長谷川一夫と大川橋蔵、2つの銭形平次が語る悲しみと栄光の物語


銭形平次といえば、映画では長谷川一夫が生涯で18作で演じた一番の当たり役でした。そう、2014年は「長谷川一夫 没後30年」の年でもありました。チャンネルNEKOでのみ、ちょっとだけの特集が組まれていました。長谷川一夫大川橋蔵の二人ともが銭形平次を一番の当たり役にしている俳優です。映画は長谷川一夫で、ドラマは大川橋蔵ということになります。もちろん映画のヒットや評判がなければドラマは作られませんでした。

長谷川一夫の映画タイトルは「銭形平次捕物控シリーズ」、自身で唯一の10作以上のシリーズ作です。日本の歴代の映画スターの中でもこの人は同じ役をあまり演じませんでした。大映版のシリーズの1作目のタイトルは「銭形平次(1951)」となっています。大川橋蔵の映画版の「銭形平次(1967)」と同タイトルなので(年数)で区別しています。長谷川一夫銭形平次といえば、大映の映画。大映版の全17作のシリーズからすれば、試作に該当する「銭形平次捕物控 平次八百八町」(1949)が新東宝で作られています。映画会社である新東宝が異色作路線へ展開する前の時期の作品です。まだ映画化医者としての方向性を模索してたときともいえるでしょう。

この新東宝などで作られた「銭形平次捕物控 平次八百八町」が長谷川一夫の銭形平次の正確な1作目に該当するのです。大映版の1作目の「銭形平次(1951)」は長谷川一夫の銭形平次としては、通産の2作目に該当するわけです。この通産の2作目での大映版の1作目は”捕物控”が付いていないのです。この通産2作目が1作目だと勘違する可能性があるほどです。

銭形平次捕物控シリーズ 銭形平次役  18作 12年(1949~1961)
1 1949「銭形平次捕物控 平次八百八町」
2 1951「銭形平次(1951)」
3 1951「銭形平次捕物控 恋文道中」
4 1952「銭形平次捕物控 地獄の門」
5 1953「銭形平次捕物控 からくり屋敷」
6 1953「銭形平次捕物控 金色の狼」
7 1954「銭形平次捕物控 幽霊大名」
8 1955「銭形平次捕物控 どくろ駕籠」
9 1956「銭形平次捕物控 死美人風呂」
101956「銭形平次捕物控 人肌蜘蛛」
111957「銭形平次捕物控 まだら蛇」
121957「銭形平次捕物控 女狐屋敷」
131958「銭形平次捕物控 八人の花嫁」
141958「銭形平次捕物控 鬼火燈籠」
151958「銭形平次捕物控 雪女の足跡」
161960「銭形平次捕物控 美人蜘蛛」
171961「銭形平次捕物控 夜のえんま帖」
181961「銭形平次捕物控 美人鮫」


製作会社・1は新東宝=新演技座、2~18大映京都
新東宝と共同製作の新演技座は、長谷川一夫や山田五十鈴などが中心で立ち上げた映画や演劇を目的とした会社でした。しかし、長続きしませんでした。スターの汚点というべきでしょうか。

長谷川一夫も去年没後30年でしたが、今では、意外と人気がない俳優なのです。かなり前に全盛期がある俳優なので、リアルタイムで見ていた人でさえ、通算18作目の「銭形平次捕物控 美人鮫」(1961)18作目の当時で20歳だとしても現在73~74歳になっていますから、今20歳であると、テレビが取り上げてる俳優のみが俳優であるという認識なってしまっている状況です。そのため、今に見なければ知る機会さえもありません。偶然にも最初は新東宝と新演技座の共同製作で作られていたこのシリーズですが、新演技座が潰れても大映で継続して成功を収めています。新演技座という悲しい過去が布石となり、栄光の未来を作っている現実があります。

個人的な長谷川一夫の印象を言わせてもらえば、演技は見ていて面白いと思えない演技が多くあります。演技というものは面白ければよいものではないものなのです。海外は面白おかしい演技を重視したりする。ここはアメリカでもなければ、日本という別な国であるのです。日本映画の衰退により、基準がアメリカになった部分もありますが、アメリカが基準なのが大きな間違いなのかもしれません。

顔が戦前の二枚目のイメージで定着されている俳優の割には、ほんとに地味で弱い演技もする。美意識のある演技。歴代の映画スター俳優が目指した演技は個々によっても全然違うため、どれも正当化できないのです。長谷川一夫はは出演した代表作たちの印象や流れで美意識のもある文学的な方法の演技へと行くことになったのです。長谷川一夫といえば、時代モノなどの文芸作にも多く出ている俳優。日本映画の歴代では文芸作が異常に評価された時期があったのと近く、長谷川一夫の俳優としての評価の一部分が文芸作と関連付けて大きめに評価されてしまったといえるのでしょう。長谷川一夫は1位ではなく、数多くの要素で歴代上位に評価される俳優です。映画愛子的には日本歴代の映画スター4位の評価をしています。全履歴や代表作数、当たり役、俳優としての歴代記録、影響力などから判断してこの順位にしています。
日々探求の励みに⇒にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへにほんブログ村こちらもポチ⇒映画(全般) ブログランキングへ

  

2015/02/22 20:20 | 超大物俳優COMMENT(0)TRACKBACK(0)  

2世俳優の真実。父はずっと大スター、息子はずっと脇役・・・しかし、親子の絆は以心伝心していた


父は大スター、息子は脇役。それでも・・・同じ俳優というつながりのある道

大川橋蔵 没後30年」。東映チャンネル大川橋蔵の息子・丹羽貞仁(にわ さだひと)のインタビュー番組を2014年の年末見ました。子煩悩な良い父親であったと話していました。以前、「徹子の部屋〜Classics〜 」というCS放送のテレ朝チャンネル1または2で放送された大川橋蔵が出演の放送を見ていますが、その中で子供のことについて話しています。子供と接していると仕事を忘れられるのだと話していました。息子・丹羽貞仁にもそれが伝わっていたのですね。血を分けた以心伝心というものでしょう。これだけ父親が愛され続けているというのはどんな気持ちなのでしょう。

放送では、家では映画スターではなく、一人の良い父親であったという部分が印象に残ります。東映チャンネルでは、大川橋蔵の主演作はこの10年ほどでほとんど放送しています。他の俳優はまだまだ放送されていない作品があるのですが、それが不思議です。北大路欣也が主演したドラマシリーズの銭形平次(1991~1998年、シーズン的に作られていて途切れが多数)に若き日の丹羽貞仁も出ています。脇役俳優としてレギュラー出演しています。銭形平次(1966~1984年、18年間、休まず連続放送)は、大川橋蔵がテレビドラマで前人未到の18年連続主演を到達したドラマの代表作です。日本の歴代テレビドラマ史に残る作品でもあります。
シリーズ的な扱いをされることがある美空ひばりとの共演作の一つ

愛子は現存してる全話数をCS放送で見ています。888話の全ては現像していません。最初の頃に欠番の話数が存在しています。全て見れない現実はくやましい。やはり、片岡千恵蔵美空ひばりなど、日本の俳優や芸能界を作り上げてきた超大物のゲストの話数は特に印象に残っています。内容の良い話数は忘れても、ゲストなどによる印象がある話数は年数を経ても覚えているので不思議です。
没後20年記念出版の大川橋蔵の世界を収録した写真集。

大川橋蔵による主演シリーズのドラマの銭形平次の製作が映画の東映でもあることから、大川橋蔵の映画版も作られています。CS放送ではあまり放送されていない映画でした。「大川橋蔵 没後30年」でハイビジョン版が放送され、録画しました。1967年に製作された「銭形平次(1967)」です。映画は大友柳太朗水野久美などと共演しています。映画の公開時、テレビシリーズが放送されています。放送されながら映画も公開されていたのです。

この頃のテレビシリーズは、まだモノクロのときでしたが映画はカラーです。テレビドラマより映画の方が10年以上はカラー作の登場は先です。日本映画は1950年代後半くらいからカラー作が一部では作られ始めています。そのときはまだ大型作品やオールスター作品などが中心でした。この作品の1967年の頃は、さらに多くの作品がカラーで作られています。映画の「銭形平次(1967)」は、大川橋蔵の他は、テレビシリーズとは別な俳優である点も特徴で、テレビシリーズと一味、二味も違う平次の活躍が楽しめます。

映画スターとしても、他にもいろいろと「新吾十番勝負シリーズ」、「若さま侍捕物帖シリーズ」など、多数の痕跡のある俳優ですが、”今回は銭形平次だけ”でまとめさせていただきました。
日々探求の励みに⇒にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへにほんブログ村こちらもポチ⇒映画(全般) ブログランキングへ

  

2015/02/10 19:08 | 超大物俳優COMMENT(0)TRACKBACK(0)  

 | BLOG TOP |