FC2ブログ

【栄耀栄華】新人監督のニュージーランドスクリーン賞2作の快挙と往年名優ピーター・オトゥールが結ばれた理由




娯楽作以外の海外映画を視聴していると人種とは、自分の価値観とは、生まれ育った環境とは何なのだろうかと考えさせられることがあります。白人に生まれたら映画では多くの地域で仕事がしやすく恵まれる、日本人ではだめなのだろうか。いやけっしてそんなことはない。ただ白人が日本人や他のアジア人よりも先に大きなツールに手伸ばして占拠していただけだからです。

「 【栄耀栄華】新人監督のニュージーランドスクリーン賞2作の快挙と往年名優ピーター・オトゥールが結ばれた理由」スタートです。

前回記事⇒未来のNZ ニュージーランド映画を背負う新鋭とヴィンセント・ウォードの十字架




栄耀栄華 デビューでニュージーランドスクリーン賞に2作の快挙の真相






その後、の日本未公開の2006年『No.2』=別題『NamingNumberTwo』で監督デビューを果たしています。この作品も国内で好評を得て、2006年のニュージーランドスクリーン賞にノミネートされています。

さらに前回の記事にも登場したヴィンセント・ウォードが監督した2005年『ファイナル・ソルジャー』(原題はRiver Queen、日本でも公開)の脚本で参加、この作品は同年の2006年のニュージーランドスクリーン賞の監督賞に12部門でノミネートされました。


つまりトア・フレーザーは、2006年のニュージーランドスクリーン賞(ニュージーランドが製作に関与した映画とドラマの賞を表彰する賞)に2作においてノミネートしていることになります。2006年のトア・フレーザーは、『ファイナル・ソルジャー』は脚本でノミネートし、『No. 2』にも同時にノミネートしたということです。

『No. 2』は2006年の2月の公開であり、ギリギリの期間で2006年のニュージーランドスクリーン賞のノミネート作品の対象期間に含まれたようです。また、『No.2』のトア・フレーザーは監督としての初受賞はなりませんでしたが、主演女優や助演女優、助演男優など4部門が受賞しました。



No. 2 ( Naming Number Two ) [DVD] by Ruby Dee

No. 2 ( Naming Number Two ) [DVD] by Ruby Dee




ニュージーランド新人監督の快挙 デビュー作でいきなりの北米デビューと白人史上主義




さらに『No.2』はニュージーランド国内の公開題名、また『NamingNumberTwo』は2006年に北米の公開用に題名を変更、事実上の北米でデビューも果たしたことになります。トア・フレーザー(ToaFraser)は監督デビュー作でいきなりの北米デビューができてしまうとは、やはりニュージーランドとアメリカは同じ英語の言語圏であるだけでなく、白人同士だから可能だった部分もありそうです。


ちょっと反れますがスポーツ業界はオリンピックや世界大会が存在し、日本人にもある程度の平等なレベルにおいて、トップになる可能性がたくさんありますが、映画業界には平等は薄めです。それゆえに海外の英語圏の多くが白人の中心に回っているわけです。悪く言えば、海外の英語圏の映画では日本人の存在は必然的のサブになるため、存在価値が薄く事実上の場違いともいえます。

なのでマスコミは海外に出ている俳優をスポーツと同様のように扱いのはおかしい部分もあると感じています。世界の映画界は今でも白人史上主義が広がっています。


日本人は日本で独自なモノを海外に発信していけば良いだけなのです。これができるのも映画業界を形成し、牽引してきた多くの俳優たちや製作者たちから譲り受けた土壌のおかげだと感謝しながら・・




マイケル・ムーアの恐るべき真実 アホでマヌケなアメリカ白人 1 [DVD]

『マイケル・ムーアの恐るべき真実 アホでマヌケなアメリカ白人』です。白人のことを取り上げたので、関連付けてみました。




<日本映画不足の方への急チャージができる映画たくさん登場する姉妹ブログ>

    ↓          ↓   テレビが取り上げない新の巨匠たちの真実に部分に踏み込んでいます。
永遠の最大ライバルがテレビドラマで終止符 渡辺邦男とマキノ雅弘の娯楽映画2大巨匠

    ↓          ↓   表もどうぞ 急チャージ可能
【大進撃】映画界の天皇 渡辺邦男が参加した主なテレビドラマたちを公開





トア・フレーザーピーター・オトゥールのインディペンデント・フィルムは晩年の代表作の一つ





トア・フレーザーの2006年のデビュー作『No.2』は家族、コメディ要素の映画ですが、2007年のアメリカのBlack Reel Awardsのベスト・インディペンデント・フィルムにもノミネートされました。この賞はアフリカ系アメリカ人を評価するための賞であり、作品劇中にアフリカ系アメリカ人の俳優が参加していたことが確認できます。

トア・フレーザーは脚本とデビュー作の評価にとどまらずに監督2作目の日本未公開のコメディ『DeanSpanley 』(原題、2008年、製作はニュージーランドとイギリス)においても国内の高い評価を受けています。この映画にピーター・オトゥールが出演しています。


晩年のピーター・オトゥール(Peter Seamus O'Toole 2013年に81歳没、主にイギリスを拠点に活動)がメインキャスト3名に次ぐ、事実上の4番手の助演の参加作品でもあり、晩年の出演の代表作の一つに含まれるでしょう。

DeanSpanley 』はピーター・オトゥールの本国のイギリスで初公開したとき76歳でした。この作品の彼は白髪であり、往年の『アラビアのロレンス』などの若い印象は当に消え去っており、時代の流れを感じさせてくれます。若き日の印象が強い名優ですが、晩年も多くの名優と同様に積んできた履歴を背負った独特な雰囲気を放ってました。



Dean Spanley [Italian Edition]

Dean Spanley [Italian Edition]


まさかのコラボレーション実現 英国と日本の大スターのピーター・オトゥール嵐寛寿郎



見出しの上記『Dean Spanley』写真のクレジット上記に位置した、5名の顔に注目していただきたいと思います。左から4人目、右から2人目にピーター・オトゥールの撮影時70代の顔が確認できます。

テレビドラマに出演していた1977年代後半にNHK放送されたドキュメンタリー要素を多く取り入れたテレビドラマ『日本の戦後』の1話「日本分割 知られざる占領計画」に重要な役柄で出演していた、晩年の時代劇映画の大スター嵐寛寿郎(日本歴代上位の主演映画245作以上を残し、映画350作以上に出演)を思い出してしまいました。


あくまで個人的なレベルですが、つぶらな瞳の表情が通じる部分がピーター・オトゥールと嵐寛寿郎に通じる部分があると感じています。映画愛子はこの『日本の戦後』は再放送でVHSビデオに録画して視聴しています。このテレビドラマの数年後に嵐寛寿郎は天国に召されています。



新星トア・フレーザーと名俳優ピーター・オトゥールにヴィンセント・ウォード デヴィッド・フィンチャーとジョディ・フォスターのカップル成立を叩け!!
さらに責めますし、攻めます。



日々探求の励みに⇒にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへにほんブログ村こちらもポチ⇒映画(全般) ブログランキングへ

関連記事
  

2017/11/15 00:02 | 洋画・探求COMMENT(2)TRACKBACK(0)  

未来のNZ ニュージーランド映画を背負う新鋭とヴィンセント・ウォードの十字架



前回はニュージーランド映画について取り上げましたが、せっかくの縁なのでさらに、独自な路線へ足を踏み込んでいきたいと思います。

ニュージーランド(New Zealand)はNew ZealandのNewとZealandの二つの頭文字をとってNZと略されているもの多く見かけます。個人的に気になるニュージーランド映画の今後を背負うかもしれない、ある監督に注目してみました。



前回記事⇒ニュージーランド映画と日本映画の歴史の極秘共通点【救急浮上若大将】



未来のNZことニュージーランド映画を背負う新鋭






トア・フレーザー(ToaFraser)という映画監督がニュージーランドに存在しています。彼は日本ではなかなか知られていない人物だと考えられます。何故なら日本公開作は監督1、脚本1だからです。でも映画愛子としてはこの人物に注目してみました。

トア・フレーザーは1975年にイギリス生まれてから1989年にニュージーランドへ移り住んで、2017年に数え年42歳、彼はある名優と関与を持つ人物であり、その部分はのちに話すとしますが、これらの履歴が未来の彼の活動に役立つことになります。

2017時点の映画の監督は6作、脚本のみは3作、テレビムービーの脚本は1作と本数や履歴は貧相ですが、40代前半のニュージーランドの映画監督としては十分な履歴の持ち主です。

なぜ、監督は6作、脚本のみは3作なのに十分な持ち主なのでしょうか。それはニュージーランドの映画市場は非常に小さく、海外の映画へ発信する方法のみしか、業界の発展がない現状があり、日本にように1国のみで業界が潤うことがないなど、大きく異なる環境が存在しているため、監督数5はある程度な本数だといえるかもしれません。





ピーター・ジャクソンはNZ映画において十分に多作のワケと一般長編監督世界最多の山田洋次





たとえばニュージーランド映画で有名なピーター・ジャクソンは現在の50代後半の時点、通産15作の映画を残しています。20本の大台まで届くのかは現時点では不明です。日本の現役15作だとした場合、監督の活動が娯楽方向かアート方向なのかにおいて、分かれるところもありますが、最低限な本数になってしまいますが、ニュージーランド映画では十分多作に含まれてしまいます。

日本の山田洋次は存命の先進国の一般長編監督では現役世界最多だと考えられる89作の映画を記録していますが、日本の歴代の映画監督の中で89作を残しても上位35名にさえ含まれません。それだけ日本映画の過去の大きな黄金期の遺産を感じさせられる部分です。つまり、山田洋次は日本ではそれほどではありませんが、ピーター・ジャクソンはニュージーランドで十分多作に含まれてしまいます。国の違いとは恐ろしい部分です。


映画パンフレット 男はつらいよ 噂の寅次郎(1978作品) 発行所:松竹株式会社事業部(A4版) 監督: 山田洋次  出演: 渥美清
山田洋次の分身とも言える「男はつらいよシリーズ」の主人公の車寅次郎は、日本喜劇映画の父、巨匠の斎藤寅次郎から名前が取られたことはあまりにも有名です。山田洋次の尊敬や敬意が込められています。





日本の現代における一般長編の現役監督は40作や50作ほどを残してようやく多作といえるでしょうが、ニュージーランド映画の歴史においては15作以上は十分に多作な方に含まれます。何故ならニュージーランドによる製作の映画はこの10年の年間公開作は8から11が基本環境だからです。

映画監督の多くが40代から50代をピークとしている場合が多く、トア・フレーザーに関しても現在の42歳からの10年ほどでもっとも本数を伸ばしやすい時期といえるでしょう。ある程度の流れに入れば10作、成功すれば15作も射程圏内です。

トア・フレーザーの監督デビューは2006年ですが、それ以前に脚本で評価を得ています。彼は年間10本ほどの公開が基本のニュージーランド映画の厳しい現状の中で経験を積むことが求められてきました。ニュージーランドのテレビドラマ監督のキース・ハンター(Keith Hunter)の作品で2000年に脚本家デビューしています。彼の数え年が25歳の時であり、脚本家としては若年のデビューといえます。



キース・ハンターの人物像について⇒今回のニュージーランド映画記事に山田洋次や 斎藤寅次郎の登場意味今回はある意味でかなり苦しみました。それが感じられる記事です。


トア・フレーザーヴィンセント・ウォード(VincentWard)という人物も関与しています。この人は日本でも比較的知られている人物であり、おそらくはニュージーランドの映画界でも大きく知られています。日本では映画ファンの認知が多いでしょうが『ラストサムライ』 (2003)の製作総指揮を担当した人物としても知られています。





ファイナル・ソルジャー』でにトア・フレーザーヴィンセント・ウォードがクロス





2005年にニュージーランド映画の戦争映画『ファイナル・ソルジャー』(原題はRiverQueen)、これにトア・フレーザーが関与しています。
ファイナル・ソルジャー [DVD]
ジェネオン エンタテインメント (2008-03-21)
売り上げランキング: 251,193


俳優はキーファー・サザーランドらが出演し、監督はヴィンセント・ウォード、製作国はニュージーランド 、イギリスです。この映画において、先輩のヴィンセント・ウォードとトア・フレーザーらの共同脚本で映画に参加、ニュージーランド国内の観客動員と興行成績という面でよい結果を残しました。2006年のニュージーランドの映画とドラマを表彰する「ニュージーランドスクリーン賞」に7部門でノミネートされました。



日々探求の励みに⇒にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへにほんブログ村こちらもポチ⇒映画(全般) ブログランキングへ

関連記事
  

2017/11/02 00:04 | 洋画・探求COMMENT(1)TRACKBACK(0)  

 | BLOG TOP |