スターをあまり押し出さないつくりでした。

ストーリーなどについて
完結です。

幕末残酷物語

(主な役者については昨日の記事にあります。)

大まかに話しまとめてみた。

新撰組に入隊する江波三郎(大川)

そこで沖田にあこがれる江波
屯所の女中 おさと(藤)とも知り合いになり
恋愛関係もあり

ある日間者のの隊士の
首切りを波江が任され
初めて人を斬る

新撰組は少しずつ人殺し集団になっていく
それに反対した山南(大友)らも
次々と殺されていく。

そして江波の秘密が明らかやや残酷な結末になります。
沖田との対決や
その後はネタばれなのでぜひ作品で



役者についてですが
西村晃の土方が新鮮ですね。
そしてやはり近藤の中村竹弥
好きな役者でもありますが。
終盤の山波とのもめるシーンがよかったですね。

加藤泰監督も色々な作風やってるのに少し驚きましたね。
これはあらあらしい作品なので







関連記事
日々探求の励みに⇒にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへにほんブログ村こちらもポチ⇒映画(全般) ブログランキングへ

  

2011/08/16 23:38 | 未(235記事)COMMENT(0)TRACKBACK(0)  

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP | 

ブログ