平和目指して 進む

戦争と平和 (56年版=オードリー版)

続きです。

昨日は主なキャスト書きました。


今日はまず出だしの印象書きます。覚えてるか心配ですが
見ながら書いたメモも見ながら
書きます。

まず、カラーで名画調という印象受けた。
名画というものは(モノクロ=白黒が多いものですが)

主演の世界的大女優オードリー・ヘプバーンがいることで
より名画調子に拍車がかかりましたね。それも事実でしょう。


原作の巨匠レフ・トルストイの戦争と平和では
オードリー・ヘプバーンの演じたナターシャは完全な脇役で
ヘンリー・フォンダの演じたピエールが主人公でした。

男役を主役に添えていたらかなり違うものになったのでしょうね。
主役は3人中ではあくまでナターシャなわけです。
描けない部分もあるので痛み分けというべきかわからないけれど
しかし、ナターシャ ピエール アンドレイが三大メインも事実です。

オープニングのクレジットにも3人の役者名が表示されます。
事実内容はどうなるものかおもいましたが、バランスは取れていました。


今日はこの辺で
まだまだ道のり長し・・・・



【ポイント10倍】【DVD】戦争と平和オードリー・ヘプバーン [PHNA-102931]【ポイント倍付0909-11】
まさに今回の取り上げているそのものの商品です。
わたしはWOWOWでハイビジョン録画し見ました。




《朝日ソノラマ》グループ「K-76」編ウルトラマン新研究 その「戦争と平和」論概説 【中古】afb
関連記事
日々探求の励みに⇒にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへにほんブログ村こちらもポチ⇒映画(全般) ブログランキングへ

  

2011/09/14 00:15 | 洋画の解釈COMMENT(0)TRACKBACK(0)  

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP | 

ブログ