FC2ブログ

生誕110年天下大巨匠マキノ雅弘伝 浪人旋風影響に黒澤明 近衛十四郎 三船敏郎 阪東妻三郎




2018年は天下の大巨匠マキノ雅弘の生誕110年の年であり、CSチャンネルなどで特集が組まれました。2018年12月、あれこれ悩んだ平成最後の12月末、やっぱりこれにたどり着きました。そう天下の大巨匠で行こうと。


彼の映画は現代に見ても新鮮で光を放つ作品ばかりです。日本映画史上歴代最多と考えられますが、最低でも100作を軽く越す秀作を残していたと考えられ、個人的には2018年2本の彼の映画を見ていますが、2作とも海外の歴代巨匠を上回る2018年の年間上位にランク付ける高い評価をしています。まさに世界のマキノ、一人の映画ファンとしても名作2本にめぐり合えたことは幸運でした。


マキノ雅弘は特に戦前は映画評論家や文化人に評価される”作家時代劇路線”でも大成功を収め、総合的には大衆に評価されたりヒット作を多数残す”娯楽時代劇路線”を貫いたマキノ雅弘でしたが、個性的な演技の付け方やまくし立てる場面展開の課数々、演技や展開だけでも引き込まれてしまいますし、常に現代的な手法を時代劇映画として消化させた部分なども魅力的であり、現在でも独自さと個性を失わず輝きを失いません。


前回の流れから今回は「浪人街シリーズ」についてさらに迫ります、これもテレビやきちんと評価されてきていない大巨匠の功績です。「生誕110年天下大巨匠マキノ雅弘伝 浪人旋風影響に黒澤明 近衛十四郎 三船敏郎 阪東妻三郎」と題してスタートです。




前回記事⇒安室奈美恵 SPEED DA PUMPが存在がなかった 日本初映画大巨匠の死と大量退社騒動直後の名作





世界的にも珍しく真の意味の最長&多彩に活躍した映画人であり活動屋




浪人街シリーズ」の通産映画化作品7作中の6作(シリーズはマキノ監督版のみの6作説もあり)は時代劇映画の大巨匠のマキノ雅弘が監督しました。マキノ雅弘時代劇四大巨匠(一.伊藤大輔=大河内傳次郎と名コンビで大成功、二と三.マキノ雅弘と稲垣浩=片岡千恵蔵と名コンビで大成功、四.衣笠貞之助=林長二郎、のちの長谷川一夫と名コンビで大成功)に含まれるほどの大きな貢献度を誇り、戦前から戦後の時代劇&時代劇映画のそのものの形成と黄金期を牽引しただけではなく、多くの映画スターの飛躍に40年以上関与、次郎長映画の確立と牽引や仁侠映画の形成と牽引など多数の部分に大きく貢献しています。もちろん大まかな部分でさえ、これだけではありません。



マキノ雅弘は日本映画史上ベスト3の80作ほどの主な映画監督代表作がありますが、この「浪人街シリーズ」においては日本の時代劇や時代劇映画に”浪人もの”という新しいジャンルを確立させたといっていいでしょう。


さらにマキノ雅弘は1928年から1990年まで映画人として活動、監督は当時最長クラスの1926~1972年の約47年、最初の名子役から監督録音プロデューサー脚本、最後の監修など、1912年から1990年までの日本歴代最長クラスの78年間で関与と貢献を果たしました。彼は年数だけではなく、多彩な大活躍を成した人物、これは世界的にも珍しく、真の意味の最長と考えることもできます。


海外は多彩に手を出した、手を出すだけなら多数が存在していますが、ここまで多くで深く真に功績を明確に残した人物はほぼいません。他分野になりますが今後もノーベル賞や金メダルを獲得する日本人は数多く出るでしょうが、世界中に大勢が存在する受賞レベルをはるかに越え、他の人物が近づけない自分だけの独自な境地に到達しました。






浪人街シリーズ」から時代劇三大スターへの明確な影響






戦前に誕生した”浪人もの”という新しいジャンルは1910年代からボツボツ存在していますが、ヒットはしておらず、明確な流れの源流はマキノ雅弘の「浪人街シリーズ」からだったといえます。浪人街シリーズが作られた後の1930年代に多くの浪人題材の時代劇が作られています。


たとえば阪東妻三郎主演の1933『新釈清水一角 浪人祭』(製作=阪東妻三郎プロダクション、通称阪妻プロ、配給=新興キネマ)は忠臣蔵題材(清水一角、別名義は清水一学は、吉良側を支えた凄腕の剣士として描かれることが大半)と”浪人もの”要素を組み合わせた作品です。忠臣蔵といえば、本伝は討入る側から描かれることは大半ですが、これは討ち入られた側(本来の敵役)を主役に添え、当時としては非常に攻めた時代劇映画でした。また、同時に剣戟スター阪東妻三郎の得意な剣戟要素の強く押し出した時代劇映画だとも考えられます。この映画のにちに阪東妻三郎は1939~1940「鍔鳴浪人』(前後篇)にも主演し、これは阪妻の浪人ものの代表的作品です。


さらに阪東妻三郎のライバルでもある市川右太衛門は1931『家賃と娘と髭浪人』(製作=市川右太衛門プロダクション、通称右太プロ 配給=松竹キネマ)で浪人役を演じたものと考えられますし、大河内傳次郎は1931『浪人と阿片』(製作配給=日活、監督は渡辺邦男)で浪人役を演じています。

そのほかにもさまざまな俳優や会社で多数の浪人ものが作られていますし、ここの題名の通り、「浪人街シリーズ」から時代劇三大スターへの明確な影響がありました。






なんと戦後の黒澤明三船敏郎近衛十四郎も大影響





戦後の1960年代の浪人ものの要素が多くある黒澤明の「七人の侍」「用心棒」や「椿三十郎」、三船敏郎近衛十四郎のテレビドラマの素浪人シリーズなど数多くの作品が大きな恩恵を受けています。マスコミやメディアは黒澤明の実積や映画のオリジナリティを大きく落とすことであり、都合が悪いのか、マキノ雅弘の恩恵を大きく受けていたことをほぼ取り上げません。


さらにマキノ雅弘の形成した浪人ものの影響はテレビドラマへとつながります。1960年代中盤からの近衛十四郎は「素浪人 月影兵庫」(テレビドラマ)や「素浪人 花山大吉」(テレビドラマ)など、1970年代の三船敏郎は「荒野の素浪人」(テレビドラマ)、個人的に好きな「剣と風と子守唄」(テレビドラマ)などの”三船敏郎の素浪人シリーズ”、下記部分を見てもらえればさらに分かりますが、先人の血と汗が染み込んでいます。これらは映画「浪人街シリーズ」の流れを受け、浪人が用心棒として、またはそのまま浪人として活躍する作品群の代表格たちです。



<浪人街ものと大巨匠のマキノ雅弘>
マキノ雅弘の監督 マキノ正博は1~5、6の『浪人街(1957)』はマキノ雅弘の名義

1928『浪人街 第一話 美しき獲物』  マキノ  母衣権兵衛=南光明
1929『浪人街 第二話 楽屋風呂第一篇』  マキノ  不破伝五左衛門=南光明  
1929『浪人街(総集編)』  マキノ  不破伝五左衛門 南光明
1929『浪人街 第三話 憑かれた人々』  マキノ  小日向惣左衛門=沢村国太郎 *マキノオールスター
1939『浪人街(1939)』  日活  福富半助=月形龍之介 木村長門守重成=沢村国太郎 *改題前 慶長踊りとある
1957『浪人街(1957)』  製作=京都映画 配給=松竹  荒牧源内=近衛十四郎


<マキノ雅弘の総監修の浪人街>
1990『浪人街(1990)』 製作=松竹、日本テレビ放送網など、配給=松竹 荒牧源内=原田芳雄 赤牛弥五右衛門=勝新太郎 監督=黒木和雄




*マキノ正博の名義の時代もありますが、全般的な名義はマキノ雅弘であるため、こちらを選択しています。
*マキノはマキノプロダクション、マキノ映画ともいわれる。



『浪人街 第一話 美しき獲物』から1990『浪人街(1990)』まで約72年にわたり、浪人街や浪人ものに監督と監修の製作で関わりました。これは一つの題材やある種のシリーズで最長クラスです。また、上記の1939『浪人街(1939)』 は、1929『浪人街 第三話 憑かれた人々』で主演を勤め、事実上の自身最大の代表作とした木村長門守重成(木村重成)役で前回記事で取り上げている沢村国太郎が相手役(2番手)で出演しています。
さらに『浪人街(1957)』に主演した近衛十四郎はのちの1960年代の中盤からの「素浪人 月影兵庫」(テレビドラマ)や「素浪人 花山大吉」(テレビドラマ)のいわゆる”近衛十四郎の素浪人シリーズ”に主演するなどの大影響を受けています。マキノ雅弘がいなければ彼のテレビドラマの代表作はなかったかもしれません。





70作以上の浪人ものはタイトル マキノ雅弘と「浪人街シリーズ」の影響






”浪人もの”はタイトルが明確なものだけでも時代劇映画が大半、多少の現代劇映画を含めると最低でも70作以上が作られています。そのほとんどが「浪人街シリーズ」の後です。このシリーズが大きな影響を与えていたことは明白です。


「浪人街シリーズ」(最初は1928~1929)による浪人ものの影響は時代を飛び越えて、1930年代の阪東妻三郎や大河内傳次郎市川右太衛門の浪人要素のある映画や戦後の1960年代の黒澤明三船敏郎や近衛十四郎の代表作につながり、マキノ雅弘の血と汗の活動がなければ存在していなかったのです。





下記はマキノ雅弘の総監修の浪人街もの浪人もの、1990『浪人街(1990)』は主演は原田芳雄、助演で勝新太郎などが出演、

あの頃映画 「浪人街 RONINGAI」 [DVD]
SHOCHIKU Co.,Ltd.(SH)(D) (2011-12-21)
売り上げランキング: 34,664



勝新太郎とマキノ雅弘とコンビは1969『悪名一番勝負』(悪名シリーズ、現代劇)と近代ヤクザの祖ともいわれる吉田磯吉を演じた1970『玄海遊侠伝 破れかぶれ』(ぎりぎり現代劇扱い)の2本のみ、時代劇は1本もなく残念でしたが、高く評価していた人物がマキノ雅弘でした。マキノ雅弘の戦後は東映映画が中心であり、勝新太郎の大映映画とは縁がなく、ほとんど関連を持つ機会がありませんでしたが、大映倒産寸前にある種のラブコール(それそれが互いを求めた)の末、2作の監督と主演のコンビ作が大映映画で作られました。それが『悪名一番勝負』と『玄海遊侠伝 破れかぶれ』でした。

勝新太郎の『浪人街(1990)』への助演出演はマキノ雅弘に対する尊敬と敬意がこもっています。





裏側も来週中に公開予定 ↓
        一直線女子の映画向上会


姉妹ブログ新記事 映画も登場
国民的2大探偵 金田一耕助俳優&明智小五郎俳優の秘蔵師弟関係

姉妹ブログ新記事の裏  映画も登場
刑事ドラマに連結するGメン映画 忘れてはならない特撮テレビドラマ超貢献の名脚本家




関連記事
日々探求の励みに⇒にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへにほんブログ村こちらもポチ⇒映画(全般) ブログランキングへ

  

2018/12/17 22:52 | 邦画の探求COMMENT(6)TRACKBACK(0)  

コメント

米津玄師がぶっちぎりトップのNHK紅白

米津玄師がぶっちぎりトップのNHK紅白でした。


サザンの松任谷とのあれは台本だったのか、アドリブだったのか、転んだのは視聴者に対して縁起が悪すぎて困りました。

北島三郎の都合がいい出戻りは個人的には許せません。

米津玄師、一言に尽きます。

久しぶりに紅白で魂震えました。パフォーマンスのごまかしや都合がよい歌ばかりの現代の歌謡界、その中で彼は輝きました。

以上、良い2019年へ

No:219 2018/12/31 23:51 | #- URL [ 編集 ]

声優の藤田淑子死去 アニメマニアのプチ思い出

声優の藤田淑子死去、早い68歳、文化放送の青二プロ(声優の古参事務所)のラジオドラマ番組が彼女から「ドラゴンボール」のピッコロや「うる星やつら」の諸星あたるなどの古川登志夫に代わっていたのでおかしいとは感じていたんですが、病気だったようです。

知名度が高い「一休さん」や「キテレツ大百科」、「キャッツアイ」など主演の代表作がそこそこ多くある人ですが、個人的にはドリモグも子どもむきながらマニア向けのカルトで作品も好きでしたが、ビックリマンのアニメ2作目『新ビックリマン』の主人公のマルコ役がお気に入りでした。

No:218 2018/12/29 00:21 | 声優の藤田淑子死去 アニメマニアのプチ思い出 #- URL [ 編集 ]

安室透は某大ヒット作○○○○○のパクリだった

名探偵コナンの安室透(声・古谷透)=トリプルフェイスの異名のキャラクター(役柄)は多羅尾伴内(俳優・片岡千恵蔵)=七つの顔の男(戦後直後から大ヒットした大映と東映の映画シリーズ)の異名から来ています。

名探偵コナンはほかにも数多くの元ネタがあるキャラクターが登場します。これまでも銭形平次やシャーロックホームズ、明智小五郎など多数の元ネタを持つ要素が登場、そして今回は多羅尾伴内=七つの顔の男なのです。

悪く言えばパクリとも考えられてしまいますが、東宝や青山剛昌のこういう2次創作いいんでしょうか。こういうやり方に
疑問を定義させていただきます。

No:217 2018/12/21 17:46 | 安室透は某大ヒット作○○○○○のパクリだった #- URL [ 編集 ]

NHK中国語放送スタートニュースと強制移住の中国ドキュメント

NHKが2019年から中国向きに日本の番組の中国語放送をスタートのニュースが流れていました。桜庭ななみらを起用し、1日5時間とか、日本は本当にどうなってしまうのでしょう。

ただでさえアメリカに汚染された日本、さらに中国にも・・大きなしわ寄せの被害はやめてほしいものです。

2018年にある中国ドキュメンタリーを見ましたが、事実上の強制移住を描いた内容でした。田舎の過疎地から都市部へ政府が事実上の圧力をかけて、国の労働力の強化を理由に移住させる。その好条件に載せられた人々は移住地でもトラブルだらけ、中国人たちが苦しそうな姿を目の辺りにさせられました。

なぜか、この中国ドキュメンタリーを思い出してしまいました。何故でしょうか。NHKの中国向きに中国語放送をスタートとも関わりがあるかもしれません。

つまり直接的でないにしても日本の経済や政治とも関与しているからです。

No:216 2018/12/20 00:46 | NHK中国語放送スタートニュースと強制移住の中国ドキュメント #- URL [ 編集 ]

D社=D通 流行キーワード

D社=D通、今後はD通で統一していこうと考えています。このD通というキーワードはニコニコ生放送で流れていました。D通を批判する際に使われています。

No:215 2018/12/18 15:09 | D社=D通 流行キーワード #- URL [ 編集 ]

印象操作女優吉田羊 ミ○○屋は事実を何で誇張 某D社の陰

吉田羊がHEROで大ブレイクとか嘘でしょ。後付けで持ち上げている。ミ○○屋は事実を何で誇張するんでしょう。ほんと許せないですよ。

この番組と井上公造がASKAに裁判を起こされて、勝手に曲を流したなどの理由で負けてしまいましたよね。地味でしたが正統派の前番組のザ・ワイドが好きでした。

吉田羊は某D社がCMとからめて、ドラマや映画に関連つけて主演をあてがい、印象操作して売り出したというのが現実だと考えています。今回のイギリス演技留学(現時点では報道のみ)にも某D社が後ろ盾の一つとして関与している可能性がありますね。

吉田羊は主演の代表作はほぼゼロです。HEROを代表作に数えたとしても助演でこれ一つだけ、最初に謝っておきますが、この人は年齢の割りに演技に重みが感じられず、日本人の演技ができないというか、悪く言うと洋風被れです。

No:214 2018/12/18 14:21 | 印象操作女優吉田羊 ミ○○屋は事実を何で誇張 某D社の陰 #- URL [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP | 

ブログ