荒波と戦い続けた歴代映画スターたちの厳しい格差の現実とは!?


わかりやすいので数を交えてお伝えていますが、もちろん、数だけではありません。たとえば、B級作は一般作よりは大きく劣ります。それは今でも同じだと思います。B級作で活躍した映画スターが数で一般作の映画スターを上回ったとします。主演数が多くても一般作の映画スターの方が上だという考え方もあります。

前回の関連記事⇒「激震の映画秘話」戦火に身を投じた現代劇の名匠と歴代1位のオールスター映画の交差

映画スターたちの厳しい格差の現実とは!?


前記事で紹介した。7人の主演100作(阪東妻三郎片岡千恵蔵市川右太衛門嵐寛寿郎羅門光三郎阿部九州男琴糸路)ですが、ここにも格差が存在しています。なぜ4大スター、3スターと紹介したかというと4大スターよりも3スターは劣る考え方が存在しているからです。阪東妻三郎片岡千恵蔵市川右太衛門嵐寛寿郎はトップスターです。しかし、市川右太衛門は新興京都という映画会社にいました。戦前の時代劇のトップ会社の日活は日本映画の父・マキノ省三の流れを組んでいます。日活でトップクラスの活躍をしたのがこの7人の中では阪東妻三郎片岡千恵蔵嵐寛寿郎の3名です。ですが嵐寛寿郎は「鞍馬天狗シリーズ」などの子ども向け作品にも人気があった俳優でもあり、子供向け作品はただの娯楽作で内容が薄く、評論家や大人には当時は評価がかなり低めでした。

嵐寛寿郎が東映の脇役俳優に転進する前の時期にトップ俳優として君臨していた新東宝時代の主演作「危うし!伊達六十二万石」。放送され録画済みタイトルです。危うし!伊達六十二万石 [DVD] STD-104


晩年期の助演俳優となってからの70年代前半などの東映の現代劇映画からも格差が分かります。片岡千恵蔵嵐寛寿郎の最後の共演作の扱いの差は大きなものです。片岡千恵蔵はオオトリでラストの表記ですが、嵐寛寿郎は藤山寛美よりも下、新国劇の名優・石山健二郎や主演100作越えの映画スターを経た水島道太郎と同等扱いを受けています。嵐寛寿郎は「主演250作を越した映画スターなのにこれほど扱いがひどいものなのか」と感じさせられます。取り上げたらいくつもの部分で比較する必要があるため、すごく長くなるので千恵蔵との具体的な差の表記は控えます。他の機会にた書きたいとは考えています。
嵐寛寿郎は「鞍馬天狗シリーズ」や「右門捕物帖シリーズ」など、一言で語れるようなネタにしやすく判りやすい代表作があるため、最近になり評価が見直されてるとはいっても、当時は多少は敬遠され評価が今よりはさらに低めでした。

このような考え方からすると市川右太衛門は1927年の右太プロから1942年までの新興京都で活躍した時期があったため、特に新興京都に所属していた映画会社的にはこの阪東妻三郎片岡千恵蔵、嵐寛寿郎の3名よりは劣るということもできます。個人プロよりは新興京都はB級というほどではありませんが、日活には及ばない事実は曲げられません。
関連記事
日々探求の励みに⇒にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへにほんブログ村こちらもポチ⇒映画(全般) ブログランキングへ

  

2015/10/13 19:58 | 超大物俳優COMMENT(0)TRACKBACK(0)  

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP | 

ブログ