FC2ブログ

無職勇者の生涯破天荒監督 傑作納骨映画の奇々怪々真実




時代に逆らうで何かが生まれることがあるのかもしれません。時代に合わせるのみだと安定はしますが、突き抜けた領域への到達は困難です。時代に逆らうことで新たな領域の先駆者になって名を刻む場合があるからです。ですが、大きな重荷を同時に背負うことになります。森紅はこのことをどこまで自覚し、考えていたかはわかりませんが、人生そのもので時代に逆らったことが明白です。

タイトル悩みました。今回は「無職勇者の生涯破天荒監督 傑作納骨映画の奇々怪々真実」の題名で会見です。


*会見=記事公開を意味する自己流の表現や意味



上映作と時間軸から捉える父親と映画監督の森紅の不思議な関係






上映作と時間軸から捉える父親と映画監督の森紅の不思議な関係 

上映3作目の『別府のお父さんに逢ふて来ます』  *撮影時に父は入院中、瀬戸内海を往航する紅丸に関する景色などを記録
  ↓  ↓
上映4作目の『寂光』  *撮影時に父はすでに死去し、大規模な葬儀の参列者などの異様な光景を映画で記録
  ↓  ↓
上映2作目の『納骨の日』  *『寂光』からある程度の月日が経過 後につながる独自な作家性が見え隠れする。



上記3作は3作ともが1930年代の初頭と考えられています。彼は父親を尊敬してことでしょう。



DSC04808.jpg
小原鐵五郎(おばらてつごろう、1899年~1989年)の像です。小原哲学という独自な考え方を残し、日本の信用金庫の発展に尽くした人物です。この像は映画に直接な関係がありませんが、今回の東京国立近代美術館フィルムセンターの近くに目立つ存在でしたので周辺のシンボルとして撮影しました。近くで目立つという意味で記事と関連しています。




意味がある価値のある記録映画『納骨の日』と『寂光






森紅というとバルセロナの短編映画祭に出品されたと記録が残る『私の子供』がもっとも知られていることになっていますが、個人的には『私の子供』よりも『納骨の日』と『寂光』が印象の残りました。それは何故か、その部分をさらに探求していきます。そのために個人的に印象残る、内容に意味がある、内容が良いと感じた3作をベスト3として選出してみました。



個人的に印象の残る森紅のベスト3
1.『納骨の日
2.『寂光
3.『私の子供』



・上記の参考に全体上映の11作中の森紅6作を下記に再び掲載


今回「個人映画特集:2 森紅・服部茂作品集」で上映された森紅の作品群

・森紅
『今日の佛事』 7分 1930 ドキュメンタリー
納骨の日』 10分 1930年代初頭 ドキュメンタリー
別府のお父さんに逢ふて来ます』 14分 1930頃 ドキュメンタリー 
寂光』 13分 1930頃 ドキュメンタリー
『森紅小品集』 4分 1932 ドキュメンタリー

『私の子供』 6分 1934 ドキュメンタリー





タイトルの予想を裏切る破天荒な『納骨の日』の映画内容 隠された秀作名作の可能性に迫る




ここでは上記小見出しの”意味がある価値のある記録映画『納骨の日』と『寂光』”の個人的に印象の残る森紅のベスト3を選んだ理由に関して掘下げていきます。

映画愛子は1番に選んだ『納骨の日』がもっとも印象の残りました。1930年代初頭の10分ほどのシュートムービーです。本来の納骨は亡き悲しい、別れる、寂しいなどの比較的にネガティブなイメージがあるかもしれませんが、『納骨の日』の登場人物たちの多くが笑っています。タイトルのみであると悲しいはずの内容が異なっており、独特な雰囲気をかもし出していましたし、どこか悲しさも秘め、全体的な印象は明るい内容なのです。


なぜ明るい内容になったのかですが、亡くなった森紅の父の教育方針も影響しているのかも知れません。無職の森紅を許してくれること自体も少々風変わりです。当たり前のことを当たり前のように教育していなかったのかもしれません。悲しいことを悲しく捉えることは普通ですが、明るく描くことは容易ではありません。悲しいことを悲しく捉えることもできますが、愛し尊敬し、感謝している父親だからこそ、森紅はこの記録を通じて、明るくあの世へ父を送り出したい、そんな気持ちが込められたドキュメンタリー映画に感じられました。



DSC09407.jpg
映画愛子による東京国立近代美術館フィルムセンターの上映企画「発掘された映画たち2018」(Cinema: Lost and Found 2018)の開催中の写真から上映された6~12の内容、外からのポスター撮影。

写真内のコルシカ兄弟も貴重でした。9のコルシカの兄弟はアメリカでも戦前を代表する大スターのダグラス・フェアバンクスの息子、ダグラス・フェアバンクス・ジュニアによって『コルシカ兄弟(1941)』が映画化されていますが、それとは異なる1915年に製作『コルシカ兄弟(1915)』、残念ながら都合が合わず視聴できませんでした。フランス・スカグルとありますが、スカグルは国ではありません。フランスのスカグルという映画制作会社の意味です。






『納骨の日』のタイトルどおりに見えて隠された領域





さらに『納骨の日』はタイトルどおり、納骨そのものはほとんど描かれていません、『納骨の日』はあくまで納骨そのものではなく、”納骨のその日”を描いているからです。見た限りでは母親などの親族が歩いていたり、止まっている登場シーンがありましたが、基本はこの”納骨のあった日を描いている”ことを中心にしている映画でした。この親族のみだと印象の残る映画にはなりませんでしたが、印象に残る要因となったのがお寺に来訪した様々な人々の描写です。

子供から老人、年配、若者はもちろん、農家のような服装の人々や中流、裕福そうな人々、男性に女性、実に幅広い人々がカメラを見て笑顔を浮かべたり、笑っているのです。若い服装の女性、若い母親と女児、職人風のおじさん、おばさんなどが登場していました。




別れぬ理由 [DVD]わたし、あなたと同じことしている。のキャッチコピー。
下着姿のセクシーな姿の三田佳子が印象的。


今回は別れについて取り上げてきた部分があります。残念ながら森紅の映画は商品化していないため、”別れ”そこからたどり着いたこの映画がこの『別れぬ理由』(1987年公開)でした。三田佳子主演の東映映画であり、相手役が津川雅彦です。別れにも色々な方法があり、これは男女の別れを描いていますが、互いのこの年代の代表作です。

三田佳子は映画の主演ではデビュー1960年から作品運にさいなまれ、ヒロインや助演の有名作出演はありますが、苦戦が強いられてきました。1970年代初頭付近からテレビドラマの活動が中心の中、ようやく1985年の『Wの悲劇』(製作が事実上の角川、配給は東映)が主演の初といえる明確な代表作となり、2年後に『別れぬ理由』にも恵まれました。映画黄金期のデビューからの25年間は異常だったといえるでしょう。



別れぬ理由』は高倉健との40年を越すコンビでも知られる映像化の名手の降旗康男が監督で、原作が性を取り入れた女性要素の小説で活躍した渡辺淳一、三田佳子がそれまでのテレビドラマ『いのち』(NHK大河ドラマ、1986年、最高視聴率36パーセント強、現代劇は大河でもほとんどない)の清潔で凛々しく、日やひたむきなイメージをぶち壊す、エロス、性的要素を押し出す役柄に挑戦し、映画賞を受賞しました。『別れぬ理由』の三田佳子×降旗康男は通算2作のみですが、2年後の1989年『極道の妻たち 三代目姐』にもつながります。


最新ウラミチ記事公開⇒無職生涯破天荒監督の裏道 『お辞儀』意味と浮かぶ満州国 
列車は反れてこそ・・


ウラ記事は前回⇒生涯無職映画監督が日本最初の巨匠の大ファンで作った忍術映画の深層




日々探求の励みに⇒にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへにほんブログ村こちらもポチ⇒映画(全般) ブログランキングへ

関連記事
  

2018/04/28 00:03 | 邦画の探求COMMENT(5)TRACKBACK(0)  

【生涯無職映画監督伝説】無職を生涯貫く行き生き天国 森紅



忘れ去られたのか、いえ認知されることさえもほとんど無いまま現代へ至った映画監督の森紅(別名義は主に服部茂)に関して取り上げてきました。 森紅は生涯無職(生涯無職映画監督)だったとされ、無職を生涯貫く生き様で行き過ぎて生きた=行き生き天国(自由で奔放な人生)を貫いた人物です。この天国は裏を返せば地獄ともいえるわけですが、地獄ではなく、本当に天国だったのでしょうか?

「【生涯無職映画監督伝説】無職を生涯貫く行き生き天国 森紅」開演です。




前回記事リンク⇒某月某日 映画愛子が東京国立近代美術館フィルムセンターへやってきた



生涯無職映画監督伝説】驚愕の事実へ






今回は更に驚愕の事実に迫りたいと思います。前回の記事でもちょっと触れましたが、東京国立近代美術館フィルムセンターの上映企画「発掘された映画たち2018」(Cinema: Lost and Found 2018)の個人映画特集:2 森紅服部茂作品集の上映に際のトークショーで紹介された内容を元に記事作成している部分がいくつか存在しています。




DSC09413.jpg
*映画愛子による東京国立近代美術館のフィルムセンターの出入り口の撮影写真



別府のお父さんに逢ふて来ます』 父親と船との出会いが森紅を形成





森紅の父親が九州の別府に入院していたエピソードが残されています。これは彼の映画人生にとって重要な部分になっていきます。

森紅の父親の神戸で当時有名な政治家(現在はほぼ無名)であり、お金持ちだったため入院は当時の別荘として当時人気があって、医療が発展していた九州の大分の別府の大きな病院に入院していました。



森紅の父が別府の病院に入院した頃、神戸から九州までの瀬戸内海を通る船の往航が始まりました。往復による航路ができたことから父親は大分の別府の医療が優れた病院に入院できたようであり、お見舞いに行く際にも陸から出かけると大きな手間がかかりますが、船で行けば時間や料金の負担が省けます。いくつかの運命ともいえる要素が重なり船との縁が生まれ、森紅やその家族は兵庫県の神戸に住んでいましたが、父のお見舞いこの船を利用してこの大分の別府お見舞いに出かけました。


個人映画特集:2 森紅・服部茂作品集の上映3作目の『別府のお父さんに逢ふて来ます』で、船に乗っている場面が登場しますが、
九州へ往航する際の船の”紅丸”から瀬戸内海の海を撮影した映像が印象的に撮影されています。この紅丸がすごく気に入ったのでしょう。自分の映画監督名の森紅にある”紅の部分”はこの船の紅丸からとったものだと考えられます。

父親と船”紅丸”が森紅の名前やその映画人生を形成したのです。





DSC09402.jpg
*映画愛子による東京国立近代美術館フィルムセンターの上映企画「発掘された映画たち2018」(Cinema: Lost and Found 2018)の開催中の写真



今回「個人映画特集:2 森紅・服部茂作品集」で上映された森紅(服部茂)の作品群

・森紅名義
『今日の佛事』 7分 1930 ドキュメンタリー
『納骨の日』 10分 1930年代初頭 ドキュメンタリー
別府のお父さんに逢ふて来ます』 14分 1930頃 ドキュメンタリー 
  *上記「『別府のお父さんに逢ふて来ます』 父親と船との出会いが森紅を形成」で登場

『寂光』 13分 1930頃 ドキュメンタリー
『森紅小品集』 4分 1932 ドキュメンタリー

服部茂の名義
『私の子供』 6分 1934 ドキュメンタリー
忍術三太郎』 8分 1927   現代劇 
 *下記「生涯無職映画監督が日本最初の巨匠の大ファンで作った忍術映画の深層」で登場

『學生スポーツ劇 若き日』 15分 1927 現代劇
『彌次喜多 散歩の巻』 6分 時代劇要素を持つ現代劇 1928
『喜劇 ホイホイ先生 海岸の巻』 4分 製作年不詳 現代劇
10
『さくら』 4分 1938  ドキュメンタリー
11







森紅の9.5mmパテ・ベビーへの異様な執着とこだわり





森紅は新しい高性能の撮影器具が登場しても、フランスの製造会社が作った9.5mmのパテ・ベビーを好んで使い続けた珍しい監督でした。映像を記録する9.5mmパテ・ベビーのフィルム燃えにくい特色がありましたが、逆に日本映画最初の巨匠・日本映画の父ともいわれる牧野省三が利用していた可燃性フィルムのように燃えやすい難点がありました。


ここからはトークショーでも登場しなかった独自な解釈が多く含まれます。牧野省三が大規模なセットや大勢の俳優、当時は前例のない巨額の費用を投入し、異例の長期間をかけて完成させた忠臣蔵映画群(数年にわたって断片や場面的に撮影を繰り返した)を完成させたときにフィルムが燃えてしまい、気を病んで死につながったエピソードは日本映画史の中でも有名です。

この話を森紅が知っていたのかはわかりませんが、牧野省三が亡くなったのは1929年、森紅が燃えにくい9.5mmパテ・ベビーのフィルムを使い始めて映画活動を始めたのは1920年代の後半と考えられており、時期と重なります。

森紅は映画ファンで牧野省三を知る、尊敬していたからこそ、燃えやすい可燃性フィルムではなく、燃えにくい9.5mmパテ・ベビーのフィルムを選択し、利用の一つの要素のだったのかもしれません。次で取り上げますが、その証拠と考えられる部分が自作に残されています。



   今回記事の裏側リンク ↓  ↓
生涯無職映画監督が日本最初の巨匠の大ファンで作った忍術映画の深層





瀬戸内海賊物語 【DVD】
瀬戸内海賊物語 【DVD】

今回登場した瀬戸内海を舞台した映画は2014年の松竹映画『瀬戸内海賊物語』が作られています。村上水軍を題材にした作品ですが、実は戦前にも村上水軍を題材にした作品は作られていますが、現存していないようです。また、出演者には連続テレビ小説の97作目『わろてんか』の主人公を演じる葵わかなが上位の助演で出演しています。映画に興味がなくとも朝ドラこと連続テレビ小説のファンや葵わかなの出演で見る価値があるかと思います。

『瀬戸内海賊物語』は興行収入5100万円とあり、残念ながら現代としてまったくヒットしませんでした。さらに全然大きなところではありませんがLA EigaFest 2013の招待作品として上映されています。映画愛子もこのLA EigaFestは今回で始めて知りました。監督の大森研一は2018年時点で40代の若手監督ですが、映画監督の40代は高齢化が進んでいるため、現代ではまだまだ若手の分類です。元気がない松竹の実写映画に貢献できるような今後に期待したいところです。




姉妹ブログ 映画関連リンク  ↓  ↓
映画240作の歴代大脚本家の八住利雄の知られざる扉を取り払う

姉妹ブログ 映画関連リンク  ↓  ↓
【映画残念物語】テレビが無視する松竹時代劇映画の巨匠たちの秘め蜜をつっつけ


日々探求の励みに⇒にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへにほんブログ村こちらもポチ⇒映画(全般) ブログランキングへ

関連記事
  

2018/04/12 00:01 | 邦画の探求COMMENT(0)TRACKBACK(0)  

 | BLOG TOP |