続 邦画の女優~ 再開していたよね

大原麗子 若尾文子 太地喜和子 倍賞千恵子の4人が
今回の邦画を彩った女優たちを先週21時からBSプレミアムで放送していました。
脇役の特集をいずれやって欲しいと思うわたしです。
良い人が昔の日本は沢山いましたから・・・

前回大原麗子太地喜和子の亡くなられたお二人を大まかに取り上げました

今回はまず若尾文子さんを取り上げます。
若尾さんというと若者はCMでソフトバンクのお祖母さん役のイメージしかないかも
そういう人は映画を知らない方です。残念ですけど

何と言うても増村×若尾コンビでしょう
若尾文子というと大映の専属女優時代1952年から
現代劇中心の活躍を主にしてきた女優さんでしたが十代の性典
巨匠溝口健二監督のい遺作にして代表作の一つ赤線地帯に出演したほか
1957年から増村保造監督との運命の出逢いとも言える20作にも
及ぶのちにコンビ作と言われる良作を連発しました。

妻は告白するがその中でもわたしは好きですね。
社会サスペンス×女というテーマが独自なスタイルで描かれのちの数多くのヒット大映ドラマや家政婦~~などにも
影響を与えています。



若尾文子/刺青

若尾文子/刺青
価格:3,990円(税込、送料別)


関連記事
日々探求の励みに⇒にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへにほんブログ村こちらもポチ⇒映画(全般) ブログランキングへ

  

2011/12/02 23:28 | 大女優COMMENT(0)TRACKBACK(0)  

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP | 

ブログ