3月の東映チャンネル振り帰る。

3月の末
3月の映画放送をストーリーテラー的に印象に残るポイントで振り返る

東映チャンネルは
第1位は「よみがえる列車シリーズ」

1「喜劇 急行列車」 2「喜劇 団体列車」 3「喜劇 初詣列車」
渥美清主演の瀬川昌治監督の「列車シリーズ」3部作でしょう。
渥美清を寅さんだけだと思ってるヒトは(居ないと思うけど)にわかなだけで、映画ファンではありません・・他にもいろいろあり。
今回3シリーズ3月に初ハイビジョン版が放送され、わたしもHD版録画SD版録画両方とも録画
精しくはいずれ紹介するかもそれにしても瀬川昌治監督の評価は最近昇り調子ですね。
松竹のシリーズもあるし。


【送料無料】喜劇 急行列車

【送料無料】喜劇 急行列車
価格:3,686円(税込、送料別)




第2位は「水戸黄門映画版が2作ハイビジョン」

3月は水戸黄門(1957年版)水戸黄門(1960年版)水戸黄門 助さん格さん大暴れ (1961)
が放送されましたが水戸黄門(1957年版)と水戸黄門(1960年版)がハイビジョン版で初放送。
3作とも月形龍之介扮する水戸光圀版
光圀といえば映画も1作東野英治郎(テレビはこの人)もあるけど時代劇の超大物スター月形龍之介でしょう。

第3位は「警視庁物語シリーズ完結」

警視庁物語シリーズ1956~1964
全25シリーズに及ぶ東映映画では一番長いヒット映画シリーズ。
全25作は今回放送しませんでしたがほぼ放送数作放送できない理由は気になる。
24作目「警視庁物語 自供 」シリーズラスト25作目「警視庁物語 行方不明」(両方1964年公開)
東宝で三船敏郎らと同期生、第1期ニューフェイスでデビューした堀雄二の当たり作品の一つ。

関連記事
日々探求の励みに⇒にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへにほんブログ村こちらもポチ⇒映画(全般) ブログランキングへ

  

2012/03/22 22:05 | 邦画の探求COMMENT(0)TRACKBACK(0)  

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP | 

ブログ