fc2ブログ

伝説の脚本家を背負い続けた伝説の巨匠

最上級がこの国には存在した。日本がそれである。それは全盛期が成せる技であったのであろう。

伝説の脚本家と称される「梶原金八」とは、稲垣浩、滝沢英輔、萩原遼、八尋不二、三村伸太郎、山中貞雄、ら日本映画界を支えた計8名らの映画人が参加した共同ペンネーム。個々を大まかに紹介しましょう。今回は前回に続き稲垣浩その2

・一方、片岡千恵蔵以外では、超大俳優の阪東妻三郎や大河内伝次郎(当時は傳ではなく伝の表記)ともコンビを組み、阪東妻三郎では、名作「血煙高田の馬場」(1937)に、「闇の影法師」(1938)や「魔像」の前後作(1938~39)、名作の「無法松の一生」や、歴史的な日・中の合作映画「狼火は上海に揚る」(1944)や、清水次郎長や森の石松の題材作「東海水滸伝」(1945)を時代劇の父の異名を持つ巨匠・伊藤大輔とのダブル監督で残す。戦後の検閲後に、「東海水滸伝」を基に再編集、追加シーンなどを加えた「東海二十八人衆(東海水滸伝改修版)」(1952)、大河内伝次郎とは、「新選組 前後篇」(1934)大河内版の「大菩薩峠」前後作、また前進座オールスターキャスト(中村翫右衛門河原崎長十郎ら)の「股旅千一夜」(1936)さらに嵐寛寿郎の羽柴秀吉の「出世太閤記」(1938)も監督している(もちろん、主なタイトルだけで他のもあります)

<注目>「東海水滸伝」は阪東妻三郎の主演、「東海二十八人衆(東海水滸伝改修版)」は片岡千恵蔵が主演。2作とも名作ですが、時代劇の3大俳優(3大スター)の片岡千恵蔵・阪東妻三郎・市川右太衛門がメイン。2作は俳優のシーンや場面の秒数や編集なども違う。まさに生きている映画史!
わからない方に説明しますと、片岡千恵蔵・阪東妻三郎・市川右太衛門という俳優は、今で言うと高倉健以上の俳優です。しかも、3名とも個性が違いながらも高い魅力がある。さらに、代表作数は3名ともが、現役№1俳優の高倉健よりも30作以上多い。わかりやすく書くとそんな感じになります。つまり、現代に存在しないクラスの俳優なのです。
去年に放送されたタイトルがこの↑中にあります。衛星劇場で2013年に「狼火は上海に揚る」、「東海二十八人衆 (東海水滸伝改修版)」が、放送されました。両方ともHD画質ではなくて、標準画質でした。特に「東海二十八人衆 (東海水滸伝改修版)」は名作です。片岡千恵蔵の生誕110年特集的でも放送された部分もあるでしょう。「東海~」は監督はW巨匠の伊藤大輔&稲垣浩。W撮影の巨匠である宮川一夫石本秀雄、脚本は、「梶原金八」のメンバーの一人、八尋不二、音楽は西悟郎、この人も何作も観ていますが上手い人です。ものすごいスタッフで製作されていました。

日々探求の励みに⇒にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへにほんブログ村こちらもポチ⇒映画(全般) ブログランキングへ

現実は時に厳しいが 未来に踏み出せ!

2014/05/01 21:08 | 巨匠COMMENT(0)TRACKBACK(0)  

「伝説の脚本家」に関わる日本映画歴代上位の重要人物たち。


彼が日本から消えてから、もう何年たつであろう
1937年に彼は戦地で天国へ消えた。あれから77年。メモリアルなゾロメになる。
彼の痕跡は今も根ついている。


映画界激震・父から息子へ「名優の道を歩みだした半島の息子とその息子」の続編的文章から入ろうと思います。
石井裕也、30歳若い監督。知名度はかなりある監督ですが、作品が表に出ることはそれほどありませんでした。今回のやっと本当の初表舞台に立ったような気もします。将来の名監督、巨匠の可能性も持つ監督であるのは間違いないでしょう。是枝裕和監督と山田洋次監督と最優秀監督賞を競いました。賞レースの流れ上、石井裕也監督でした。

石井裕也若くして作り空気感を作中にちゃんと定着できる監督。最近減りました。それができる監督だと思います。原作の助けもあったのでしょうが、実力も確かだと思われます。安っぽくない感覚をフィルムに与える。

石井裕也26歳で監督デビューしたようですがこの人から、山中貞雄を思い出してしまう。彼も22歳で若くして監督デビュー。めちゃくちゃな映画好きだった。実は時代劇専門チャンネルで3月「天才脚本家 梶原金八」という特集を放送していた。時代劇の本当の全盛期の1930年代に命をかけた一人の異端児男。

今回は「丹下左膳余話 百万両の壺」1935「河内山宗俊 」1936「人情紙風船」1937「江戸の春 遠山桜」1936 「戦国群盗伝・総集編」1937「その前夜」1939 が放送されました。


梶原金八」とは、稲垣浩滝沢英輔萩原遼八尋不二三村伸太郎山中貞雄、ら日本映画界を支えた後の巨匠や名監督に大脚本家の計8名が参加した共同ペンネームである。個々を映画愛子なりに紹介しましょう。


日々探求の励みに⇒にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへにほんブログ村こちらもポチ⇒映画(全般) ブログランキングへ

現実は時に厳しいが 未来に踏み出せ!

2014/04/14 18:19 | 巨匠COMMENT(1)TRACKBACK(0)  

代表作おおすぎな生誕100年音楽家

色々書きたいことがあるけれど

ニーノ・ロータさんの
ことの2回目です。2011年12月3日の生誕100年を迎えられました。
1979年4月10日に67歳で死去

ヨーロッパの映画監督巨匠フェデリコ・フェリーニとのコンビ
は映画史に残る監督と音楽家のコンビだと思う

日本だと多くコンビを組んだ黒沢明と佐藤勝宮崎駿と久石譲 みたいな感じいやちょい次元が違うんだよね。

とにかく世界の映画史に残るコンビである

若手の前衛監督だったフェリーニ監督と出逢いフェリーニ監督の代表作甘い生活8 1/2など

その他の主な作品
コッポラ監督の名作ゴッドファーザー(1、2作目)や
アラン・ドロン×ルネ・クレマンの太陽がいっぱい
ルキーノ・ヴィスコンティの代表作山猫(1963)
今年天へ召されたエリザベス・テイラー主演のシェイクスピア原作のじゃじゃ馬ならし
同じくシェイクスピアも音楽重視のロミオとジュリエット(68年版)
大作キング・ヴィダー×トルストイ×オードリー・ヘプバーンらの戦争と平和56年版
などなど




ひと言で言うとわたしとしては
クラシックとオーケストラやオペラの良い部分を
ちょうど良く表現もできる音楽家でした。

スカパーの今月の特集のドキュメンタリーも見てみてみますね
感想書きたいな!







日々探求の励みに⇒にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへにほんブログ村こちらもポチ⇒映画(全般) ブログランキングへ

現実は時に厳しいが 未来に踏み出せ!

2011/12/09 22:21 | 巨匠COMMENT(0)TRACKBACK(0)  

生誕100年だとは最近知りました””♫

生誕100年!!わああ~~~パチ””パチ””

いままで生誕100年でいろいろな方が特集されてきました
がこの方も偉大な映画関係者です。

今月スカパーの
洋画映画チャンネルの幾つかで
ある特集が組まれています。
ソトコトを取り上げてみます!!

ニーノ・ロータ
クラシック音楽や映画作品の音楽でも活躍した世界的なイタリアの大作曲家です。

1911年12月3日生まれで生誕100年です。
しかも今月です。
この方かは当然ながらクラシック畑の方です。

今月スカパーのシネフィル・イマジカで8 1/2が再びハイビジョン版
で放送されます。
わたしもハイビジョン版を録画して久々にみました。今年日本でもソフトバンクのCMで
この方の8 1/2の劇中曲がつかわれていたりもしました!!
気づいた人いるかなあ

今年テラーしたオードリー・ヘプバーン主演の戦争と平和もことかたが音楽担当です。良いものでした。メインのアレンジが随所にかかりカンドウ!!♫

ながくなりそうなので数日後に続きます。



♫メインテーマが聞けます。
日々探求の励みに⇒にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへにほんブログ村こちらもポチ⇒映画(全般) ブログランキングへ

現実は時に厳しいが 未来に踏み出せ!

2011/12/05 23:40 | 巨匠COMMENT(0)TRACKBACK(0)  

疲れるドキュメンタリー

ある番組のお話します。

さっき見ました。

CSの衛星劇場で放送されたのですが

伊藤大輔監督特集番組 「甦るフィルム ~時代劇の父と幻の映画の旅路~」

というオリジナル番組です。
前も取り上げたことのある時代劇の巨匠にして父の監督伊藤大輔さんです。

忠次旅日記 デジタル復元版

1927年公開の時代劇スター大河内傳次郎主演の名作時代劇です。

この作品は後期のサイレント(無声)作品です。

伊藤大輔監督特集番組~ではこの忠次旅日記の作品のデジタル復元のエピソードに
いくつかのエピソードを交えて進行していました。

伊藤大輔監督が大河内傳次郎のちの丹下左膳シリーズでも組むことになる
傳次郎とのコンビ作にして代表作

いろいろあった番組で・・・・

詳しくはあさってに続き

あす戦争と平和で行こう!!


《朝日ソノラマ》梶田章大河内傳次郎 人と作品・その魅力のすべて 【中古】afb




大河内傳次郎/虎の尾を踏む男達
日々探求の励みに⇒にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへにほんブログ村こちらもポチ⇒映画(全般) ブログランキングへ

現実は時に厳しいが 未来に踏み出せ!

2011/09/15 00:04 | 巨匠COMMENT(0)TRACKBACK(0)  

映画見ました
10年ぶりにみました。

「鍵」

監督は日本映画の巨匠市川崑
脚本市川崑 和田夏十 ら
1959年大映 107分  原作谷崎潤一郎

本作品は外国語映画賞ゴールデングローブ賞
カンヌ国際映画祭審査員賞を受賞しています。(1960年に)

京マチ子 仲代達矢 中村雁治郎(二代目) 北林谷栄 叶順子 など


kagi_516_20080201.jpg

一言で言うとすばらしい日本映画でした。
日本の映画の探求がある

芝居はみなほぼ文句なし
撮影者の宮川一夫がやはりうまい
影の使い方やの濃淡美しく落差あるように流れのコマがうまい
監督との相性もいい。
まさに名作でしょうね。

とにかく京マチ子が美しいです。妖艶とはまさにこれですね。
081003 yamamotofujiko


この監督は多彩なジャンル作品で代表作がある日本唯一が監督です。
わたし的には好きな監督上位です。
現代劇の印象が強いですね。

ストーリーは若い妻を持つ年寄りの教授が
若い男を自分の妻に近づけつつ
自分の娘と婚約させて楽しむ
でも死んででします。そしてお葬式
そして ある事件へ向かいます。
キ-ワードは北林谷栄の演じたお手伝いのおばあさん

北林谷栄はほんとうまいです。
仲代さんらしい狂いそうな芝居
雁治郎さんはさすがな空気感所作

鍵 [DVD]



日々探求の励みに⇒にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへにほんブログ村こちらもポチ⇒映画(全般) ブログランキングへ

現実は時に厳しいが 未来に踏み出せ!

2011/08/09 23:39 | 巨匠COMMENT(0)TRACKBACK(0)  

««BACK  | BLOG TOP |