ATGから

ATG 日本アートシアターギルドとは

わたしにとってかけがえのない作品郡の宝庫です。

好きな作品が多い
ATGとはなんなのか一言で言うのが難しい

つまり東映東宝大映松竹日活以外の会社であって今はない。

新東宝とも違う
自由な作品が多かった多かった 独自な作風 空調が出来上がりました。

吉田重喜や大島渚、篠田正浩、羽仁進、中平康 新藤兼人 
など監督の作家性を活かす作品
が多く面白い
今も見直ししてます月一くらいで

私は吉田さんの作品が特に好きです、明日紹介します。
関連記事
日々探求の励みに⇒にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへにほんブログ村こちらもポチ⇒映画(全般) ブログランキングへ

  

2011/06/19 20:51 | 邦画の探求COMMENT(0)TRACKBACK(0)  

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP | 

ブログ