この人”映画でマラソン中継やっててwの現実。ショー”

わかりやすく言うと、”マラソン中継”に近いのかもしれません。(前記事のつづきつづきつづき)同じコースを走ってる感じでも”少なめな見たことある景色”と”多くの見てない景色”がある。明らかに前回でもあったやり取りが部分部分つなぎあり、デジャブーを感じる。チャンネル銀河社長と吉永小百合の対談を映像などを交えて”デビュー~日活時代”と”日活時代以降~今~今後”を1,2に分けて放送した方が、見てる方はわかりやすいです。吉永小百合の芸歴55年以上のクリーンなイメージにも合う。

一番印象に残ったのは”この人「吉永小百合ショー」”という番組です。インタビュー内で数分流れていた。85年に放送されたようで、吉永小百合の回があったの今まで知りませんでした。この番組はNHKで放送されていた著名人が出演するバラエティ&メイキング要素のある番組で”この人「松本清張ショー」”や”この人「辰巳柳太朗、島田正吾ショー」”などは見たことがあります。2時間ドラマが作られたのはこの人あってこそともいわれる大物作家・松本清張、舞台の新国劇や映画、ドラマで戦前から戦後大活躍したダブル大名優の辰巳柳太朗島田正吾で、弟子の緒形拳も出ていました。これは印象に残ります。”この人「吉永小百合ショー」”の完全版は11月の放送されるようです。もちろん録画予定。
吉永小百合ベスト100~いつでも夢を、いつまでも夢を~
小百合らしくない小百合がここにいるw
マラソン中継”をした理由として、チャンネル銀河では吉永小百合の映画やドラマ、メイキング系番組を数ヶ月にわたり放送するため、こういう作りをした理由として推測がつくのですが。それでも、地上波で芸人などが、けらけら笑いながら昔のアニメやドラマや映画のこと詳しくもないのに都合よく紹介してるのよりは十分に純粋な良いつくりでした。

前回とあわせてインタビューは計1時間40分くらいですね。続けてみると変なループ感覚に襲われそうです。正確に書けば事質、前回で編集で放送されない部分が9割でしたが、インタビュー番組として進行の推側がついてしまうので2度見せられてる気がするのです。不思議言えば不思議です。吉永小百合のイメージにもこういうややこしいつくりは合わないのではとおもうのです。

ちなみに、吉永小百合には何の罪も在りませんそれは事実です。製作者の番組宣伝の意図というものでしょう。吉永小百合、世代など関係なしに応援したくなる不思議な人です。物事にまっすぐな純粋な人です。これからの活躍に期待したいものです。ソフトバンクのCMはどうかと思う、派閥争いに巻き込まれてるよう~

最後に、8月放送の第1弾では11月に2弾放送予定だったのに10月に放送。予定は未定なんですね。

吉永小百合
やっぱりこれが吉永小百合らしい
関連記事
日々探求の励みに⇒にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへにほんブログ村こちらもポチ⇒映画(全般) ブログランキングへ

  

2013/10/23 23:26 | 大女優COMMENT(1)TRACKBACK(0)  

コメント

subject

洋画もたまには書かなきゃ映画すきなんでwネタはいくらでもあります。

No:75 2013/11/01 17:30 | (本人) #- URL [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP | 

ブログ