名シーンセレクト2011 まず11位以下

2011映画名シーン35本中
順位   作品名    簡単な役者での説明
1  秋刀魚の味           
              小津監督投影な、笠智衆でのラストシーン
2  あばれ大名            
              市川+大河内+薄田の殿中シーン2度、
3  戦争と平和(1956年版)  
          オードリー一人芝居だが+二人、の一人がたりシーン
4  8 1/2(はっか にぶんのいち)
 ハーレムシーン=主人公の幻想シーン終盤の入り(マルチェロら多数)
5  エロス+虐殺(完全版)    
        出だしのショッキングなひとり二役の尋問OP(岡田茉莉子
6  幕末                  
         龍馬(錦之助)の死と中岡(仲代)の死傷のラスト数分
7  桜の代紋              
        主人公(若山)の大星組殲滅す・復讐劇・大量殺害のシーン
8  大菩薩峠(1966版)       
           ラスト+クライマックスの幻覚・狂乱シーン(仲代)
9  薄桜記              
          雷蔵、片腕剣法での立ち回りそして死+勝新、助太刀
10  鍵 (1959             
         終盤の悲劇への流れのシーン(北林谷栄、進行、その他)


上位10はうえのとおりですがそれぞれ僅差のベスト10ですね

まず11位以下から
11位はさらば夏の光のラストの岡田茉莉子の「わたしには時間がない」のシーンそして終わるラストシーン、キレが良いです。後からじわじわ湧いてくる名シーンでした
前衛さが日本映画風に定着していてすばらしかった!

12位は俺たちに明日はないの仲間の父親に騙されて車ごと銃撃で襲撃され2人銃殺+エンドシーン、フェイ・ダナウェイとウォーレン・ベイティ

13位は夏の妹からタクシー運転手が沖縄売春のことを3人に話すシーン(栗田・小松・りりィ ら)
このシーンがあることで作品の世界観が安定する重要な秩序持たせのシーン+話への受けながしのもつながる

定番ですが14位は用心棒三船敏郎が仲代達矢らの集団の方へ砂嵐の中
歩き、突然あのタイミングで切るシーン””そし血しぶき”


おもにこの当たりを選んで見ました。
うまい活インパクトがあるシーンが上位に来てしまいます!!



ラブストーリーのカテゴリはちがうでしょ
そちらよりは、新手の群像劇ですよ。




 
関連記事
日々探求の励みに⇒にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへにほんブログ村こちらもポチ⇒映画(全般) ブログランキングへ

  

2012/01/10 20:26 | ランキング(11~COMMENT(0)TRACKBACK(0)  

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP | 

ブログ