若き頃互いに競いあった監督同士が脚本で共同参加

キング・ヴィダーとマリオ・カメリーニこのふたりが脚本ではあるが晩年にコンビを組んでいた。


~シナリオ・構成ランキングトップ10~
順位 作品名                  脚本家名

1   薄桜記                  伊藤大輔
2   エロス+虐殺(完全版)    山田正弘 吉田喜重  
3   秋刀魚の味           野田高梧 小津安二郎
4   俺たちに明日はない      デヴィッド・ニューマン ロバート・ベントン
5   8 1/2              フェデリコ・フェリーニ トゥリオ・ピネッリ エンニオ・フライアーノ ブルネッロ・ロンディ
6   さらば夏の光          山田正弘 長谷川竜生 吉田喜重
☛7   戦争と平和(1956年版)   ブリジェット・ボーランド ロバート・ウェスタビー キング・ヴィダー マリオ・カメリーニ
 エンニオ・デ・コンチーニ イーヴォ・ペリッリ ジャン・ガスパーレ・ナポリターノ マリオ・ソルダーティ

8   リリス               ロバート・ロッセン ロバート・アラン・アーサー
9   幕末                     伊藤大輔   
10  用心棒                黒澤明 菊島隆三



7   戦争と平和(1956年版)の3回目です。脚本8名中これが4人目マリオ・カメリーニ
監督としても高名です。
監督作ではたとえば
イタリアの名優ヴィットリオ・デ・シーカが主演や出演したした殿方は嘘吐き(1932)
や1937年のナポリのそよ風

 1、戦争と平和と同じく脚本8名の大作映画 1950年紅薔薇は山に散る
 2、カーク・ダグラス主演のトロイの話を映画化した ユリシーズ(1954版)
 3、大名優同士のソフィア・ローレンマルチェロ・マストロヤンニが出演した1955年のバストで勝負
マリオ・カメリーニではなじみの俳優ヴィットリオ・デ・シーカも脇役で出演するという豪華な3世代3スターの共演作でした。
 マリオ・カメリーニは脚本家としても自分の作品に多く参加
超大物製作者・プロデューサーディノ・デ・ラウレンティスとのコンビ作も多い
 
後3名
ディノ・デ・ラウレンティスとカルロ・ポンティ(今回は関係ないが・・)の競いもすごいが・・
この頃はすごいかたばかりですよね。
関連記事
日々探求の励みに⇒にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへにほんブログ村こちらもポチ⇒映画(全般) ブログランキングへ

  

2012/02/10 22:31 | ランキング(11~COMMENT(0)TRACKBACK(0)  

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP | 

ブログ