ゲバゲバでないけど、「ゆけゆけ2度目の処女」裸体あり。

ピンク映画時代の若松孝二
はやばいかったらしい

写真でもそれがわかる。

当時のピンク映画は面白いこと面白いこと


P1130223.jpg若松プロに眠るゲバゲバのフィルム

面白みがわんさかあるのですよ。

エロ絡める要素により映画は面白くなる
単にSEXだけだと、ただ性欲を吐き出すだけの作品は何のとりえもな
い。映画としてね


P1130224.jpgセックスジャックもあり

写真を撮りまくったためあと数回続きそうです。

P1130226.jpgモノクロのある作品。

P1130235.jpg女が男たち数名にリンチされながらもて遊ばれている

P1130238.jpg乳首見えちゃっています。エロさ倍増ですね~~

若松監督は権力や暴力とエロを結びつけたのです。




関連記事
日々探求の励みに⇒にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへにほんブログ村こちらもポチ⇒映画(全般) ブログランキングへ

  

2012/04/23 23:51 | 邦画の探求COMMENT(0)TRACKBACK(0)  

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP | 

ブログ