監督の技が作品を作るものデス

2011、35本中シーンランキング1~10の3回目です!!
5~6位の紹介します。





順位   作品名    簡単な役者での説明
1  秋刀魚の味           
              小津監督投影な、笠智衆でのラストシーン
2  あばれ大名            
              市川+大河内+薄田の殿中シーン2度、
3  戦争と平和(1956年版)  
          オードリー一人芝居だが+二人、の一人がたりシーン
4  8 1/2(はっか にぶんのいち)
 ハーレムシーン=主人公の幻想シーン終盤の入り(マルチェロら多数)
5  エロス+虐殺(完全版)    
        出だしのショッキングなひとり二役の尋問OP(岡田茉莉子
6  幕末                  
         龍馬(錦之助)の死と中岡(仲代)の死傷のラスト数分
7  桜の代紋              
        主人公(若山)の大星組殲滅す・復讐劇・大量殺害のシーン

8  大菩薩峠(1966版)       
           ラスト+クライマックスの幻覚・狂乱シーン(仲代)

9  薄桜記              
          雷蔵、片腕剣法での立ち回りそして死+勝新、助太刀
10  鍵 (1959             
         終盤の悲劇への流れのシーン(北林谷栄、進行、その他





きょうは6位幕末1970年の巨匠伊藤大輔の遺作です。
伊藤大輔と言えばある意味チャンバラの革新的撮影を初めて始めた祖ですが、
この幕末もチャンバラ的なシーンが1シーンありました。
龍馬((中村(のちの萬屋)錦之助))と妻(吉永小百合)が尊王攘夷派の襲われるシーン
作中ではあえて中盤の配置、伊藤監督最後のチャンバラ的タテのシーンにしみじみします。
が、やはり最後の歌を歌いだしてスキを見せたときに中岡と共にいきなり切りつけられて
龍馬は絶命、中岡は死傷するシーンでしょう
静かな間とやるせなさ、時代劇の巨匠の最後のシーン、錦之助の動き無言の切られたあとの芝居と
仲代達矢の芝居との対比にやるせなさが倍増、そのへんも匠でございました。

7位の桜の代紋ですがこれはテラーで書くのでここでは伏せさせてもらいます。

8位大菩薩峠(1966版)岡本喜八監督版
シーンの罪摘み方からうまく終盤の流れに入り主人公(仲代)が妻(新珠三千代)を殺し
精神に異常を来たし、大菩薩が影を落とし狂乱のシーンの異常さ(怨霊も入り交じるような)
長時間も立ち回りそして死にゆく定めの描写
岡本喜八はうまいなあ~というシーンでその集約のシーンでした!!
関連記事
日々探求の励みに⇒にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへにほんブログ村こちらもポチ⇒映画(全般) ブログランキングへ

  

2012/01/16 19:42 | ランキング(11~COMMENT(0)TRACKBACK(0)  

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP | 

ブログ