記事は「アラカン映画の謎の綜芸プロの全貌の影に3人の中村正太郎の謎と永遠のライバル」と題してスタートします。






1920年代から1970年代後半にかけて映画400作近くに出演、世界歴代ベストテンランクインの主演映画本数260作以上を越し、数億人の生涯観客動員を記録した国民的俳優の嵐寛寿郎(愛称・アラカン)は、1950年から1961年まで映画製作会社の綜芸プロダクション(綜芸プロ)の映画に多数出演しています。実はこの映画会社は、日本映画の黄金期の一翼を担った大手映画会社の6番手といわれた、新東宝の関連会社でした。




前回記事 『水戸黄門』や『大岡越前』の生みの親を橋渡した謎の映画会社双方にアラカン「嵐」が吹いていた







アラカン映画の綜芸プロダクション(綜芸プロ)の全貌






嵐寛寿郎綜芸プロの主演映画は12作が存在していました。複雑すぎても理解が難しいでしょうから、簡単に紹介いたします。




嵐寛寿郎の1947~1953年の出演映画 全て主演 現存版の再公開を含めない

嵐寛寿郎の綜芸プロの主演映画 全12作 全て製作=綜芸プロ 配給=新東宝
1950 「鞍馬天狗 大江戸異変」 (鞍馬天狗シリーズ)
1950 「天保水滸伝 大利根の夜霧」  江戸時代後期の農政学者の大原幽学を演じる天保水滸伝もの
1951 「右門捕物帖 片眼狼」 (右門捕物帖シリーズ)
1951 「中山安兵衛(1951)」 通算5度演じた代表的役柄の中山安兵衛の4本目
1951 「右門捕物帖帯とけ仏法」 (右門捕物帖シリーズ)
1952 「風雲七化け峠」  多数のコンビ作で知られる監督の並木鏡太郎とのコンビ作
1952 「夕焼け富士」 鞍馬天狗などの巨星大佛次郎の原作
1952 「鞍馬天狗 青胴鬼」 (鞍馬天狗シリーズ)
1953 「右門捕物帖 からくり街道」  (右門捕物帖シリーズ)
1953 「人形佐七捕物帖 通り魔」 横溝正史原作の人形佐七捕物帖の題名の初映像化
1953 「やくざ狼」  著名な天保六花撰(てんぽうろっかせん)の題材 6名の悪党の講談が元の作品で多くは下位で描かれる金子市之丞(嵐寛)を主演に添え珍しい映画
~~~~~~~~~~~~~~8年ほど綜芸プロと縁がない期間~~~
1961 「風雲新撰組」  嵐寛寿郎の現役の主演スター専属時代最後の作品、時代劇最後の主演映画 新撰組題材 自身の近藤勇は2度目




綜芸プロ=新東宝関連の映画製作会社 嵐寛寿郎の主演映画を主に制作





 世界歴代ベストテンランクインの主演映画本数 生涯観客動員 国民的俳優 嵐寛寿郎 アラカン 綜芸プロダクション 綜芸プロ 新東宝 大原幽学








中村正太郎の謎 『人形佐七捕物帖 通り魔』と『羽子板の謎』







横溝正史原作で有名な人形佐七捕物帖の最初の映像化は嵐寛寿郎です。人形佐七捕物帖という題名の統一以前を含めると1938年の松竹映画『羽子板の謎』が最初とされています。人形佐七捕物帖の映画は、アラカンの新東宝時代の直属の後輩でもある若山富三郎版が新東宝と東映で1956~1961年、12作を5年にわたって作られてもっとも有名です。


『羽子板の謎』は中村正太郎という俳優が主人公の岡っ引きの人形佐七を演じたとされていますが、歌舞伎の名優である初代の中村又五郎(1885–1920)が一次的に名乗っていた名前です。ですがこの映画の1938年の時点ですでにこの名前は歌舞伎俳優に存在していません。松竹の

歌舞伎俳優の五代目の中村仲蔵が1964年(昭和39年)~1970年(昭和45年)まで、一時名乗った本名の芸名が中村正太郎です。製作=東京映画、配給=東宝の仲代達矢主演の1965年『四谷怪談』の脇役、笹川源吾を演じた中村仲蔵の正太郎ですが、『羽子板の謎』の正太郎とはまったくの別人です。

『羽子板の謎』が公開された1938年には1935年生まれのため、数え年で3歳です。






人形佐七捕物帖 妖艶六死美人 【DVD】


若山富三郎版の人形佐七捕物帖シリーズの1作目『人形佐七捕物帖 妖艶六死美人』です。若き日の名優若山を知る、当時の芸能を考える、考察することも映画の醍醐味です。





五代目中村仲蔵 仲代達矢 四谷怪談 羽子板の謎 若山富三郎 人形佐七捕物帖シリーズ 『人形佐七捕物帖 妖艶六死美人 横溝正史







正太郎とは何者なのか 3人の中村正太郎の謎 2名の金田正太郎や池波正太郎も参戦






アニメ作品にも知識があるためか、正太郎というと時代小説家の池波正太郎や「鉄人28号」や「AKIRA」の主人公の金田正太郎の正太郎を思い出してしまいます。


では中村正太郎とは何者なのか、初代中村又五郎(1885–1920)が芸名の中村正太郎を名乗った後の時代に『羽子板の謎』の正太郎は存在していません。1930年(昭和5年)の近代歌舞伎年表京都篇に気になることが残されています。なんと近代歌舞伎年表京都篇にこの映画の中村正太郎がいました。

初代中村又五郎や五代目中村仲蔵の正太郎のように、生涯として歌舞伎の名優といえる活躍はしていない正太郎であったため、プロフィールさえも残されていませんでした。



歌舞伎の大名優の初代中村吉右衛門(1900年代後半から六代目尾上菊五郎とともに若手の人気をリードして「菊吉時代」といわれる黄金時代を築く、1951年(昭和26年)に文化勲章を受章、有名ですが二代目中村吉右衛門は養子&孫)が主演の1930年(昭和5年)の歌舞伎の公演の中、出演の歌舞伎俳優としては上から17番目の表記で、この正太郎が出演している記録が近代歌舞伎年表京都篇に確認できます。

つまり、この歌舞伎に出演していた中村正太郎が主演した『羽子板の謎』が横溝正史原作の有名な人形佐七捕物帖の正確な最初だといえるでしょう。この正太郎の名前が公に残っていない理由ですが、ざんえんながら書外を通じて、世間的に大きな功績は残せなかった歌舞伎俳優だからです。

ですが、この正太郎は映画に1937年から1946年までの間、約9年間で13作以上は出演しています。13本程度だと極少数ナ映画出演数ですが、しかも全ての映画出演が松竹映画、まさに歌舞伎と関与があり、人気が得られなかっ他のでしょう、主演映画は3作のみに留まっています。







DVD▼歌麿をめぐる五人の女▽


巨匠溝口健二が監督した文芸要素の時代劇映画『歌麿をめぐる五人の女(1946)』 名歌舞伎俳優の六代目坂東簑助(読み=ばんどうみのすけ のちに八代目坂東三津五郎を襲名、人間国宝)とヒロインの田中絹代で描かれました。歌麿をめぐる五人の女は1959年に『歌麿をめぐる五人の女(1959)』として、長谷川一夫と淡島千景でリメイクされていることでも知られています。この映画『歌麿をめぐる五人の女(1946)』は『羽子板の謎』の中村正太郎の映画出演における遺作です。






正太郎 中村正太郎 金田正太郎 池波正太郎 近代歌舞伎年表京都篇 初代中村又五郎 八代目坂東三津五郎 鉄人28号 AKIRA 初代中村吉右衛門 六代目尾上菊五郎 菊吉時代 文化勲章 二代目中村吉右衛門 溝口健二 歌麿をめぐる五人の女 六代目坂東簑助 田中絹代 長谷川一夫 淡島千景  人間国宝








嵐寛VS千恵蔵  「人形佐七捕物帖」と『独眼龍政宗』(独眼竜政宗)の共通と共通しない評価








嵐寛寿郎の『人形佐七捕物帖 通り魔』は「人形佐七捕物帖」の題名としては最初の映画化、映像化でしたが、題名が異なるものを含めると最初ではありませんでした。

例えば片岡千恵蔵主演の1942年のキネマ旬報ベストテンの受賞(当時は年間ベストテンに含まれることは今以上の名誉で受賞とされていた)した大映映画の名作『独眼龍政宗』(監督は巨匠稲垣浩、原作は石坂洋次郎)の題名が、独眼龍政宗や独眼竜政宗や独眼龍や独眼竜が入る、伊達政宗の映像化や映画としては最初、ですがそれ以前の伊達政宗の映画は、1912年のM・パテー商会の映画『伊達政宗』などが制作されています。1959年に千恵蔵の後継ともいわれた後輩の中村錦之助で『独眼竜政宗』(監督は河野寿一)として再映画化されています。


嵐寛の『人形佐七捕物帖 通り魔』は、千恵蔵映画のようにきちんとした明確な評価が得られていない作品ですが、題名扱いとしてだけでも最初であり、実籍の一つなのではないでしょうか。嵐寛と千恵蔵の戦後は戦前以上に大きな世間的な差が付きましたが、永遠のライバルといえる一部分が通産記録にあります。






独眼竜政宗 [DVD]

千恵蔵映画版の『独眼龍政宗』は石坂洋次郎の原作がありますが、錦之助の『独眼竜政宗』は原作がない扱いです。原作がない時代劇も映画の魅力の一つです。現在の日本映画に少ない部分も非常に残念です。





片岡千恵蔵 キネマ旬報ベストテン 独眼龍政宗 稲垣浩 石坂洋次郎 独眼竜政宗 M・パテー商会 伊達政宗 中村錦之助 河野寿一 千恵蔵映画




姉妹ブログの新記事
大音楽家残酷後「赤かぶ」到来 怒濤と驚異の10年間


姉妹ブログの裏側新記事
現代声優を形成した二大声優ぷらすキングレコードのアニメから実写へ奇跡のポテンシャル





日々探求の励みに⇒にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへにほんブログ村こちらもポチ⇒映画(全般) ブログランキングへ

関連記事
  

2019/11/30 23:23 | 邦画の探求COMMENT(0)TRACKBACK(0)  

 | BLOG TOP |  NEXT»»