fc2ブログ

Mr.サンデー訃報特集の反日「視聴男」こと田村正和の国民的父 マスコミ伝達NOの在日レジェンド女優






Mr.サンデー訃報特集の反日「視聴男」こと田村正和の国民的父 マスコミ伝達NOの在日レジェンド女優







今回の記事も前回の流れを重視し、韓国人や日本人へ踏み込んでいますが、全てを断定するものではありません。独自な路線を進みたいゆえに、映画や芸能に関与させつつ、独自な記事展開へ航路を進めています。


事実に迫ることは国益や日本映画の未来を中韓から守ることへもつながります。ここは日本です。彼ら彼女らでは有ません。2018年時点で日本人は1億2千万人強、ですが45万人ほどの彼ら彼女ら、嫌なら半島へいつでもどうぞ、お帰りください、犯罪の多いたくさんの同胞たちがお待ちです。日本へ住みたいなら日本のルールに従うものだけで十分です。


彼ら彼女らにとって、日本に在日する以上は、この記事で取り上げている人物たちのように、日本に染まっていただくことは大事です。ここは半島ではなく、日本国なのですから・・・



前回記事=仰々天!!動画7 逮捕を孕んだジャニーズ&秋元アイドルの「壊滅三本刀」 通名ランキングから韓国統計庁のメス






在日芸能人5名レジェンドと官報の真実と一部分が嘘サイトの現実 日本国の「国の広報紙」「国民の公告紙」としての使命を持つ官報







日本映画にも1960年代、1970年代から在日系の芸能人が少しずつ増えてきた歴史があります。その代表の一人が官報にも記載されている男性俳優の○○優作、

2021年時点で存命のベテランの女性俳優の○○慶子、過去もセールスは全然だが紅白歌合戦の最多出場の○○ひろし、歌手多めのタレント系(アイドル系、映画へも比較的多く出演)で人気を博した○○秀樹など、演歌歌手として大ヒットを連発し、一時代を築いた○はるみ、

半島系の方々も比較的多く出演し、一時期な支持を集めてきました。まだ1970年代はほとんどの有名な芸能系の人物は日本人でしたが、その数パーセントに彼ら彼女らが存在していました。


○○ひろしは○○永吉と共に、某サイトで在日ではないという記述がありますが、これはほぼ嘘です。何故ならこの両名も官報に帰化の記録が残されています。

日本国の「国の広報紙」「国民の公告紙」としての使命を持つ官報は、中国や韓国などの嘘が多い地域とはまったく違い、きちんとした真実を載せています。日本はG7に含まれる国です。中韓は含まれていない意味ともつながります。




マスコミの特にテレビは何故か、○○秀樹が亡くなったとき、どうして実積以上に、彼が大活躍を誇張したのか、現在の日本のテレビ局で絶大な権力を持つ、大勢の半島人が入り込むことに貢献した恩があり、同時に半島系ジャンルのレジェンド的な活躍をしたためです。ですが、その報道側のマスコミはこのことを言うわけがありません。長年にわたり、金のために日本人を騙している張本人たちがいることも現実です。



国の広報紙 国民の公告紙 官報 G7






フジテレビのMr.サンデーの訃報特集の反逆と反日 「視聴男」こと田村正和の父親は断じて”名優レベル”はNO





日本のテレビドラマ史上歴代上位の軽く10本を越すの高視聴率ドラマに主演し、”視聴男”とも言われたことがある、名優の田村正和(日本人俳優)

田村正和は、父の阪東妻三郎(殺陣と時代劇の定着を牽引し、剣戟王や剣聖とも言われた日本映画史上歴代上位の映画スター)の世話になった松竹映画で若手の時期に失敗し、テレビドラマへ路線変更して、だんだんと成功を収めた大物俳優でした。

フジテレビのMr.サンデーという報道風な事実上のバラエティ番組内で、田村正和の死を取り上げていた際に20分ほどの特集を組み、阪東妻三郎を”名優”と呼んでいました。これはありえないことで日本の芸能を馬鹿にする反逆行為です。名優という日本芸能史に数百名いる程度のレベルではありませんし、ただの名優とはありえ4ない暴挙。阪東妻三郎は歴代を代表する大名優、超名優というのが現実です。


この現実を捻じ曲げてまで、バンツマは名優で、息子の田村正和はそれを越す大名優だといいたかったのでしょうか、田村正和も映画の成功なしながら、テレビながらも大活躍しましたが、さすがに稀代の大スターのバンツマには叶う部分は少ないと考えています。日本映画史上歴代ベスト10入リの単独主演200本俳優(総集編、断片などの現存も含む)が、どうしてただの名優なんだ、説明していただきたい。


阪東妻三郎は、主に阪妻(バンツマ)、剣戟王、剣聖(主演の)、時代劇六大スター、七剣聖、日活三大スター、大映四大スターの7つの異名があった大俳優、殺陣や剣戟(剣劇)などのみだと『鬼滅の刃』などへもつながり、日本映画の個性を形成した大人物の一人。

異名数は10つを軽く越す片岡千恵蔵に次ぎ歴代2位。どうしてこれがただの名優クラスといえるのか、理由を答えてみろといいたくなる、反日と反逆、隠蔽と捏造、金で動く、中韓国と同じで笑ってしまう。


事実を捻じ曲げる宮根誠司のフジテレビのMr.サンデー、さすがに映画やテレビドラマを知る者としては、この大暴挙は到底許せませんでした。相変わらず、政治のニュースも遠回しの外資違反放送局らしく芸能でも反日姿勢、外資違反の原因の中国の擁護を繰り返し、政治のニュースだけではなく、誠司のニュースもごまかしばかり、なんちゃって報道番組です。



高視聴率ドラマ 視聴男

田村正和 阪東妻三郎 殺陣 時代劇 剣戟王 剣聖 剣戟 剣劇 鬼滅の刃 

時代劇六大スター 七剣聖 日活三大スター 大映四大スター

宮根誠司 フジテレビ Mr.サンデー なんちゃって報道番組






”日本芸能映像歴代上位の国民的映画スター”の息子の田村正和とマスコミがほぼ無視する在日レジェンド








下記の映像は10分29秒の表示、ナレーションは10分36秒の入り、阪東妻三郎を”昭和を代表する映画スター”と紹介しているフジテレビ系のめざましテレビ


田村正和_心不全_死去_古畑任三郎

この動画は、テレビ画面をそのまま録画しないと消されるため、画面を撮影しているようです。



紹介は少々少難しいが、”日本芸能映像史を代表する、歴代上位の国民的映画スター”というのが個人的な見解です。

個人的にフジテレビのMr.サンデーの訃報は録画していますが、その動画はない様子です。
”昭和を代表する映画スター”でも最低限な報じ方といえるでしょう。


現在も視聴可能な代表的作品の一つだと、東映のテレビ時代劇ドラマの1972『眠狂四郎』の中で、殺陣もやっています。別な形で父親と向き合ったんも田村正和です。実はヒロイン的な役柄の一つで出演している野川由美子は、官報に記録があり、時代劇に多く出演、在日系として知られる名女優です。

多くの特にテレビ時代劇で演技を観ていますが、彼女は啖呵(たんか)を切る演技に定評がある女優です。官報には無国籍とあります。


古畑任三郎 めざましテレビ 無国籍




在日帰化人の有名人(時代劇編)(改定版)



この投稿者の方は多数の動画で、芸能人のほとんどが在日みたいに語っていますが、これは嘘です。それと芸能系そのものに詳しくないようです。その俳優の個々の実積もほとんど理解していません。

ですが人口比率としては最近の芸能系の著名人に在日が増えています。この動画の中で在日10名が登場しますし、野川由美子はほとんど実積がないように取り上げられているわけですが、これは嘘で、実はもっとも多くの代表作があります。


重要なことなので一つ書きたいことがあります。

時代劇は映画とドラマだけでも。戦前から数百名の名優が存在していますが、名優の在日はその数パーセントだと考えられます。映画愛子は自分で言うのもおかしいですが、日本の映画や俳優にそこそこ詳しいほうだと自負しています。戦前もかなり詳しいほうです。この動画の彼は、時代劇にかなり多く在日がいるように取り上げていますが、これは嘘です。


こ動画の様に時代劇俳優といえないレベルの出演のみの比較的若手めの俳優だと、最近は歴代でもっとも増えていることは事実ですが、現在も時代劇俳優は帰化人ばかりは嘘です。あくまで一部に存在しているということになります。






本当はドラマブログのほうで取り上げたいわけですが、田村正和と映画俳優のバンツマの流れで映画のほうで取り上げます。






在日レジェンド野川由美子 特に上位の出演順のテレビドラマの代表作





在日レジェンド野川由美子 特に上位の出演順の代表作 全てレギュラーのメインキャスト 主に代表作6つ

テレビ朝日系とTBS系の1962年から1968年の『てなもんや三度笠』 1966年 関西地区で平均37.5%を記録 データが少ないが最低でも24話以上
松竹とテレビ朝日系の1972~73の必殺シリーズ第1作『必殺仕掛人』 2クール 全体的に出演
東映とフジテレビ系の1972~73の『眠狂四郎(1972)』  2クール 全話ではないが比較的多く出演
松竹とテレビ朝日系の1973の必殺シリーズ第2作『必殺仕置人』 2クール  全体的に出演
東映と日本テレビ系の1976~1981の『桃太郎侍』  自身最大の当たり役の玉川つばめ役 ヒロインで250話強の出演 全体的に出演
ユニオン映画と日本テレビ系が中心1983から1991の『長七郎江戸日記』  3期にわけて全125話 68話、40話の200話強、スペシャル版も多数制作、記憶だとほぼまたは全話出演

*表記は関東基準の放送局で統一、全て現在名称の放送局で表記






『必殺仕掛人』と『必殺仕置人』も名作ですが、最大は『桃太郎侍』がもっとも当たったといってもよいでしょう。約5年間、しかもテレビ時代劇の最盛期です。だんたんと主演の里見浩太朗との掛け合いに円熟味をみせた『長七郎江戸日記』も長期となり、2番目jの代表作ともいえるでしょう。3と4が『必殺仕掛人』か『必殺仕置人』、個人的には中村主水が初登場した『必殺仕置人』のほうが作品的にも上の評価、視聴率は一番だが、ほとんど現存していない『てなもんや三度笠』が5番目、田村と多めに共演した『眠狂四郎(1972)』が6本の中だと上位から6本目となります。

野川は、日本歴代のテレビドラマを代表する上位名優の一人の藤田まこととは、『てなもんや三度笠』、『必殺仕掛人』、『必殺仕置人』の代表的なこの3本以外でも複数共演しています。ですが上位6本に含んでません。


彼女の名誉のために書きますが、当時の在日系俳優は、本当に優れているから彼女のように多数のメインで起用していますが、現在はだいぶ売り出して誇張している在日系とは、意味がぜんぜん違います。これは○○慶子も同様です。たとえば作家の五木寛之は彼女を評価して、主題歌と主演のドラマで起用しています。ロマンポルノ以外の一般系の主演やメインは任せられませんでしたが、宮下順子も同様です。

当時は日本人のだと結因的に国民を騙していた事実はありますが、現実に製作会社や大衆にも評価されていたことも事実、これはわかっていただきたいところです。評価していた人間がたまたまあちらに縁がある人だった要素が、現代より強かったわけです。



松竹とTBSによる『新吾十番勝負(1966)』や東映の1972『眠狂四郎』で田村と共演していますが、東映を離れた巨匠松田定次が監督参加した『新吾十番勝負(1966)』はゲスト出演だと考えられます。


1970年代をピークに岡田可愛、宮下順子、2000年代だと余貴美子も活躍しています。他はそうでもない実積の人たちです。



在日レジェンド 野川由美子 帰化人

てなもんや三度笠 平均37.5%を記録 必殺シリーズ 必殺仕掛人 眠狂四郎(1972) 必殺仕置人 桃太郎侍 長七郎江戸日記

里見浩太朗
 中村主水 五木寛之 松田定次

新吾十番勝負(1966) 岡田可愛 宮下順子 余貴美子







歴代在日レジェンド野川由美子の映画の上位代表作といくつかの歴代大記録






2021年時点存命の野川由美子(1944年8月30日生まれ、この記事時点で76歳)というと最近は深夜や朝方のBSやCSのテレビの通販番組で見かけることがあります。ドラマや映画ではほぼ見かけなくなりましたが、2021年時点も活動は現役です。


上記動画の在日帰化人の有名人(時代劇編)(改定版)の14分02秒~14分58秒に時代劇女優の野川由美子が登場します。この10名の中でもっとも多くの代表作が存在しています。テレビ時代劇にもっとも多く出演した女優の一人です。彼女はメインキャストの女優のみで、単独主演はさすがにほぼありませんが、最低600話以上のテレビ時代劇へ、主演から上位数選のメインキャストで出演しました。テレビ時代劇の女優の歴代上位の記録だと考えられます。


肉体の門


日活映画の秀作の『肉体の門(1964)』、戦後直後から何度も映画化されている田村泰次郎の原作題材です。監督は巨匠鈴木清順、出演は宍戸錠、野川由美子、和田浩治など、この『肉体の門(1964)』はアマゾンプライムビデオ版です。視聴の際はできるだけ大画面のほうが理解できます。


野川由美子は重要な第1ヒロインを演じ、映画の最大の代表作、または上位の代表作ともいえます。にっかつロマンポルノ版などもあります。テレビだけではなく、映画は80本以上に出演し、映画でもある程度の活躍、完全に在日レジェンドの一人です。


さらに動画の部分に触れますが、出演は出演していますが時代劇の代表作は少なく岡田可愛、宮下順子、余貴美子は時代劇女優とはいえません。時代劇に出演している女優というが現実です。



通販番組 テレビ時代劇の女優の歴代上位の記録 肉体の門(1964)

田村泰次郎 鈴木清順 宍戸錠 和田浩治 アマゾンプライムビデオ版





田村正和と凄腕の剣の名手の浪人堀田隼人 日活ロマンポルノの在日レジェンド宮下順子







田村正和は、宮下順子と東映のテレビ時代劇『赤穂浪士(1979)』でも共演しています。このドラマは、当時に多額の制作費を投じたテレビ朝日開局20周年記念番組の超大作です。

田村正和は、時代小説の歴代上位作家の大佛次郎(大仏次郎)の原作、映画の戦前に時代劇六大スターの大河内傳次郎と片岡千恵蔵が単独主演のそこそこ上位の代表的な役の一つとして演じ(大河内は自身の10位付近の役柄、千恵蔵は自身20位圏内の有名な役柄)、戦後の日本映画が最盛期に大友柳太朗がメインキャストで2度演じ、自身の上位の当たり役の一つとした堀田隼人を演じました。

役目柄は赤穂浪士に刃向かいながらも、時に危機を手助けし、その信念、清さや魂を知り、だんだんと共鳴、赤穂浪士の死から自分の生き様を見つめなおしていく、凄腕の剣の名手の浪人役を演じています。堀田隼人は大石内蔵助(萬屋錦之介)に次いで、『赤穂浪士(1979)』のトリの表記され、準主役として描かれています。

物質の生と死だけではなく、見えない志やその清い魂を描くのが時代劇の一つの魅力です。時代劇は韓国や中国にもあるようにマスコミやテレビは報じますが、正確には中韓は史劇です。これは任侠とやくざ物を同じという植えつけた嘘と同じだと考えています。




堀田隼人 テレビ朝日開局20周年記念番組 大佛次郎 大仏次郎

時代劇六大スター 大河内傳次郎 片岡千恵蔵 大友柳太朗 赤穂浪士 大石内蔵助 萬屋錦之介







映画愛子はCSや録画で視聴済みですが、『赤穂浪士(1979)』は商品化されていないため、戦前に片岡千恵蔵と田村の父バンツマの”歴代上位の国民的映画俳優”がダブル主演、日活オールスターキャストの名作の忠臣蔵映画の名作『忠臣蔵 天の巻 地の巻(総集編)』です。軽く名優40名以上が出演。のちに田村正和と宮下順子が共演している『赤穂浪士(1979)』へ忠臣蔵題材などのつながりが存在します。



忠臣蔵 「天の巻」「地の巻」(総集編)



1938年3月31日に公開されたとされている、3時間近い超大作『忠臣蔵 天の巻 地の巻』の171分版オリジナルは、現存せずに視聴できません。パッケージが新しくなりました。片岡千恵蔵の自身上位8選の当たり役の一つ、浅野内匠頭の顔を押し出した上半身のアップ写真を起用しています。



日活オールスターキャスト 忠臣蔵映画 忠臣蔵 天の巻 地の巻(総集編) 忠臣蔵 天の巻 地の巻

日活ロマンポルノ にっかつロマンポルノ



役柄の雰囲気と解釈、自身独自の個性や魅力を含んだ素晴らしい写真映りです。現在でも高い人気がある片岡千恵蔵が、どのように、浅野内匠頭という役柄に挑んだのか、考察する意味がある映画、日本の映像芸能の真実や、その魂を探る意味でも価値のある名作です。


忠臣蔵 「天の巻」「地の巻」(総集編)


宮下順子は、日活ロマンポルノ(にっかつロマンポルノ)の歴代上位の人気女優の一人で、映画愛子は最近も彼女を視聴していますが、その妖艶な演技は、素晴らしい女優です。確定している在日女優ではそこそこ上位に含まれる人物です。確定の中ではベスト10級です。残念ながらエロさは、日本人さえも負ける部分があります。


日本人の歴代の実積にも踏み込みながら、在日女優の良さへも踏み込んでいますが、映画愛子は反日や左翼ではありません。


在日韓国人=ただの批判だけではなく、在日韓国人中にも、日本の芸能へ真摯に向き合い、染まっていった、評価するべき存在が確実にいることも知っていただけたら幸いです。





姉妹ブログの新記事
世界中嫌韓 虚言捏造超大国の韓国の恥の国策7000億円プロパガンダへ大嵐1623コメ ブームだと詐欺られた数パーセントの悪事









関連記事
日々探求の励みに⇒にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへにほんブログ村こちらもポチ⇒映画(全般) ブログランキングへ

現実は時に厳しいが 未来に踏み出せ!

2021/06/15 20:35 | 超大物俳優COMMENT(2)TRACKBACK(0)  

コメント

鬼滅の刃の炭治郎声優が中国共産党のMildomで週2放送

鬼滅の刃の竈門炭治郎こと、声優の花江夏樹が中国共産党の配信サイト『Mildom(ミルダム)』で放送

先週の金曜日と21日の21時くらいから放送、電通関与の疑いの反日中国案件です。最初からユーチューブで人を圧得て、国際犯罪組織の中国に視聴者を流す計画で放送していた可能性も浮上


左翼祭りじゃああ 炎上系放送者のコレコレと花江夏樹が国際犯罪組織の中国の放送サイト『Mildom(ミルダム)』で同時時間に放送中、

鬼滅の刃はソニーグループの制作のアニメですが、花江のこの背景に、ソニーがあちらに多額で中国共産党と設立したソニーチャイナが関与している可能性もあり、だから中華の『Mildom(ミルダム)』の疑いも考えられます。

現在進行、京都や伊豆でも中国共産党による土地が買占められ侵略が進んでいます。亜国による日本の土地w買えなくする法律がただちに求められますし、これに関与、間接的含めて力を貸す人間や団体を許してはなりません。アニメも声優も同様です。

No:340 2021/06/22 01:13 | 鬼滅の刃の炭治郎声優が中国共産党のMildomで週2放送 #- URL [ 編集 ]

Mr.サンデー 世界敵中国SF作家を過剰広告を繰り返すわけ

6月20日(日)21時台後半、フジテレビのMr.サンデーがUFOネタを取り上げていたが、大きな問題があった。

数地域へのジェノサイドや侵略の世界の敵=中国のSF作家を何故か過剰に素晴らしいし、優れていると、何度も何度の映像で取り上げ、過剰に誇張を正当化

またも反日国の特定の人物を誇張する暴挙放送を繰り返す。これは中国外資がフジに入り込んで違反していることを正確に伝えてる。

非常に危険な左翼プロパガンダを通常放送として繰り返している、反日の赤旗の代表的番組である。

先週もG7で批判されている中国のことは、ほぼ無視をしして、国民に何も影響がないどうでもよいことばかり過剰に放送していた。

No:339 2021/06/20 22:14 | Mr.サンデー 世界敵中国SF作家を過剰広告を繰り返すわけ #- URL [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP | 

ブログ