また異質なシリーズで良いんだよこれが(恋愛の監督

1月ですね。
フランソワ・トリュフォーの特集やってます!!
スカパーの注目作品を今年最初の取り上げてみます、
最初にふさわしいと思う””


アントワーヌシリーズ (アントワーヌ・ドワネルの冒険シリーズ)
を紹介してみます。
フランソワ・トリュフォー×ジャン=ピエール・レオ名コンビです。
アントワーヌシリーズは全5作制作されました名作フランス映画です。
現在スカパーの洋画専門チャンネルシネフィル・イマジカでハイビジョン版が5作放送されていて、わたしも当然ハイビジョン版しています。
名女優クロード・ジャドは3~5に出てます。

フランソワ・トリュフォーというと、ヌーヴェルヴァーグの旗手の代表する一人でもある名・大監督
ヌーヴェルヴァーグの父である超巨匠監督ロベルト・ロッセリーニの流れを受け
名優ジャン=ピエール・レオとの出会いアントワーヌシリーズでは全作主演でコンビを組む事になり
監督の絶頂を迎えました。現在も存命の巨匠ジャン=リュック・ゴダール
とも盟友でもありました。

その全5シリーズ
1 大人は判ってくれない       59年
2 アントワーヌとコレット       62年
3 夜霧の恋人たち           68年
4 家庭                  70年
5 逃げ去る恋
                79年(1~4の総集的)


年数に注目
20年やってます。
20年で5作ということの凄さ(社長や駅前 寅さんもすごいけど)
それも同じ監督トリュフォーで主演はジャン=ピエール
クロード・ジャドでさえ足掛け約11年出ています

内容は主人公アントワーヌ・ドワネル(ジャン=ピエール・レオ)の幼少から晩年までを少年、苦い時代、恋や家庭を持つ時代の部分を
監督の自伝ときな部分やも、かもしませながら描く(いろいろユーモアあるから説明がが難しい)


わたしも今回の録画を機会に良きフランス映画を見直してみたいです!




大人は判ってくれない [DVD]記念すべきシリーズ第1弾
関連記事
日々探求の励みに⇒にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへにほんブログ村こちらもポチ⇒映画(全般) ブログランキングへ

  

2012/01/15 21:34 | 洋画・探求COMMENT(0)TRACKBACK(0)  

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP | 

ブログ