FC2ブログ

建設101年映画館 大黒座のおばさんが語った唯一の映画俳優袋とじ



自分なりの映画愛を伝えていくことも、やり方なんじゃないかとなんとなく感じてきた映画愛子の今日この頃です。「建設101年映画館 大黒座のおばさんが語った唯一の映画俳優袋とじ」スタートです。

袋とじ部分だけではなく、終盤は大黒座おばあさんが映画観ていないとおかしい国民的な理由 変誇張広告番組と政治家の映画誇張の珍回答にも探りを入れています。




前回記事⇒令和元年生誕101年 北海道最古映画館が生んだキュメンタリー『小さな町の小さな映画館』独自眼光線





戦前の大黒座を知るおばあさんの幼少期証言にアノ大名優が登場




さらにもう一つ気になる部分があります。巡回上映メインのドキュメンタリー映画『小さな町の小さな映画館』の劇中では戦前の大黒座を知る当時の時点で70歳以上のおばあさんが登場(現在は実名は避けます、2019年5月末時点で存命か不明です)、原健作(1953から原健策の名義が基本)の日活映画の主演映画を観たと劇中で話しています。

劇中に登場した映画スターの名前が何故か原健作だけなのは不思議です。原健作以上に活躍した映画スターはたくさんいるからですが、原健作は児童向けのわかりやすい時代劇映画に主演していたので、このおばさんが子供が子供のときに見て印象に残りやすかったのだと考えられます。






大黒座を知るおばあさんが観たはず2つの選択肢





原健作は日本映画史上歴代上位の450作以上の映画に出演、主演は通算17作(20作弱)ですが、長年にわたって質が高い映画に出演し続けたに日本映画を代表する映画俳優です。1940年「まぼろし城」3部作と「天兵童子」4部作が代表作です。「天兵童子」は戦後に東映の伏見扇太郎主演で1955年に3部作でリメイク、「まぼろし城」は東映の大友柳太朗主演で1956「隠密秘帖 まぼろし城」として単発作としてリメイクされました。

*450作以上はオリジナルだけでなく現存映画、断片のみ、総集編などを含むんだ数です。


天兵童子〈1〉 (1977年) (吉川英治文庫〈154〉)天兵童子〈1〉 (1977年) (吉川英治文庫〈154〉)


国民的ではなく、それ以上の”国民作家”といわれた文化勲章受章者の吉川英治原作の10を越す代表作の一つ、当時の教育的な概念も詰め込んだ児童要素、児童向け強めです。戦後に作られた東映時代劇映画の伏見扇太郎版の1時間尺の「天兵童子」3部作を視聴しています。大黒座を知るおばあさんは戦前の原健作版の「天兵童子」4部作を観たのでしょうか。戦後の「天兵童子」3部作も残念ながら商品化されていません。








原健作と盟友巨星の片岡千恵蔵 通算115作の共演袋とじ






原健作は戦後の日本映画最大の黄金期、特に1950年代のほとんどが1位の東映映画の時代劇俳優の脇役として、特に片岡千恵蔵主演の1000万人ヒット作(忠臣蔵や任侠清水港などの4部作の清水次郎長シリーズなど)に多くに出演しました。主演で代表作を残した1930年代の日活時代は片岡千恵蔵嵐寛寿郎、阪東妻三郎、月形龍之介、尾上菊太郎、沢村国太郎、沢田清らの主力の主演スターとそれぞれと10作以上で共演しました。これも原健作の俳優としての大きな実積です。


特に日本映画ナンバーワン俳優の呼び声が高い片岡千恵蔵とは縁が深くテレビドラマを含まると1935~1981の約46年間、約115作で原健作の有名俳優の自身最多映画共演数を記録しています。千恵蔵との共演の主な代表作の共演は国民的映画「忠臣蔵」は12作、国民的映画「宮本武蔵」は12作13編、国民的映画「遠山の金さん」は9作、国民的題材「新撰組」は6作、国民的映画「清水次郎長」は4作(戦前の題材のみも含むと7作)、国民的題材「水戸黄門」は4作(互いに助演も含む)、多羅尾伴内は3作、国民的題材「金田一耕助」は2作(前後篇、総集編含むと4作)、子母澤寛原作の「お坊主天狗」は3作(リメイクも含む)、刑事やギャング題材の祖ともいわれる「にっぽんGメン」は2作と膨大です。


単発映画の戦前から戦中の片岡千恵蔵の主演代表作は、『初祝鼠小僧』、『赤西蠣太』、『刺青奇偶』、『瞼の母』、『王政復古 担龍篇 双虎篇』、『春秋一刀流』、『土俵祭』、『かくて神風は吹く』、戦後は『飛龍無双』、『黒田騒動』、『妖刀物語 花の吉原百人斬り』(妖刀物語~花の吉原百人斬り~)などが有名です。



原健作の数多くある映画の中でも個人的には名作オールスター映画『かくて神風は吹く』(戦中1944公開、時代劇の名匠の丸根賛太郎が監督)が嵐寛寿郎の海賊大名の弟の惣那重明役で印象に残ります。






原健作の有名出演作『妖刀物語~花の吉原百人斬り~





巨匠内田吐夢片岡千恵蔵の名コンビ、千恵蔵主演コンビの最後の1960年東映映画『妖刀物語~花の吉原百人斬り~』(別タイトル『妖刀物語 花の吉原百人斬り』)です。名脚本家の依田義賢脚本、製作は千恵蔵とのコンビ中心に爆発的大成功した大プロデューサー玉木潤一郎、映画はだいぶ前にハイビジョン版で視聴済みで、画質の繊細なハイビジョンで別な発見があります。上記は貴重なVHSです。東映は何をしているんでしょうか、DVD化されていないことに驚きです。


妖刀物語~花の吉原百人斬り~ [VHS]
妖刀物語~花の吉原百人斬り~ [VHS]


映画の題材は講談が元とも言われ、顔に傷を持つ女性にもてない世間知らずの純朴な商人の青年が遊女その裏に潜む男たちの騙され借金地獄に落ちて、妖刀へつながる恨みの話やある種の狂乱劇、ある意味のホラー要素も描いています。今観ても斬新です。ただの娯楽映画ではありません。

現代でいうホストに金を貢ぐ無残な女性の闇の未来、夢のため借金まみれの男性の成れの果て、男性ストーカーの逮捕の未来にも例えられて、現代に通じる実に普遍的な話で、問題の花魁(おいらん)の高級遊女役は水谷良重(現・2代目水谷八重子、のちの舞台の名女優)、時代劇の概念をきちんと理解した内田吐夢や玉木潤一郎の凄さ、凄みを感じさせ、若者たちへの警鐘(警告のために鳴らすこと)も含んでいます。


原健作も出番は少なめですが、どうにか出演しています。多数の巨匠に出演していますが、伝説の映画監督の内田吐夢に1作で出るだけ(通産では2作)でもそこそこです。

このコンビとしては映画上位には含みませんが十分に秀作といえるでしょう。もちろん意味がある作品です。このコンビの千恵蔵主演コンビでは初のカラー作ですが、カラーよりもモノクロのほうが映画の質も断然よいわけで、日本も欧米も同様ですが映画黄金期はモノクロだからです。




大黒座おばあさんが映画観ていないとおかしい国民的な理由 変誇張広告番組と珍回答





最後に大黒座を知るおばあさんは戦前の原健作主演作だけではなく、戦後の脇役の作品も視聴していたのかが気にかかります。たぶん観ていたと考えられます。何故なら東映映画(全体は時代劇)はに1950年代から1960年代前半の黄金期でもっとも観客を呼んでいたからです。

年間7億人から8億以上呼んだ最大の時期は総合的に1位東映の2位東宝が基本でしたが、大手6社中、1位東映、2位東宝、3位日活でした。この時期は東映映画だけでも年に数億人、最大で5億近くも呼んでいたともいいます。

テレビやマスコミの石原裕次郎世代向けのNHKや民放テレビ、BSなどの裕次郎広告番組の影響で、日活が日本映画黄金期でもっとも客を呼んだと勘違いしている人(嘘や印象操作に乗せられた)が多そうなので少し触れますが、日活の戦後は年間社別順位だと1度も1位になっていません。2位が最高です。1959年の東映に次ぐ、2位が最高順位でした。ほかは東宝がほぼ2位です。


1960年代は出だしや全体は東映が1位(高倉健や鶴田浩二がトップ時期は観客は黄金期の数分の1)ですが、東宝が1位になる年も出てきて、特に1960年代中盤以降は東映と東宝が1位を競い合います。松竹は超ヒット『君の名は』の1955年(松竹1位、東映2位、1956年から東映が連続1位に突入)以降は1位からガタンと滑り落ちて常に蚊帳の外です。長谷川一夫の大映(1960年前半から勝新太郎や市川雷蔵体制も観客では3位、4位で苦しむ)は1950年代前半のみでの最大黄金期は上位に入れず、なのに死後に政治の女性人気を意識した国民栄誉賞という珍回答へつながっていきます。これは日本芸能史の汚点の一つです。

東映1位の時期のナンバーワン俳優が御大片岡千恵蔵、千恵蔵御大だったわけですが、原健作の居た東映は日本映画黄金期でもっとも国民的な位置にあった映画会社、その映画群に100作以上出演していた名優、なので脇役の姿を見ていないことは逆におかしいレベルだからです。





日々探求の励みに⇒にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへにほんブログ村こちらもポチ⇒映画(全般) ブログランキングへ

関連記事
  

2019/05/27 20:58 | 邦画の探求COMMENT(0)TRACKBACK(0)  

 | BLOG TOP |  NEXT»»