アカデミーでもまだまだ未熟な賞。パーキングエリア

もうしわけないのですが3日ではおわりそうにないのです。・・
ハリウッドの3回目の前に2、5ということで寄り道しちゃいます。
ドライブのパーキングエリアですね。

日本アカデミー賞は
八日目の蝉が10部門受賞しましたね。
女優2部門(主助) 脚本 監督 音楽 美術 撮影など・・・
永作博美さんの助演はよかったのでないかとわたしも普通に思います。
成長はしてると思うけど井上真央はまだまだう~~ン・・の疑問が
ほかはウ^~ん疑問が残る部分もあり・・日本映画の今のレベルがという部分でちゃうね・・
昔はこんなんではなかったと言うべきだろうか?
去年のそう思いましたが・・

大鹿村騒動記で最優秀主演男優賞は原田芳雄さんが遺作で初受賞。
名優が自ら制作に関与した遺作に自らが花を飾られました。後輩松田優作の息子のそばでね。2人は向こうで仲良く元気で居るでしょう。今も””
未だに竜馬暗殺祭りの準備ツィゴイネルワイゼン・陽炎座 反逆のメロディーがよみがえるようです。

わたしは原田芳雄といえば黒木和雄とのコンビのこれをえらんでしまう。
でも同じがつくのです。




功労賞てきな賞に高峰秀子がいまさら
選ばれていて驚いた。なくなるともらえるのかな・・この方は女優日本一と言える人なのに生前にもられていないことに
驚いた、それだけ日本アカデミーが未熟ということだろうか、亡くなった人が対象なのかわからないが・・
わたしも昔の作品でたまにみる脚本家で監督の新藤兼人さんはやはりきびしかったね。功労的部分がおおきいのです。次回作もあるとか・・

でも助演男優がでんでんなのはおどろいた。オーナーが殺人機・・どうだろうと正直・・思う。
デンデ・・ドラゴンボールになっちゃうww

明日はアカデミー戻ります。
ビリー・クリスタルはすごいね・・””!!
関連記事
日々探求の励みに⇒にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへにほんブログ村こちらもポチ⇒映画(全般) ブログランキングへ

  

2012/02/29 19:33 | 邦画の探求COMMENT(0)TRACKBACK(0)  

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP | 

ブログ