主演女優賞発表

主演女優選んでみた。
2011のランキング3日目です。

解説もランキングとともに紹介します。
女性主演の映画が34本中11本すくないのはしょうがないよね。
11人なのでそのままランキングにしちゃいました。

主演女優ランキング
順位 役者                     作品名
1  ブリジット・バルドー          素直な悪女
2  オードリー・ヘプバーン        戦争と平和 (1956年版)
3  京マチ子                   鍵
4  岡田茉莉子               エロス+虐殺(完全版)、
                           さらば夏の光
5  フェイ・ダナウェイ           俺たちに明日はない
6  高杉早苗                愛より愛へ
7  メラニー・グリフィス          ワーキング・ガール
8  木暮実千代               明日の幸福
9  栗田ひろみ               夏の妹

10 ヴァネッサ・ハジェンズ      ハイスクールミュージカル(1)  
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~       
11 麻生れい子                    変奏曲


#作品は9本です 岡田茉莉子 が2本主演  
#と俺たちに明日はない 愛より愛へ 明日の幸福 ハイスクールミュージカル 変奏曲
はダブルキャストと判断してんもランクイン 
11人のうち特にベスト3がお芝居としてはさすがでしたね。
4位もよし

1位の素直な悪女のブリジット・バルドーは存在そのものがセクシャルで
スキャンダラスで抜群な魅力の空気
をかもし出しておりました。
2位 戦争と平和のオードリー・ヘプバーンは凛とした時代や恋に翻弄される侯爵の娘を演じ
映像の定着感がすごい方ですよね。映る姿や表情が素晴らしいのです。
3位の  鍵 の京マチ子 もさすがでしたね。妖艶な大学教授の人妻の怪しさや肌を披露するお芝居を、他の役者との協調性も押し出しながら見事に演じていました。言うまでもなく日本映画史の大女優の一人です!

4位以下の気になる点
岡田茉莉子は2作ですが都会的で前進的なお芝居がやはりこの人の持ち味で吉田監督との相性が抜群で良いものでした!!エロス+虐殺では、はだかも披露しています。
8位の大女優木暮実千代がなぜこんなに低いのかですが
上原謙とのダブルキャストゆえ印象を痛み分けというやつです。作品上お芝居を出しすぎない形ゆえです!

栗田ひろみはあれはあれで素の良さあり!!


関連記事
日々探求の励みに⇒にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへにほんブログ村こちらもポチ⇒映画(全般) ブログランキングへ

  

2011/12/28 17:37 | ランキング(11~COMMENT(0)TRACKBACK(0)  

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP | 

ブログ