「THE破天荒男!!」渡り鳥シリーズそのものの

日本国内で渡り鳥しすぎて日本から収まりきらなくなる。とある映画監督の現実のエピソードです。さらに、とある監督は、絶大な影響を与えていた、彼に脱線してしまう展開へなってしまうのも、また良し。滝沢英輔の足跡を探る上で、今回は彼へと行き着いてしまいました。

滝沢英輔は時代劇メインの時代の日活から、1939年から東宝で作品を残してゆくその前回の記事長谷川一夫の「伊那の勘太郎」(1943)も代表作に入り、戦中には、大河内伝次郎で「日本剣豪伝」(1945)もあります。若山セツ子の「おスミの持参金」(1947)も三国連太郎の「江戸一寸の虫」(1955)(7)野球史に残る選手と監督で大活躍した川上哲治も出演した「川上哲治物語 背番号16」(1956)も代表作である。
*おスミの持参金、川上哲治物語 背番号16は現代劇で、他は時代劇。

(7)江戸一寸の虫」は、CSチャンネルのチャンネルNEKOで2012~2013にかけて放送された日活100年の「この人この1本 100年残したい日活映画<スタッフ編>」で、今は元映画監督の江崎実生が”100年残したい日活の名作”として選んでいたタイトルです。以前に選んだ理由を語っているインタビューを見ました。この人は、舛田利雄という(名監督に該当する可能性がある活躍した)監督の助監督を経ていわゆる青春・若者・アクション路線時代の日活(1950年代中盤から1970年代前半)で活躍した監督です。その後、いわゆる大映ドラマで監督をしていました。映画愛子としては、以前に「わが映画人生」という日本映画監督協会が製作したその監督の履歴やエピソードを自ら語っているインタビュー映像作品で約1時間くらいの舛田利雄のインタビューを見たこともあります。聞き手は江崎実生でした。この2人が仲がよくて、井上さん井上さんという名前が出てきてて何故か、印象に残ります。今も深く印象の残ってたりします。
浅丘ルリ子の主演デビュー作です。一部で有名なこの映画も監督(井上梅次が)しています。
井上さんとは、おそらく名監督に該当するであろう井上梅次(基本はうめじではなく、うめつぐと読む)のことです。井上梅次はデビューした新東宝から移籍し、日活でも一時的に、籍を置いて監督をしていました。当時(1950年代)の日活の若手監督は(舛田利雄もですが)相当に刺激を受けていたようです。何故にこの人と思う方が居るかもしれませんが、井上梅次という監督は普通な監督では有りませんでした。日本でも指折りに入る多彩な作品を手がけた監督としても知られています。数年前に亡くなったときには、テレビ報道では、有名作で石原裕次郎の主演の「嵐を呼ぶ男」の監督としか取り上げていなくて、衝撃を受けたのを覚えています。有名でも有るし、ナンバーワンはそれだといわざる得ないです。ですが、それだけでは断じてないです。
さらに代表作といえる明確なものは意外と少ないのですが、当時としては、実に異色で多彩なジャンル(大まかなだけでも音楽・歌謡、青春、アクション、喜劇、時代劇、アイドル、ドキュメンタリー、児童、ギャング、任侠、海外作など)を手がけていて、映画会社も渡り鳥のように移動を繰り返していて、ものすごく忙しい人でした。助監督の時から期待が高く、センスも良く、脚本も製作もおまけに作詞までできて、多分な才能にあふれていたのですが、才能や仕事量のわりには、突き抜けた代表作が少なくてもったないところがある監督です。痕跡としては、1960年代後半には日本を飛び出して、香港の映画会社のショウ・ブラザーズ(邵氏兄弟有限公司)で15本以上監督していた異色な経歴も持ちます。のちの洋のハリウッドと呼ばれた映画会社です。小林旭の「渡り鳥シリーズ」を自分で体現したような監督です。
関連記事
日々探求の励みに⇒にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへにほんブログ村こちらもポチ⇒映画(全般) ブログランキングへ

  

2014/06/19 23:12 | 巨匠COMMENT(0)TRACKBACK(0)  

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP | 

ブログ