アカデミー賞「まっろくたつ」みましたー

予想通り荒れに荒れましたね!

主要6部門は「まっぷたつ」ならぬ「まっろくたつ

アルゴが3部門で評判ほどは数はとれませんでした。妥当といえば妥当なのかなスティーヴン・スピルバーグのリンカーンもリスペクト系強いアカデミー賞のアカデミー会員でさえ意外と振るいませんでした。興行全米1億ドル越えがこれだけ多いアカデミー賞もないようで競りましたー

式自体はアメリカは24日。
DSC01107.jpg

アン・ハサウェイは目立ちすぎでした。助演もこれでとり数年前には主演を取るという経験もおまけ付き!しかーも、めちゃレッドカーペットでも目立ちまくり。movieplusの方(向こうの放送局の制作レドカ番組)も近々みます。

ロバート・デ・ニーロは足早にWOWOWのインタビューを通り過ぎてしまいました。
流石にアカデミー賞は世界で10億人くらいが見てるとは言え日本の賞ではなく、アメリカの賞ですからアメリカの取材がメインなわけでちょっと残念でした。また、親日家でも知られるレ・ミゼラブルヒュー・ジャックマンにインタビューしていました。

字幕版のアカデミー賞がこのあと25日21時からちゃんとはそれで見れますね。今頃WOWOWスタッフ?は編集や字幕つけに大忙しのはずです。


DSC01088.jpgふたり、誰かわかりますよねー在日の噂もある高島彩、父親は俳優の30年くらい前に亡くなっている竜崎勝です。
DSC01090.jpg

式の日本中継に前田敦子が出ていましたがやッぱりにわか臭さ異常でしたー女優って紹介されていた・・・女優というかタレントじゃないの女優といえるレベルとは思えない。
三谷幸喜は流石ですねホントの洋画ファンですよw目に付くとこがまたいいですね~
わかるわかるでした。相変わらず、


DSC01103.jpg

ジェニファー・ローレンスのこのシーンも印象に残りました!
倒れこみシーン
しかし去年と比べてシンプルなアカデミー賞でした。セス・マクファーレンゆえか地味でスマートすぎる印象受けて去年ほうがわたくしは好きです。あの加減が面白い!あの加減が毎年も問題あるのだけどねw

記事も数回にわたりアカデミー賞系書いていこうと思います。字幕版見てこそ細かい部分がわかります。生中継のアカデミー賞はライブ感だけでちゃんとやりとりや感動が伝わりませんから、これからですよw字幕版みてこそ本当の洋画ファンというか最低限レベルになれます。
関連記事
日々探求の励みに⇒にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへにほんブログ村こちらもポチ⇒映画(全般) ブログランキングへ

  

2013/02/25 16:30 | アカデミー賞COMMENT(0)TRACKBACK(0)  

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP | 

ブログ