大物で大ベテランの少女役の女性声優と日本アニメーションとの驚愕リンク


今や声優の地位は異常に向上し、テレビや映画で俳優として出演している実写の演技者よりも人気があるところもあります。数多くの代表作を持つ方々が地位の向上の土壌を作り上げたのです。先人の力は偉大なり、今の声優の地位の向上もこうした”土壌を形成に尽力を果たした人たちのたまもの”なのです。

前回の記事→日本アニメーションの40周年を祝うために歴代時代劇スターやナンバーワン声優とあらいぐまラスカルが参戦

「マジンガーZ」「キャンディ・キャンディ」「ドカベン」「キン肉マン」「ガラスの仮面(1984年版)」「めぞん一刻」などの出演した大ベテランの女性声優の痕跡と日本アニメーションのカンケイ


世界名作劇場のテレビアニメ「南の虹のルーシー」は家族や移民の要素を描いています。イギリスから南オーストラリアへの移住時代の家族の3姉妹を軸に描いています。3姉妹のなかでも三女であるルーシーが中心です。現在はほとんど活動はしていませんが、女性声優の松島みのりがルーシーを演じて、3姉妹の目線も取り入れて英がいています。3姉妹のなかで幼いキャラクターをベテラン声優が演じており、当時はこういうことが多くありました。アニメでは幼い役が一番に演技力を問われることがあります。

松島みのり”は主な代表作に、1966年「どろろ」では手塚治虫の原作の主人公の少年・どろろ役、1972年からの「マジンガーZ」ではヒロインである2代目の少女・弓さやか、1974年「てんとう虫の歌」の主人公の少女の通称・ひよ役、1976年の視聴率的にも大ヒットした「キャンディ・キャンディ」の主人公の少女の愛称・キャンディ、1976年からの「ドカベン」の山田太郎の妹の少女・山田サチ子、

1982年の「南の虹のルーシー」の主人公の少女で愛称・ルーシー、1983年から1992年まで「キン肉マン」シリーズでは愛称・ミートくん、「ガラスの仮面(1984年版)」では北島マヤのライバルの少女の初代・姫川亜弓、1986年からの「めぞん一刻」の音無響子の母親の千草律子など多数の代表作がある大ベテランの女性声優です。で「キン肉マン」シリーズでは愛称・ミートくんは少年ですが、特に少女役が得意という印象はあります。「めぞん一刻」の音無響子の母親役も演じるなど、有名作で大人の女性も演じていて、幅広い代表作があります。ちなみにここの全部を再放送で観ています。



少女役を得意とした名声優・松島みのり日本アニメーションの制作によるテレビアニメの代表作


松島みのりといえば、大ヒット作の「キャンディ・キャンディ」や「ドカベン」の名キャラクターも大きいですが、個人的には目線をそらして、「てんとう虫の歌」が個人的には印象の残ります。この作品は貧乏ながらもひたむきに生きていく兄弟姉妹の話でもあり、兄弟姉妹の元気なマスコット的な存在であり、主人公として描かれているのが、松島みのりが演じる劇中の愛称・ひよです。幼女で健全なパンツ丸出しのシーンなど、違和感なくやっています。

松島みのりが出演した”日本アニメーションの制作によるテレビアニメ”の代表作>
・1974年~1976年 「てんとう虫の歌」 主人公・通称・ひよ
・1976年 「キャンディ・キャンディ」 主人公・愛称・キャンディ
・1976年~1979年 「ドカベン」 脇役・山田太郎の妹の山田サチ子
・1982年 「南の虹のルーシー」 主人公・愛称・ルーシー

てんとう虫の歌」のエンディングテーマ曲が2曲あり、その一方は松島みのりがサチ役で歌う「ひよこでしゅら」は今で言うキャラクターソングの名曲でした。正確には歌はアニソンの女王といわれる実積を持つ堀江美都子であり、松島みのりはセリフとなっています。観たのが10年以上前なんですが、この歌やセリフは未だに印象に残ります。

キャンディ・キャンディ」も堀江美都子が主題歌を担当して100万枚以上のセールスを記録しています。「てんとう虫の歌」のエンディングテーマ曲「ひよこでしゅら」の作曲は数多くの代表作を持ち、現在も存命のアニメやドラマの名作曲&名劇中曲で知られる菊池俊輔です。個人的には、「ドラゴンボール」や「ドラゴンボールZ」、昭和の国民的人気があったころの「仮面ライダーシリーズ」など数多くあります。



日本アニメーションの全体に戻ります。松島みのりも出演している「ドカベン」は1976~1979年まで169話が放送され、「野球狂の詩」(1977)は1時間枠で半年にわたって放送され、アニメとして野球ファンが観ても面白い内容を実現させていました。個人としては10年ほど前に録画した内容も残っていますが、現代に見ても新鮮で面白い内容です。

「巨人の星」などでは描かれていない、ゲーム展開の細かい熱い駆け引きや各登場キャラクターたちの心境なども時間をかけて描かれ、スポーツアニメというジャンルの確立に別な視点を与えることに成功しています。また、野球に関する雑学やウンチクも数多く詰まっています。愛子もCS放送の再放送で見ていますが、再びの再放送が待たれるところです。世界名作劇場では最近は放送されていない「南の虹のルーシー」と「ピーターパンの冒険」を再放送してほしいところです。
日々探求の励みに⇒にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへにほんブログ村こちらもポチ⇒映画(全般) ブログランキングへ

  

2016/03/18 18:23 | アニメ・探求COMMENT(0)TRACKBACK(0)  

日本アニメーションの40周年を祝うために歴代時代劇スターやナンバーワン声優とあらいぐまラスカルが参戦


日本のアニメは世界でも独自な概念が存在しています。時代劇との数多くの関連もその一つです。今回は前回の続きですが、違う解釈も含めて、世界名作劇場やアニメの歴史に迫ります。

前回→日本のテレビアニメの発展に大きく貢献した大人物と日本アニメーションの世界名作劇場たち

映画愛子による世界名作劇場の自薦のナンバーワン作品


世界名作劇場では前回記事にも書いていますが、あの中でも「あらいぐまラスカル」を一番に評価しています。通称・ラスカルは少年を取り巻く、地域の騒動やご近所コメディともいえる要素があり、笑いあり、たまに涙もあります。少年や少女の児童文学的な要素もあり、観るたびに”清い心”を思いさせてくれます。時代を通り越して何回でも観れる名作テレビアニメです。他の70年代の作品は普遍的ですばらしい内容が多くありました。



男役の女性声優の歴代ナンバーワンと世界名作劇場


1980年代のなかでは「小公女セーラ」が一番のように世間的にはいわれることもありますが、個人的には「トム・ソーヤーの冒険」と「南の虹のルーシー」の方を評価しています。トム・ソーヤは少年が主人公で、箱庭的な世界観も魅力で、声優界のある意味のトップでもある野沢雅子がトムを演じています。男役の女性声優では歴代ナンバーワンといえるテレビアニメの代表作数を持つ人物です。

「いなかっぺ大将」の風 大左衛門、「ど根性ガエル」のひろし、「ゲゲゲの鬼太郎」の初代・鬼太郎や「銀河鉄道999」の星野鉄郎、「怪物くん」の怪物くんなどの数多くの代表作がありますが、1986年から長期間の中断を挟んで続く「ドラゴンボール」の孫悟空は2016年で通算では30年であり、一番の当たり役といえるでしょう。ほかにも息子役も2役を演じています。また、野沢雅子は、同じ世界名作劇場内で「あらいぐまラスカル」のラスカルも演じていたといわれています。

ドラゴンボールや世界名作劇場の声優と時代劇映画スターとの関係が浮上


映画の時代劇では昔、2役を演じている大スターもいました。いくつかの例はあるのですが、歴代映画スターでいうと、片岡千恵蔵が出演した忠臣蔵の題材作品の通算35年、通算22作のなかで、浅野内匠頭と大石内蔵之助などの2役を9作品で演じているケースも挙げられます。そう考えてもアニメの声優が2役を演じる部分と時代劇映画の2役を演じるという概念には多少なりは関連が挙げられます。

実写とアニメでは違うことは違うんですが、孫悟空役の通算では30年は、43年間にわたって映像作品の実写で旗本退屈男(映画33年、ドラマ含めて43年)を演じた、時代劇の上位の映画スターである市川右太衛門のような感じですね。片岡千恵蔵(時代劇、現代劇の無双)と市川右太衛門(ほぼ時代劇)の二人は、ドラゴンボールシリーズも制作している東映とも大きな関わりがあります。1930年代の時代劇の形成から1950年代の映画黄金期などを牽引した多大な痕跡から、御大(御大将を意味し団体のトップに対する親しみをこめた呼び方)と晩年は呼ばれていました。

戦前から200作近い映画の大スターでありながら、戦後の東映の創立に中心で関与し、草創期から尽力を尽くしたばかりではなく、東映の映画の最大の黄金期である1950年代をトップ2として牽引、最終的には2人共が320作以上の映画で通算9割の主演数、戦後も日本映画の中心となりました。現在も活動する多くの現代風な大物俳優の後輩たちを輩出した歴代の2大スター俳優です。2大とはいっても差があり、片岡千恵蔵の方が代表作、功績の数は断然に上回っています。
日々探求の励みに⇒にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへにほんブログ村こちらもポチ⇒映画(全般) ブログランキングへ

  

2016/03/05 21:44 | アニメ・探求COMMENT(0)TRACKBACK(0)  

 | BLOG TOP |