「アメリカの賞なので日本に賞を取らせたくない取れてもそれはネタのため」

「アメリカの賞なので日本に賞を取らせたくない取れてもそれはネタのため」と題して、少々辛口で書かせていただいています。

アメリカのアカデミー賞のことを書こうか書かないか悩んでいました。しかし触れないわけには行かないかなと突然炎のごとく書いてしまいます。今年も見させていただきました。日本アカデミー賞も見ていますが、完全版の放送がこれからあるので今回は、触れずに行こうかと思います。

WOWOWで、日本のスタジオと現地を生中継で繋いだ現地中継のアメリカのレッドカーぺット&第87回アカデミー賞授賞式など4時間近い放送と、字幕版の日本のスタジオのシーンを省いたバージョンとCS放送のムービープラスのでは、現地のままの映像で見せる日本語吹き替えのアメリカのアカデミー賞レッドカーぺットの放送やファッションに話題を絞った現地の芸能人やファッション評論家などによる字幕の番組なども見ています。ファッションに話題を絞った番組は、司会も変更されて昨年までと違う毒舌が見どころでした。また、ムービープラスでは日本人の映画評論家によるアメリカのアカデミー賞の特番も組まれ、有村昆などが出ていました。WOWOWの現地中継のアメリカのレッドカーぺットには、2014に壁ドンの牽引者扱いされていた斉藤工がリポーターとして現地から中継に出ていて、うれしそうでした。しかし、式の時は中継車の内という寂しさを漂わせていました。

今年のアメリカのアカデミー賞は地味な印象を受けてしまいました。ノミネート者が常連ではない方々が多くいたという部分も大きいですが、アメリカの映画も多少は弱くなってきてるのかなと感じてしまいます。もちろん、アメリカはちゃんとお金が落ちるようにはなってはいる、オスカーはバラバラに分け与えてる印象もありました。しかし、予想に反して「6才のボクが、大人になるまで。」にオスカーはほとんど流れませんでした。「バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)」に完全に流れがいっちゃってましたからね。

個人的な感想でいわせていただきますと、一番印象の残ったのはオープニングでした。司会のニール・パトリック・ハリスが出てきて歌い出します。映画に関わる歌、映像も流れていく、バルドーときて、”シャロンの足”には笑ってしまいました。その場のお客さんも大うけで、その辺の映画愛はさすがにではあるなと思わせてくれます。ショーの要素も要所にうまく交えていて、ニールの影にだけで映る鳥などもよかった。賞の受賞がどうとかは書きません。これで知る以前にご存知だと思うからです。
かぐや姫の物語 [Blu-ray]版。WOWOWの2時間にわたる製作ドキュメンタリーも見ました。
あえて言うなら、高畑勲は日本人であるために取れなかったということでしょうか。評判はかなりよかったようですが、アメリカの賞なので日本人がノミネートすることもあれこれあるんと思います。あくまでアメリカがメインでプラスでもイギリスなどが本線には含まれるくらいですし、アニメ部門であってもアメリカがメインなのは当たり前、そこに日本人監督や作品がノミネートしてもとらせたくないのが本当なんです。これは愛子だけの意見ではありません。ラジオでとある映画評論家の方がざっくりとした意見を述べられていました。「あれはアメリカなので日本に賞を取らせたくないだけだと・・受賞しても、まれにあるネタ程度」だと話していましたが、愛子もそれが事実だと思います。宮崎駿もネタ的な意味も含めて、”わたしたちは自分たちのアメリカだけの作品ではなく、日本のアニメも評価してる”の意味でもらえたんだとしたらキツイものです。その受賞作「千と千尋の神隠し」をもちろんながら見ていますが、内容にはかなり問題がある。興行人数はテレビで宣伝すれば、いくらでもヨイショが効いてたときの作品でしたね。あのときの日本テレビは客を呼び込もうと必死でした。「千と千尋の神隠し」は興行人数が歴代1位でも内容は・・・であるのだと、つまり、ヒット=名作や秀作ではないと最近も教えられています。

アニメーション以外で問題がある作品が賞がもらえてることがおかしいなと思います。そんな内容からしても、「受賞してもまれにあるネタ程度」の真実味が語りかけてくれます。

結論・アメリカのアカデミー賞に日本の作品はただの場違いである。日本に注目されるためにノミネートさせてる可能性もあるくらいですから。怖いなあとアメリカのアカデミー賞。それを感じさせてくれる今回でした。
愛子が2011年見ているメラニー・グリフィスの代表作の「ワーキングガール」ブルーレイ版、ハイビジョン版です。

アメリカのアカデミー賞レッドカーぺットでは、ダコタ・ジョンソンが素晴らしかったです。日本では知らない人もまだ大きいそうですが、衣装の赤い色がぴったりで、1番印象の残りました。主演女優を受賞したジュリアン・ムーアもそこそこでしたが、出てきた声が「かわいい」、彼女はメラニー・グリフィスの娘なんですよね。母親よりも美人かもしれない。いや美人だと思う。レッドカーぺットの見た目のよさだけではなく、作品による今後の彼女にも期待したいものです。
日々探求の励みに⇒にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへにほんブログ村こちらもポチ⇒映画(全般) ブログランキングへ

  

2015/03/03 06:29 | アカデミー賞COMMENT(1)TRACKBACK(0)  

あのツイッター事件の秘密の陰で泣いたアカデミー俳優

一直線女子2014アカデミー特集よいよ完結。


4時間30以降。
主演女優・ケイト・ブランシェットが受賞。
他のノミネート女優をたたえる。フォディ・デンチ(8月の79歳でノミネートですが、会場に来ていませんでした。

4・50ジェニファー・ローレンスのプレゼンターで、主演男優賞「ダラス・バイヤーズクラブ」からマシュー・マコノヒー

4・57(式3・27)作品賞「それでも夜は明ける」プレゼンターウィル・スミススティーヴ・マックィーン監督らが式上へ上がり20名近い大混雑。「今でも奴隷が存在し、開放を望んでいる」を言い残す。
ハンター [DVD]遺作の「ハンター(1980)」これも有名作です。

WOWOWの中継開始から5時間(式は3時間30分でようやく 終了
スタジオで座談会。スタジオゲストの三谷幸喜がスティーヴ・マックィーンといえば「大脱走」などの伝説的映画俳優の方だと言い放つ。もちろん、トータル的映画ファンはそっちです。

最多ノミネートのアメリカン・ハッスルが無冠。スタッフロールは式開始から3時間15分で終わる。メキシコ系のアメリカ人が多く受賞

2014年のアカデミー賞の特徴はさくっさくっとした展開運び、タメがない内容でした。日本で言う黒柳徹子風な番組をこなしている司会者のエレン・デジェネレスらしいんだと思います。サバサバ感のよさです。毎年違う式を見せてくれます。

一方、2014年2月18日に行われていた第67回英国アカデミー賞は作品賞「それでも夜は明ける」で同じとなりました。英国作品賞 は「ゼロ・グラビティ」というアメリカ・アカデミー賞と似たような感じになりました。最多受賞の数ではゼロ(英国アカデミー5つ)なんですが「それでも夜は明ける」が主要は2つ(作品・主演男優賞)と数も同じ。こちらでは米アカデミーと違い助演女優は「アメリカン・ハッスル」からジェニファー・ローレンスでした。

・わたし的に印象に残るのはツイッター事件です。ジャレット・レトーがエレンのツイッター投稿写真に顔が3分の1も入らずトータル的にはいないことになる珍事はすごいものでした。レトーは心では泣いていたはず。ジェニファー・ローレンスとメリル・ストリープは中央を飾っていました。女優はカメラ映りが違います。2014のアカデミー賞特集はこれにて終わろうと思います。3月から4月までかかってしまいました。他のも書きたいことはたくさんなのに困ります。
・全出演者の中では、若手ナンバーワン女優のジェニファー・ローレンスが一番目立っていました。出番もプレゼンターやノミネート意外でも多い、彼女は何もなければ今後も活躍しそうです。

日々探求の励みに⇒にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへにほんブログ村こちらもポチ⇒映画(全般) ブログランキングへ

  

2014/04/08 16:59 | アカデミー賞COMMENT(0)TRACKBACK(0)  

嵐の戦い。白熱デットヒートに豪華スターたちの競演

2.50・(式開始から1時間20分)外国語映画賞は「追憶のローマ」(式開始1時間20分)
イタリア21度目のノミネート11回目の受賞
注目>注目>わたしも大尊敬している世界のイタリアの巨匠・フェデリコ・フェリーニに多大な影響受けたと監督が話す。パオロソレンティーノ監督。この監督は2000年代中盤から伸びてきて賞を多く取る監督です。最近WOWOWで2011年の「きっと ここが帰る場所」が放送されていました。

後半の主なプレゼンター
ブラット・ピット、クリストファー・ノーラン、シャリーズ・セロン、エイミー・アダムス、ビル・マーレイ、グレン・クローズ、ベット・ミドラー、ジョン・トラボルタ、ジエイミー・フォックス、ベネロペ・クルス、ロバート・デ・ニーロ、シドニー・ポワイエ、ジェニファー・ローレンス、ウィル・スミス

特殊技術賞や録音、編集などが終わる。

3.43・司会のエレンが「アナと雪の女王」を意識した衣装で登場。50代でこれ!会場に苦笑の嵐。このシーンが意外と好きでした。

美術は「華麗なるギャッビー(2013)」
キャサリン・マーチン。6度目ノミネートでで4度目の受賞。まさに現代映画美術の巨匠。今回の全受賞者の中で個人では最多受賞です。華麗なるギャッビーは1974年版と2000年版があり、2013年版もそのリメイク作です。
注目>日本のマスコミは取り上げていませんが「華麗なるギャッビー(2013)」は2部門受賞。主要ではないけど意外と検討しました。
華麗なるギャッビーから。

ヒーローたちの映像が数分流れる。アカデミーが製作した有名なアメリカ映画のヒーローたちが流れる。スターウォーズやパイレーツ・オブ・カリビアンなどから

歌曲・脚本・脚色賞などが終わる。

4.30←WOWOW中継開始時間(式開始3時間)
1般的に原作あり脚色賞、原作なし脚本賞だとスタジオの町山さんらが話す。「ゼロ・グラビティ」は両方ともノミネートなし。

ゼロ・グラビティのアルフォンヌ・キャアロンが監督賞受賞。シドニー・ポワイエと硬い握手を交わす、アルフォンヌ・キャアロンは息子との脚本やサンドラやジョージに感謝と話す。

注目>私的感想ですが、アルフォンヌ・キャアロンという監督は人相的に良い顔しています。メキシコ人です。映画プロデューサーもやっていて映画の未来についても研究された末のあの革新的撮影を生み出したのだと思います。それが評価されての監督賞でもあります。アカデミー編集賞も共同で受賞しています。


日々探求の励みに⇒にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへにほんブログ村こちらもポチ⇒映画(全般) ブログランキングへ

  

2014/03/29 00:34 | アカデミー賞COMMENT(0)TRACKBACK(0)  

映画に彩る愛の日。2人三脚芸術家の非常を見つける。

一直線女子式アカデミー賞が正式開始しました。

WOWOW番組開始で1.30(1時間30分)授賞式開始(0分~)

86回アカデミー賞。司会エレン・デジェネレスの前座的軽妙社雑なおしゃべりを披露。ジャレット・トレーが(作品で女装役したことを視聴者が知ってる前提で)全女優も含めて一番綺麗と話しジョーク。

メリル・ストリープ18度のノミネート。85回授賞式、2013年に「世界にひとつのプレイブック」で主演女優受賞したのジェニファー・ローレンスの転んだ事件をぶり返ししゃべりをするエレン。その話をされ笑うジェニファーには10代のような幼さも感じます。しゃべらないと40代ほどの貫禄を見せる23歳。

1・41(式開始10分)
助演男優賞をジャレット・トレーが受賞。プレゼンターがアン・ハサウェイ
注目>この人は何かと式中で出番が設けられてる人でした。本業は俳優ではありません。そういえば日本アカデミー賞でもリリー・フランキーが助演男優賞本業は俳優ではなく本場のアカデミー賞との共通点でした。

1・50(20分)衣装デザイン部門でキャサリン・マーティンが3度目の受賞。「華麗なるギャッビー(2013)

省いた部分の間、プレゼンターではナオミ・ワッツマシュー・マコノヒーサニー・フィ-ルドエマ・ワトソンジャック・エフロンなどが出演、場を盛り上げる。

2・10(40)長編アニメーション部門「アナと雪の女王」が受賞す。会場のどこにジブリの鈴木敏夫がどこにいるのか不明。


2・17(47分)編集賞から「ゼロ・グラビティ」の7冠への道が始まる。

中継開始2・30(式開始約1時間)
ついにテレビでも大きく紹介されたあのシーンが登場。巨匠の映画監督マーティン・スコセッシに近寄る司会のエレン。突然電話をはじめピザ頼みましょう言い出す。会場から戸惑いのざわめき。
タクシードライバー  製作35周年記念 HDデジタル・リマスター版  ブルーレイ・コレクターズ・エディション  【初回生産限定】 [Blu-ray]
マーティン・スコセッシの最大の代表作。

2・35長編ドキュメンタリー部門。
受賞の「バックコーラスの歌姫たち」から3名の出演者がいきなり歌いだして大歓声の会場。
注目>わたし的に注目の部門です。ドキュメンタリーは映画の可能性を広げてくれ、まだまだ伸びしろがあるジャンルです。「バックコーラスの歌姫たち」が受賞。「キューティー&ボクサー」は受賞を逃しました。篠原有司男と妻・乃り子。2人のアメリカ在住の現代芸術家夫婦の創作の格闘の日々を時には激しく時にはやさしく描いた作品です。

特別賞・アンジョリーナ・ジョリーなどが受賞。
人道的支援をしてるようで、失礼ながらまったく知りませんでした。あれは里親ですが・・
日本では杉良太郎がしていますよね。


日々探求の励みに⇒にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへにほんブログ村こちらもポチ⇒映画(全般) ブログランキングへ

  

2014/03/24 23:09 | アカデミー賞COMMENT(1)TRACKBACK(0)  

これから開始する一直線のアカデミー賞!!

しゅうし笑いが耐えないオスカーらしい

レッドカーぺットから開始。
>瀧本さん(瀧本美織)がびみょーなコスプレレベル着物を披露。
感想・本当の全盛期邦画の着物着てる女優の噛み合いはこんなもんじゃありません

>34分 23歳にして3度目のアカデミー賞ノミネートの若手女優ジェニファー・ローレンスが登場。滝本が貫禄に圧到された発言。
瀧本美織PhotoBook「いっしょに走ろっ! ! 」 (写真集)

感想・たしかに無言でたむろするほどの貫禄が画面越しにもある、伝わる。
瀧本美織は数え年ではジェニファーと同じではなくて、下の1歳違い。ジェニファーが今年24歳。


>40分 レオナルド・ディカプリオが眼を合わせてくれる予定だったがWOWOWのカメラに目線を
合わせることなくすぎてしまう。
感想・普通に残念でした。

>スタジオで宮崎VSトイストーリーのプロデューサーとの、いい意味でのライバル関係を紹介
トイストーリーのジョン・ラセター(当時監督)

製作総指揮にはあのスティーブ・ジョブズも関与しています。

>54分ゼログラのサンドラ・ブロックが手は振ってくれるものの去ってしまう。
感想・ひとこと話せるかもだったが・・世の中厳しいです。隣の有名なアメリカインタビュアーがいるらしく、サンドラ場合も隣で話しているのを横目にする。


59分 ABC製作のTHE OSCARS RED CARPET のクレジット挿入。直後、司会者・コメディアンなどで知られるジミー・キンメルが生中継から収録済みの映像に出演。
テレビ越しにおデブな夫婦の家の中へ出て行く。いいスタイルだとおデブ夫婦に言い、再びテレビへ戻る(また生に戻る)授賞式後の番組の宣伝する。(アメリカの放送でなくWOWOWのため放送されず)
感想・アメリカのエンタメらしい展開でした。テレビへ入り戻る男

>ジェニファー・ローレンスにアメリカのテレビ局がインタビュー
感想・非常に堂々としている。

ウィル・スミス登場。アカデミー賞は最高のパーティーだと笑顔で話す。
感想・明るい人です。

二ール・メロン・86回アカデミー賞プロデューサーへのインタビュー

>アニメ「アナと雪の女王」主題歌担当のイディナ・メンゼル42歳。トニー賞も受賞した実力派。アメリカではサントラがミリオンセラーと紹介
感想・ぱっと見で、42歳には見えない20台後半かと思いました。若すぎる。
この人が番組などで歌うのは相当珍しいらしく本当にいるのでしょうか発言の町山さん(映画評論家・町山智浩


>アカデミー賞・番組開始1時間30分でスタート
司会のエレン・デジェネレス56歳。 
2003年からエレンの部屋で評判を博しているらしい。
感想・日本でいう黒柳徹子。やはり年以上に若いエレンの部屋ってww徹子の部屋が見事にパクラレちゃいました。

WOWOW番組開始で1.30(1時間30分)授賞式開始(0分~)

一直線の独持なアカデミー賞タイムテーブルが開始しました!!

ジェニファー・ロペス
とジェニファー・ローレンスってちょい名前が似ていますよね。
日々探求の励みに⇒にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへにほんブログ村こちらもポチ⇒映画(全般) ブログランキングへ

  

2014/03/17 23:45 | アカデミー賞COMMENT(1)TRACKBACK(0)  

 | BLOG TOP |  NEXT»»