続×4 邦画の女優~ この役のイメージゆえに

今回の邦画を彩った女優たちが11月の最終週に21時からBSプレミアムで放送していました
12月2日以来4度目です。
完結させます。
大原麗子 若尾文子 太地喜和子 倍賞千恵子
を取り上げていました。
大原麗子 若尾文子 太地喜和子は軽く書きました
そして今回は
倍賞千恵子です。
今年で松竹で映画デビュー50年です!
番組内でも紹介されていました!


倍賞さんというというまでもなく
日本で一番長い映画シリーズ渥美清主演の監督山田洋次
シリーズ中46作監督した男はつらいよ(寅さん)シリーズです
の妹さくら役が生涯の当たり役になりました
映画で全48シリーズは当然ながら世界ギネス記録です。


でもこのかたは寅さんのイメージが強すぎてほかの代表作がないのです。
それゆえ代表作はあることで恵まれているのかもしれないけれど
本人の中でカクトウがあったでしょう
どこにでても「さくら」なわけですからね


家族 {70年」という映画もあります。これも代表作いええるのでしょうか?
映画ファンしかし知らないですよね。
男はつらいよの初期に合間と合間に制作された山田洋次監督作で
故郷(ふるさと) {72年}
遙かなる山の呼び声{80年}
と3作つくられました。
倍賞さんは民子という役を演じこれも影の代表作です。
民子三部作とも言われているシリーズです。
渥美清も3作とも違う役で出演し脇で良い味を出しています。


最近の倍賞さんはCMなどのイメージキャラクター化してますよね。
持病があるので演じるのはむずかしいのかも
マイペースに活動して欲しいものです!


歌手の一面もあります。わたしも聞いたことありますがそこそこ行けてますよ!!
関連記事
日々探求の励みに⇒にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへにほんブログ村こちらもポチ⇒映画(全般) ブログランキングへ

  

2011/12/20 22:49 | 邦画の探求COMMENT(0)TRACKBACK(0)  

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP | 

ブログ