平和 終盤に近し ナポレオン対火付け隊?

3分の2が終了いたしました。

2時間28分中

最後の1時間切りつつあります。

戦争と平和 56年版

牢屋の中で絶望しつつピエールは
ある犬と出会う
牢の中でその犬は中年の男の飼い犬でした。
ナポレオンらはロシアの首都を占拠し
火付けした男たちは処刑し
他の罪のものは牢屋の閉じ込めていた。
ピエールとその男プラトンは捕虜として
知り合いになります。

ナポレオンは苦しみます。
火付けがいくら捕まえても発生し
都市は常に煙に満ちています。
それに寒い冬・・・・
ロシアに冬の過ごし方をしらないフランス人たちは
ロシアを一度去る事になります。
なにせ占拠しても火付けが役目のロシアの以外人々が疎開していないありさまです。
プライドの高いナポレオンが支配した感覚虚無感などにも耐えられるはずも無く
これらのいくつかの理由が重なり・・ロシアを後にしフランスへ・・・

ロシア兵らは皇帝からある任務を任されます。
去るフランス兵を後ろから襲撃して追い風の乗り追い出してやれと・・

一方、疎開先途中のナターシャは
ある人とそこで再会します。




【送料無料】ナポレオン秘話


★【送料無料】 DVD/クラシック/ロルツィング:喜歌劇「ロシア皇帝と船大工」 (特別価格)/DLVC-8048

ナポレオンVSロシア皇帝 最終的に勝ったのはロシア皇帝でした。
関連記事
日々探求の励みに⇒にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへにほんブログ村こちらもポチ⇒映画(全般) ブログランキングへ

  

2011/09/25 23:50 | 洋画の解釈COMMENT(0)TRACKBACK(0)  

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP | 

ブログ