リリスという<(洋画)1964年公開  >をみました。(CSで)

モノクロです。

おもしろいかったです。

監督はロバート・ロッセン

監督の遺作みたいです。



20世紀のグレートスター100&外国映画の代表作250―スクリーングラフィックス


主な筋書き

元軍人の青年が精神病院へ

仕事をするためやってきます

そこで命の先が短いらしい少女?女(成人してるが)

と出会い気に入られてします。

その子の専属で勤めるようになる青年は

その子に誘われ関係を持ちます。

馬で矢をいる大会の長いシーンが印象深い

そして狂いだす。徐々に苦い方向へと向かいだす



すばらいい秀作でした。


リリスはずっと子供なんですよ。アダムとイブの子リリスとかけているのかもしれない
それで子供なのかな?

20世紀の映画監督名鑑


ある意味おかしな感じがいまだに斬新です。

アマゾンのないですね探してみたんですが?
関連記事
日々探求の励みに⇒にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへにほんブログ村こちらもポチ⇒映画(全般) ブログランキングへ

  

2011/06/27 23:47 | 未(235記事)COMMENT(0)TRACKBACK(0)  

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP | 

ブログ