詩的で対話=会話劇

4、7以来になっちゃいました。計34回目
4月の映画紹介をもっとしたいかったけど
なんでも書く訳にはいかない・・

シナリオ・構成ランキングトップ10~
順位 作品名                  脚本家名

1   薄桜記                  伊藤大輔
2   エロス+虐殺(完全版)    山田正弘 吉田喜重  
3   秋刀魚の味           野田高梧 小津安二郎
4   俺たちに明日はない      デヴィッド・ニューマン ロバート・ベントン
5   8 1/2              フェデリコ・フェリーニ トゥリオ・ピネッリ エンニオ・フライアーノ ブルネッロ・ロンディ
☛6   さらば夏の光          山田正弘 長谷川龍生 吉田喜重
7   戦争と平和(1956年版)   ブリジェット・ボーランド ロバート・ウェスタビー キング・ヴィダー マリオ・カメリーニ
 エンニオ・デ・コンチーニ イーヴォ・ペリッリ ジャン・ガスパーレ・ナポリターノ マリオ・ソルダーティ
8   リリス               ロバート・ロッセン ロバート・アラン・アーサー
9   幕末                     伊藤大輔   
10  用心棒                黒澤明 菊島隆三


大ベテラン女優・岡田茉莉子(今も現役)の夫でもある吉田喜重(現79歳)は現役は引退しているようです。
2003年以降監督はしていない。今も現役なら新藤兼人につぐ日本最高齢監督2位になる。
脚本家としての吉田喜重はどういうものであるのか。
監督数は計21本で多くはないしかし
脚本数は21本中計18本とかなりな高比率で
脚本をほとんど担当しています、吉田喜重は松竹ヌーヴェル・ヴァーグとのちにいわれる
初期の代表作秋津温泉のもヨーロッパ映画の影響は垣間見れていたわけです。

代表作
秋津温泉  さらば夏の光 エロス+虐殺 煉獄エロイカ 告白的女優論   嵐が丘
のすべてで(戒厳令はやっていない。)
監督兼脚本参加詩的シーンなどの独特な描写形成・心理描写にも大きく関与。

さらば夏の光は脚本的には詩人でもある長谷川龍生(竜生)の影響もおおきのか詩的で対話=会話劇の要素が高い。


関連記事
日々探求の励みに⇒にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへにほんブログ村こちらもポチ⇒映画(全般) ブログランキングへ

  

2012/04/24 23:42 | ランキング(11~COMMENT(1)TRACKBACK(0)  

コメント

はろ☆

42WQ3h8w
皆さん元気デースカー☆
寂しいおめーらに、2012娘さまがお小遣いを届けに行ってやるぜ~☆
感謝しな☆
http://P3NLK7cn.bb.z2bmk.net/P3NLK7cn/

No:16 2012/04/29 23:05 | 2012娘 #- URL編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP | 

ブログ