戦争から平和はいつ来るのでしょう 戦地から独房生活へ

今日UFOドキュメンタリーみていました。

杉浦直樹さんがお亡くなりになりました。
しばらくしたら取り上げます。

戦争と平和 56年版

ナポレオンがロシア都市部へ侵攻
人々は逃げ惑い争いも起こります。
ロシア兵は負けた・・・

ナターシャたち家族も馬車で疎開先の
田舎へ向かおうとしていました。

戦いで傷ついた兵士たちを馬車で運んであげるよう
父や母に頼みます。
やさしく成長した心の優しいナターシャの描写です。

ナターシャの家に居候している幼馴染のソーニャが
兵たちの中にケガで重症のアンドレイを
見つけてしまいます。

しかしナターシャのことを想いあえて伏せて
馬車は走り出す。

が、馬車が走り出すと
ナターシャは歩くピエールを発見します。
再会
しかしピエールは馬車に乗ることなく立ち去ります。

ピエールはそのまま都市に残り隠れてナポレオンを待つ
憎いナポレオンが前に・・・
しかし銃の標的にしながら引き金を引けないのです。

強姦されそうなロシアの少女をフランス兵から救おうとして
ピエールは独房入りにさせられます。牢屋生活の絶望の始まりでした。



◎【額付き・A3サイズ ミニポスター】 オードリー・ヘプバーンD
このオメメで見つめられたらとろけてどうにかなっちゃいそうです。




【送料無料】オードリー・ヘプバーン写真集ハリウッドの妖精
わたしこれ本気で欲しいいです!! 大ボリュームな207pです。

関連記事
日々探求の励みに⇒にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへにほんブログ村こちらもポチ⇒映画(全般) ブログランキングへ

  

2011/09/24 00:33 | 洋画の解釈COMMENT(0)TRACKBACK(0)  

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP | 

ブログ