芸能界の激震!!この男がいなければ高倉健は存在しなかった!


高倉健は先輩のことを話すことなく死んでいきました。寡黙なそういう人物でもあったわけですが、彼も”とある俳優”がいなければ、存在しませんでした。存在していてもこれほどの活躍はないまま、生涯を閉じていたはずです。

主演俳優として長年活躍した本当のスター俳優たちです。日本映画の歴史に主演が約300本を越す超大スターたち、片岡千恵蔵市川右太衛門主演300はこの2人には1920年代から1960年代まで35年近く主演でピークを保ち活躍した映画の超大スターたちです。高倉健が一番輝いていた9年間のブレイク期間(1964~1973年)など足元で、たまにしか映画に出ない晩年ではなく、3名は晩年まで出続けて代表作を高倉健以上に残しているからです。最低限はこの3人賞をあげてから高倉健にやるべきだと判断しています。中でも、片岡千恵蔵は時代劇だけではなく、現代劇でも大きな痕跡や足跡を残し後世にも多大な影響を与えています。片岡千恵蔵は数多い大物の後輩の中には、高倉健鶴田浩二ばかりではなく、大友柳太朗中村錦之助萬屋錦之介)、大川橋蔵東千代之介美空ひばり若山富三郎菅原文太里見浩太朗伏見扇太郎千葉真一松方弘樹北大路欣也梅宮辰夫渡瀬恒彦藤純子富司純子)など多数がいます。現役にも多くいます。これだけ後輩は歴代に他にいません。長谷川一夫は残念ながら現役に関してはほとんどの後輩さえいません。現代劇に関しては代表作は数本のみ、片岡千恵蔵は現代劇だけでも4シリーズ含む30作以上。片岡千恵蔵は時代劇メインが8割以上、なのにそれだけあるのです。また、20年以上演じた役が8つ、10作以上の演じた役が8つなど、挙げたらさまざまあるのですが、今でいうギネス記録になる世界1位の記録を日本や世界で一番に数多くもっているのです。
高倉健はデビュー当時から、大ブレイク以後を含め、片岡千恵蔵との共演作が多数あります。片岡千恵蔵が主演した和製アクション映画「地獄シリーズ」でも共演しています。

サイレントだけの映画スターの主演300作は、尾上松之助のみ他は片岡千恵蔵、市川右太衛門のみ

「芸能界の激震!!この男がいなければ高倉健は存在しなかった!」・・タイトルなので、大げさに行かせていただきました。ご了承ください
。もちろん映画ファンのはしくれとして常識ですが、前から知ってはいますが、高倉健の死を機会に知っていただきたいと考え書いております。
高倉健の大名詞のこのシリーズもございませんでした。
ちなみに東映の現代劇路線も任侠路線の流れ(他にもあり)は片岡千恵蔵から始まっています。片岡千恵蔵が時代劇の超大スターでありながら、東映で最初の現代劇の大スターでもあったからです。この人がいなければ、高倉健や鶴田浩二や藤純子の任侠、菅原文太の実録やくざモノなどの活躍はありませんでした。千恵蔵がいなければ、ヒーローモノ、刑事モノ、探偵モノ、事件モノなど現代劇においても日本映画の現状が大幅に違うものになっていたのかもしれません千恵蔵は時代劇6大俳優にも含まれるため、時代劇の痕跡は当然ながら、片岡千恵蔵は東映のナンバーワンであるばかりか、日本の現代劇においてもさまざまな面である意味の大きな源流なのです。この痕跡はすさまじい。


関連記事
日々探求の励みに⇒にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへにほんブログ村こちらもポチ⇒映画(全般) ブログランキングへ

  

2014/11/25 20:53 | 超大物俳優COMMENT(1)TRACKBACK(0)  

コメント

宿命

健さんが亡くなったため、ブログの更新スケジュールが大幅に変更せざる得なくなりました。これも映画ブログの宿命。だと痛感しています。

No:107 2014/11/25 21:02 | 愛子 #- URL [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP | 

ブログ