阪東妻三郎の真実、まさかの現実、それは本当は1度も一位になれなかった男


伝説的空前のオールスター映画「維新の曲」で共演している片岡千恵蔵市川右太衛門嵐寛寿郎阪東妻三郎の4名に長谷川一夫大河内伝次郎の2名を追加して時代劇6大スターや6大俳優といいますが、この言葉はこの6名が近いレベルの範囲で競り合ったころを意味する言葉です。そのため、生涯を通した痕跡や実積、記録などでは、大きな差がついているため、これだけで説明することは不可能です。今回は”阪東妻三郎の真実、まさかの現実、それは本当は1度も一位になれなかった男”と題して展開していきます。

前回の記事リンク⇒マスコミやテレビが取り上げられない本当の歴代上位映画スター俳優たち数字を発掘

「1942.05.14 維新の曲」の時点の時代劇6大スターの映画主演数の順位


「1942.05.14 維新の曲」の時点の時代劇6大スターの映画主演数の順位(*1)

1位・市川右太衛門・主演175作、助演5作、出演180作
2位・片岡千恵蔵 ・主演161作、助演12作、出演175作、出演2(*2)
3位・嵐寛寿郎・主演148作、助演17作、出演166作、出演1
4位・阪東妻三郎・主演143作、助演50作、出演194作
5位・長谷川一夫 ・主演140作、助演15作、出演155作(*3)
6位・大河内伝次郎・主演98作、助演25作、出演123作


*1・確認できる映画作のみ
*2・主、助に該当なし2作
*3・追加の長谷川・大河内は「維新の曲」出演していないものの、
他の4名との比較のために「維新の曲」の時点での数字を表記


阪東妻三郎が限定的にサイレント映画期のトップの理由


上記の順位に時代劇6大スターや6大俳優に該当する他に2名を含めて順位を作り直してみます。長谷川一夫が5位、大河内伝次郎は6位となります。阪東妻三郎はこの4名の中ではサイレント時代の終了時(1934~1935付近)までは若手では総合的にトップでした。ですが、現存作品においても伝説の映画スターである尾上松之助沢村四郎五郎嵐璃徳山本嘉一などの大先輩(サイレント期だけで主演が100作越え)を含めるとサイレント時代だけでは数字的には圧倒して5位以下といえます。

サイレント期のトップと言ってもベテラン若手の中のレベルの話なのです。ここが重要で、若手の中レベルです。サイレント期においては若手の中でのトップ、それは主演数や出演数、代表作数や痕跡などにおいては、ほぼ事実です。若手の中でのレベルなので正確にはトップであるということは事実ではありません。

数字では片岡千恵蔵市川右太衛門長谷川一夫嵐寛寿郎。そして、阪東妻三郎である現実


小タイトルの片岡千恵蔵市川右太衛門長谷川一夫嵐寛寿郎の順番ですが、トータルではこうなります。この順番の説明は一言や簡単には説明ができず、すごく複雑です。今回はさわり程度でいきます、戦前は市川右太衛門片岡千恵蔵を主演や出演数では上回っていますが戦後やトータルでは逆転します。また戦前の時点でも有名な役数や総数、代表作数などは片岡千恵蔵市川右太衛門を大きく上回っています。主演や出演数では劣っているだけなのです。ややこしいところですが、近いうちこの二人の競い合いも取り上げます。長谷川一夫嵐寛寿郎についてもですが、戦後も含めたトータルでは長谷川一夫が上であると考えています。戦前の時点では嵐寛寿郎の方がさまざまな理由で評価されるべきだといえます。

時代劇六大スター 戦前篇―藤波米次郎コレクション

サイレント映画時代は若手の中で頭が一つ抜けていた阪東妻三郎は、1930年代中盤にはその地位が徐々に揺らぎ始め、戦後を含めると、この6名の順位の中では主演数が5番目となってしまいます。前回の記事に書いているように阪東妻三郎は市川右太衛門、片岡千恵蔵、嵐寛寿郎に主演数で抜かれた上に、長谷川一夫にも主演数で抜かれる寸前にあり、戦後になるとあっさりと抜かれています。

以前に大河内伝次郎について記事で少し取り上げていますが、彼は戦後の活躍を含めても阪東妻三郎の主演数を生涯で上回ることなく、脇役の大物俳優に転身しています。主演では及びませんでしたが、脇役を含める出演数では50作以上で上回っています。

阪東妻三郎の出演194作は”上記の「1942.05.14 維新の曲」時点の映画主演数の順位”のとおり、助演時代の映画出演により出演数はトップですが、「維新の曲」の時点での代表作数は片岡千恵蔵、嵐寛寿郎と近いレベルといえますが、、当たり役のなさにおいても「維新の曲」の時点で他の市川右太衛門、片岡千恵蔵、嵐寛寿郎ら3名に劣っています。(劣る理由など近いうち説明予定)阪東妻三郎は戦後になると出演数さえも他の4名(市川右太衛門、片岡千恵蔵、嵐寛寿郎、長谷川一夫)に軽々と抜かれてゆくのです。最終的な出演数では、4名の中で一番少ない300作強の長谷川一夫で説明すると、この4人と阪東妻三郎は出演数では80作以上の差がつきます。これは大きな差である事実でもあり、曲げることが許されない事実です。
関連記事
日々探求の励みに⇒にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへにほんブログ村こちらもポチ⇒映画(全般) ブログランキングへ

  

2015/11/05 17:58 | 超大物俳優COMMENT(2)TRACKBACK(0)  

コメント

Re: タイトルなし

> 相互リンクのご連絡 お世話になります。貴サイト拝見しまして非常に良いコンテンツを配信されており勝手ながらリンク集に追加させていただきました。(以下URLのヘッダはスパム対策で外していますが、こちらです) konkatsuhack.website/ 相互リンク、ぜひご検討いただければ幸いです。管理人

勝手にリンクをはられているのであれば、このブログへ友達申請をしていただきたいと思います。ぜひよろしくお願いいたします。

No:117 2015/11/27 03:06 | 映画愛子 #- URL [ 編集 ]

相互リンクのご連絡 お世話になります。貴サイト拝見しまして非常に良いコンテンツを配信されており勝手ながらリンク集に追加させていただきました。(以下URLのヘッダはスパム対策で外していますが、こちらです) konkatsuhack.website/ 相互リンク、ぜひご検討いただければ幸いです。管理人

No:115 2015/11/15 15:56 | #- URL [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP | 

ブログ