詩人でりゅうせいのようなお名前

隆盛を極めるという言葉は西郷隆盛でもあるのですが
今日の人もこの名前に関係がある
”たつお”とも読む人です。


・・・・・・・・・・・

シナリオ・構成ランキングトップ10~
順位 作品名                  脚本家名

1   薄桜記                  伊藤大輔
2   エロス+虐殺(完全版)    山田正弘 吉田喜重  
3   秋刀魚の味           野田高梧 小津安二郎
4   俺たちに明日はない      デヴィッド・ニューマン ロバート・ベントン
5   8 1/2              フェデリコ・フェリーニ トゥリオ・ピネッリ エンニオ・フライアーノ ブルネッロ・ロンディ
☛6   さらば夏の光          山田正弘 長谷川龍生 吉田喜重
7   戦争と平和(1956年版)   ブリジェット・ボーランド ロバート・ウェスタビー キング・ヴィダー マリオ・カメリーニ
 エンニオ・デ・コンチーニ イーヴォ・ペリッリ ジャン・ガスパーレ・ナポリターノ マリオ・ソルダーティ
8   リリス               ロバート・ロッセン ロバート・アラン・アーサー
9   幕末                     伊藤大輔   
10  用心棒                黒澤明 菊島隆三


・・・・・・・・・・・・・・・・


【送料無料】砂の女 特別版

【送料無料】砂の女 特別版
価格:3,948円(税込、送料別)




長谷川龍生(りゅうせい)1997-2000年に元日本現代詩人会会長を務めていた
さらば夏の光には詩的セリフや描写シーンがあるため長谷川龍生の詩人的部分が反映されていると思われます。
映画おくりびとの原案となった青木新門「納棺夫日記」に影響与えたとされている人でもあります。

なんというてもあの安部公房原作の映画「砂の女」のもとになったとされるエピソードを披露し原作の形成に関与。
映画は勅使河原宏が監督し 岡田英次 岸田今日主演の名作映画です。安部公房は脚本も担当。

他詩人としての実積は多い現93歳であります。


以上4月2日以来計33回目でした。
関連記事
日々探求の励みに⇒にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへにほんブログ村こちらもポチ⇒映画(全般) ブログランキングへ

  

2012/04/07 05:04 | ランキング(11~COMMENT(0)TRACKBACK(0)  

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP | 

ブログ