多重一人芝居 幻想回想 シーン

多重一人芝居というものがあります!!
自分的命名ですがオードリーさんがやってます。
2011、35本中シーンランキング1~10の2回目です!!
3~4位の紹介します。

順位   作品名    簡単な役者での説明
1  秋刀魚の味           
              小津監督投影な、笠智衆でのラストシーン
2  あばれ大名            
              市川+大河内+薄田の殿中シーン2度、
3  戦争と平和(1956年版)  
          オードリー一人芝居だが+二人、の一人がたりシーン
4  8 1/2(はっか にぶんのいち)
 ハーレムシーン=主人公の幻想シーン終盤の入り(マルチェロら多数)

5  エロス+虐殺(完全版)    
        出だしのショッキングなひとり二役の尋問OP(岡田茉莉子
6  幕末                  
         龍馬(錦之助)の死と中岡(仲代)の死傷のラスト数分
7  桜の代紋              
        主人公(若山)の大星組殲滅す・復讐劇・大量殺害のシーン
8  大菩薩峠(1966版)       
           ラスト+クライマックスの幻覚・狂乱シーン(仲代)
9  薄桜記              
          雷蔵、片腕剣法での立ち回りそして死+勝新、助太刀
10  鍵 (1959             
         終盤の悲劇への流れのシーン(北林谷栄、進行、その他


〇3位から簡単なシーン順位を解説します。
戦争と平和(1956年版)
日本で一番人気がある洋画女優オードリー・ヘプバーンがメインのシーン
がこの作品内では一番でした
あの坂の戦のシーンもふつうによかったのですが、わたしはこっちだと思う
中盤の出だしのシーン
舞踏会で知り合いになったナターシャ(オードリー)が これから戦にむかうことになる公爵、アンドレイ
と知り合い ナターシャは母にアンドレイに恋をしていると名前には出さないけど淡いはじめての恋心に
胸をときめかせる描写のシーン。
母親はカメラには登場せず奥で声だけ、そしてシーンの途中からアンドレイが登場もセリフはなし
ナターシャの自分への想いを聞いてしまうミュージカル風シーン

オードリー・ヘプバーンがさすがの絶世さ、あの空気でお芝居が、けっしてスゴク巧みではないけど、
素晴らしいと思うシーン。一番印象に残り上手いと思うシーンでもあります!!

【送料無料】戦争と平和

【送料無料】戦争と平和
価格:1,200円(税込、送料別)





〇4位の8 1/2(はっか にぶんのいち)
巨匠フェデリコ・フェリーニと名優マルチェロ・マストロヤンニの最高とも言える名コンビ作で
映画通には特に傑作名画ですが、やはりハーレムシーン(個人的名付け)を1番に選んでみた。
ハーレムシーンというのは幻想の中で主人公が女たちと暮らしているシーン(現実に苦しい故に逃げた部分と映画監督ゆえの悩みからの模索からの生まれたと思われる幻想シーン)・このシーンは作中では終盤の入りのシーンを指す。
あのミュージカル風展開はさすがで約10分くらいのシーンでしたが(全回想や幻想シーンでは数シーン目にもあたる)
ラストに幻想シーンにも点と線で繋がりを持ちます!
主人公の人生で知り合いになった女たちが勢ぞろいします。(母以外)子どもの頃に性を覚えた踊り子の女・サラギーナも
その時のまま時間軸を飛び越えて登場、シーン最初は仲が良く主人公に対するが、最後の方は女たちがもめだし
最後はひとりの女のひとり芝居落ちします。しかしその流れが上手い!!すばらしい喜怒哀楽です!



【送料無料】8 1/2 愛蔵版

【送料無料】8 1/2 愛蔵版
価格:4,725円(税込、送料別)


関連記事
日々探求の励みに⇒にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへにほんブログ村こちらもポチ⇒映画(全般) ブログランキングへ

  

2012/01/14 23:12 | ランキング(11~COMMENT(0)TRACKBACK(0)  

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP | 

ブログ