男子のフュギュアで映画俳優と最高吉田ちゃん!!とアニメのレズで映画巷談

実は2011に見た映画のランキングの男優と女優を改めて紹介しようとデータを作成しています。2011の総合も少しくわしめな情報を加え公開し2012年のランキングに入ろうと思います。

これが調べたり確認するのが、時間が10時間近くかかってしまった。五輪期間は男子のフュギュア、特に思うところあり、まさに俳優を見るような感じでした。

最近見た映画で当てはめて言うと、羽生君は若いころの松竹時代の長谷川一夫、高橋選手は戦中の大映時代の片岡千恵蔵って感じでしょうか!

長谷川一夫のように舞うような演技、中性的、事実長谷川一夫は女形の人、ちなみに顔は全然違います。

えっ千恵蔵と高橋選手がどうしてー思われると思うんですが胸打ち芝居が似てるところあるなあと

2013に見た”とある作品”を思い出してしまいました。ぐっときたものが同じで驚きましたよーちなみにこちらも、顔は全然違います。女子のほうが競い激しいものでしたが全然俳優は感じず不思議さ感じました。

映画にもバレエ系の題材作はありますよねーそれか一部分にスケートシーンが出て来たりとか、スポーツは面白いなー改めてそう思わせてくれました。

吉田ちゃん
いいなおもいました。誰?あれの吉田ちゃんです、女子カーリング、カーリング女子。今回も最高タイの5位入賞と大健闘でしたね。女優をフュギュアよりカーリングで感じてしまうことに驚きました。あの顔のUP。真剣な表情と笑顔の落差が、サイコー。そして雄たけびのような声(外人選手は特に激しい)笑顔の残像=笑顔の連鎖にレズ心が刺激されちゃいましたwなぜ吉田ちゃんはインタビューが流れないんだろう?。テレビ見てて疑問でした。

レズ心といえば深夜アニメの「桜Trick」よいレズっ気アリで、そこそこ上手く見せてるかなあ思います。あの雰囲気はいいですよね。花園って感じで宙に浮く感じ、リアルさと非現実さの共存。女とは理性と妄想の落差でもありますから~

日々探求の励みに⇒にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへにほんブログ村こちらもポチ⇒映画(全般) ブログランキングへ

  

2014/02/28 22:22 | 作品外COMMENT(1)TRACKBACK(0)  

ハイビジョン化がもたらす日本の滅亡

大きな渦に飲み込まれていく日本人。

ハイビビジョンとスタンダード サイズHDとSDと言うものについて書いてみようと思います。知り合いの映画ファンと話したときやはり今の”ハイビジョン化”はしかたないということになるのです。

地上波が、アナログから完全なるデジタルになりはや数年スカパーもその煽りを受けております。数年前は映画もスタンダードサイズが多かった、でもリマスター版などでスタンダードサイズ版ながらもきれいに見える修正版が放送されていたのです。しかし、そのリマスター版でさえなんか悲しくなる違和感を感じます。この違和感普通以上な映画ファンならわかるかと思います。
阪東妻三郎傑作選 DVD-BOX

味わいなんです。(いや正確には落ちる・・)最近の作品見てるんじゃないかと思うほどきれいな50年前の洋画とか最近ありますwリマスターのスタンダードサイズ版でもハイビジョンリマスター版もきれいには見えるけど製作当時または長い保存過程で自然に痛んだフイルムに染み付いた味わい、たとえば「じりじり映像の良さ」「言葉の劇中の俳優のセリフの途切れ感の良さ」「映像や音声があいまいで雰囲気で伝わる良さ」それも含めて作品なのです。このすばらしさが映画。

その味わいはリマスターされた修正版だけでもなくなる部分が多く、ハイビジョンリマスターされるとさらにクリーンに鮮やかになってしまいます。これにより良い意味の内容は”ぶち壊れる”のです。これはいいことなのか悪いことなのか正直わかりません。これから過去の良い作品を見る人は最初からというか、基本スタンダードサイズのリマスター版またはハイビジョンリマスター版なのです。これって”映画の味わいよい部分”を知らずにこういう風に考えることさえもなく映画を見てしまう悲しさがあるのではないではないしょうか?

地上波が、アナログから完全なるデジタルになりスカパーもその流れに逆らうことはできず段々と飲まれていくのだと思います。だから今のうちにスタンダードサイズまたはスタンダードサイズのリマスター版の映画を録画しておくのは大事かもしれないです。
剣戟王 阪東妻三郎

またまた一例、今年通称・阪妻(バンツマ)こと歴代日本の俳優上位にくる大俳優・阪東妻三郎の主演出演作、それがスタンダードサイズで大映時代の映画を数ヶ月連続で放送されていたのですが”古さがなおプラスアルファ”有りすばらしいのです。古さとはマイナスではなくより良くなる美化なのです。近年の作品が美化現象する可能性は・・?ハイビジョンリマスター版ではくっきりはっきり鮮やか音声も鮮明になる現実があると考えると悲しくもなるのです。

*スカパー約15年の放送では、アナログのスタンダードサイズ⇒デジタルスタンダードサイズ⇒スタンダードサイズのリマスター版⇒ハイビジョンリマスター版⇒? 
*商品や録画などでは、DVDのスタンダードサイズ⇒DVDのスタンダードサイズのリマスター版⇒DVDのハイビジョンリマスター版⇒ブルーレイディスクのハイビジョンリマスター版⇒? 

こんな感じで画質など向上細かく書いたら前にもいろいろあるからきりがないけど、これは幕末の尊王攘夷みたしなかんじで天皇主権や新撰組は滅び、来るべき時世の流れで仕方ないのかもしれません。

日本映画スチール集 剣聖阪東妻三郎―古林義雄・石割平コレクション
日々探求の励みに⇒にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへにほんブログ村こちらもポチ⇒映画(全般) ブログランキングへ

  

2013/11/08 23:24 | 作品外COMMENT(0)TRACKBACK(0)  

日本という国民を信じてーこれからの映画界は新時代✰

映画雑談久々にやります。
再起のもうことをいくつか書いていこうかと思います。
今年の映画現時点49本目に入りました。見た49本の評価とか思うことを記入しデータ管理しています。

今年思うことは一言で言えば日本映画が面白いということですね。しかも1940年代から1950年台のいわゆる全盛期の日本映画です。録画したタイトルの確認などしても思う面白そうな作品が多数ある。そのほとんどがレンタル化・未発売作であることに驚かされる。全盛期の本映画は内容が時代に左右されずに良いから時代を越している。中身に下手な流行がなく普遍性にあふれている。

今年見た映画は日本映画外国語映画がほぼ半々なのですが内容上位は外国語映画より日本映画が多いです。外国語映画と日本映画というと思うところがあります。外国語映画=洋画だと思ってる方が多いと言うことです。特に日本の年配の方は多いのかもしれないです。もちろんそう思う理由として思うところがあります。日本で洋画全盛期と言うものを肌で感じているからかもしれません。マスコミもそれを煽って来た部分も大きくある。アメリカ映画は70年代前半まで名作が多かった、フランスやイタリア映画もそうですね!

わたくし=すとは、年配ではないけど外国語映画=洋画といってしまうことがついついあります。それでも噛みなおして外国語映画または外国映画なんて言ったりしています。ドジなのかマスコミやメディアに流されてるだけなのかw
「韓流」と「日流」〜文化から読み解く日韓新時代 (NHKブックス)

映画における面でもグローバル化の近年、他の国の情報は非常に早く手に入る。日本(世界の日本)と言う国はすごいと思うことがある。”日本ほど多種多様な国の映画が見れる国はなかなかないのかもない”ということです。たとえばブラジル、ドミニカ、インド、アフリカ、ネパールなんていうのもたまに見れます。アメリカ人なんかはw失礼かな、アメリカ自国の映画やヨーロッパ作品以外は下げずんで見てる一般映画ファンが多いのかもしれない(もちろんイメージなだけ、現実はいかに・・)

そういうブラジルドミニカインドアフリカネパールモンゴルなんていう国の作品も世界3大映画際や国内で話題になった(たとえば国内興行1位とか、国内映画賞で総なめとか)作品と言う”ふれがき”があって目にする機会がある可能性を持つのです。氷山の一角なんでしょうね!だからほんの一部。以前ドキュメンタリーで見たのですがアフリカやインド映画が今大量に作られているそうです。アフリカなどは映画館で映画を見るという習慣がアメリカや日本のようには浸透しておらず道端でDVDにコピーした作品を映画として見せてる作品も多いようでそれには驚きました。現在のアフリカ映画を代表する俳優の方も出ていました。日本無声映画時代のように非常に速いペースで映画を製作しているようです。(約100年前に大活躍を始めた日本映画最初の大スター尾上松之助の時代のようなw)映画館であまり公開されない・・映画なのか迷う部分も多々あるのですが国ごとに概念も違うから難しいのです。イチローの記録のようなものかもしれない。アメリカでは日本時代の1000本の安打数をカウントしての4000本に対する批判も少なからずある。

ほとんどが国内だけの作品だと思われますがその中からよい作品が生まれやすい環境にあるのです。日本映画の全盛期のよいな感じかもしれません経済の成長と映画の大量生産は結びついている部分。大量生産から大俳優が生まれ巨匠を生む、日本映画が1960年代前半まで歩んできた道とそのまんま同じとは思えない部分は多いけど、まだまだ未熟なこれから成熟して行くであろう。アフリカやインドなどの”発展途上の国の映画界の今後”に、すとは期待してしまうのです。日本人は人種に差別を持たず純粋な内容を正当に評価できる国民だからね!!

カサブランカはなぜ名画なのか~1940年代ハリウッド全盛期のアメリカ映画案内~
日々探求の励みに⇒にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへにほんブログ村こちらもポチ⇒映画(全般) ブログランキングへ

  

2013/09/13 23:52 | 作品外COMMENT(1)TRACKBACK(0)  

ブログタイトル個性を追求。

ブログタイトルを、ストーリーテラー目指してではなく、「すとーりーまーを目指して」に試しに変えてみました。

ストーリーテラーを数名が使用してるため個性を押し出したいと思い変更を試作でしてみました。”すとーりーまー”という言葉はなんのこちゃとおもうでしょうもちろん造語です。この造語は”ストーリーテラーを目指す”という、ストが考えただけの造語でございます(^o^)/☆
日々探求の励みに⇒にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへにほんブログ村こちらもポチ⇒映画(全般) ブログランキングへ

  

2013/03/03 16:15 | 作品外COMMENT(0)TRACKBACK(0)  

超自虐劇 個人情報流出

DSC00821.jpg
安室奈美恵wwもまさかの登場。小室哲哉の時代は普通には好きでした!
マライア・キャリー癒しのライブいいね(^_^)
けいおんの映画は映画としてはダメでしたね
TVシリーズの延長としても
もうすこし工夫がほしかったです。まあ、キャラ遊びアニメだからね★
踊る大紐育」は笑いましたー


年末の個人情報大大大流出祭りじゃあああああああああああああああああああああああああ、い
の2012年12月30日以来個人情報バラマキ公開です!


DSC00818.jpg
じつは今、「日本映画専門チャンネル」で名監督・岡本喜八監督の特集やっています。わたしもHD阪なんで全部録画しています。
庵野秀明は選定なんてせず
日本テレビのお金儲けのコンテンツアニメに堕ちたダメなEVA映画じゃなく(にわかEVAファン急増ww)
新作はよう!テレビシリーズ日本テレビで作ればwwいいのに!


佐藤允(允=まこと)が、この前なくなりましたね
ほとんどテレビではお金が絡まないタメかほぼ報道されないようでした。
でも大島渚売名ばねーね!

スケール


佐藤允は独立愚連隊シリーズの主演やドラマでも活躍しました
泥臭いの男たちの集団が最高ですww変態ですんで。つい
ちなみに岡本喜八監督が制作に関わった(脚本や監修)60年代のドラマ「遊撃戦
1966年放映にも佐藤允は主演で出ていました。
あれもけっこう良いもので録画がDVDーRAMが残っています。


DSC00819.jpg
上と同じくので部分で「ああ爆弾」です。
超名優・伊藤雄之助やこの前亡くなった名女優淡島千景などが出演でした。
ダーティハリーシリーズ」がHD阪で蘇り全シリーズ録画しました。

~~近況~~
時代劇の名作ドラマ(今や死語の名作という言葉)の
大阪城の女」のハイビジョン版の録画が飛んだ(撮りミス)のが辛いここ数日!(><)
ちなみにSD版はけっこう前に全39話録画して見ていますww




DSC00815.jpg

木村カエラのライブも録画して外付けに本体の容量上移動させたものです。
カエラいいですよ~性格もイイ感じ、最近の歌手では好きな方です。

無頼より~は渡哲也の日活時代の代表作のシリーズもので
無頼シリーズの第1作です。「無頼」より大幹部
1作目は石原裕次郎の主演映画をもっとも多くの数を手がけた監督・舛田利雄


開発者のためのホスティングサービススケール





日々探求の励みに⇒にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへにほんブログ村こちらもポチ⇒映画(全般) ブログランキングへ

  

2013/01/27 03:10 | 作品外COMMENT(0)TRACKBACK(0)  

 | BLOG TOP |  NEXT»»