6番手11人目が大川橋蔵のワケ 最大のライバルと勝負の行方





前回は「戦後の10年連続以上の年間主演5作以上を記録した俳優で連続年数が途絶えた順番」を取り上げましたが、あえて外していたのですが、もう1人記録に到達した俳優がいます。



戦後を代表する日本の映画スター&東映を代表する時代劇スター大川橋蔵




それが大川橋蔵です。大川橋蔵は戦後を代表する日本の映画スター&東映を代表する時代劇スターの1人として活躍しました。1955年にデビューして、1955年から1967年まで13年連続主演1作以上を記録しました。13年間で110作強の映画に出演、9作が作られた『若さま侍捕物帖シリーズ』や『新吾十番勝負』や『新吾二十番勝負』、『新吾番外勝負』を含む9作の通称”新吾ものシリーズ”、『喧嘩道中』からはじまる股旅4作の『草間の半次郎シリーズ』、1時間弱の中篇映画『江戸三国志』3部作などを主に残しました。


1960年東映作品しおり 新吾十番勝負 完結篇 B5サイズ・2つ折りタイプ 大川橋蔵 大友柳太郎 月形龍之介 丘さとみ 映画パンフレット・兼用
『新吾十番勝負 完結篇』は新吾十番勝負シリーズ、新吾もの、新吾勝負もの事実上の4、または5作目に該当します。

その理由などは裏側に⇒裏側「6番手11人目が大川橋蔵のワケ 最大のライバルと勝負の行方」




単発映画の代表作では中村錦之助とダブル主演の『曽我兄弟 富士の夜襲』、『幽霊島の掟』、『幕末残酷物語』、テレビドラマの代表作の映画版『銭形平次(1967)』などの代表作がある大スターでした。映画主演の代表作は30作を越していおり、助演でも浅野内匠頭を演じた『赤穂浪士(1961)』など多くの大ヒット作や名作に出演し、大きく貢献しました。トータルの主演映画数は三船敏郎や渥美清らを上回る戦後20位の80作に到達しました。

1967年の『銭形平次(1967)』を最後に事実上の映画俳優を廃業し、テレビ時代劇の俳優として888話の銭形平次や数本の長篇時代劇のみが活動の場となりました。



曾我兄弟 (新・講談社の絵本)
曾我兄弟(または曽我兄弟の表記)は”曾我兄弟の仇討ち”としても知られる日本三大仇討ちに称される一つ、戦前から戦後に掛けて10度以上映像化されてきた曾我兄弟題材作、その東映版の大ヒット作『曽我兄弟 富士の夜襲』は大川橋蔵も出演していました。




大川橋蔵は6番手で11人目の俳優





大川橋蔵も「戦後の10年連続以上の年間主演5作以上を記録した俳優」の1人でした。表記は11人目ですが、途切れた順は6番目になります。下記が大川橋蔵を追加した戦後の10年連続以上の年間主演5作以上を記録した俳優で連続年数が途絶えた順番です。


<戦後の10年連続以上の年間主演5作以上を記録した俳優で連続年数が途絶えた順番>
途絶えた年 俳優名  連続年数  連続年数の内訳

1961    長谷川一夫    12    1950~1961
1962    市川右太衛門   11    1952~1962  
1963    中村錦之助    10    1954~1963
1963    美空ひばり    13    1951~1963
1963    片岡千恵蔵    14    1950~1963
--
1965   大川橋蔵      10    1956~1965
--  
1966    森繁久彌      12    1955~1966 
1967    市川雷蔵     13    1955~1967
1968    勝新太郎      14    1955~1968
1970    小林旭       13    1958~1970
1972    鶴田浩二      12    1961~1972





意外なことに映画時代の大きなライバルであった中村錦之助と「戦後の10年連続以上の年間主演5作」で並んでおり、中村錦之助はデビューした1954から1963年で途絶えていますが、大川橋蔵はデビューは1955年の12月に『笛吹若武者』でデビューしてから、2年目の1956から1965年にかけての10年間であり、両者とも10年間の記録ですが、記録した年数が2年間ずれています。中村錦之助が1963年で主演5作が途絶えたことにも触れておきましょう。

テレビの普及で自宅で時代劇が観れるようになったことから、本数のニーズが低下したことも大きな部分ですが、内田吐夢とコンビを組んだ5部作の宮本武蔵も要因といえるでしょう。時間をかけて製作した作品であり、主演数が自然と減少しました。一方、ライバルだった大川橋蔵はそれに反して本数を撮る方向で活動したのが、この1964年と1965年だったということになります。大川橋蔵の10年連続主演5作以上が1965年まで続いた部分には個々の活動の違いも影響していました。



笛吹若武者 [DVD]
笛吹若武者 [DVD]
posted with amazlet at 17.05.09
東映ビデオ (2005-03-21)
売り上げランキング: 116,443
2005年に商品化されていたことに驚きましたが、大川橋蔵のデビュー作『笛吹若武者』は、ナンバーワン女優の美空ひばりといきなりの共演&ダブル主演でした。東映側から大川橋蔵への期待が高かったことがわかります。監督は大川橋蔵と映画時代の代表作の数本やテレビ時代劇『銭形平次』においても縁のあった巨匠・佐々木康でした。




大川橋蔵と最大の好敵手の中村錦之助と数と質、巨匠たちの勝負





中村錦之助の「戦後の10年連続以上の年間主演5作」が途絶えた1963年のその翌年1964、1965年も大川橋蔵は年間主演数5を維持していました。このときの二人を比べると二人の活動に変化が見られます。それが質と数です。大川橋蔵はこれまでどおり数の方向へ向かいましたが、中村錦之助は数よりも質の方向へシフトしたことが伺い知れます。



・大川橋蔵の1964年8作、1965年の5作 
・中村錦之助の1964年3作、1965年の4作


<大川橋蔵の1964年と1965年>
1964年は新吾もの8作目や番外編に該当する『新吾番外勝負』、話題作『幕末残酷物語』が公開、『新吾番外勝負』は東映や日本映画の7年連続8億人に大きく貢献した大ヒットメーカーの巨匠・松田定次の東映時代で最後の代表作といえる作品でした。1965年は5作の主演がありましたが大きな代表作なかったと言わざる得ないところですが、、『大勝負』は日活で活躍した井上梅次を監督に招いて製作され、大川橋蔵、大友柳太朗と片岡千恵蔵の3大スターを軸に描いた野心作でした。

<中村錦之助の1964年と1965年>
1964年は4作目『宮本武蔵 一乗寺の決斗』、 田坂具隆の歴史文芸『鮫』、 巨匠・今井正の数少ない時代劇映画『仇討』、
1965年は山本周五郎の文芸時代劇の田坂具隆で映像化した『冷飯とおさんとちゃん』、完結編の5作目『宮本武蔵 巌流島の決斗』などの代表作がありました。


幕末残酷物語 [DVD]
幕末残酷物語 [DVD]
posted with amazlet at 17.05.09
東映ビデオ (2004-10-21)
売り上げランキング: 142,154

前年1963年の今井正×中村錦之助コンビの『武士道残酷物語』の大ヒット作との関連も指摘される、加藤泰×大川橋蔵の1964年『幕末残酷物語』も話題になりました。幕末の残酷さを問いかける内容、個人的には現代的な抗争劇などの要素を詰め込んでおり前衛さがあまり評価できない部分の時代劇映画でしたが、時代劇の概念に横槍の一石を投じる風潮は観る人によっては評価されています。




両雄の勝負の行方 名匠の文芸時代劇の代表作




1964、1965年の大川橋蔵主演作が13作、中村錦之助は主演が7作と6作も主演数に差がありましたが、代表作の数では主演が少ない中村錦之助が上回っていました。個人的には両者とも評価しているわけですが、中村錦之助は全般的には娯楽時代劇の代表作がほとんどを占めていますが、戦前から日活や大スター・入江たか子などと縁があった監督の田坂具隆とのコンビで、文芸時代劇の代表作が2作生み出せたところも大きな実積でした。



大川橋蔵は1967年に事実上に映画界を引退し、自分の意思でテレビドラマのみの活動に専念したため、中村錦之助が到達した映画主演数は100作の大記録は叶いませんでしたが、戦後の時代劇映画の発展や多様性に大きく貢献した俳優の1人でした。



姉妹サイトで映画話も登場⇒伝説のテレビドラマ『琴姫七変化』で活躍した男女の真相

今回の裏話へ⇒裏側「6番手11人目が大川橋蔵のワケ 最大のライバルと勝負の行方」

日々探求の励みに⇒にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへにほんブログ村こちらもポチ⇒映画(全般) ブログランキングへ

  

2017/05/10 00:00 | 超大物俳優COMMENT(0)TRACKBACK(0)  

高倉健が10年連続主演×作に到達しなかった原因 そびえ立つ大山脈


現在の人気はテレビなどが過剰に取り上げることによってもいくらでも誇張できますが、それは本当の人気の証拠にはなりません。やはり記録に残っているということが真の人気や活躍を占めるものになります。やはり存在しない証拠よりは存在する証拠の方が大切なのです。前回の流れでさらに深い部分に踏み込んでいこうと考えています。「高倉健が10年連続主演×作に到達しなかった原因 そびえ立つ大山脈」が始まります。



前回記事⇒○作連続主演数世界1位 映画俳優の大記録を掘れ

戦後の10年連続以上の年間主演5作以上を記録した俳優で連続年数が途絶えた順番




<戦後の10年連続以上の年間主演5作以上を記録した俳優で年間主演5作が途絶えた順番>
途絶えた年 俳優名  連続年数  連続年数の内訳

1961    長谷川一夫    12    1950~1961
1962    市川右太衛門   11    1952~1962  
1963    中村錦之助    10    1954~1963
1963    美空ひばり    13    1951~1963
1963    片岡千恵蔵    14    1950~1963
1966    森繁久彌      12    1955~1966
1967    市川雷蔵     13    1955~1967
1968    勝新太郎      14    1955~1968
1970    小林旭       13    1958~1970
1972    鶴田浩二      12    1961~1972





意外なことに戦後の10年連続以上の年間主演5作以上を記録した俳優で、連続年数が最初に途絶えた俳優の長谷川一夫でした。長谷川一夫が最初に記録を途切れた理由などは裏ブログの方へ
  ↓   ↓   
国民栄誉賞は過大評価!! 日本映画最大の黄金期の片岡千恵蔵VS長谷川一夫の7ラウンド勝負

1958年映画パンフレット 日蓮と蒙古大襲来 長谷川一夫 市川雷蔵 勝新太郎 黒川弥太郎 淡島千景
戦後の10年連続以上の年間主演5作以上を記録した俳優で連続年数がもっとも早く途絶えた俳優の長谷川一夫、
あまりイメージにない彼の演じた日蓮の坊主姿 1958年の大映の大作&オールスター映画『日蓮と蒙古大襲来』の貴重なポスターです。
日蓮と蒙古大襲来』は長谷川一夫と20作近い名コンビを組んだ巨匠・渡辺邦男が監督をしています。




日本映画で最期の10年連続以上の年間主演5作以上の俳優が鶴田浩二




日本映画で最期の10年連続以上の年間主演5作以上の俳優が鶴田浩二でした。

鶴田浩二が10年連続以上の年間主演5作以上を記録した俳優の中で10人目に記録が途絶えています。鶴田浩二の存在は日本映画がもっとも輝きを放った時期の最期の存在だったといえるのかもしれません。


ここであることに注目してみましょう。上記の10名に高倉健が入っていません。その理由は何故でしょう。残念ながら高倉健は10年連続以上の年間主演5作以上を1度も記録していません。これは彼を上回る映画スターが存在していたことを物語る証拠の一つといえます。


高倉健は1956~1961に6年連続で主演5以上、1963~1971に9年連続で主演5以上を記録しましたが、惜しくも10年連続以上の年間主演5作以上は逃してしまいました。この1956~1961に6年連続で途絶えた理由には鶴田浩二美空ひばりなどの大先輩俳優の存在が挙げられます。



1962年の高倉健の出演映画




<1962年の高倉健の出演映画>
南太平洋波高し          主演・鶴田浩二 監督・渡辺邦男
べらんめえ芸者と大阪娘     主演・美空ひばり 監督・渡辺邦男
二・二六事件 脱出        主演・高倉健 監督・小林恒夫
恋と太陽とギャング        主演・高倉健 監督・石井輝男
千姫と秀頼             主演・美空ひばり中村錦之助 監督・マキノ雅弘

黄門社長漫遊記         主演・進藤英太郎 監督・小石栄一
民謡の旅 桜島 おてもやん  主演・美空ひばり 監督・渡辺邦男
東京丸の内            主演・高倉健と佐久間良子 監督・小西通雄
三百六十五夜           主演・美空ひばり 監督・渡辺邦男
暗黒街最後の日         主演・鶴田浩二 監督・井上梅次
10
東京アンタッチャブル      主演・高倉健 監督・村山新治
遊民街の銃弾           主演・丹波哲郎 監督・飯塚増一
裏切者は地獄だぜ       主演・片岡千恵蔵 監督・小沢茂弘
計13

主演でないものは基本は相手役または2番手、3番手を維持



高倉 健 [TX-6092] [ポスター]
『日本侠客伝』や『昭和残侠伝』などの任侠シリーズからのものだと考えられる高倉健の上半身の半裸写真、
映像に映えるきれいな刺青も優れた職人によるものです。





そびえ立つ大山脈①と4作共演した高倉健の微妙に歯がゆい現実




美空ひばりの相手役を『べらんめえ芸者と大阪娘』と『民謡の旅 桜島 おてもやん』、『三百六十五夜』で勤めています。男役ではトップでしたがやはり主役というよりは美空ひばりの引き立て役を負かされていたと捉えるべきだと考えています。1962年の高倉健は渡辺邦男の映画に4作も出演していますが、主演はありませんでした。

映画愛子も視聴済みの前年の1961年に『悪魔の手毬唄』で渡辺邦男とのコンビで主演作が1つあります。この映画は初代・金田一耕助の片岡千恵蔵が定着させた清潔な金田一耕助のイメージを継承や踏襲した作品でした。相手役や継承作があることからも、ある程度の評価は得ていましたが、この時点では高倉健は東映では数番手の映画スターだったことも意味しています。




そびえ立つ大山脈②の前に助演俳優と化した高倉健




千姫と秀頼』は主演の千姫の美空ひばりと秀頼の中村錦之助のダブル主演の次ぐ、3番手、大ヒットしたギャングシリーズの『裏切者は地獄だぜ』も片岡千恵蔵、鶴田浩二に次ぐ、3番手扱いでした。丹波哲郎はトータルでは主演数は30作ほどの俳優でしたが、東映も他の主演の多様性を求めていたのでしょう。彼に主役を任せて、高倉健はあえて2番手で出演しています。


1962年の高倉健の鶴田浩二の主演映画への2番手は『南太平洋波高し』、『暗黒街最後の日』の2作でしたが、1962年の共演は他に2作あり通産で4作です。『裏切者は地獄だぜ』は上記と同様ですが、『三百六十五夜』は鶴田浩二が高倉健に次ぎ、3番手的立場で出演しています。


つまり、1962年の高倉健は主演4作、助演9作(相手役含む)で13作に出演していました。高倉健が1956~1961で6年連続の主演5以上が途絶えた理由は相手役を含んだ助演が増加し、美空ひばりや鶴田浩二の大きな存在(=そびえ立つ大山脈)が影響していました。東映は東宝から移籍してきた鶴田浩二の方を高倉健よりも優先的に売り出していたことも原因しています。


そびえ立つ大山脈①美空ひばり そびえ立つ大山脈②鶴田浩二



父・鶴田浩二の影法師―末娘が綴った銀幕スタアの真実
鶴田 さやか
マガジンハウス
売り上げランキング: 833,589

歌手活動も行いながらオリジナルビデオ(OV)などにも出演している鶴田浩二の娘
鶴田さやかの秘蔵の秘密のベールが開く


前回の裏側⇒ある銀幕スターが大問題をさせた1941年 幻の忠臣蔵映画の存在
これぞ映画愛、忠臣蔵とマーロン・ブランドの夢のコラボレーション!
日々探求の励みに⇒にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへにほんブログ村こちらもポチ⇒映画(全般) ブログランキングへ

  

2017/04/27 00:03 | 超大物俳優COMMENT(0)TRACKBACK(0)  

○作連続主演数世界1位 映画俳優の大記録を掘れ


映画俳優は記録の面白さがあると題して、前回は【鶴田浩二の1965年から1970年までの主演映画数】、【大記録 戦後の映画大スターの主演数100作への到達順】、【大記録 戦後映画大スターの年間主演映画数10作】を中心に取り上げました。今回も深い部分に潜っていけたらと考えています。○作連続主演数世界1位 映画俳優の大記録を掘れを掘るとして進めていきます。


前回の記事⇒世界最速1位はあの人 大記録が語る映画スターたちの真価


鶴田浩二の1971年から1975年までの主演映画数




鶴田浩二の1971年から1975年までの主演映画数(前回も一部表記)>

1970 6   ・10年連続主演映画数が5作以上(C)(前回表記)
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
1971 6   ・片岡千恵蔵に次いで2人目の戦後の映画主演数が150作&戦後の最多主演数を上回る(D)
1972 6   ・12年連続主演数5作以上で途絶える(E)
1973 1 
1974 1 
1975 0
1976 0


前回の鶴田浩二の1965年から1976年までの主演映画数は⇒



(C)大記録 10年連続主演映画数が5作以上
ライバルでもあった高倉健や石原裕次郎、もちろん生涯主演数が80作まで行かなかった三船敏郎もこの記録に到達していません。高倉健は年間連続主演5作が1962年に途絶えています。

↓↓三船敏郎は年間主演数の最多数が5が最高であり、1955、1957、1959年に3度の年間主演映画5作を記録しています。

三船敏郎の映画人生3度の年間主演5作以上>
1955  5
1957  5
1959  5


サムライ 評伝 三船敏郎
この映画の中の姿は撮影の途中の休憩中なのか、合成なのか?



三船敏郎がまさかのワーストとも言える記録とマーロン・ブランド


2年連続主演5作は生涯で1度もありませんでした。欧米志向の東宝の時間をかけた1作ずつの制作期間、内容の割に1作ごとにこだわり過ぎた監督の黒澤明とのコンビ、国内での人気がそれほど高くなかったなどの理由がこの数に影響しています。三船敏郎は他のスターと比べると1950年代の日本映画の最大の黄金期の本数がワーストといえるほど少ない主演数の特徴があります。


本数に関しては前回の裏でも取り上げています。
真実の光 マーロン・ブランドと三船敏郎の×××

マーロン・ブランドとも通じる部分もありました。アメリカの戦後の映画黄金期で主演数が極端に少なかった異色の映画スター・マーロン・ブランド(MarlonBrando)はあまり多くの映画に出演しない俳優でした。40作ほどの映画出演は戦後の黄金期の映画スターの中でも少なめです。


マーロン・ブランドの肉声(字幕版)
マーロン・ブランドのどんな肉声が詰まっているのでしょう。




戦後で主演映画数が150作以上の現実




(D)片岡千恵蔵に次いで2人目の戦後の映画主演数が150作&戦後の最多主演数を上回る。
1970年までは戦後の最多主演数は片岡千恵蔵でした。ですが、東映や映画界の後輩の鶴田浩二が上回りました。戦前に時代劇映画を形成した一人、海外にも誇れる文化に貢献してきた俳優を越すという禁断の到達を成しました。16年連続主演5作以上は世界1位の大記録です。

鶴田浩二の映画主演数は最終的に165作を越しており、確認している限りでは現時点で167作です。片岡千恵蔵は総集編や改修作なども含めると戦後の主演150作に到達しており、戦前と戦後で主演映画数が150作以上は日本だけでなく世界歴代でも彼だけの大記録でした。戦後の150作以上は現在でも片岡千恵蔵と鶴田浩二だけの大記録です。

<戦後の主演映画150作、世界で2名のみ>
片岡千恵蔵
・鶴田浩二



大記録 戦後の年間主演5作以上の連続年数の俳優たち





(E)12年連続主演数5作以上で途絶える
1972年は鶴田浩二の12年連続主演数5作以上で途絶えた年でした。鶴田浩二の戦後12年連続主演数5作以上は、片岡千恵蔵は戦後最多の14年連続主演数5を最初に到達、勝新太郎も14、美空ひばり、市川雷蔵、小林旭が13、長谷川一夫、森繁久彌、鶴田浩二が12年連続主演数5以上で長谷川一夫や森繁久彌と同じですが、この2名の方が到達年数が先であり、連続年数が同数でも先に到達した方の順位を上にしています。


<戦後の年間主演5作以上の連続年数>
        連続年数 連続した年数の内訳
1 片岡千恵蔵    14   1950~1963
2 勝新太郎     14   1955~1968
3 美空ひばり    13   1951~1963
4 市川雷蔵     13   1955~1967
5 小林旭       13   1958~1970
6 長谷川一夫    12   1950~1961
7 森繁久彌      12   1955~1966
8 鶴田浩二      12   1961~1972
9 市川右太衛門   11   1952~1962 
10 中村錦之助    10   1954~1963

*同数は到達年数順


片岡千恵蔵は戦後も数多くの代表シリーズや題材作を持ち、日本映画の戦前~戦後の両方の黄金期の中心人物として安定した本数に主演していました。1位で1950~1963の期間で14年連続5作以上の映画に主演することは当時でも困難でしたが今後も困難でしょう。当時のスターの証明の一つである忠臣蔵映画へ、サイレント期以降も活動した俳優で最多34年以上で23作以上、数え方次第ではそれ以上の本数に出演していました。


忠臣蔵映画の謎裏記事公開
ある銀幕スターが大問題をさせた1941年 幻の忠臣蔵映画の存在

片岡千恵蔵と主演で20作以上の名コンビを形成した巨匠の正体
メディアが取り上げない巨匠・佐々木康がテレビドラマに至るまでの大きな貢献の数々



12年連続で6位の森繁久彌は『社長シリーズ』など以前にも喜劇映画に安定して出演や主演していました。当時は喜劇映画にも多彩な内容が存在していました。現代生活と関連つけた内容や時代劇要素で史実をいじくった内容、サラリーマン要素、夫婦要素など多彩な魅力がありました。


市川雷蔵が1967年に連続主演5作が13で途絶えたのは1969年の死につながる体の不調が原因して途絶えたものと考えられます。簡単にいえばこの10名のすべてがそれぞれの活躍したということにはなります。

12年連続で6位の長谷川一夫は、記録における1位にほとんどがない俳優でした。歴代上位は多くても1位は少なく、戦前、特に戦後は最大のライバル・片岡千恵蔵の前にほとんどの記録で圧倒的に追い越されていたのが現実です。映画会社に関しても日本映画の最大の黄金期の片岡千恵蔵は1位の東映のトップ、長谷川一夫がトップの大映は3.4位付近をさまよっており、観客動員にも大きな差はありました。

美空ひばりは戦後の世界の女優で唯一の主演100作以上です。いずれ機会を設けて深く取り上げたいと思いますが、良い意味で化け物です。全般的な本業の歌手としての大きな世界記録はありませんでしたが、映画の世界記録がありました。





1959年東映作品しおり 江戸っ子判官とふり袖小僧 美空ひばり 片岡千恵蔵 映画パンフレット・兼用
1959年に東映が1社としての日本映画の歴代最大の年間観客動員を記録した年の公開された『江戸っ子判官とふり袖小僧』の貴重なパンフレット(当時はしおり)。

監督・沢島忠が牽引した”明朗歌謡時代劇”と”遠山の金さん”題材を組み合わせた斬新作であり、男優ナンバーワンと女優ナンバーワンの片岡千恵蔵と美空ひばりのダブルキャストが実現し話題を呼びました。片岡千恵蔵の数多くある代表シリーズの一つ『千恵蔵の遠山の金さん』シリーズの第15作。


裏記事公開⇒ある銀幕スターが大問題をさせた1941年 幻の忠臣蔵映画の存在
日々探求の励みに⇒にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへにほんブログ村こちらもポチ⇒映画(全般) ブログランキングへ

  

2017/04/16 00:02 | 超大物俳優COMMENT(1)TRACKBACK(0)  

世界最速1位はあの人 大記録が語る映画スターたちの真価



今回は「世界最速1位はあの人 大記録が語る映画スターたちの真価」と題して進めていこうと考えています。鶴田浩二は戦後を代表する映画スターと1人でした。その証拠として”数多くの記録”を残しています。映画スターや映画俳優の評価とはコンビを組んだ監督、評論家の評価、観客動員や興行成績、代表作数を残すだけではなく、映画に関する記録を残すことも大きな評価の一つです。


前回の記事⇒戦後映画260作の世界記録・鶴田浩二&後輩・松方弘樹の24年18作



<鶴田浩二の1965年から1970年までの主演映画数>





鶴田浩二は生涯で年間数10作以上の二桁主演数は2度記録しています。この記録には1963年の再大ブレイクが大きく影響しています。またシリーズ路線にも成功し、拍車がかかりました。



年数と主演数 ・記録
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
1965 10   ・自身初の年間主演数10作越え&
          戦後デビューの俳優3人目の主演映画100作に到達(A)
1966 8     
1967 9 
1968 10   ・生涯2度目の年間主演映画数10作突破(B)
1969 5 
1970 6    ・初の10年連続で主演映画数が5作以上を記録




(A)鶴田浩二の戦後主演100作は戦後デビューの男性俳優では森繁久彌に次ぎ、女優を含めると美空ひばりが主演のみだと1963年に到達しており、3人目となります。美空ひばりは歌手と相互も大きな人気の部分でもあり、現代劇と時代劇で異なるを定着させて女優で唯一の戦後主演100に到達、いかに大スターだったのかが伺い知れる部分です。森繁久彌は1950年代の代表作の『警察日記』の主演で評価された辺りから主演数が伸び、東宝版『次郎長三国志シリーズ』の森の石松の助演でも人気を博し、1960年代の『社長シリーズ』、『駅前シリーズ』などで安定したさらに流れをつなぎました。

戦後の主演作100作以上は、戦前から活躍している俳優の戦後の100作到達順を含めると片岡千恵蔵、市川右太衛門、長谷川一夫美空ひばり、森繁久彌に次いで鶴田浩二は世界で6人目でした。主演数であり、ヒロイン数は含んでいません。




1961年東映作品しおり 半七捕物帖 三つの謎 B5サイズ・2つ折りタイプ 片岡千恵蔵 鶴田浩二 東千代之介 映画パンフレット・兼用
片岡千恵蔵が主演、鶴田浩二や東千代之介も主軸で参加した時代劇映画
監督・沢島忠の『半七捕物帖 三つの謎』、貴重なパンフレット(当時はしおりの明記)
上記写真の4人目は里見浩太朗です。




<大記録 戦後の映画大スターの主演数100作への到達順>




映画俳優   到達年数
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
1 片岡千恵蔵   1958 (戦後世界最速)
2 長谷川一夫   1960
3 市川右太衛門  1961
4 美空ひばり   1963 (戦後デビュー俳優の世界最速)
5 森繁久彌    1965
ーーーーーーーーーーーーーー
6 鶴田浩二    1965 
7 市川雷蔵    1965
8 勝新太郎    1967
9 中村錦之助   1969
10 小林旭     1970
ーーーーーーーーーーーーーー
11 高倉健     1971

嵐寛寿郎     到達できず 90作強
石原裕次郎   到達できず 85作強
三船敏郎     到達できず 75作強
渥美清      到達できず  70作強
吉永小百合   現在70作ほど
若尾文子     現在70作ほど


吉永小百合は主演含めたヒロイン数は95ほどであり、100の可能性有


長谷川一夫は主演数で280作ほどながら安定して主演数を積んできた特徴があり、トータルで主演300作の市川右太衛門よりも先に戦後100作に到達しています。流れとしては軸にしている鶴田浩二は6位に位置しています。残念ながら主演100作へ到達できなかった大スターの嵐寛寿郎、観客動員ベスト10作のみでは観客動員1位の石原裕次郎三船敏郎渥美清も比較対照として表記、記録的に三船敏郎渥美清はあまり大きな映画スターではなく、死後にマスメディアが持ち上げる部分が大きくあります。


森繁久彌、鶴田浩二と市川雷蔵の1965年の数ヶ月、半年の勝負



記録を残していることも映画スターの評価には大切な要素です。森繁久彌、鶴田浩二と市川雷蔵が同じく1965年の通産主演数100作への到達ですが、森繁久彌は鶴田浩二より数ヶ月先、逆に鶴田浩二は市川雷蔵よりも半年ほど先に主演数100作へ到達しています。観客はまったく気にしていなかったでしょうが、影で僅差の勝負が展開されていたのです。



軍歌 鶴田浩二 12CD-1005N
歌手として活躍した軍隊の帽子の鶴田浩二




2017・4・5公開の裏ブログ↓ ↓ 今回の記事とも関連しています。
真実の光 マーロン・ブランドと三船敏郎の×××




大記録 戦後映画大スターの年間主演映画数10作




(B)生涯2度目の年間主演映画数10作を突破

鶴田浩二の年間主演数10作以上は生涯で2度で11位したが、先輩の片岡千恵蔵は戦後だけでも5度で1位、2位が東千代之介、中村錦之助、小林旭市川雷蔵が4度の年鑑主演数10作に到達、4度目の到達順の早さから2位が東千代之介となっています。
片岡千恵蔵も同様ですが市川右太衛門は主演映画300作俳優であり、上記の4名に劣っている部分は意外といえば以外でしょう。


これも↓スター俳優の評価を示す大きな記録といえるでしょう。



<大記録 年間主演10作の回数や順位と到達順>




   到達俳優   年間主演10作の回数(その年数)
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
1 片岡千恵蔵   5 (1952~1956)
2 東千代之介   4 (1954~1957)
3 中村錦之助   4 (1954~1956、1958)
4 小林旭      4 (1959~1962)
5 市川雷蔵    4 (1959、1961~1962、1966)
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
6 市川右太衛門 3 (1952~1954)
7 森繁久彌     3 (1956、1958、1961)
8 美空ひばり   2 (1955、1958)
9 長谷川一夫   2 (1958、1960)
10 勝新太郎    2 (1964、1968)
-------------------------------------
11 鶴田浩二    2 (1965、1968)
12 嵐寛寿郎   1 (1953)
13 石原裕次郎  1 (1959)
14 吉永小百合  1 (1963)
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
・ 三船敏郎     0
・ 渥美清      0
・ 菅原文太     0


*並んでいる場合は達成順が上
*これは主演なので相手役、ヒロイン数を足せば100作に到達する俳優や女優がいますが含めてていません。


片岡千恵蔵はいまさら語るまでもない凄さですが、1952~1956年に5年連続で主演映画が10作あります。東千代之介は5部作、4部作、3部作などの1時間ほどの中編作の連作が多かったにしても記録は事実であり、長篇のみでいうと除外されてしまいます。




雷蔵と鶴田、意外なるライバル関係



年間主演10作の回数4度の市川雷蔵はデビューからたった15年で160作近い映画に出演し、主演は130作強、1969年に過労死ともいわれる風に亡くなりました。その多くが主演映画作でした。多作は映画業界や周囲に貢献はしていても反面、問題を孕んでいることも事実です。

実写のニーズのそのものが低迷している現代の状況のままでは、映画本数が作りたくても作れない現実もあり、膨大な映画数自体が不可能です。残念ながら三船敏郎と渥美清は生涯を通じて1度も年間で主演映画が10以上がなく、映画の大スターの基準を満たしていませんでした。




「鶴田浩二―“任侠”にかけた男の意地と夢 映画写真集」の文章に書かれている晩年の代表作の映画『傷だらけの人生』(1971)は自身による歌の大ヒットから企画された仁侠映画でした。この映画で鶴田浩二は、日本アカデミー賞の前身的な位置を持つ京都映画祭の主演男優賞を受賞しています。



裏記事⇒任侠路線を確立や初代・飛車角の存在とオリジナルビデオ四天王
日々探求の励みに⇒にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへにほんブログ村こちらもポチ⇒映画(全般) ブログランキングへ

  

2017/04/04 00:01 | 超大物俳優COMMENT(3)TRACKBACK(0)  

戦後映画260作の世界記録・鶴田浩二&後輩・松方弘樹の24年18作


戦前から日本映画を支えてきた歴代上位の大スターや名優、さらに戦後の低迷期を支えた多くの俳優たちと共演していた松方弘樹ですが、その中には共演数がもっとも多い”世界記録を持つ大俳優”が存在していました。


前回記事⇒マスコミが訃報で無視 松方弘樹、高倉健の真の最大ヒット作を暴く



秘められた24年と18作の映画たち”序章”鶴田浩二という存在




大先輩・鶴田浩二とは1961年から1985年まで24年で18作にわたって共演していました。鶴田浩二は1948年に松竹映画でデビューし、1950年代の前半を代表する青春スターとしてブレイクし、多数の女性ファンを獲得して”松竹3三羽烏”の1人に数えられました。ですが、主演数や人気が高い割には多数の代表作数にあまり恵まれず、三船敏郎とコンビを組んだ東宝映画時代、数年間の大映映画への出演履歴などを経て、1960年に東映映画へやってきます。


鶴田浩二
上記写真は、晩年の1980年代頃のテレビドラマを中心に活動していた、50代後半から60代の頃の写真だと考えられます。


鶴田浩二は1963年からの『人生劇場』シリーズで東映や日本映画における任侠路線を確立させた俳優としても知られています。これは大きな痕跡です。詳しくは下記のリンクの裏側をご覧ください。



↓↓任侠路線を確立『人生劇場』シリーズと異なる発端に初代・飛車角の存在↓ ↓
任侠路線を確立や初代・飛車角の存在とオリジナルビデオ四天王

秘められた24年と18作の映画たち”序章”鶴田浩二の代表作たち




1960年代の鶴田浩二は『人生劇場』シリーズをきっかけにして、『博徒』シリーズ『博奕打ち』シリーズ、『関東』シリーズなどの任侠、やくざ、暴力、アクションなどの多数のジャンルの主演作で観客動員的にも大成功し、松竹時代以来の大ブレイクを果たし、それまでのどちらかといえば中心の女性ファンだけでなく、未開拓の多数の男性ファンも獲得に成功しました。通産の現代劇映画の代表作数は60作ほどに到達します。


また、時代劇映画は戦前の片岡千恵蔵の代表作をリメイクした『弥太郎笠』前後作、佐々木小次郎を演じた東宝の『宮本武蔵』(2、3作)、初の眠狂四郎の映像化である『眠狂四郎無頼控』3部作、歴代の時代劇作品の中でも上位の有名な役柄、清水の次郎長を演じた『次郎長三国志』シリーズなどの10作以上の代表作がありました。


鶴田浩二は、1960年代中盤から1970年代の前半のみでは高倉健と同等クラスの結果を残しましたが、幅広い通産のデータでは上回る部分が多くみられます。主演の映画代表作数は戦後デビュー俳優では高倉健を上回る通産で70作ほどに到達します。




秘められた鶴田浩二の戦後映画界の世界記録




鶴田浩二は戦後の映画主演数は150作強の片岡千恵蔵を抑えて、戦後の世界1位の165作強に到達、さらに主演100作以上の映画俳優では世界1位の戦後最多の260作強の映画出演数(比較例=高倉健は206)戦前を含めた歴代映画主演数でも10位だと確認しています。(比較例=高倉健は20位)


戦後の主な主演映画の通産代表作数は、1位の片岡千恵蔵勝新太郎森繁久彌(森繁久弥)に次ぐ歴代4位を記録し、鶴田浩二は歴代や戦後を通じても、日本映画を黄金期から低迷期を支えた代表するスターの1人でした。


*記事タイトルの”戦後映画260作の大先輩・鶴田浩二”の「260作の世界記録」は主演100作以上のスターの最多のことを指しています。


鶴田浩二 ベスト 12CD-1004B




秘められた24年と18作の映画たち”共演歴”




この鶴田浩二と松方弘樹は多数の共演履歴が存在していました。以下のように約24年間、18作で共演しています。


<鶴田浩二と松方弘樹の映画共演歴(すべてが東映)>
1961『幽霊島の掟』 主演・大川橋蔵
1962『地獄の裁きは俺がする』 主演・片岡千恵蔵
1963『次郎長三国志』 主演・鶴田浩二
1963『続・次郎長三国志』 主演・鶴田浩二
1964『次郎長三国志 第三部』 主演・鶴田浩二

1964『博徒』 主演・鶴田浩二
1964『博徒対テキ屋』 主演・鶴田浩二
1967『あゝ同期の桜』  主演・鶴田浩二
1968『人間魚雷 あゝ回天特別攻撃隊』 主演・鶴田浩二
1968『人生劇場 飛車角と吉良常』 主演・鶴田浩二
10
1971『日本やくざ伝 総長への道』 主演・高倉健
1971『昭和残侠伝 吼えろ唐獅子』 主演・高倉健
1972『博奕打ち外伝』  主演・鶴田浩二
1974『あゝ決戦航空隊』  主演・鶴田浩二
1977『やくざ戦争 日本の首領』  主演・佐分利信、鶴田浩二
15
1981『ちゃんばらグラフィティー斬る!』 尾上松之助、片岡千恵蔵など
1984『修羅の群れ』 主演・松方弘樹
1985『最後の博徒』 主演・松方弘樹
18


*『ちゃんばらグラフィティー斬る!』は東映に関わりを持つ俳優を中心に時代劇映画の出演場面を戦前や戦後から集めた部分、
数名のインタビューを含めた異色映画であり、アンソロジー映画です。




鶴田浩二の東映初の年間観客動員ベスト10と松方弘樹の3本目のクロス




鶴田浩二は監督・岡本喜八の1960年『大学の山賊たち』を最後に東宝を去り、1960年の『砂漠を渡る太陽』から東映への出演が始まりました。二人の初共演の1961年のオールスター時代劇映画『幽霊島の掟』は監督・佐々木康、主演・大川橋蔵で公開され、年間観客動員ベスト10へランクインの大ヒットを記録しました。鶴田浩二にとっては主演作ではありませんでしたが、東映へ移籍して13作目で初の大ヒット&1958年以来の500万人級ヒットへの出演を果たしました。


松方弘樹にとって『幽霊島の掟』は1961年『赤穂浪士(1961)』に次ぐ、2本目の年間観客動員のベスト10への映画出演となりました。その後、前々回の記事でも取り上げている1962年『地獄の裁きは俺がする』で鶴田浩二は2番手的な役柄を勤め、2度目の年間観客動員ベスト10作品への出演、松方弘樹も3、4番手と捉えられる役柄で出演しており、3作目の年間観客動員ベスト10作品への出演を果たしました。


『地獄の裁きは俺がする』に関して↓↓
大ヒット『地獄の裁きは俺がする』から察する松方弘樹の存在価値を探れ!!



主演契約を切られていた可能性危機感をバネにヒット&評価




松方弘樹は今後を期待される俳優であり、比較的に成功を求められない状況で映画出演を重ねていきましたが、鶴田浩二は東映への移籍前から主演スターしての地位が存在しており、出演だけに留まらずに早急なヒット作への主演が求められていました。


1962年『地獄の裁きは俺がする』が大ヒットした翌年の1963年にようやく鶴田浩二は主演でヒット作に恵まれました。それが1963年『人生劇場 飛車角』(監督・沢島忠)から始まる通算4作の”人生劇場シリーズ”でした。東映への移籍からギリギリの3年程が経過していました。


ギリギリの理由はもう1年やそれ以上のヒット作がなければ、鶴田浩二は東映の主演契約を切られていた可能性もあったからです。『人生劇場』シリーズは多くの観客動員数や一部の映画評論家から高い評価も受けました。高倉健や梅宮辰夫は出演していましたが、松方弘樹の出演はありませんでした。



『博徒一家』と鶴田浩二




博徒一家 [DVD]
博徒一家 [DVD]
posted with amazlet at 17.03.14
TOEI COMPANY,LTD.(TOE)(D) (2016-11-09)
売り上げランキング: 24,127
博徒シリーズの7作目に該当する1970年『博徒一家』(監督・小沢茂弘)、


オールスターの表記がありますが映画愛子はオールスターではなく、”5スターもの”という判断をしています。オールスターは”5スターもの”以上の最低でも6名以上の主演スター俳優が求められるという考えを重視しています。ですが、写真に載っていない桜町弘子(東映の黄金期の時代劇映画でヒロイン女優として上位の活躍)も出演しているため、オールスターという写真内の文字も正しいとも言えるのかも知れません。

通算10作が製作さられた『博徒』シリーズは全般的に鶴田浩二が主役でしたが、この7作目の『博徒一家』は高倉健へ主役の座を明け渡して、あえて2番手的な立場で出演しています。写真からも分かりますが、高倉健、鶴田浩二、若山富三郎、大木実、藤純子のスター俳優がメインで出演していました。



裏記事も公開しました↓↓
任侠路線を確立や初代・飛車角の存在とオリジナルビデオ四天王
日々探求の励みに⇒にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへにほんブログ村こちらもポチ⇒映画(全般) ブログランキングへ

  

2017/03/16 00:07 | 超大物俳優COMMENT(2)TRACKBACK(0)