FC2ブログ

某月某日 映画愛子が東京国立近代美術館フィルムセンターへやってきた



某月某日にわたくしこと映画愛子は東京国立近代美術館フィルムセンターへやってきました。行ってきました。某月某日といっても題名上のことなので、日にちは2018年2月24日です。


前回記事⇒トリオインパクトは『第90回米アカデミー賞』『第41回日本アカデミー賞』『第12回声優アワード』で発動




某月某日 映画愛子が東京国立近代美術館フィルムセンターへやってきた




東京国立近代美術館のフィルムセンターは映画の復元や管理だけではなく、上映も行っています。その上映企画として発掘された映画たち2018(Cinema: Lost and Found 2018)が2018年1月30日から3月4日まで開催されていました。映画愛子もいくつかの上映に参加したわけですが、その中でも一つ取り上げると森紅、彼の映画を見るためにやってきたことがありました。



   発掘された映画たち2018(Cinema: Lost and Found 2018)↓ 
2月24日 森紅・服部茂の作品の上映チケット
*1280 x 853の3枚目、個人情報と関わる可能性があるため、部分部分をモザイクを入れさせてもらいました。現実に前売り券で購入した”森紅服部茂の作品の上映チケット”です。




グーグル検索リンク ↓
東京国立近代美術館フィルムセンター

発掘された映画たち2018

Cinema: Lost and Found 2018






発掘された映画たち2018(Cinema: Lost and Found 2018)
*詳しい写真(1280 x 853)の全貌はクリックしてご覧ください。大ホール2Fの部分に”カメラを覗き込むおじさん”がいますが、安心してください。これは映画愛子ではありません。



今回はこの森紅(もりくれない)についてレポート的な要素を織り交ぜた内容と含めて取り上げたいと思います。その前に・・・戦前の日本映画に関して少し彫ることもあるかと考えてみました。






戦前の日本映画も女性が活躍していないというイメージは嘘





日本映画と簡単にいっても凄く深いです。戦前の日本映画も女性が活躍していないというイメージを持たれる方もいるかと思いますが、そんなことはありません。かなり活躍している人は活躍していました。ただマスコミがきちんと取り上げていない人物が多すぎるだけの染み付いたイメージなのです。


たとえば原節子が亡くなって半年くらいのときに書籍を出販した女性が数年前にNHKのラジオで戦前の女優はほとんど活躍していないと何度も言っていましたが、それは嘘だと考えています。彼女はいくつかの部分を見ただけで物事を捉えてしまい、戦前の日本映画をぜんぜん理解していないわけですね。ただ女優以外の製作者は今以上に男性ばかりで、これに関しては事実ですが、だいぶ活躍している女優は数多くいましたし、どの辺の範囲からにもよりますが、活躍したと判断しているだけでも最低数十名います。実は戦前のアメリカと比較してもかなり多く、日本は戦前だけで映画100作以上に出演した女優が多くいます。


森紅に関しても、この原節子の件と重なる部分があるかと思いますが、後から、または戦後から誇張された戦前の日本映画イメージがぶち壊される部分が存在しているからです。今回のことでもこれは強くなりましたが、これまで考えられていた以上に戦前の日本映画は多様性において成熟していました。森紅の存在も幅の広く活動できた戦前の映画人を語る上で重要だからです。







貴重な1943年の戦時下の『映画旬報』切抜です。映画資料集として価値が高いです。





これまで忘れ去られたまたは知ってもらう機会がほとんどなかったアマチュア映画監督






今回取り上げる森紅という人物は長い間多くの人々から忘れ去られ、一時的な地域活動しただけで、全国的にはほとんど知られることがなく、時間を経過してきてしまったのです。ですが、今回の東京国立近代美術館のフィルムセンターの「映画の発掘された映画たち2018」(Cinema: Lost and Found 2018)における上映で、忘れ去られていた彼の名前が少しは浮き彫りになったことでしょう。




森紅とは

森紅(読み=もりくれない、別名義は服部茂、本名は森ひろし)は神戸を拠点に1920年代後半から1940年初頭くらいまで範囲で活動し、1944年に35.6歳で亡くなったと記録されています。戦前の日本のアマチュア映画の発展に貢献した人物であり、戦前のアマチュア映画の作家性を持つ先駆的、同時に代表格の一人といえるでしょう。


*本名は森ひろしのひろし部分は上映の際の説明からの引用なので名前のひろしはひらがなではなく漢字かもしれません。少なくても読みのひろしは正しいようです。


晩年の1940年代くらいには地元の神戸付近のアマチュア映画の発展に尽力したとされ、いくつかの役職に就き、活動が途絶えた理由は病死です。森紅(=服部茂)の現在の時点で確認できる映画本数は短編映画=ショートムービーの10作強~15作ほどのようです。その多くが映像の記録やテロップの挿入や編集によるドキュメンタリー要素が強いドキュメンタリー映画、そのほかに現代劇のストーリーものはいくつかのみです。代表作の自分の子供を記録した『私の子供』はバルセロナの短編映画賞にノミネートを果たしています。








某月某日 森紅(服部茂)の上映された作品群





今回に森紅(服部茂)の上映された作品群 すべて短編

・森紅名義
『今日の佛事』 7分 1930 ドキュメンタリー
『納骨の日』 10分 1930年代初頭 ドキュメンタリー
『別府のお父さんに逢ふて来ます』 14分 1930頃 ドキュメンタリー
『寂光』 13分 1930頃 ドキュメンタリー
『森紅小品集』 4分 1932 ドキュメンタリー

・服部茂の名義
私の子供』 6分 1934 ドキュメンタリー
『忍術三太郎』 8分 1927   当時の忍術映画の影響を取り入れた現代劇で時代劇風の作品
『學生スポーツ劇 若き日』 15分 1927 海で泳ぐ男子学生とある兄妹をメインとした現代劇
『彌次喜多 散歩の巻』 6分 男二人の揉め事を描くちょっと時代劇風刺の現代劇 1928
『喜劇 ホイホイ先生 海岸の巻』 4分 製作年不詳 現代劇 j喜劇要素あり
10
『さくら』 4分 1938 ドキュメンタリー
11


*服部茂の名義は基本は服部茂の扱いだが、少々異なる表記もあるが、全体的には服部茂




森紅はドキュメンタリーとストーリーがある作品を残しましたが、詳しくは次回になりますが、ドキュメンタリーのほうが圧倒的に印象に残りましたし、内容も良かったです。現在見ても何か心を動かしてくれる作品が存在していました。


次回は更に迫る予定です。



東京国立近代美術館のフィルムセンター前
*東京国立近代美術館のフィルムセンターの看板



黒と白の加減がちょうど良く落ち着いた哀愁が表現、雰囲気のある写真となりました。写真をよく見ていただくとわかるかと思いますが、NFC(ナショナルフィルムセンターの略称)とあります。NFCなのでついつい日本フィルムセンターの略だと勘違いしやすい部分です。




今回の裏話⇒東京国立近代美術館フィルムセンターの傍で撮影の不思議写真と残尿忠臣蔵映画記事こぼれ話


日々探求の励みに⇒にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへにほんブログ村こちらもポチ⇒映画(全般) ブログランキングへ

関連記事
  

2018/03/27 00:00 | 邦画の探求COMMENT(1)TRACKBACK(0)  

トリオインパクトは『第90回米アカデミー賞』『第41回日本アカデミー賞』『第12回声優アワード』で発動




今回はタイトルの通り、トリプルクロス『第90回米アカデミー賞』『第41回日本アカデミー賞』『第12回声優アワード』のトリプルクロスに挑戦しています。第12回声優アワードはアニメだから映画と関係ないと考える人もいるかもしれませんが、映画の声優や作品の評価も受賞に影響している場合があります。なので映画の関連の一つと考えて今回は組み合わせていますが、果たして成功しているのでしょうか。



前回記事⇒忠臣蔵ジグソーパンデミック現象 月形龍之介と伊東四朗をつなぐ映画隆盛群





トリオインパクトは『第90回米アカデミー賞』『第41回日本アカデミー賞』『第12回声優アワード』で発動




2018年
第41回日本アカデミー賞』3月2日
 ↓
第12回声優アワード』3月3日
 ↓
第90回米アカデミー賞』3月5日(現地時間は4日)

という流れでした。


第90回米アカデミー賞』が現地時間で4日だと考える場合は、3月2日『第41回日本アカデミー賞』⇒3月3日『第12回声優アワード』⇒3月4日『第90回米アカデミー賞』の3日連続で行われたことになり、これは異例です。2018年はこれまでになくトリオインパクトであり、異例さが発動していたといえそうです。




アカデミー賞―ハリウッドの栄冠 (Mook21)
アカデミー賞―ハリウッドの栄冠 (Mook21)






第41回日本アカデミー賞』と日本テレビ 売り出したい広瀬すずと逆に低迷進撃ドラマ『anone』のワースト記録





今年の第90回米アカデミー賞は日本時間で3月5日(現地時間は4日)でした。日本アカデミー賞(3月2日)よりも後になるというのは少々驚いた点です。

第41回日本アカデミー賞でもっとも疑問に感じたことが、場合は主演女優は広瀬すずでいいのか、どうなのだろうということです。広告的には見た目が今風に良いほうだし若い、ドラマなどで関与しているスポンサーもがんがん売り出したいのはわかるのですが、それだけで受賞はいいのでしょうか。もちろんこのように考えない人もいますが、こうした行為は日本映画の未来のためにもならないし、俳優や芸能界のためにもならないと考えています。逆効果なのです。


anone 1
広瀬すず



他のノミネート女優と比べると女優というよりもタレント演技であり、完全に演技が浮いていましたよね。テレビはあれでもいいでしょうが、今回第41回日本アカデミー賞は映画なので、あれで是枝裕和の演技OKなのも頭が下がりますが、映画愛子はこうした受賞に大きな疑問を感じてしまいました。ちなみに是枝裕和はフジテレビのドキュメンタリー製作者からフジテレビと1960年代からつながりの深い東宝の監督になった人物、残念ながら演技は元から上手い監督ではありません。


日本テレビで放送されている低視聴率の主演ドラマ『anone』を放送している宣伝も含めて受賞させたのでしょうか。まあ同じ、日本テレビですから、当たり前と考えられても致し方ないのでしょう。ちなみに広瀬すずの主演『anone』の2月28日放送の第7話は自己最低の4.9%を記録してしまいました。これから上昇の可能性を残しつつ、快進撃の逆の低迷進撃が続いています。

『第41回日本アカデミー賞』と日本テレビは広瀬すずをさらに売り出したいことでしょうが、現実派その正反対に向かっています。売り出したい広瀬すずと逆に『anone』は低迷進撃の視聴率ワースト記録を樹立していたのです。





まだまだココで収まらない裏側記事⇒日本アカデミー賞に2丁拳銃的中 最優秀賞と優秀賞の撤廃


ビューティフル アイランズ ~気候変動 沈む島の記憶~ [DVD]
ビューティフル アイランズ ~気候変動 沈む島の記憶~ [DVD]

是枝裕和がエグゼクティブプロデューサー扱いで参加した『Beautiful Islands ビューティフル アイランズ』、別タイトル『ビューティフル アイランズ ~気候変動 沈む島の記憶~』 (2009)、監督は海南友子は元NHKの製作者で映画監督に転身後は国内外の小さな賞をいくつか受賞。本人も話しており、是枝裕和のある種の師匠的な存在。






第12回声優アワードはテレビ映画のアニメの演技だけではない評価も含まれている?!





声優の活動は今や多彩です。演技だけという時代は数十年前、というか正確には1970年の頃からアニメだけではなく、実写出演、吹き替えや舞台の活動を行っている人も今ほど多くはありませんがある程度はいました。ラジオは一部の有名人(野沢那智など)でしたがいました。なので多様性がさらに拡大したということが現代の声優の活動だと考えています。第12回声優アワードのアニメだけの評価ではなく、声優そのものの評価もある程度は関与しています。


3月17日行進開始⇒声優界のレジェンド野沢那智の功績たち アラン・ドロン~スペースコブラ~パックインミュージック
実は現代の声優たちの当たり前のようなラジオ番組も大きな影響を受けています。



アニメや声優にも詳しいほうだと自負している映画愛子といたしましては第12回声優アワードの場合は男性側はある程度うなずける部分がありましたが、女性側の受賞者がひどい状況でした。特に新人賞(女性側)にほとんどアニメの声優活動さえしていない人が含まれていることは最悪でした。




第二回声優アワード 永久保存版オフィシャルDVD ~授賞式から舞台裏まで 受賞者たちの感動記~
映画愛子は上記のすべての名前やある程度の実積を把握しています。この辺で声優に詳しいのか、そうでもないのかが分かれます。



声優アワードの場合は一部の意見では本人の活躍そのものも当然含まれますが、声優アワードは事務所や養成所、共催のKADOKAWAや文化放送との関りで賞をもらう人がいるといわれています。声優のアニメの活動だけではなく、文化放送で番組を数年やってることも受賞の要素に含まれているように感じます。特に若手の場合、文化放送の声優やゲームなどの番組と縁がない人はよっぽど作品や演じたャラクターが当たらない限り、受賞は厳しいようです。

実際の今年の主演女優を受賞した黒沢ともよも文化放送のインターネット放送局「超!A&G」で数年ほど周1の1時間の番組放送しています。しかも生放送の顔出しの映像番組です。なので映画とテレビアニメで主演を演じていますが、それだけでなく評価に含まれていると考えています。





黒沢ともよの2017年は『劇場版 響け!ユーフォニアム ~届けたいメロディ~』 (2017)の主演作はあるものの、作品は当たっていませんし、評価もイマイチでした。主演のテレビアニメも最初だけ話題になったくらいでおかしいのは事実ですが、共催の文化放送の実積も一役絡んでいるといえるでしょう。個人的にはあんまり演技を評価していませんが、声優にも色々な演技があります。きちんと声優らしいアニメ声を求められる演技もあれば、そこまでやらない実写方向の演技、また実写俳優が声優に挑戦して多くあるボソボソ演技です。個人的にはアニメなのできちんと作品に合わせる演じる演技が必要だと考えていますが、そうも考えない人たちも存在しています。

宝石の国 Vol.1 (初回生産限定版) [Blu-ray]
東宝 (2017-12-20)
売り上げランキング: 2,207

第12回声優アワードの主演女優受賞の黒沢ともよが主演したのがこの『宝石の国』 (2017、全12話)です。ラブライブの最初のシリーズ(2013~2015の「ラブライブ!」、「ラブライブ! 第2期」、「ラブライブ! The School Idol Movie」)のテレビアニメと劇場版がヒット、監督としても名前が知られた京極尚彦が東宝アニメーションで監督した『宝石の国、この作品で映画愛子はある作品を個人的には思い出してしまいました。



↓ 子役から声優の先駆者とアニメのリメンバー・ミー(仮)は下のようになりました。3月19日公開
子役から声優の先駆者 1600話の世界の金字塔『部長刑事』から1960年代の大スターとの共演歴



『第90回米アカデミー賞』とナゾの1時間半




生中継版の日本時間で5日の朝から放送された6時間と21時から放送された4時間ほどの字幕版です。WOWOWの生中継版の6時間ほど、受賞式自体は4時間半近くしかし、中継を見ていて感じることがありますが、WOWOWの生中継は式スタートの1時間半ほど前から開始する意味はあるのだろうか、という疑問がわいてしまいました。録画を見たため、出演者やインタビューなどのところ意外は早送りで飛ばしてみてしまいました。

1時間半ほど前から開始する意味は共感する部分はあります。何故なら何故なら視聴者もレッドカーぺットの要素を生中継で見たい部分はあります。映画愛子も生中継でなければ伝わらない肌の雰囲気の感覚があることとは重々承知です。


文章数が膨大になってしまったため、続きの完全版は裏側
  ↓      ↓
裏記事公開中『第90回米アカデミー賞』映画評論家まさかの生放送でチン○発言と無冠の生涯帝王回避の瞬間



日々探求の励みに⇒にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへにほんブログ村こちらもポチ⇒映画(全般) ブログランキングへ

関連記事
  

2018/03/09 00:00 | 邦画の探求COMMENT(0)TRACKBACK(0)  

 | BLOG TOP |