fc2ブログ

片岡千恵蔵生誕120年 稀代の超お祭り男の訳アリ事情発覚「群馬県新田郡」「藪塚温泉」 超貴重映画「ある日の太田市」そこに何が?!





片岡千恵蔵生誕120年 稀代の超お祭り男の訳アリ事情発覚「群馬県新田郡」「藪塚温泉」 超貴重映画「ある日の太田市」そこに何が?!






生誕120年の片岡千恵蔵についてさらに取り上げる機会と考えて、実積の一部に迫ります。ん、いえいえ、実積というよりはその背景に迫ります。今回も独自な展開です。





前回記事 片岡千恵蔵生誕120年 誰もなし終えぬ恐るべき世界大記録「トリプルミリオン」「ダブルミリオン」「ミリオン」の三大連発を暴け









植木正義 1903年1月20日 群馬県の新田郡藪塚(現在の太田市)生まれ







日本映画史を代表する主演俳優の片岡千恵蔵(本名・植木正義 うえきまさよし)は、1903年1月20日に群馬県新田郡藪塚(現在の群馬県太田市)生まれ(出生地)、これは大名優・三國連太郎と同じ現・太田です。ですが、千恵蔵の出身地は東京の麻布箪笥町です。


片岡千恵蔵 植木正義 群馬県新田郡藪塚 群馬県太田市 三國連太郎









千恵蔵の本名の植木正義孫正義 孫の父孫三憲が正義と名付けた理由はまさかの・・・大







植木正義、正義という名前に見覚えはありませんか、そう、それは孫正義です。なぜ在日朝鮮人系の孫正義が千恵蔵の本名と同じなのか、同じまさよしなのか、彼の孫正義の父親が、千恵蔵映画のファンだった可能性が考えられます。ファン以上の、大ファンでしょうか。千恵蔵の活躍に、あやかって名前を付けたのかもしれません。



孫正義 在日朝鮮人


ちなみに孫の父親の孫三憲は在日二世です。千恵蔵は特に戦前の映画のほんの一部(戦前の映画200本を押す映画出演のうち20本もない)に、世の中にのさばる権力者たちを批判する風刺を込めた時代劇映画(傾向映画や小市民映画の要素)、多彩な要素を含んだいわゆるナンセンス時代劇においても、大成功を収めました。

これは当時の庶民だけではなく、映画評論家や文化人、知識・教養人、孫三憲も含む経営者などを中心にも高く評価され、新しい時代劇と称され、日本映画界に革命を起こしました。孫三憲は、自分の息子の未来の成功を千恵蔵の成功にだぶらせ、千恵蔵の本名と同じ「正義」(まさよし)名義を授けて、将来の活躍を託していたのかもしれません。


特には反逆的な破天荒、時には保守的、千恵蔵映画の魅力の一つです。



孫正義300年王国への野望


ページ方の引用

孫正義はなぜ、人を“その気"にさせられるのか?

「私が日経新聞に入った2002年ごろ、ソフトバンクといったら、Yahoo! BBを立ち上げてブロードバンドに参入、全国の街角にパラソル営業部隊を投入してNTTに対抗し、いつ潰れるかと噂されていました。実際、当時のソフトバンクは綱渡りだったわけです。ところが、2016年には、イギリスの半導体設計大手のARM社を、日本企業の海外企業買収では過去最大となる3兆3000億円で買収すると発表。まさか、そこかと驚きましたね。いったい孫正義という男は、どんな哲学をもって経営しているんだろうと、以前からの興味が膨らみました」



外国人がジャパンドリームを狙ったのかもしれません。孫正義は同胞を擁護し、政治系の大した暴露もしていないガーシーと同じ朝鮮系3世です。

片岡千恵蔵からすると、在日朝鮮系に力を与えてしまったことにもなり、大変に迷惑かもしれません。

孫三憲 ナンセンス時代劇 傾向映画 小市民的映画 ガーシー







「九州のパチンコ王」の息子 人豚同居の劣悪な衛生状態と身内が本気で殴り合うバイオレンスな環境に育ち





引用  孫正義の家系・子孫 - 真 日本人の日本史

孫正義は、在日朝鮮人安本三憲(朝鮮名は孫三憲)の四人息子の次男で、佐賀県鳥栖市の朝鮮人スラムに生れた。安本三憲は典型的な「在日魂」の豪傑で、密造酒と家内養豚を振出しにサラ金とパチンコ店経営で財を成し「九州のパチンコ王」と呼ばれたという。安本三憲はバブル投資の大失敗で家産を失ったが、偉大な息子の世話で悠々自適の隠居生活を送る。幼少期の孫正義は人豚同居の劣悪な衛生状態と身内が本気で殴り合うバイオレンスな環境に育ち、祖母が引く大八車に残飯(豚の餌)と一緒に乗せられたり、人前で豚に母乳を呑ませる祖母を恥じたりしたが、父の事業成功に伴い家庭は裕福となり高等教育を施された。



いわゆるパチンコ屋の父、歌手の西城秀樹も同様に父はパチンコ屋の朝鮮系でした。

西城秀樹 佐賀県鳥栖市の朝鮮人スラム 安本三憲 在日魂 サラ金とパチンコ店経営 九州のパチンコ王 손정의

人豚同居の劣悪な衛生状態と身内が本気で殴り合うバイオレンスな環境に育ち、日本人の生活では想像が付きにくいナンセンスな非日常が繰り返されていたのかもしれません。


孫正義は1990年に帰化しているため、在日朝鮮人系です。帰化して日本系になりますが、朝鮮系の背景があることは変わりません。

「安」が含まれる姓も在日朝鮮系が多め、孫正義は通名で「安」が含まれていながら、朝鮮名が安ではないケースです。

名前は控えますが、芸能、声優などにも複数みられます。安本と近い安元、安田、安井など(安田、安井は日本人も多くいますが)、名作『ビルマの竪琴』などの安井昌二は日本人のはず・・・


特に「安」を含む、さらにその疑惑の対象者の顔や目をご覧ください。対象が整形していなければわかりやすいものです。

安井昌二 ビルマの竪琴



引用

孫正義(そんまさよし、朝鮮語:손정의、1957年〈昭和32年〉8月11日 - )

元在日韓国人で1990年に日本へ帰化。 過去の通名は「安本正義」。



まさに千恵蔵が御大といわれ始めた時期に生まれ、映画史上の世界トップだったとき、まさよしと付けられています。



「お知らせ 新田郡藪塚本町は合併により2005.03.28から太田市になりました」とあります。
群馬県 グンマケン > 新田郡藪塚本町



新田郡藪塚
新田郡藪塚
URL
https://www.google.com/search?q=%E7%BE%A4%E9%A6%AC%E7%9C%8C%E6%96%B0%E7%94%B0%E9%83%A1%E8%97%AA%E5%A1%9A&rlz=1C1YTUH_jaJP1035JP1035&ei=M3TWY_fMM43L2roPtYGbIA&ved=0ahUKEwi3svD08Oz8AhWNpVYBHbXABgQQ4dUDCBA&uact=5&oq=%E7%BE%A4%E9%A6%AC%E7%9C%8C%E6%96%B0%E7%94%B0%E9%83%A1%E8%97%AA%E5%A1%9A&gs_lcp=Cgxnd3Mtd2l6LXNlcnAQAzIFCAAQgAQ6CggAEEcQ1gQQsANKBAhBGABKBAhGGABQ4gRY4gRgyQZoAXABeACAAWOIAWOSAQExmAEAoAEByAEKwAEB&sclient=gws-wiz-serp







千恵蔵は日本に初めて外車が輸入された西暦年に生まれ、タクシーの運転手も演じている







千恵蔵が生まれる1903年の約4年前、1899年の4月1日に新田郡の6村の藪塚村・本町村・山ノ神村・大久保村・六千石村・寄合村が合併して新田郡藪塚本町が誕生しています。2005年3月28日に藪塚本町が旧・太田市・新田郡尾島町・新田郡新田町と合併して、現在の太田市となっています。



【TBSスパークル】1903年12月15日 日本に自動車 初めて輸入(明治36年)


日本に外車が輸入された約11か月前に千恵蔵が生まれています。千恵蔵自身も多羅尾伴内やギャングシリーズで車内のシーンが多数あり、現実に多羅尾伴内シリーズ内で、タクシーの運転手も演じています。

多羅尾伴内 ギャングシリーズ









千恵蔵の両親が入浴していたのだろうか 大楠公に次ぐ稀代の武将新田義貞藪塚温泉







1889年4月1日 - 町村制施行に伴い、新田郡の6村(藪塚村・本町村・山ノ神村・大久保村・六千石村・寄合村)が合併し、新田郡藪塚本町が誕生。




今は消滅した名称の新田郡藪塚の観光地に「藪塚温泉」(所在地は群馬県太田市藪塚町)があり、ここは新田義貞の隠し湯と呼ばれている場所です。


新田義貞は、東勝寺合戦で鎌倉幕府の北条得宗家の本隊を滅ぼすという軍功を残した人物で、不世出の戦略家&明治以降は「大楠公(だいなんこう)」と称された楠木正成に次ぐ、南朝の武将と称されています。千恵蔵の両親は、この「藪塚温泉」の湯に浸かったことがあったのでしょうか。

もしかしたらの可能性まで感じさせてくれます。特に母親側は現実に入浴していた可能性が高いと考えられます。生んだ場所であり、そばにこの温泉が存在しているためです。


新田義貞 東勝寺合戦 鎌倉幕府 北条得宗家 不世出の戦略家 大楠公 楠木正成 南朝の武将 千恵蔵の両親 千恵蔵の母親 藪塚温泉


明治時代の末期の藪塚温泉は、年間10万人の観光客があったといわれ、この事実上の最盛期には大変に賑わいがあった場所です。この最盛期はどのくらいの旅館のような場所があったことでしょうか。



やぶ塚温泉街 やぶづかおんせん 群馬県太田市 Onsen town in Japan YabuzukaOonsen 2021/07





藪塚温泉から引用 

正式な開湯時期は不明だが、正中年間(1324年-1326年)発見と伝えられ、元文年間(1736年-1741年)に河内六郎平が官許を得て営業を始め、天明-文化の頃に殷賑を極めたが、文政期に衰退した[4]。明治初期には今井弥造、伏島今近蔵らが再興し、明治10年代には年間来客数が1万512人、末期には10万人に達した[13]。1942年から1945年までは中島飛行機の社員寮となっていた



明治10年が1878年です。その1888年ごろにかけての明治10年代に、年間来客数が1万512人を記録したようです。


明治時代の引用

明治の元号下にあった1868年10月23日(明治元年9月8日)から1912年(明治45年)7月30日までの45年間を 明治時代 ( めいじじだい ) と呼ぶ。



千恵蔵は1903年生まれなので、ちょうど後期から末期の入り口ともいえる時期に、この場所で生まれ、生まれたときは新田郡藪塚が史上もっともにぎわっていた時期だったこともわかります。








「青空大名」正月映画俳優とオールスター俳優 年間10万人の地域最盛期生まれと「お祭り男」誕生の重複は必然か!!







千恵蔵はいわゆるお祭り男としての一面があります、それはナンバーワンの正月映画俳優やオールスター俳優ともいわれるほど、お祭り的なめでたい映画の縁があります。正月映画のヒット数は戦前から十本級にわたり、多数のオールスター最多記録。千恵蔵は生涯にオールスター映画に100本以上出演しています。

お祭り男 正月映画俳優 オールスター俳優 




青空大名 片岡千恵蔵 千原しのぶ 伴淳三郎 横山エンタツ B2

貴重なポスター、価格はえ・・

片岡千恵蔵と、歴代上位の喜劇俳優の伴淳三郎が共演した数少ない映画「青空大名」、名優15名以上、これは小規模なオールスター映画といえます。千恵蔵は横山エンタツ(花菱アチャコと、戦前の本当の意味の吉本興業の最盛期に貢献した歴代上位の喜劇人)との共演も少なめで、エンタツは、市川右太衛門と脇役が多くみられます。



青空大名 伴淳三郎 千原しのぶ 横山エンタツ  花菱アチャコ 吉本興業 市川右太衛門





片岡千恵蔵と、歴代上位の喜劇俳優(喜劇役者)の伴淳三郎が共演した数少ない映画「青空大名」、名優15名以上、これは小規模なオールスター映画といえます。

脚本は千恵蔵映画の戦前の名作の「国士無双」(國士無双)や「足軽出世譚」の原作者の伊勢野重任と、のちの時代劇の名脚本家の結束信二(映画やテレビドラマを通じて、特に新選組題材の定着に貢献)の意外な組み合わせ、1953年9月公開、公開時期は正月とは縁がありません。本記事は2月公開ですが、2月1日公開、青空のような心の晴れやかな1月や1日、スタートを感じさせてくれます。

青空大名 伴淳三郎


千恵蔵のオールスター映画は、主演俳優の世界1位の記録の80本強、これは突き抜けて世界1位、オールスター映画の助演本数のみだと千恵蔵の盟友でもある大名優・月形龍之介が最多ですが、千恵蔵のオールスター映画の出演数は100本を越しており、主演のみだけではなく、主要のみ(上位数選までのメインキャストのみ)としても最多です。


月形龍之介

ですが、アメリカの顔ことジョン・ウェインはたった数本です。当時のアメリカは、当時の日本ほどオールスター映画の本数を製作していませんが、千恵蔵とジョンは、軽く10倍以上の大差があります。

ジョン・ウェイン


ちなみに千恵蔵に次ぐ、オールスター映画の主演本数の世界2位は、千恵蔵と共に時代劇六大スターなどの称され、ライバル級の大河内傅次郎です。それだけのオールスター映画との縁も深いものでした。千恵蔵だけを持ち上げているわけではないので、あえて逆も書きますが、戦前のオールスター映画の主演本数は大河内のほうが多く、千恵蔵は2位です。


大河内傅次郎

また、千恵蔵のオールスター映画の通算の主演の観客動員は2億人近いと考えられ、確実に日本1位です。千恵蔵はオールスター映画の通算主演数は80本ほどですが、2位の大河内はその半分に満たない本数だからです。


さらにさらに、千恵蔵の年間の観客動員ベスト10入りのオールスター映画の忠臣蔵映画と次郎長映画は、6本だけで観客動員8000万人ほどを記録しています。一例で比較しますと、オールスター映画ではありませんが、「男はつらいよシリーズ」は50本近くで8000万人ほどで、千恵蔵の観客動員ベスト10入りの忠臣蔵映画と次郎長映画の計6本と同程度の観客動員でした。

それほど、オールスター俳優としても成功しています。

オールスター俳優になり得た背景には、戦前から戦後の映画最盛期に現状のトップ俳優というタイミングもばっちりでしたが、それを抜きにしても、主演数、代表作数、当たり役数、通算観客動員、成功した名匠や巨匠数、給料、影響力などの総合力においてもトップといえますし、千恵蔵の功績は偉大なものだと確認できます。



最盛期に生まれた男が、次の最盛期を生み出す。

このお祭り男、オールスター俳優ともいわれる彼の由縁に、生まれたときに最盛期ともいえるほどにぎわっていたと記録が残る新田郡藪塚の影響が、大きく備わっていたのかもしれません。


男はつらいよシリーズ 忠臣蔵映画 次郎長映画










千恵蔵を生み出した場所・新田郡藪塚の観光 日本の芸能史・映画史・映像史にとって重要な場所?!






新田郡藪塚は、千恵蔵を生み出した場所という意味で、日本の芸能史、映画史、映像史にとって重要な場所かもしれません。



群馬の忘れ去られた観光地,哀愁の藪塚温泉郷【吉屋食堂】



片岡千恵蔵が生まれたころの120年以上前と、この動画内の映像とかなり異なると考えられますが、当時の雰囲気や残り香はあると思われ、それを考えると考え深いものがあります。



吉屋食堂




アグリみらい21 群馬県太田市で絞ったエキストラバージンオリーブオイル 100g


群馬県太田市で地図系や受験系以外はほぼこれしか出ないw







1951年の千恵蔵と貴重な記録映画「ある日の太田市」 ”此の映画は私たちの愛する郷土太田市のある日の姿の一つ一つをとらえてこれを記録制作したものである”







これは非常に貴重な映画です。太田市が制作した映画、地域民ならずとも記録映像の意味があります。昭和26年に制作された太田市の記録映像とあり、1951年です。戦前1903年に千恵蔵の生まれたころの雰囲気がまだまだ感じられる部分があると思われます。



ある日の太田市 太田市の記録映像



ある日の太田市

ある日の太田市の、そこに、何があるのでしょうか!答えは観た方のそれぞれです。


「此の映画は私たちの愛する郷土太田市のある日の姿の一つ一つをとらえてこれを記録制作したものである。」との表記からスタートします。

このある日の太田市が制作された1951年(昭和26年)は、生まれた場所としても映画が製作され重要な年ですが、片岡千恵蔵にとっても重要な年でした。




1951年から東横は東映と屋号を改めて始動、大川博を社長に迎え、千恵蔵は市川右太衛門(映画の実積は千恵蔵よりも大きく劣る)とともに、国民的映画スターでありながら、前例のほぼないのちの大手映画会社の東映の取締役に選出され、看板主演俳優兼重役としての「黄金の日日」をスタートさせています。




大川博 黄金の日日





姉妹ブログの新記事
「回想・田村正和伝説」 敷地1000坪邸宅の坂本龍馬おやじ VS近所に居そうな西岡おっちゃんさんスゴイ人 名優・佐分利信自ら格下アピール


裏側の新記事
売国アニメウォッチ2023年1月号 壺なのか?あにまい「お兄ちゃんはおしまい」 の背後に韓国人400名 スクエニのニーアは実質中国アニメ 監督・王麗花は日本の皮を被ったテンセントアニメ


もう一つの裏側の新記事
売国映画ウォッチ2023.2月号 在日〇〇人を大作家の池波正太郎の生誕100年の記念映画の主演起用『レジェンド&バタフライ』は整形がお家芸の韓国の宣伝疑惑 朝鮮フジの過去・現代を暴く







日々探求の励みに⇒にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへにほんブログ村こちらもポチ⇒映画(全般) ブログランキングへ

現実は時に厳しいが 未来に踏み出せ!

2023/02/01 20:57 | 超大物俳優COMMENT(7)TRACKBACK(0)  

片岡千恵蔵生誕120年 誰もなし終えぬ恐るべき世界大記録「トリプルミリオン」「ダブルミリオン」「ミリオン」の三大連発を暴け




片岡千恵蔵生誕120年 誰もなし終えぬ恐るべき世界大記録「トリプルミリオン」「ダブルミリオン」「ミリオン」の三大連発を暴け








偽善と反日マスコミたちが米、中韓などの外国に媚び売って、延々と日本や日本人を貶める

国民を無視した私利私欲の利益をもさぼるための悪党のやり方を断じて許さない

映画界のタブーに斬り込んで、なまり玉をぶち込み風穴を開いていく、

刃と銃弾のナンセンス


「てめえら、許さねえ~叩き斬ってやる!」と某破れ傘さんが申しています。




今回も事実に基づいた全体は褒め殺しのような内容になりますが、偽善ではありません。

ぜひ日本人や外国人、外国の映画人たちに知っていただきたい内容です。


再び日本そのものが再浮上するために、国力を上げていくために、

彼の実積を伝えていくことも大事です。

過去だけじゃない、現代へ勇気を取り戻す。



そして、前例のない世界記録の連発と「トリプルミリオン」「ダブルミリオン」「ミリオン」とは




前回記事
祝!片岡千恵蔵生誕120年記念「日活映画主演数歴代ベスト10」 現実見たくないんじゃ大暴れ上等集団が隠蔽する映画世界記録




てめえら、許さねえ~叩き斬ってやる! 破れ傘






世界1位を競うあった日本映画とアメリカ映画 日本映画最盛期のナンバーワン俳優







日本を代表する映画会社の日活と東映の歴代、2023年に日活はゾロ目の111年を迎え、東映は東横時代の1949年から含めると74年目迎えます。

この2社と片岡千恵蔵の縁は深く、前回記事と別の”映画世界記録”を複数生み出すことにつながっています。



1957年(昭和32年)の一般社団法人日本映画製作者連盟(事実上の日本の大手映画会社)は、松竹・東宝・大映・東映・新東宝・日活の6社(左から入会順)であり、この時期は日本映画最大の最盛期といわれ、大手のみで年間500本以上の映画が制作、また独立系を含むと600本を越す場合もありました。



松竹・東宝・大映・東映・新東宝・日活 日本映画製作者連盟 一般社団法人日本映画製作者連盟




日本映画の年間観客動員12億近く(歴代最多)を記録した1958年の日本映画は大手6社系のみで500本を越え、一方の米国の1958年の大手映画会社の映画本数は210本(2022年時点)が確認でき、日本は約500本であり、2倍以上も上でした。また、映画ジャンルにおいても米国に負けない多彩な映画ジャンルが存在していました。



年間観客動員12億近くを記録した1958年


これは米国の年間制作本数の2倍以上であり、映画スタ-数や名匠数は米国をしのぎ、特にこの最盛期の日本映画の助演の名優数は軽く数百名を越え、米国の5倍以上を記録していました。この時期の米国は、日本と比べるとですが、助演の名優が少なく、名優は主要系ばかりでした。


いわゆる外国のオールスター映画は上位5選ほどを指すものがほとんどで、多くて10名付近、大半が名優さえも10名付近のものばかり、日本は戦前でも名優40名の映画が10本ほど存在、戦後はさらに増えて数十本も存在しています。この頃の米国は名優40名は1本もありませんでしたし、国に違いがあるにしても、現実にこの点も上回っていました。


いうまでもありませんが、この最盛期の時期の日本のトップが片岡千恵蔵(chiezōKataoka)です。つまり歴代トップの多くの数字を除いても、事実上の歴代のトップともいえる理由です。



片岡千恵蔵 chiezōKataoka


米国映画で多額なお金を得ているテレビ含めたマスコミたちはこのことも伝えません。〇賊と化したNHKも含めて、今も日本はろくでもないと遠回しのいつもの”伝えない自由という嘘”をバラまいています。現在横行しているニュースや報道の都合の悪いニュースの隠蔽も同じです。”伝えない自由という嘘”ばかりです。




伝えない自由という嘘



1958年の日本の人口は9200万人弱、米国の人口は1億7500万人ほど、日本にいかに映画文化が華やいでいたのかわかる簡単な数字です。日本より米国のほうが2倍近く人口数が多いながら、日本の大手映画会社の制作本数は米国を2倍強上回っていました。




1958年の日本と米国の人口と大手の映画会社の制作本数

1958年の日本の人口は9200万人弱、大手の映画は500本
1958年の米国の人口は1億7500万人、大手の映画は210本




質、本数など、個々の捉え方は複数ありますが、こうした数字は現実に上回っていました。



日本 1958年の人口

日本の映画界は事実上、世界1位でした。



この最盛期時の1958年の事実上の日本映画のナンバーワン俳優が2023年に生誕120年の片岡千恵蔵であり、上位3選俳優は千恵蔵(現在のお金で年俸20億以上の話もあり、もちろん広告なし)、

市川右太衛門、長谷川一夫(3名とも時代劇系俳優、戦前と戦後の両方で大活躍)でした。年俸もベスト3だったと考えられます。続いて年齢と戦前からの長期間の功績などから、嵐寛寿郎などと続いています。特に上位3名が突き抜けていました。

市川右太衛門



全盛期の東映俳優のギャラが凄い!片岡千恵蔵御大が年収20億!松方弘樹談 Japanese movie


片岡千恵蔵の年収20億、これはあくまで給料であり、彼の最盛期は年間の稼ぎは現価でいう数百億円から数千億でした。戦前と戦後含めた映画の生涯の稼ぎは現価でいう数兆円ともいわれます。

千恵蔵は東映の連続1位の1950年代中盤頃から、加藤剛主演の大岡越前の父・大岡忠高(自身最後の当たり役)を演じていた最中の亡くなった1983年頃まで、存命中は30年近くにわたって、歴代ナンバーワンを表現する実積と功績の「御大」とも言われました。数多くの人物が証言しています。

加藤剛 大岡越前 大岡忠高


千恵蔵の最盛期の年収は20億

千恵蔵の映画のみの最盛期の年間の稼ぎは数百億円から数千億円、生涯の稼ぎは数兆円



片岡千恵蔵の年収20億


東映歴代主演映画本数12位の松方弘樹(主演53本)談、本数50越えの大台だが、代表的とされる「脱獄三部作」(1970年代中盤に制作)といわれる主演映画3部作はあったものの、映画主演の明確な代表作は1本もなし、ここは里見浩太朗とも競り合う部分です(記事の下記のランキングからも確認できます)、

松方弘樹

脱獄三部作


ちなみに東映の短期間の任侠スター女優(主演)や、高倉健や鶴田浩二のヒロイン女優として活躍した藤純子(現・富司純子)は、松田優作(民族名は金優作、帰化済み、東映の主演は12本)を上回る東映の主演本数は20本弱を記録しています。

代表作は「緋牡丹博徒シリーズ」など含めて15本近くを記録、非常に高い的中率を実現しています。本数は20本以下ですが、主演のほとんどが代表作だからです。この3名だと代表作数は富司→松田→松方、主演本数は松方→富司→松田となります。


高倉健 鶴田浩二 藤純子 藤純子 富司純子 緋牡丹博徒シリーズ 

松田優作 金優作



戦後の千恵蔵のみが時代劇約7割、現代劇約3割、右太衛門と長谷川は時代劇9割強

この1958年の若手系の年俸上位だと、デビューから15年近いすでに国民的な美空ひばり(当時の平均寿命からすると中堅ともいえるが)、デビューから10年近くの鶴田浩二だや三船敏郎、佐田啓二などだったと考えらます。


美空ひばり 鶴田浩二 三船敏郎 佐田啓二






日活100周年邦画クラシックス GREATシリーズとして”唯一の戦前作品”として選出 それがあの千恵蔵映画






公開後のだんだんと様々な方面から評価され続け、時間をかけて名作認定となった日活映画『鴛鴦歌合戦

これまでSD画質版(標準画質)、HD画質版(高画質)、数度の評論家や大林などの解説版などがCS放送で20年以上にわたり、5度以上も録画しています。
千恵蔵の日活時代も多くの名作がありますが、この日活100周年邦画クラシックス GREATシリーズは、あえて『鴛鴦歌合戦』を商品化しています。『鴛鴦歌合戦』は以前から商品化のリクエストが多くあったタイトルだからです。



日活100周年邦画クラシックス GREATシリーズ 鴛鴦歌合戦


日活100周年邦画クラシックス GREATシリーズ 鴛鴦歌合戦 HDリマスター版 [DVD]






現存版含むと30本ほどする名コンビ、時代劇の巨匠・マキノ雅弘(当時はマキノ正博),と片岡千恵蔵の代表作の一つ、オペレッタ時代劇ともいわれ、当初は違う内容の予定されていましたが、千恵蔵の体調不良などで、通常の撮影の予定を大幅に変更し、歌風な演技を駆使して短期間で制作を断行、

トラブルとアイディアがきっかけで高評価の名作が実現、また仕上がりのバランスの絶妙さを実現させ、千恵蔵の履歴だけでなく、イメージを上手に活かしたともいえます。


マキノ雅弘 マキノ正博 オペレッタ時代劇


実はこの映画、千恵蔵の千恵プロ時代の稲垣浩との名コンビの股旅映画や有名題材などの明朗時代劇路線の大成功や、伊丹万作との左翼要素を含んだナンセンス時代劇の大成功が下地にあり(互いに受賞路線と観客動員、大衆的支持で大成功)

この千恵蔵映画の良い流れをマキノ雅弘が上手に変化させ、映画は長い意味で大成功しました。過去の大きな履歴の下地があったからこそ、実現につながりました。

明朗時代劇 ナンセンス時代劇 稲垣浩 伊丹万作 千恵プロ







片岡千恵蔵は映像系女優の幅広い活躍にも大貢献 美空ひばりなどの歌謡時代劇映画や江利チエミなどの東宝のミュージカル風な「サザエさんシリーズ」なども影響






千恵蔵以外の俳優だとこの柔軟さやイメージを背負うことは困難です。個性が違う部分もありますが、長年ライバル級の阪妻(阪東妻三郎)や嵐寛(嵐寛寿郎)、長谷川(長谷川一夫)に千恵蔵ほどの、主演俳優としての幅の広さや多角さ、柔軟さはありません。


阪妻 阪東妻三郎 嵐寛 嵐寛寿郎 長谷川一夫



千恵蔵の戦前から、戦後直後にかけて数本が存在する”オペレッタ時代劇”(ミュージカル風時代劇とも)や”明朗歌謡時代劇”(=名作は本作含む3本を確認)は、戦後の美空ひばり(歌手兼女優)などの歌謡時代劇映画や、

江利チエミ(歌手兼女優)などの東宝のミュージカル風な「サザエさんシリーズ」、東宝の喜劇俳優主演の時代劇などなど多大な影響、鴛鴦歌合戦は貴重な千恵蔵の歌声も確認できます。



明朗歌謡時代劇 江利チエミ サザエさんシリーズ


鴛鴦歌合戦は、大女優の市川春代(ヒロイン50本越えの女優としては歴代ベスト5級の映画230本以上の活躍)、大名優の香川良介(映画700本以上)と志村喬(映画500本以上)と共演、日本映画上位の四競演が実現しています。


市川春代 香川良介 志村喬



日活100周年邦画クラシックス GREATシリーズとして”唯一の戦前作品”として選出されています。また時代劇映画としても唯一の選出です。また、このシリーズ30本の中でダブルの意味において1本のみの評価を受けています。







日米ナンバーワン俳優が共演?! ジョン・ウェインと千恵蔵生誕120年が語る重要な保守的メッセージ






米国では”アメリカの顔”の異名を持つ米国最大の国民的俳優のジョン・ウェインが事実上ナンバーワンでした。その大半は西部劇映画と戦争映画の俳優でもあり、米国の保守的な存在の象徴でもあり、映画出演は170本を越し、主演120本強(確認は121)、アメリカ映画の主演数は米国の中編長編系では最多だと考えられます。


アメリカの顔 米国最大の国民的俳優 ジョン・ウェイン 米国の保守的な存在の象徴



ですが、このアメリカの顔でさえ、主演360本(現時点の現存含む)を越す日本の片岡千恵蔵に遠く及ばず、ジョン・ウェインは日本の歴代俳優に当てはめると歴代20位圏内の主演数120本強です。その後輩の高倉健にさえ負けています。中長編系のベスト10にさえ入らないのが、アメリカの顔の真実の一つです。


高倉健



ちなみに大林宣彦は、ジョン・ウェインの大ファンであり、生前の自身の10年強続いた番組「いつか見た映画館」(ほぼ視聴済み)で何度も話しています。日本は阪妻好き、外国はジョン好き、千恵蔵は高評価している人物のようでした。西部劇=ジョン・ウェインだという口調を何度も繰り返しています。


大林宣彦


その時、ジョン・ウェインはかつらだったとも話しています。アメリカの顔が、自分の国民的なイメージを護るためにかつらで事実を隠していたわけです。

アメリカの顔とまで言われた国民的俳優がかつらという現実の衝撃は何を伝えているのでしょうか、表と中身の事実は異なる恐怖を伝えています。

アメリカ国内の急増する中国人と黒人のつながりによる、移民問題などからの垣間見れる国体分断の複雑さに通じ、黒人と中国人による国力の低下も続いています。

日本だと、在日朝鮮人(韓国系と北朝鮮系)と中国人のつながりと近い構造です。例=日本に侵攻しているゲームアプリは中国が韓国人起用の競作も多く、外国人起用の日本アニメの大半が中韓、土地の買い占めも中韓がコラボの例が複数、野党の立民、共産、れいわ、社民も中韓系ばかり


アメリカ国内の中国人と黒人の共同による分断工作 日本国内の在日朝鮮人と中国人による分断工作

いつか見た映画館 ジョン・ウェインはかつら 移民問題

Colabo問題ともつながります。過去にアニメ路線の地域系コンテンツ「温泉むすめ」などを批判している仁藤夢乃、これは映画や創作の自由の侵害にもつながります。


アメリカ国内の中国人と黒人の共同による分断工作=日本国内の在日朝鮮人と中国人による分断工作?!



温泉むすめ





映画創作の自由の規制につながるColabo仁藤夢乃は反日日本破壊活動団体?! えんちょー節&百田節&くつざわ節炸裂 仁藤の妹がいた壺元アイドルの危険1





存在しない慰安婦を押し出す反日団体や、朝鮮半島を巻き込んだ在日問題、さらに税金の不正利用疑惑、外国勢力の帰化人が多い野党たち、在日疑惑の強固な「女性がー」フェミニストでもある仁藤夢乃と、Colaboをめぐる騒動とも大きくつながります。また彼女らの上にいる悪代官たちも顔をちらつかせます。

旧統一教会と同じように国民のお金が反日国に流れていた疑惑で、ネット上で大騒動が続いています。実に複雑な問題たちが同時に交錯しています。


「てめえら、許さねえ~叩き斬ってやる!」と某破れ傘さんが申しています。



Colabo仁藤夢乃さんvs暇空茜さん問題の世界一分かり易いココ迄の経緯まとめがコチラ、保守論客、Colabo自称最強弁護団、反日マスゴミ、加藤厚労相、都議区議等入り乱れてのColaboスマブラ状態



かっぱーえんちょー(kapaa!知恵袋)いわく、Colaboは韓国に金を不正に流している<反日日本破壊活動団体>だそうです。疑惑が真実であれば事実です。

かっぱーえんちょー 暇空茜 kapaa!知恵袋



この大問題を現時点ではテレビは完全に無視しています。ちなみに在日疑惑の仁藤夢乃の妹の仁藤萌乃は、元AKBグループです。秋元康こと壺元、そう芸能系も深く関与している問題です。

パチンコ業界を巻き込んで、朝鮮系と深くつながる金儲けに走る壺元康たちも、民族名・金さん(半島系の金さん)たちも巻き込んで、のそーっとあの独特な顔をのぞかせる。


秋元康 民族名・金さん 半島系の金さん



ほぼ朝鮮半島系のパチンコメーカーが絡んでいるものが多い秋元康の複数アイドルグループ=在日朝鮮人の娘を一定数は必ず起用する



坂道系も複数いますが、AKBグループは過去と現代を含めると、数百名の在籍者の中で、最低でも数十名の在日系(朝鮮系)が存在している疑惑があります。個人的にも現在や過去の映像も含めて、出るわ出るわ怪しい名前や顔たち・・・その多くの疑惑を確認をしています。

もちろんアイドル以外も含めてですが、在日朝鮮系の総数の半数以上の高齢者のため、毎年、日本の地でお墓に向かう方々が多い現実がありますが、これに反対して芸能の朝鮮系は過去にないほど増加中、韓流と連携した日本の侵略の危険があります。あっち系の芸能人は広告塔となり、外国系の政治家や政党や活動家、企業、外国勢力とも絡んでいるため、非常に危険です。


仁藤夢乃 Colabo 仁藤萌乃






咲良は韓流のサクラなのか?朝鮮半島とつながる元AKBグループと秋元康 これを肯定する〇賊NHKの現実




横道にそれますが、過去だけではなく、現代のつながりの重視も必要だと考えているため、もう少し問題を広げます。


紅白に出場の国民全体から批判された無名の韓国グループLE SSERAFIM(ル セラフィム、朝鮮名・르세라핌 略称・ルセラ)に、元AKBグループの人物(元HKT48のサクラ=宮脇咲良)がいたことも、秋元と韓国との強いつながりを示しています。


宮脇咲良 HKT48

LE SSERAFIM ル セラフィム 르세라핌 ルセラ 


HKTを出て、宮脇咲良も大した仕事がないため、韓国案件を引き受けてしまい、彼女は自分から半島という反日の壺に頭を突っ込んでいます。こうした頭の弱さをみていると、日本人が外国勢力に力を貸すことなく、自分たちで持続可能を求める愛国教育は大事です。


たかが見た目やスタイル重視や誰でもできる外国かぶれのダンスより、

日本人女性の美しさや精神性と心を磨く日本舞踊が何倍も大事だ。



日本人はダンス教育なども含め、自分たちで自分たちの魅力的な伝統や文化を自虐って破壊している。もちろんダンス専門のダンサーなどのしっかちとしたプロを否定しているわけではありません。


事実上、自分からあちらに関与して、監督の自虐の贖罪になっているわけです。こうしたことが、さらなる韓国の日本への金でゴリ押しの無理やりな投資を呼び込んでしまい、NHKも紅白でゴリ押し起用、国民にさらなる嫌韓(韓国嫌い急増中)が増していきます。

旧統一協会によると、日本女(エバ)は韓国人男(アダム)に全身で尽くさなければならないというありえない嘘を肯定、芸能系も同様、尽くす相手は、秋元康とLE SSERAFIMの運営側の韓国人男(バン・シヒョク総括プロデューサーら)たちです。仁藤に言いたくなるが、あなたの母国?のこちらのほうが何倍もキモイ


バン・シヒョク

一応、嘘ではないことを示すために記事リンク張っておきます。記事がありえないくらいに韓流ゴリ押しに肯定的なため、韓国嫌いは観ないほうが賢明かと思います。こうした韓流のプロパガンダのような記事も多く存在しています。
日本人メンバーも!「紅白出場」の韓国アイドルグループ3組


彼女は、彼女も問題があるわけですが、宮脇咲良=サ〇ラ、意図的に、半島側が日本人に向けて、こうした意味を込めておるのでしょうか

流行ってさえいない韓国プロパガンダを日本に浸透させるため、事実上の咲良はサクラとして利用されているように思えます。


存在しない慰安婦を押し出す反日団体 朝鮮半島を巻き込んだ税金の不正利用疑惑 在日疑惑の仁藤夢乃とColaboをめぐる大騒動


在日疑惑の仁藤夢乃の妹は元AKBグループ 壺元康





映画創作の自由の規制につながるColabo仁藤夢乃は反日日本破壊活動団体?! えんちょー節&百田節&くつざわ節炸裂 仁藤の妹がいた壺元アイドルの危険2





Colabo 界隈の錬金術を解説/知れ渡る赤い羽根の悪行、JR貨物がコラボ事業を中止/赤い羽根の理事、自分の団体を毎年助成してた 20230114


保守系ユーチューバーで、日本改革党のくつざわ亮治(沓澤亮治)、元は現NHK党・立花孝志とも縁がある人物でしたが、立花のやり方に大きな疑問を感じ、NHKスクランブル化のデモを行うなどの日本改革党を立ち上げて現在に至る。彼は保守系から高い評価を受けています。

再生数からするといいね!多めの登録者数以上の支持を示しています。彼の意見も非常に参考になることがあります。

今回は高まる募金の赤い羽根の疑惑やColabo、野党との疑惑など、


日本改革党
 くつざわ亮治 沓澤亮治 NHK党 立花孝志

単なる感想ライブ「仁藤夢乃さんと慰安婦像の2ショット写真がそっくりさんに見えるんだが…」



「慰安婦像の2ショット写真がそっくりさんに見えるんだが」は、百田尚樹なりの反日在日朝鮮人や在日擁護のテレビ局やマスコミ、団体への痛烈な批判が込められています。


百田尚樹









松平健「時代劇は日本の文化です」 国を護る時代劇と西部劇 千恵蔵とジョンが伝える保守的の重要性







日本は目先だけの労働力確保や、目先の偽善のきれいごとと嘘つきの政策から、断じてこれ以上の外国人移民を受け入れてはいけません。

特に中国系、韓国と北朝鮮の朝鮮系がもっとも危険ですが、これはどの国籍であっても同じです。

アメリカのようなここぞの政治力さえもない、平和ボケ国民ばかり(特に高齢者と女性たちに多い)の貧弱な政治体制の日本だからです。だからこそ国内の早急で強固な外国人対策が求められます。

国内の早急で強固な外国人対策

保守的な国民が減れば減るほど、日本は外国へ見込まれていきます。さらに日本人の庶民の生活は苦しくなります。安全保障や国防にも置き換えられる保守的な魅力も持つ、千恵蔵やジョン・ウェインなどの時代劇や西部劇も、これを現代へ教えてくれます。




ジョン・ウェイン ベストコレクション ゴールドボックス DVD10枚組 ACC-130


いちきゅぱぁ¥1,980、

映画ファンには涙ものです。時代劇も西部劇もやはりモノクロ、現在のようなリアリズムだけが断じて、映画ではない。

1930年代の主演や出演の初期のB級系俳優時代の映画が収録されています。NHKやスカパー放送されないタイトルたちです。

すべて1時間前後の中編映画であり、監督もB級系が多いが、B級だからこそできる映画の魅力、この時期のジョンの地道な活動があったからこそ、戦後の大作路線や国民的な支持につながり、大成や年輪の下地となっています。


ジョン・ウェイン ベストコレクション ゴールドボックスの収録タイトル
1. いざ西部へ! 61分 モノクロ 1935年
2. テキサスの友情 56分 モノクロ 1936年
3. テキサスの旋風 57分 モノクロ 1932 年
4. 黄塵 56分 モノクロ 1939年
5. 渓谷の戦い 55分 モノクロ 1939 年
6. 快男児ランディ 52分 モノクロ 1934 年
7. テキサスの恐怖 51分 モノクロ 1935 年
8. 超速大陸争覇 67分 モノクロ 1937年
9. 荒原の激闘 54分 モノクロ 1937年
10. 遥かなる旅 55分 モノクロ 1934 年


ジョン・ウェインの初期はいわゆるB級映画の出演が多めでしたが、いわゆる名コンビ・西部劇の神様こと巨匠・ジョン・フォードとの黄金コンビの成功が、一級俳優へと押し上げたもっとも大きな要因となっています。





西部劇は日本映画に置き換えると時代劇とも通じる部分が多々あります。時代劇も保守的な象徴の要素、2023年1月の時代劇専門チャンネルでは松平健が出演するチャンネル広告が流れ、「時代劇は日本の文化です」(日本国を外国から護るという気持ち)というメッセージも印象に残ります。


時代劇専門チャンネル 松平健 時代劇は日本の文化です



荻 昌弘 解説「スターの時代 / ジョン・ウェイン」


アメリカとその国体の強かった時代のイメージ形成したジョン・ウェインの功績のいくつかに迫っています。

荻昌弘





大手から姿を消した日活の111年目の今後 期待したいチャンネルNECO






千恵蔵が主演175本以上(提携、専属、や現存の断片なども含む)を記録している日活は、一般映画製作に行き詰まり、1970年代前半からロマンポルノへ舵を切り、低予算作品の制作に特化、この枠組みから巣立つ名匠や助演系の名俳優など、数はあまり多くはありませんが、複数を生み出していきますが、

残念なことに現状の事実上の大手から外れてしまいました。現在の日活は数を極力抑えながら、映画製作と配給、過去の映画の管理、製品化して販売などを行っています。



ロマンポルノ路線



日活というと、CS放送(スカパーなど)のチャンネルNECOを1990年から運営しており、個人的には20年強加入していますが、ここ数年は日活や新東宝などの時代劇映画の放送が減少し、大きな問題を感じています。ザ・時代劇という映画枠が存在していました。

CS放送 スカパー チャンネルNECO



いわゆる現在の一般社団法人日本映画製作者連盟における、松竹・東宝・東映・KADOKAWA(左から古い順)は4社(現在の日本映画会社の大手の4社)であり、現在はここに日活は含まれていません。


松竹・東宝・東映・KADOKAWA 現在の日本映画の大手4社


ロマンポルノ路線のツケが現在も、続いている現実を伝えている反面、どうにか倒産は免れ、現在も会社として存続できており、どうにか111年目を迎えています。

苦難の時代ですが、小規模でも、120年、150年、それ以上と、たすきをつなぐことも大事です。




次は見ればそのまんまといえばそのまんまですが、「日活映画主演数歴代ベスト10」と「東映映画主演数歴代ベスト10」からダブルミリオンに迫ります。








111年目と74年目が交錯&交錯する映画世界記録「ダブルミリオン」の真相







日活映画のみの日活映画主演数歴代ベスト10と主演50本俳優 (主要は含まず、単独とW主演のみ、現存すべても含む、配給のみ含む)


日活映画主演数歴代ベスト10

片岡千恵蔵 175本以上  *大手1社における長編系俳優の世界最多記録
大河内傳次郎 165本以上 
小林旭 112本
石原裕次郎 80本 
沢田清 75本以上

河部五郎 65本以上   
阪東妻三郎 60本以上 
小杉勇 60本以上 
高橋英樹 54本   
宍戸錠 51本 


*他社も含めた通算主演本数が中編や長編が8割以上のの条件を満たした俳優のみを表記
*以上としている理由は、2022年時点のカウントであり、今後も本数が増える可能性あるためです。





東映映画のみの歴代主演数ベスト10と主演50本俳優 (主要は含まず、単独とW主演のみ、前身の東横も含む、配給のみ含む)


片岡千恵蔵 140本以上 *突き抜けて最多、ほぼ一級作品
市川右太衛門 110本強 *ほぼ一級作品
高倉健 105本強  *ブレイク前は低予算系が多数
中村錦之助 100本強(101本) *約2割が中編映画
鶴田浩二 約100本 *ほぼ一級作品、約5本圏内に3名の混戦
 5位圏内

東千代之介 90本強 *中編映画が半数強
梅宮辰夫 84本 *B級系が大半のため同世代よりも本数が多い
大川橋蔵 80本 *一部に中編
大友柳太朗 70本 *一級系とB級系の半々
美空ひばり 62本 *ほぼ一級作品
 10位圏内

菅原文太 57本 *東映移籍から早くブレイクしたため低予算は少なめ
松方弘樹 53本 *数館上映の東映ビデオ外すと51、初期は低予算系
千葉真一 50本 *特に初期は低予算系が多い
 実写映画の主演50本以上は計13名
~~~~~~~~~~~~~~~~~
<惜しい数本差>
里見浩太朗 47本 *2022時点の現役俳優、低予算系の中編が大半 里見浩太郎の名義の頃

<知名度ほどではない比較対象>
松田優作(朝鮮民族名・金優作、生前に帰化済み) 12本 *他と比較対象として登場



*全出演作を確認している数字です。
*実は、千恵蔵だけは近年、東映の主演作が数本発掘されています。
複数が増える可能性を含め、「以上」としています、


+低予算系や中編、B級系といっても、現在の独立系実写映画をはるかにしのぐ、制作費がかかっています。




日本映画を代表する大手映画会社の、日活と東映で、ダブルミリオンを記録しています。





【時の話題】映画6社 全日本映画従業員組合同盟 結成 東京【002-05】【昭和21(1946)/01/13 日曜仏滅】【♪?】


1945年の8月終戦から約5か月、1946年1月の貴重なニュース映画の映像であり、松竹、東宝、大映(この時期の千恵蔵は大映)の3社と他の3社による労働系の組合の結成を伝え、数年後に再スタートの日活と東映、社団法人日本映画製作者連盟ともつながりがある内容です。


製作者たちが、仕事として成立する映画界であることが発展につながっていき、この到達点が1958年の事実上の二本映画の到達点へつながります。

そこに千恵蔵の顔もあり、それを支える多くの助演や脇役の100名を越す名優たち、また顔が見えない製作者たちの存在があることを忘れてはなりません。







千恵蔵の度肝を抜く3種類のミリオン マスコミが伝えない誰も及ばない映画界の金字塔 世界歴代映画俳優で唯一の大記録と映画世界記録






「日活映画主演数歴代ベスト10」と「東映映画主演数歴代ベスト10」から、そのまんまですが、日活175以上と東映140で千恵蔵の大手2社の主演数は315本を越しています。大手2社で300本以上(トリプルミリオン)も世界記録ですが、



いわゆる戦前からの時代劇六大スターのライバルたちの大河内傅次郎は日活のみが100本越え、長谷川一夫は松竹のみが100本越え、市川右太衛門は東映のみが100本越えちなみに阪東妻三郎や嵐寛寿郎は大手の主演100本は提携含めて大手1社の100本はゼロです。

千恵蔵は日活と東映の大手2社でただ一人のダブルで100以上を記録しています。



その世界的な映画会社・日活で175本を越す主演作が確認できる片岡千恵蔵、これは世界記録の大手世界最多主演数、さらに世界的映画会社の東映において140本の主演作とダブルで100本越え(ミリオン)を記録しています(もちろん中編以上が8割以上、長編系俳優という面においてです)

実はこの大手映画会社の主演数のダブルミリオンは、世界の映画俳優で唯一の大記録、同時に世界記録です。



片岡千恵蔵は、千恵プロと日活の強固な関係が大記録を実現させた大きな理由ともいえますが、映画界の大手ナンバーワン(大手2社でトリプルミリオンと大手2社で100本以上のダブルミリオン、と独立系ナンバーワン(数少ない当時の映画賞で独立&スタプロの1位の最多受賞数17作、これは現在でいう通算100つ(ミリオン)以上3つのの各映画賞の受賞数に該当、阪妻と右太衛門と共に製作本数はスタプロの世界ベスト3の100本越えの記録、阪妻と競るヒット作数十本)の両方の金字塔といえます。



片岡千恵蔵の「トリプルミリオン」「ダブルミリオン」「ミリオン」の三大ミリオン

1.日活と東映の大手2社合わせて主演映画315本を越す300の100本3つのトリプルミリオン
2.日活と東映の大手2社で主演映画100本以上、2社100のダブルミリオン
3.独立&スタープロダクションの映画制作本数100本越え、公式101本、現存含むと130本以上の100のミリオン(シングルミリオン)




千恵蔵は、ほぼ誰も成しえていない大手系と独立系のダブルのパイオニア、世界に俳優ただ一人の存在、唯一の「トリプルミリオン」「ダブルミリオン」「ミリオン」の三大ミリオンの連発を実現しています。






姉妹ブログの新記事
語る激レア動画「田村正和 ー49歳」”テレビドラマ史最大スタァ”のプライベートインタビューに迫る!!




日々探求の励みに⇒にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへにほんブログ村こちらもポチ⇒映画(全般) ブログランキングへ

現実は時に厳しいが 未来に踏み出せ!

2023/01/15 10:49 | 超大物俳優COMMENT(3)TRACKBACK(0)  

祝!片岡千恵蔵生誕120年記念「日活映画主演数歴代ベスト10」 現実見たくないんじゃ大暴れ上等集団が隠蔽する映画世界記録







祝!片岡千恵蔵生誕120年記念「日活映画主演数歴代ベスト10」 現実見たくないんじゃ大暴れ上等集団が隠蔽する映画世界記録






2023年は生誕120年

彼がもっとも多くの功績を残してきたことを隠蔽するテレビマスコミ、

数多くの着実な事実を語りかけ、数字を無視する自称映画評論家系の人物たち


マスコミは歴代の芸能系の嘘ばかりを垂れ流しています。


多くの面から総合的に、彼ほど貢献した人物は誰もいない


テレビがたまに取り上げるMもIもK、もう一人のMなど

この4名の後輩なども、彼の影響を大きく受けている

もちろん戦前からの同格級ともされるBやH、I、Aなども、彼の足元の記録しか残していません。

記録的な面からすると、彼よりもグレードが落ちる存在にすぎません。


マスコミが同じ人間ばかりを取り上げるから、事実が狂う、

知名度が高いから優れていると思う、思う混んでしまう、知らない輩が増えていく

真に伝えるべきだ、真に評価すべき人間をほぼ無視し、内外資の企業の金でマスコミが世論を誘導している。

実積と知名度を同格にしていく努力を行うこともマスコミの役目だ。

そして、偽善に満ちたマスコミたちにどでかい風穴が貫通する。




その映画系の大記録の一端迫ります。

2023年の一発目の生誕120年は盛大に祝杯とお手を拝借




記事作成時点で2,672,457 回視聴を記録のお手を拝借の動画 


心の中で、パンパンという景気の良い、お手の音が聞こえてくるようです。動物だら生まれる雰囲気のなごみ


今年も独自な路線を目指して展開


2023年の1発目、景気良く、晴れやかに、事実上の日本人の映画世界記録からスタートです。






前回記事
生誕90年の中村錦之助「マスガン無視の映画歴代記録」 総勢「義経セブンス」去来する群像を超えていく大スペクタクル







「大記録がいいのか?いいんです~!」千恵蔵の条件付き日活歴代1位(事実上)の理由






記録のみで映画系を伝えることは独自な路線の一つの方法としてあってもよいと考えています。

全部が記録のみはあまり良くはないわけですが、人気があるとか、大物だとか、
言葉のみでごまかすことが多いマスコミの大好きな
きれいごとのごまかしよりは、理屈に基づいている大事な要素だと考えます。





日本の大切な映像史や芸能史のことであり、ご存じの方も多いかと思いますが、日活と千恵蔵のつながりについて迫ります。

横田商会などの4社合併により、1912年(明治45年)に創立された「日本活動フィルム株式會社」として創立された略称や通称・日活、正式な日活の社名は1945年の「日活株式会社」からだが、それ以前から略称や通称・日活と国民手j気に呼ばれて親しまれており、この正式な社名は定着に対応する形になりました。


日本活動フィルム株式會社 日活 日活株式会社

横田商会


この日活と2023年に生誕120年の片岡千恵蔵chiezōKataoka)の大記録が大きく関与しています。



片岡千恵蔵

chiezōKataoka


千恵蔵というと、1923年公開とされる幻の現代劇映画『三色すみれ』に植木進名義で最初の映画デビュー(いきなり主演)を果たしていますが、本格的な映画俳優デビュー(時代劇スターのデビュー)は、1927年のマキノプロダクション(通称・マキノ、マキノ映画、マキノプロなど)です。


植木進 三色すみれ



正式デビュー1年目は特に『萬花地獄シリーズ』(万花地獄シリーズ)が最初の代表作シリーズとなり、関西歌舞伎時代からの知り合いである嵐長三郎(改名後は嵐寛寿郎)とともに、未来のマキノを背負う若手スターのトップに数えられました。



萬花地獄シリーズ 万花地獄シリーズ 関西歌舞伎 嵐長三郎 嵐寛寿郎



忠臣蔵の登場人物でおなじみの服部一郎右衛門、萱野三平の2役を演じた伝説の忠臣蔵映画の一つ『忠魂義烈 実録忠臣蔵』(現存含むと歴代最多の35本以上が現存し、この題材で歴代通算最多観客動員からも「忠臣蔵俳優」ともいわれることがある自身のお家芸・千恵蔵の記念すべき初の忠臣蔵映画)の主演俳優の伊井蓉峰(いいようほう、舞台の新派の重鎮俳優)にとあるトラブルが多発しました。



忠臣蔵俳優 服部一郎右衛門 萱野三平 忠魂義烈 実録忠臣蔵 伊井蓉峰 新派の重鎮俳優



撮影現場で共演者や制作陣に権威主義的な非道な迷惑かけていながら、それでも起用する恩師の牧野省三(「日本映画の父」と称され、数十にわたる多くの業績)に不信感を抱いたことと、スカウトされたこと、自分自身の飛躍のため、

1928年の片岡千恵蔵プロダクション(通称・千恵プロ、千恵蔵プロなど)を創立して独立(NHKの番組において千恵蔵プロとクレジットで紹介、出演の映像監督の井上昭は千恵プロと話す)この独立当初は大手映画会社の配給は受けていませんでした。


牧野省三 日本映画の父 権威主義 片岡千恵蔵プロダクション 千恵プロ 千恵蔵プロ

井上昭

*特に萱野三平は知られています。





日活映画主演数歴代ベスト10」 日活映画のみの歴代主演数ベスト10と主演50本俳優





ここで一時的に、日活映画のみの歴代主演数ベスト10と主演50本俳優の記録に迫ります。

実は中編から長編が全体を占めている日活の歴代俳優は10名です。
なんと2023年に生誕120年&没後40年の片岡千恵蔵が1位ですが、これは条件付きです。



日活映画のみの日活映画主演数歴代ベスト10と主演50本俳優 (主要は含まず、単独とW主演のみ、現存すべても含む、配給のみ含む)


日活映画主演数歴代ベスト10

片岡千恵蔵 175本以上  *大手1社における長編系俳優の世界最多記録
大河内傳次郎 165本以上 
小林旭 112本
石原裕次郎 80本 
沢田清 75本以上

河部五郎 65本以上   
阪東妻三郎 60本以上 
小杉勇 60本以上 
高橋英樹 54本   
宍戸錠 51本 


*他社も含めた通算主演本数が中編や長編が8割以上のの条件を満たした俳優のみを表記
*以上としている理由は、2022年時点のカウントであり、今後も本数が増える可能性あるためです。



日活映画主演数歴代ベスト10



上位にぎりぎり含まれてるだけでも、十分にレジェンド級です。

つっこみどころ満載かもしれませんが、記事の構成上、今回はほぼ触れません。


大河内傳次郎 小林旭 

石原裕次郎 沢田清

河部五郎 阪東妻三郎 小杉勇 高橋英樹 宍戸錠



千恵蔵一代 単行本 – 1987/4/1


引用~

若き日には水もしたたる美貌の若武者ぶりで、円熟期にはぐっと渋い持ち味で当り役も多く、剣の道ひと筋の宮本武蔵、七つの顔をもつ男多羅尾伴内、「大菩薩峠」の虚無の剣客机竜之助と、映画黄金期を背負って立った花型スター千恵蔵の、人間的な内面にも迫り赤裸々な生涯をえぐった評伝である。




細かく含めると15つを越す当たり役の一つ、そのうちの上位5選の「遠山の金さんシリーズ」(刺青判官シリーズ)の写真を表紙に飾った書籍『千恵蔵一代』、残念ながら『千恵蔵映画』という書籍は売りきれてしまったようです。


千恵蔵一代 千恵蔵映画
遠山の金さんシリーズ 刺青判官シリーズ






大好きな人神格化させたいから「現実がみたくないんじゃぁ~」マスメディアが大好きな裕次郎は千恵蔵が敷いたレールやそのおかげが大きいこと伝えない危険






マスコミいわく、囲って神格化させたい大好きな人だけ持ち上げたいから「現実を見たくないんじゃぁ~」と、でもいうべきでしょう。


たとえ近未来にロシアや中国が壊れても、他の独裁や共産系の国は多数、アフリカの諸国がある時点で近未来に叶うことはありえな、ありえない国際情勢の平和を叫ぶ左側の9条信者(映画系だと千恵蔵の日活の後輩でもあるAKANAGAこと、吉永小百合など)や、東京新聞やTBS系、朝日新聞やテレビ朝日系など、そのお抱えの言論人など、

日本は国防するな話し合え(自分たちではなく、お前たちが悪いと、論点をする変えるだけで、自らの膨大な過ちを正当化し、話が通じない合わせない中国、ロシア、北朝鮮などとどやって?)と同じように通じます。近未来に日本国内が赤旗・戦場になる危険を叫ぶ、呼び込んでいるのが9条信者たちです。


9条信者 吉永小百合 赤旗 AKANAGA


報道やニュースの嘘は、映画の嘘ともつながりがあります。ニュースで嘘をついていることは、他でも嘘をついているということを意味しています。これは世の中の基本です。ましては影響力のあり、もっとも国民に寄り添うべきマスコミの根本の意味さえはき違えて暴走しています。

記事タイトルの大暴れ上等集団=テレビなどのマスコミのことです。



戻りますが、千恵プロは独立から制作数本で、のちの巨匠・稲垣浩や伊丹万作(伊丹十三の父)を駆使した映画が、日活の関係者に千恵蔵を含んだその将来性や作品が高く評価され、当時・最大手の日活と提携を結ぶ、これは当時、独立系やスタープロダクションの映画会社として前代未聞の衝撃的な出来事でした。

稲垣浩 伊丹万作 伊丹十三


日活は制作会社やスタープロダクションとの提携はあまりしていませんし、千恵プロほど大成功したといえる提携は他に一度もありませんでした。戦後だと石原プロが代表格だといえますが、浮き沈みと右往左往が多すぎました。


スタープロダクション 石原プロ

1960年代前半に日活を独立した石原裕次郎の石原プロが、映画製作時代に日活と提携して、大作を製作する外国風な無茶なギャンブルにはまってしまい、一時的に興行的な大成功を収めましたが、ムラが激しく安定がなく、

末路として多額の負債を抱え、映画製作のためのテレビ制作関与、ただの芸能事務所へ大きく下っていまいました。


千恵プロは成功したまま終わり、石原プロはずるずる引きずってしまいました。成功したまま終わるか、失敗で終わるか、さてどちらがいいでしょうか、あえてここは触れません。個人個人の捉え方があります。


つまりは日活との提携においても(他にも多数の影響あり、戦前の千恵蔵(千恵プロ)がいてこそ、戦後の裕次郎(上記登場のIは彼のこと)が存在したという事実が伝わるかと思います。


また、千恵蔵が牽引してきた明朗映画路線も、時代劇と現代劇の違いがあるにしても、しかも同じ日活系、千恵蔵から裕次郎の流れが確実に存在しています。






「大河内と千恵蔵」 事実上の日活二スター体制を伝える元最先端メディア”伝説の映画小冊子”の衝撃






千恵プロが創立した1928年頃の時期の日活というと、日活創立時から活躍した日本初の国民的スター尾上松之助が、1926年の大正15年9月11日に死去してから、早2年ほどが経過、

日本の映画界はほぼ短編(ほぼショートムービー)ながら、短編系1位の世界記録の主演950本以上を記録(文化人やテレビ関係の左翼系、大好きな松之助の映画界の後輩のチャールズ・チャップリン(デビュー年数も松之助の後)は、80本ほどの10分の1以下の足元の主演数)の突き抜けた巨星を失い、新しい芽を求めていました。


チャールズ・チャップリン 尾上松之助



そんなさなか、大河内傳次郎(大河内伝次郎)が登場、1925年に映画デビューで、1926年から数年で若手でありながら、1928年までに1927年からの『忠治旅日記シリーズ』(国定忠治映画)、『照る日くもる日』の5部作や、単発の代表作『長恨』、『槍供養』を数放つなど、すでに20本近い代表作を残しており、

事実上の日活のトップ俳優に君臨していました。この流れが1928年の「大岡越前」題材を経由して、その後は20年以上の『丹下左膳シリーズ』へもつながります。1928年の時点では大手のチャンスの多さもありますが、大河内のほうが千恵蔵よりも数段上といえる実積でした。戦後を含めたり、通算だと千恵蔵のほうが格上になります。


忠治旅日記シリーズ 丹下左膳シリーズ 長恨 槍供養 大岡越前 照る日くもる日


映画デビューは1923年の千恵蔵のほうが、1925年の大河内よりも2年早いことは意外と知られていないように思われます。年齢は1898年生まれの大河内のほうが5歳上です。


千恵蔵は日活提携の内部と外部のはざまのトップ(提携のため、関連の外部のトップでもある、千恵プロは解散後にのちに管理も日活映画になる)になっていきます。1929年から1936年まで、約7年ほどにわたっ大河内・千恵蔵の事実上の日活トップ体制(日活二大スター体制とも)が確立していきます。


この証拠を示すものとして両名主演による1930年の超大作&大オールスター映画『元禄快挙 大忠臣蔵 天変の巻 地動の巻』や1932『明治元年』、1934『忠臣蔵 刃傷篇 復讐篇』など2時間半から3時間を越し、

現在でいう数十億円の社運をかけた巨額作品が制作されて大ヒット、オールスター映画と概念も存在はしていましたが、あまり定着いておらず、日本映画に”オールスター映画”や”超大作という概念”を定着させました。



元禄快挙 大忠臣蔵 天変の巻 地動の巻 明治元年 忠臣蔵 刃傷篇 復讐篇 オールスター映画



この当時の浅草富士館の映画小冊子・富士週報(当時最先端のメディア)に、大河内と千恵蔵が毎回上位の待遇で登場するなど、事実上の証拠が存在しています。

1930年代の東京の浅草は、日本文化のトップクラスの発信地でした。

この富士館は日本最大の観客数を収容できる映画館であり、1800名と記録があります。日活時代の大河内と千恵蔵(提携)の両名の主演映画のプロモーションにも力を入れており、優先的に公開を繰り返しています。かなりの興行的な成功を収めていたようです。ではなく、成功していたと断言しても良いでしょう。それだけの有名な映画館です。日本の映画界や芸能史、映像史を語る上でも、最重要な伝説の映画館です。



富士週報は、事実上の日活内部(大河内)と、日活提携のため内部と外部のはざまの、二大スター体制だったことの一部を伝えています。

浅草富士館 富士館 伝説の映画館



ですが、1937年に大河内が日活から東宝へ移籍、日活や日本映画界は激震、これはSMAP解散騒動という事件と比べるよりも格上の出来事でした。タレントグループ・アイドルグループと国民俳優ではレベルが違います。

SMAP解散騒動 国民俳優







消えた「NHK あの人に会いたい 片岡千恵蔵」 日活系でありながらスタープロと独立映画の代名詞として現在の礎(いしずえ)を築いた巨星






千恵プロはというとキネマ旬報ベスト10受賞などのベスト10が、通算17本のスタープロダクション、独立系の金字塔を打ち建て、本数は大河内に屈したものの、スタープロや個人プロの歴代最多、阪妻、嵐寛、松竹の長谷川一夫などのライバルたちに3分の1ほどの大差を付けました。


1937年の映画100本制作越えの『松五郎乱れ星』を転機として、「十分にやりきった」というように、1937年に千恵蔵が正式に日活に移籍、千恵プロは日活に吸収されました。事実上、千恵プロ映画は、提携の過去もあり、移籍時は提携先が新興キネマだった阪妻や嵐寛と異なり、そのまま日活映画になった瞬間です。

キネマ旬報 松五郎乱れ星 長谷川一夫 新興キネマ


さらに千恵プロは現在の独立映画が大半を占める日本映画界(大手4社の通算は50本以下)の金字塔でもあるのです。


こうして、同1937年に阪東妻三郎、1938年に嵐寛寿郎が日活へ移籍し、日活三大スター体制がスタートしています。




ここで3名同時の写真が登場している「NHK あの人に会いたい 片岡千恵蔵」を添付したかったわけですが、2022年12月現在、残念ながら動画は消えてしまいました。



NHK あの人に会いたい 片岡千恵蔵








111年目の2023年はおめでたいゾロ目年 日本映画の黄金時代支え 「日活」100周年で記念式典







消えた動画が幸いして、日本映画の黄金時代支え 「日活」100周年で記念式典をお送りできます。こちらはおめでたい内容です。この動画からもわかりますが、2022年に日活は110周年を迎えました。

2023年は111年目を迎えます。


日本映画の黄金時代支え 「日活」100周年で記念式典


引用~

日本で最も歴史のある映画会社・日活がきょう創立100周年を迎え、調布市の撮影所で記念式典が開かれました。
 日活は「日本活動写真」として1912年の9月10日に創立しました。ちょうど100周年を迎えたきょう、数々の名作が撮影された調布撮影所で往年の映画スターたちの手形が刻まれたモニュメントが披露されました。モニュメントには俳優の宍戸錠さんや渡哲也さん、吉永小百合さん、鈴木清順監督など64人の豪華な映画人の手形が並べられています。中には、既存のものから復刻された石原裕次郎さんの手形もあります。式典にはおよそ230人の映画関係者が出席し、日本映画の誕生100年を祝いました。



日本映画の黄金時代支え 「日活」100周年で記念式典

2023年から約10年前の2012年9月10日投稿、行われた日活の100年の記念式典だけではなく、日活主演が50本強の名優・宍戸錠のコメントや俳優や監督などの手形のことも伝えています。一瞬、主演数もそこそこの川地民夫や、助演系の中尾彬などの姿もみられ、長めに撮られている松原智恵子は、映像のみでスルーされています。


実は宍戸も千恵蔵の影響をどっぷりと受けています。


宍戸錠

川地民夫 中尾彬 松原智恵子



宍戸錠の気持ちもわかりますが、おそらくは知っていたと考えられますが、自分がすごいと言いたいから、この事実は言わなかったわけです。







ぶち込まれた流れ弾がどでかい風穴 拳銃要素伝説の日本映画最盛期の数千万人 千恵蔵の一部の影響は宍戸錠にも大きく波及していた






彼の映画主演作の大半を占めるガンアクション(拳銃もの要素、拳銃映画)は、片岡千恵蔵の「千恵蔵のギャングシリーズ」は23本制作され、数千万人(1000万人強1本、500万人級の1本が年間ベスト10入り、ランクインしていないほかの21本、他も観客数を呼んでたことが考えられます。

ガンアクション系は他の俳優の大半がB級系ですが、千恵蔵が戦前からの国民的俳優であり、当時の一級作品として制作され、他の21本が平均100万人だとして、2000万人級プラス、200万人だとして4000万人級プラスです。後者だとすると5500万人ほどとなります。


千恵蔵は時代劇映画で、数億人の歴代最多観客動員(歴代1位)、現代劇映画のみでも1億人近くの、歴代10位範囲の観客動員を記録していたと考えられる伝説の俳優です。現代劇映画の1位は千恵蔵の後輩の石原裕次郎、現代劇映画の2位が東映時代の千恵蔵の後輩の鶴田浩二です。


鶴田浩二



最低でも推定4000万人級、また5000万人ほどか)を動員の「千恵蔵のギャングシリーズ」(「にっぽんGメンシリーズ」や「地獄シリーズ」も含まれると東横・東映映画)などの影響だからです。



東映の「千恵蔵のギャングシリーズ」(最盛期に23本)は、日本歴代の現代劇の映画シリーズとして、特に千恵蔵や長谷川一夫がお家芸とした”股旅時代劇”を現代風にアレンジした松竹の「男はつらいよシリーズ」(低迷期の50本近く)の8000級に次ぐ、観客動員だと考えられます。

次いで千恵蔵の直後輩の高倉健で東映「網走番外地シリーズ」(低迷期に18本)や大庭秀雄監督で松竹の「君の名は」(3本プラス総集編)、東宝の「社長シリーズ」(低迷時期にかけて30本強)などなります。



山田洋次は股旅時代劇映画をぱっくんちょ~した現実、しかも、ライバルがほとんどいない日本映画低迷期だからこそ到達できた数字、ぱっくんちょは左系、左翼に多く、彼も尊敬している黒澤明(先人の真似や、外国風な時代劇映画やな現代劇映画などがほとんど、マスコミはこの事実も無視)もぱっくんちょが多いあっち系です。

千恵蔵も一部は左翼系映画がありますが、全体は日本の何たるかを追求しています。


山田洋次 黒澤明 ぱっくんちょ 左翼系映画

ここの表記のみだと「男はつらいよシリーズ」(渥美清に千恵蔵の陰影)と「網走番外地シリーズ」は千恵蔵が直接な流れや間接的な流れで関与しています。そこまでの強固で多彩な影響があるわけです。


「社長シリーズ」は作品そのものの影響は見られませんが、主演俳優の森繁久彌が千恵蔵の間接的な影響を受けています。千恵蔵は戦前に伊丹万作との名コンビのナンセンス系路線やインテリ系路線でも大成功を収め、のちの喜劇系や喜劇時代劇(森繁久彌も主演が複数)の発展へ多大な影響があるためです。



ガンアクション 拳銃もの 男はつらいよシリーズ 大庭秀雄 君の名は 


網走番外地シリーズ 社長シリーズ 森繁久彌 渥美清


千恵蔵のギャングシリーズ にっぽんGメンシリーズ 地獄シリーズ



ざっくりいうと大ヒットしていたから、日活は東映から「パクっていじくった」といえます。しかも観客動員も千恵蔵のほうが圧倒しています。マスコミは偽善でこうした事実をけして伝えません。なのでご存じない方も多いかもしれません。




ub28369俺が地獄の手品師だポスター 片岡千恵蔵 高倉健 江原真二郎 鶴田浩二

東映の現代劇のオールスター映画『地獄の手品師だ』(1961年公開)のポスターです。右から高倉健(のちの国民的俳優)、佐久間良子(のちの大女優クラス)、片岡千恵蔵(国民的より上の国民俳優)、鶴田浩二(のちの国民的俳優)です。直属後輩3名を従えて主演で共演、

千恵蔵はこの映画の頃、現存系含めると現役世界1位の軽く300本(長編系)を越しています。それも踏まて視聴する必要があります。まさに他に誰も存在しえない世界的映画スターであり、生きる本当の伝説、生きる本当の至宝でした。

高倉健も最高の教材である彼から映画俳優を学びました。


国民的より上の国民俳優

地獄の手品師だ 高倉健 佐久間良子 鶴田浩二


映画は下から視聴できます。個人的にはCS放送で録画済みです。
俺が地獄の手品師だ

これらのヒットした現代劇のシリーズで、千恵蔵の帽子の頭はトレードマークとなって定着、大ヒット刑事ドラマ『特別機動捜査隊』の波島進(共演も複数ある千恵蔵の直属後輩の名優)の帽子などへ影響を与えています。トレードマークを引き継いでいます。


特別機動捜査隊 波島進







世界的に知られる大手1社における長編系俳優の主演数として現時点の世界1位






片岡千恵蔵は、世界的に知られる日活系の長編俳優で最多の主演数を記録しています。千恵プロは8年ほどと短期間でしたが、1935年の新興キネマや千恵プロ創立時1928年に四国系と一部提携がありましたが、もちろんこれらを含むことなく、日活のみで最多を記録しています。

また198年からの正式移籍の1937~1942年からまでの含む5年間、さらに戦後の改修作と、現在も発掘され続けている現存版の多数の日活映画を含めると、千恵蔵は日活歴代の長編系映画の主演数の歴代1位になります。



また、大手1社における長編系俳優の主演数として現時点の世界1位です。




ぶち込まれた風穴がさらに広がる?!次回も深く独自に迫ります。






姉妹ブログの新記事   田村正和!!そこに「ひばり」が飛ぶ? こちらにも御大の顔や姿が浮かぶ
語る激レア動画「田村正和 ー49歳」”テレビドラマ史最大スタァ”のプライベートインタビューに迫る!!




日々探求の励みに⇒にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへにほんブログ村こちらもポチ⇒映画(全般) ブログランキングへ

現実は時に厳しいが 未来に踏み出せ!

2023/01/01 10:27 | 超大物俳優COMMENT(5)TRACKBACK(0)  

生誕90年の中村錦之助「マスガン無視の映画歴代記録」 総勢「義経セブンス」去来する群像を超えていく大スペクタクル





生誕90年の中村錦之助「マスガン無視の映画歴代記録」 総勢「義経セブンス」去来する群像を超えていく大スペクタクル






2022年の最後の記事、やはりこの人で大トリといきましょう。

最後は大真面目ときれいごともあるのか、映画界最大級の幻カップルに、

まさかの、源義経と静御前が去来する群像を越えていくはずの大スペクタクル





前回記事 声優大戦争「櫻井~鈴村~ちゃんちゃんちゃーららん」鋼鉄Muu天使降臨 さくらの超機動放送のP.S.孝宏サ・ヨ・ウ・ナ・ラ






戦後2名のみの〇〇映画主演100本の大記録 かつて現代劇と時代劇が両輪の映画界の2大ジャンルだった日本の芸能界の最盛期






かつて現代劇と時代劇が両輪の映画界の2大ジャンルだった日本の芸能界の最盛期、それはもちろん映画時代です。テレビは認めたくないでしょう。テレビは自分たちが一番にしたいため、平気で嘘をつきます。


2022年に生誕90年の時代劇を代表する俳優の一人の中村錦之助(のちの萬屋錦之介)、生まれ年1932~没年1997、”戦後デビューの時代劇スターで、時代劇映画の主演のみの100本を記録”、

中村錦之助 萬屋錦之介

これはライバルの大映の市川雷蔵と共に戦後デビュー名のみの時代劇主演100本、東映の歴代の映画俳優の主演数としても片岡千恵蔵、市川右太衛門(110本強)、高倉健(105本強)に次ぐ本数を記録、勝新太郎は時代劇映画のみだと主演100本に到達しておらず、時代劇は89本です。


市川雷蔵 片岡千恵蔵 市川右太衛門 高倉健 勝新太郎




映画界が衰退後も、年齢が若かったことが大きく、多くのチャンスから、しっかちとチャンスを掴んで、テレビドラマでも活躍、映画とテレビドラマにおいて、もっともバランス良く活躍したといえる数少ない人物です。

戦後を代表する映画スターの一人であり、時代劇映画を代表する俳優の一人、また、テレビ時代劇を代表する俳優の1人です。また映像史を代表する俳優の1人です。


錦之助も深く関与している東映映画の最盛期、下記の”東映映画のみの歴代主演数ベスト10と主演50本俳優”からも、彼の功績の一部分を読み取ることができます。






テレビが完全無視する現実 東映映画のみの歴代主演数の錦之助は歴代4位だった






個人的にランキング的に伝えることをやりたくない派ですが、わかりやすく伝えるため、時には必要だと思うことがあります。もちろん、これのみで全体を伝えることはできませんが、一つの活躍を伝えることができます。




東映映画のみの歴代主演数ベスト10と主演50本俳優 (主要は含まず、単独とW主演のみ、前身の東横も含む、配給のみ含む)


片岡千恵蔵 140本以上 *突き抜けて最多、ほぼ一級作品
市川右太衛門 110本強 *ほぼ一級作品
高倉健 105本強  *ブレイク前は低予算系が多数
中村錦之助 100本強(101本) *約2割が中編映画
鶴田浩二 約100本 *ほぼ一級作品、約5本圏内に3名の混戦
 5位圏内

東千代之介 90本強 *中編映画が半数強
梅宮辰夫 84本 *B級系が大半のため同世代よりも本数が多い
大川橋蔵 80本 *一部に中編
大友柳太朗 70本 *一級系とB級系の半々
美空ひばり 62本 *ほぼ一級作品
 10位圏内

菅原文太 57本 *東映移籍から早くブレイクしたため低予算は少なめ
松方弘樹 53本 *数館上映の東映ビデオ外すと51、初期は低予算系
千葉真一 50本 *特に初期は低予算系が多い
 実写映画の主演50本以上は計13名
~~~~~~~~~~~~~~~~~
<惜しい数本差>
里見浩太朗 47本 *2022時点の現役俳優、低予算系の中編が大半 里見浩太郎の名義のころ

<知名度ほどではない比較対象>
松田優作(民族名・金優作) 12本 *比較対象として登場



*全出演作を確認している数字です。
*実は、千恵蔵だけは近年、東映の主演作が数本発掘されています。
そのため、140本以上と判断し、複数が増える可能性を含めています。

50本は境目、大台到達の区切りということができ、ちなみに2022年時点現役の役所広司(現代風の大物)は、50本の主演に到達していません。師匠の仲代達矢の主演数に追いついて、だんだんと里見浩太朗の映画主演の本数に近づいています。

役所広司 仲代達矢


鶴田浩二 東千代之介 梅宮辰夫 大川橋蔵 大友柳太朗 菅原文太 松方弘樹 千葉真一 







意外な東映映画の先輩と後輩 里見浩太朗と松田優作 知名度先行の少ない数字と売り出された末の残念な数字






松田優作は在日系(帰化済み、朝鮮系の民族名・金優作、母親が朝鮮系)ということもあるのか、東映による広告やマスコミの優遇で、通産の実積以上に知名度が非常に高く、的中率は比較的高い理由があるにしても、東映の本数はたった12本です。


松田優作
朝鮮系の民族名・金優作 金優作

松田優作は、全体の映画主演作18本(『遊戯シリーズ』、『家族ゲーム』)などがあり、20本にさえ到達していません。松田優作は、マスコミが長年にわたって宣伝を繰り返し、高い知名度をわざと維持させているため(これは朝鮮系の国外内企業や朝鮮系の国外内団体、また韓国政府などによる資金が働いているものと考えられる)、


遊戯シリーズ 家族ゲーム


多くの方がご存じかと思いますが、彼の主演18本中、12本が東映系(『遊戯シリーズ』など)の映画です。

東映の俳優(専属ではないが)といっても良いほどの、東映系作品の主演が大半を占めていますが、現実は、主演140本が確認できる日本人の片岡千恵蔵の十分の一以下の大差が存在しています。

在日系の韓国系=朝鮮系だからという利権の理由で、マスコミはむやみに実積の10倍以上の知名度へ誇張することはやめていただきたい。彼の件は、芸能において、今も外国系による日本人差別が行われている濃厚な可能性を伝えています。

実積と知名度は、ぜひともマスコミやメディアには近いように努力していただきたいと考えていますが、彼らは<a href=”https://www.google.co.jp/search?num=50&q=<a href=”https://www.google.co.jp/search?num=50&q=

片岡千恵蔵(時代劇と現代劇の両輪)と市川右太衛門(ほぼ時代劇選任)が東映を形成、最盛期を潜り抜けてきたことがわかり、時代劇路線のに錦之助、橋蔵、東千代之介が加り、千恵蔵の現代劇路線の後を継ぐ存在として、移籍組の鶴田浩二と、東映生え抜きの高倉健が伸びていったことが本数から伺い知れます。

里見浩太朗(映画時代は里見浩太郎の名義)と、松田優作の間に実に数十名が存在していますが、今回は控えます。里見浩太朗はこの中では唯一の現役ですが、大きな代表作がありませんでした。が、本数を伸ばしています。これは東映が彼を強く売り出していたことがわかります。

里見浩太朗

千恵蔵や右太衛門に気に入られたことも大きな要因、特に千恵蔵に気に入られていたエピソード(里見のまったく売れていない自称俳優の息子が、もう10年ほど前でしょうか、日本テレビ系のトークバラエティ番組「さんま御殿」で、幼少期に自宅帰宅したら、超大物の千恵蔵と父親・里見が話していて、すごく驚いた、ビックリしたというエピソードを披露)がありますが、



さんま御殿 里見浩太朗の息子


里見浩太朗自身は、映画時代に主演のブレイクできなかった分、テレビ時代にようやく活躍、どうにか映画時代に受けた主演映画47本という膨大な数の蓄積、お金に換算するとその47本の主演映画の製作費は、千恵蔵や錦之助の最盛期などと比べると突き抜けて、低予算が中心とはいえ大手の映画、それでも今のお金でいうと軽く数十億は越しているでしょう。

その恩を映画ではありませんでしたが、テレビ時代劇の代表作を複数の残すことで返すことができました。







中村錦之助主演『源義経 総集編』 生誕90周年に放送されたほぼ放送されていないレア映画






中村錦之助の生誕90年、CS放送では東映チャンネルと時代劇専門チャンネルで出演映画が放送、残念ながらしっかりとした記念番組やドキュメンタリー番組がありませんでした。これも非常に残念です。

小さなものだと、東映チャンネルの10分枠でベテラン女優の岩崎加根子(宮本武蔵で共演)のインタビューがありました。


岩崎加根子


時々映画は放送されているため、特集の意味をあまり違いを感じませんでした。それは記念年でなくても、特に東映チャネルでは主演作が放送されているためです。確認している限りでは放送していませんでした。NHKは日本の文化や芸能を伝えず、人気さえも数パーセント(つまりまったく人気がない)の韓国人を無理やりごり押し中、あまりにもひどすぎます。


呆れると通り越す反日と、矛盾だらけの自虐史観、さらいあり得ない贖罪意識丸出し、日本の経済や日本人の安全な生活を崩壊させようと、日本を仮想敵国に指定している中国や韓国が望む、外国の都合がよい方向へ悪いほうへ誘導している、まさに国賊放送局だ。

今後も国賊を正常なスクランブル化へ導くため、しっかりと批判していくことが重要だと考えています。


東映チャンネル 時代劇専門チャンネル 自虐史観 贖罪意識



中村錦之助は、歌舞伎の名優の中村時蔵の息子で、事実上の東映にスカウトされ専属俳優デビュー、多くの代表作を残していきますが、その主な代表的な主演映画の本数は90本ほどに及び、歴代においてもベスト10に含まれる大記録、これは同時に世界的にも上位を意味しています。例えばチャールズ・チャップリンは80本ほどの主演作で、25本ほどのごく少数(海外ではそこそこ上位)だからです。

錦之助はチャップリンよりも30本ほど主演映画が多く、代表作の本数も3倍強も多い、これはマスコミが無視する事実です。

中村時蔵 チャールズ・チャップリン

錦之助に関しても多くの有名や細かいエピソードがありますが、その部分はあえて無視して独自な部分に迫ります。




2022年は中村錦之助の生誕90年として『続源義経 総集編』が東映チャンネルで放送されました。この映画はレアな映画で、確認している限りはこれまで放送されていないようで、個人的にも録画しました。以前放送されていたとしても、ハイビジョン版は初だと思われます。

『続源義経 総集編』は1955年7月『源義経』と1956年3月『続源義経』の総集編映画です。

続源義経 総集編 源義経 続源義経

源義経 ポスター

残念ながら映画は商品化されていません。源義経というと、上の画像はもっとも有名な絵といえるでしょう、そのポスター版です。



1954年2月の『ひよどり草紙』(製作=新芸術プロダクション、配給=松竹)の映画デビューから、東映の専属デビューは3本目の『新諸国物語 笛吹童子 第一部どくろの旗』が最初です。

ひよどり草紙 新芸術プロダクション 新諸国物語 笛吹童子 第一部どくろの旗



『続源義経 総集編』は、東映の専属デビューから約1年半から2年目に差し掛かる時期の主演作、映画最大の当たり役となる2選の「宮本武蔵」や「一心太助」までは時間を要しますが、1955年の正月映画『新諸国物語 紅孔雀』の5部作(1955の年末から1955年1月松にかけて公開)が大ヒットした直後の流れで、もっとも勢いがあった時期ともいえ、この1955年7月『源義経』1956年3月『続源義経』そして、『続源義経 総集編』に出演しています。







そこに錦之助の顔があった。大手映画会社の最多の制作者本数250本越えの映画大プロデューサーの成長と『源義経』






源義経の映画3本の1955年7月『源義経』は、東宝を代表する大プロデューサーの藤本真澄(日本映画史上、大手映画会社の最多の制作者本数250本越え)を東映へ招いて製作された時代劇映画、しかも、藤本真澄が制作に参加した初の本格的な時代劇映画です。

これは彼が長年活動していき、大プロデューサーに至るための、あまり知られていない重要な要素だと考えられますし、この重要な部分に、2022年に生誕90年の中村錦之助が主演で関与していました。

東宝は本数的に現代劇が中心のため、彼が本格的な時代劇に関わる機会がありませんでした。東映と東宝の事実上のWINWINのコラボレーションは映画業界に発展を考え、さらに藤本の制作者の成長の修行の一つとして、時代劇の東映でほんの1歩でしたが、経験を積まれたといえます。

東映のスター映画の路線や娯楽、オールスター路線の流れを形成した大プロデューサーのマキノ光雄と日本映画の二大プロデューサーが製作の中枢に関与、表記は企画ですが、東映なので事実上の製作者を意味します。東映初代社長の大川博は責任者としての制作者表記をされています。この両名と市川右太衛門とのコンビの大森康正の3名がクレジットされています。



藤本真澄 大森康正 マキノ光雄 大川博



源義経と弁慶

大河ドラマ「義経」から、コメントでこのシーンが好きだと書いている人もいますが、弁慶の松平健と義経の滝沢秀明の見せ場の場面です。





元弁慶の松平健は上位の配役で大河ドラマ、元義経の滝沢秀明はジャニーズを飛び出す








2022年にジャニーズ事務所をやめて独立が囁かれる滝沢秀明主演の大河ドラマ「義経」の総集編、2005年に放送、


滝沢秀明 ジャニーズ事務所 大河ドラマ「義経」 



大河ドラマ 源義経 総集編 全2枚【NHKスクエア限定商品】


2022年の大河ドラマ「鎌倉殿の13人」に上位に配役の平清盛役で出演している松平健武蔵坊弁慶役 映画時代は「錦ちゃん」、「錦にぃ」などと親しみを込めて呼ばれていた中村錦之助の義経につながる部分がある内容です。




鎌倉殿の13人 平清盛  武蔵坊弁慶 錦ちゃん 錦にぃ


2022年、元弁慶の松平健は上位の配役で大河ドラマ、元義経の滝沢秀明はジャニーズを飛び出す(同時にテレビやマスコミとズブズブの創価学会)。2005年以来とは一概にいえませんが、2022年は両名にとって転機となっていくのかもしれません。

反日テレビは旧統一教会はガンガン叩くが、マスコミや芸能系に信者や関係者が膨大に存在するためか、旧統一教会の何倍も危険な大危険な宗教団体の創価学会を完全無視、NHKも旧統一教会のタレントを数多く起用、マスコミは偽善と侵食で塗りたくられています。大河ドラマ「義経」は滝沢秀明以外に目立つ俳優だと上戸彩も創価学会です。

しかも旧統一教会と創価学会の両方とも、日本を仮想敵国認定し、許されない悪徳国の南朝鮮や小中華こと、韓国が絡んでいます。


仮想敵国=南朝鮮=小中華=韓国

上戸彩 創価学会 旧統一教会


滝沢秀明がジャニーズ事務所と”決別”した全内幕




滝沢秀明主演 大河ドラマ 義経 完全版 第壱集 DVD-BOX 全7枚【NHKスクエア限定商品】
 大河ドラマ 義経 完全版の第壱集


NHKは、紅白歌合戦に秋元アイドルやジャニーズ、在日疑惑などを含めると10組越えといわれる韓国に完全な抜けられぬ、国民に反逆中の壺状態、しかも国民から受信料をぶんどり、朝鮮系(人や団体、国など)に国民の受信料を垂れ流している国賊。旧統一教会が信者をだますやり口と同じだ.。


12月に入り、紅白歌合戦が近いことから、韓国系の確定5組が出場させるため、NHKはこれまで以上に、新大久保や芸能系の在日や帰化系、さらに一般の在日韓国人などありとあらゆる手段を駆使して、南朝鮮系=小中華系=韓国系コンテンツの宣伝を繰り返しています。NHKはけして許せません。


「紅白見ない」のワードがツイッターでトレンド入り、NHK=旧統一教会だからだ。国は、ほんの一部の宗教信者二世のみではなく、本当に向きあうべき、1億2000万人の宗教嫌いの庶民を救済せよ。

NHKは自滅の刃の源義経のようになることを望みます。

NHK=旧統一教会 国はほんの一部の宗教信者二世のみではなく、1億2000万人の宗教嫌いの庶民を救済せよ



弁慶と牛若丸


手塚プロダクションが制作に関与している義経と弁慶の橋の上の名場面、この頃の手塚プロは黄金期でまっとうでした。

ですが、近年の手塚プロダクションは、国賊TBSの深夜アニメ「すばらしきこのせかい」などで数十名の中国人を大規模動員している。もちろん韓国人も・・・・ジェノサイドの中国とズブズブの手塚プロダクション、気になる方はこのアニメのEDロールをご覧ください、衝撃は走ります。


「すばらしきこのせかい」は、中国のテンセントと提携中の国民を裏切った売国スクウェア・エニックスの原作、TBS、手塚プロダクション、スクウェア・エニックスこの3社とも、国防上危険な中国とズブズブで、事実上スクエニの2大ゲームのFFもドラクエは過去の遺産です。



すばらしきこのせかい スクウェア・エニックス

記事をご覧ください
中国のテンセントと提携中の国民を裏切った売国スクウェア・エニックス

手塚治虫はあの世で泣いている。子供たちにジェノサイドの中国ずっぽり関与のアニメを見せろというのか?バンダイナムコ(=サンライズ)も角川も、ポニーも、おっとソニー(「鬼滅の刃」のアニメにも中国人大量動員の過去)でした。そして手塚プロダクションも何を考えているんだ!!子供たちに見せられないアニメなど作るな、東映がアニメ制作を開始した1950年代の頃の基本に戻れ、持続可能な日本人を起用するべきだ。危険な外国に大金を流すな。


バンダイナムコ サンライズ 角川 ソニー 鬼滅の刃にも中国人大量動員の過去 鬼滅の刃





生誕90年に幕 美空ひばりと錦之助か 静御前と義経か 突然の運命の別れに激動の共通点







1954年の『ひよどり草紙』は美空ひばりとの初競演でした。歌舞伎俳優としての将来は期待されていましたが、世間的に目上の大スターだった美空ひばりとの映画初出演で初共演、この共演からほどなくして正式に映画界入ることを決断し、しだいに映画俳優として美空ひばりを上回る存在へと急成長を遂げていきます。


美空ひばりと錦之助というと東映の最盛期に恋仲になったことがあり、当時東映撮影所で力を持っていた岡田茂(1970年代前半から東映の2代目社長,美空ひばりの母の加藤喜美枝(事実上のひばりそのものをプロデュースした芸能界史上に残る名マネジャー)や錦之助の母親などの協力した分断工作によって、恋仲が裂かれたことは有名です。



加藤喜美枝

今からすると可哀想だと思う人がいるかもしれませんが、互いののちの功績からすると、意味の岐路となったことは事実です。縁亜衣沙汰がこの若手の時期に広まってしまえば、互いのイメージも地へ落としてしまったことでしょうし、

二人の恋愛が成就していたら、二人のファンにも知られることになり、東映としては興業的に大きな痛手、現在にお金でいう数百億を越す損害が出ていたことでしょう。千恵蔵と右太衛門の両御大体制の力は絶大でしたが、東映の大手6社内の会社別の連続1位は7年続かずに途絶えていたかもしれません。




歴史人物フィギュア 義経源平争乱 単品 2 源頼朝(石橋山の戦い1180)




映画『源義経 総集編』で錦之助は牛若丸役(のちの源義経)、武蔵坊弁慶役は、戦前から100本以上の名作映画に上位出演している伝説の大助演俳優の月形龍之介(全体は助演だが、主演でも40本ほどの主な代表作)

『源義経 総集編』の前編部分にあたる「源義経」に静御前を演じた俳優はいません。登場していません。ヒロイン的位置は中原ひとみ(東映の現代劇を中心に複数の主演代表作、時代劇では錦之助のヒロインの印象が強い)がうつぼという役を演じました、この役は大河ドラマ義経では上戸彩が演じています。

『源義経 総集編』の後編部分にあたる「続源義経」で源九郎義経役(源義経)となり、ようやく千原しのぶ(東映時代劇の最盛期に上位で活躍したヒロイン女優)が演じる静(静御前)が」登場、うつぼも引き続き登場、


月形龍之介 千原しのぶ 中原ひとみ


歴史上において、一ノ谷・屋島・壇ノ浦の合戦から平氏を滅ぼし、最大の功労者と評される後世の位置づけとなったが、兄の頼朝に逆らい朝敵とされ、最期は朝敵とされてしまい、現在の岩手県平泉町の衣川館で自刃したとされています。

妾とされる静御前との関係は、映画やドラマの多くで悲恋的な愛の関係が運命によって引き裂かれています。

中村錦之助と美空ひばりも芸能で活躍を貫くため、運命としてその恋愛は引き裂かれた。

時代の違いがありながらも、静御前と義経か、美空ひばりと錦之助かと、突然の運命の別れに関連を感じてしまいます。


ちょっと無理やりかもしれませんが、いくさの激動と映画の激動がこの両組を引き裂いたように思えます。





武蔵坊弁慶・本放送時の予告編(1986)


貴重な1986年に放送されたNHKのテレビ時代劇『武蔵坊弁慶』の放送当時の予告編、個人的のも視聴していますが、脇役方向の義経と静御前が登場します。義経=川野太郎と静御前は麻生祐未です。主演の弁慶は名優・中村吉右衛門(2代目)です。



川野太郎 麻生祐未 中村吉右衛門



源平武将伝 源義経 (コミック版日本の歴史) 単行本 –


~引用~


内容(「BOOK」データベースより)
戦の天才にして、悲運の武将・源義経。源平合戦の英雄の、短くも激しい生涯をコミック化。
著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)
加来/耕三
歴史家・作家。1958年大阪生まれ。1981年奈良大学文学部史学科卒業

水谷/俊樹
作家。1979年三重県尾鷲市生まれ。2001年大阪コミュニケーションアート専門学校卒業後、(株)加来耕三事務所へ入所、執筆活動を開始。2008年に独立

瀧/玲子
少女誌でデビュー後、大阪コミュニケーションアート専門学校で講師として十数年勤め、現在は名古屋コミュニケーションアート専門学校で講師として在籍(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)




加来耕三はテレビやラジオなどの出演でも一部に知られる著名な歴史家・作家です。彼が漫画の制作側に関わっており、児童から大人まで世代を問わずに、安心して読める内容、漫画化もされている源義経の話、非常に読みやすく、高評価です。



学校では学べない源義経と武蔵坊弁慶の逸話〜弁慶の勧進帳〜|小名木善行


これが弁慶の逸話に迫る動画です。





生誕90年の錦之助を映画の義経を中心に、ポスターの義経、大河ドラマの義経、アニメの義経、フィギュアの義経、吉右衛門ドラマの義経、逸話秘話の義経に、7人の義経が登場しました。






姉妹ブログの新記事 イッタイゼンタイ「どうーなってるの?!」偽善国賊おばけNHK打倒 整形芸能人批判の世界上位大女優オカダド正論 真木よう子と水原希子の国賊壺へんげ










日々探求の励みに⇒にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへにほんブログ村こちらもポチ⇒映画(全般) ブログランキングへ

現実は時に厳しいが 未来に踏み出せ!

2022/12/15 07:14 | 超大物俳優COMMENT(7)TRACKBACK(0)  

1903年生まれ小さめ背中 巨大過ぎる御山映画富士「千恵蔵御大」に挑む男たち 水戸黄門29本出演の番外地野郎




1903年生まれ小さめ背中 巨大過ぎる御山映画富士「千恵蔵御大」に挑む男たち 水戸黄門29本出演の番外地野郎







人間は尊敬や敬意を忘れてはならない

先人の足跡を思い返し

再びその足跡を自分たちの新たなる足跡にするために前を向き、苦しみの中だとしても歩み出す。

2023年は生誕120周年 再び来たる黄金期へ向けて・・・

彼の残した映画群の富士の山の存在をバネにして・・・・




戦前の日本人の平均的な長身の男性は現在の平均身長のような長身は非常に少なかった。これは食事の問題が大きな理由ともいえます。先人のおかげで、日本は生まれながらに十分な栄養が摂れる現代、日本人の二、三代はこうした最低限の状況が続いています。


小さめ背中は特に大きい、現在だとタレントのタモリなどが該当しそうですが、日本の芸能史の通算においては、”まさに彼のことを言う”、いいえ、”まさに彼のことを指す示す”のではないでしょうか。



今回は前回記事に「女囚さそりシリーズ」の3本目『女囚さそり けもの部屋』にも出演した名優南原宏治(元南原伸二)について迫ります。
助演の名優についても、時折の縁あれば記録を残していきたい。この意志が今回の記事に走らせました。




前回記事
さそりと姫が重なり合い 現実にあった漫画を通じた単一女優の映画サンドイッチ 修羅と女囚が去来するとき



2022.10、15日公開の最新関連記事
中国共産党テンセント新作ゲームアプリの横文字の皮を破ると「凶暴赤旗獣と子分キムチ野郎が飛び出した」売国角川ニコニコやアニメ声優や中華MC



女囚さそりシリーズ

女囚さそり けもの部屋





南原宏治の名優への光と影 御大がいたからこそ存在できたが、いたからこその苦境








南原宏治(元南原伸二)は名優といえる俳優、約120本の映画に出演、テレビドラマは通算300回以上(作品数ではない、同作品の複数ゲスト出演を多く含む)、

南原宏治(デビュー当時は南原伸二名義)は役名のある役だと『妖精は花の匂いがする』 (1953年) がクレジットがある作品としてのデビュー作、その同時期に溝口健二の名作『雨月物語』に端役として出演、翌年1954年の東映の第1期ニューフェイスとして再・事実上の本格な映画デビューを果たしています。



南原宏治 南原伸二 妖精は花の匂いがする 溝口健二 雨月物語 東映の第1期ニューフェイス



記念すべき東映1期(高倉健や里見浩太朗、千葉真一、梅宮辰夫、三田佳子、佐久間良子などの同列ニューフェイスの先輩)ということもあり、東映の現代劇映画で強く売り出されて、最初の数年はメインキャストが多いこともあり、当時はかなり認知されていたといえますが、主演俳優としては大きな人気を獲得することはできませんでした。事実上の挫折ともいえます。


高倉健 里見浩太朗 千葉真一 梅宮辰夫 三田佳子 佐久間良子



杉田弘子 映画「その手にのるな」(1958)


映画「その手にのるな」、松竹で活動した女優の杉田弘子の主演作、代表作や配役、運に恵まれず、大活躍とまでは到達できなかった女優です。最盛期に主演やヒロインで売り出していたため、一定の知名度があります。

南原宏治は、高橋貞二(松竹の最盛期の観客動員1位の男性主演俳優の佐田啓二などに次いでこの時期の”松竹三羽鳥”に数えられた松竹映画最盛期の男性スターを代表する俳優、専属半ばの事故死も有名)、杉田弘子、小山明子に次ぐ、4番手の役柄で出演しています。

著作権が切れても、製作サイドでもないのに、法的な問題はなくてもマナーを破って、映画を無料でアップロードしないでください。この投稿者は部分的のみならまだ良いと思いますが、映画全体を複数に分けて分割でアップロードしています。非常に残念です。


その手にのるな 佐田啓二 松竹三羽鳥 高橋貞二

杉田弘子 小山明子






千恵蔵御大という1903年生まれの背は小さめだが その巨大過ぎる映画の富士山に挑む男たち







彼がデビュー当時の1950年代中盤の東映の現代劇映画は、時代劇と両輪の片岡千恵蔵(ギャングシリーズ、多羅尾伴内シリーズ、金田一耕助シリーズなどが大ヒット中)が突き抜けて当たっていました。千恵蔵の通算現代劇主演は1億近いの動員と考えられ、南原をはじめ多くの若手が現代劇で売り出され、千恵蔵への台頭を求められましたが、かなりの困難を極めました。



片岡千恵蔵 ギャングシリーズ 多羅尾伴内シリーズ 金田一耕助シリーズ




思えば、1903年生まれの主演350作弱、主な代表作200本越えの片岡千恵蔵が、事実上形成してきた東映東京撮影所の歴史、彼が最初のナンバーワンとして、東映の前身の東横時代含めると1948~1964年頃までの約16年ほど君臨、その後、高倉健と鶴田浩ニの体制として引継ぎます。

鶴田浩ニ


彼がいなければ、東映東京製作の映画やテレビドラマの膨大な名作が存在していません。2022年時点において現代も放送されている「相棒シリーズ」なども存在していません。


相棒シリーズ

もちろん東映京都も、戦後の大映(現在はカドカワ、1942~1948年にかけてバンツマ、アラカン、ウタエモンと、チエゾウは大映四大スター)も、体制は小さくなったが現在も映画を製作してい生誕110年の日活(戦前の1930年代後半から1940年代前半にバンツマ、アラカンと、チエゾウは日活三大スターと称された)も同様です。千恵プロ時代の提携作を含めると140本近い日活映画の主演が存在しています。

これはライバルだった時期がある大河内傳次郎、後輩の小林旭や石原裕次郎を上回る数、尾上松之助(日本最初の国民的俳優スター)の短編含むと次ぐ数、長編含むと上の歴代1位です。


大映四大スター 日活三大スター


大河内傳次郎 小林旭 石原裕次郎



東映の時代劇中心から現代劇中心への大きな方針変更が行われた1960年代中盤で、片岡千恵蔵が時代劇杜現代劇の二刀流のまさに無双状態、取締役(東映の初代社長の大川博などに次ぐ)含めると禁断の現役三刀流でした。


大川博 東映の初代社長


歴代大スター&大手の重役の世界的にも、市川右太衛門と長谷川一夫(年数が短め)の歴代大スターは3名のみ、右太衛門と長谷川は時代劇中心であり、二人は二刀流止まり、千恵蔵は同時進行のありない三刀流を実現させていた。

市川右太衛門 長谷川一夫


千恵蔵というと晩年は、高齢化と俳優に集中したい趣旨の理由などから、映像俳優兼東映の専務だったという話が有名です。これは共演も多くあった後輩の山城新伍などが話している、日本テレビ系の番組の録画を確認しています。


山城新伍



ディズニーを目指した男 大川博 単行本(ソフトカバー) – 2016/8/12


引用

東映の初代社長・大川博。映画、テレビ、プロ野球、アニメの総合エンタテイメント企業を夢見た男は、なぜ忘れ去られてしまったか。




ディズニーを目指した男 大川博


今に大きく繋がる、大規模事業としては日本初のアニメ進出のことばかりが出回ってしまい、哀しい現実の大川博(東映初代社長)、前時代のながれがあったにしても、他業種から映画界へ入り、時代劇王国の東映や大手映画会社別の6社~5社時代の東映7年連続1位や日本映画の最盛期を牽引し、映画の専門家の牧野光雄や片岡千恵蔵との良好関係、1958年の日本映画の12億近い観客動員を実現させた人物も彼だ。






こぼれ話


タイトルの「1903年生まれ小さめ背中 巨大過ぎる御山映画富士「千恵蔵御大」に挑む男たち 水戸黄門29本出演の番外地野郎」
についてですが、御山映画富士か、映画御山富士か、映画富士御山か悩みました。御山富士でもよかったんですが、映画は入れたかった。御山映画富士の違和感の良さを採用しました。






第1期ニューフェイスゆえの浮上の機会か 悪役のゲスト俳優としての最盛期の大成と問題点の浮き彫り





南原宏治の東映の第1期ニューフェイスの同期には中原ひとみ、山本麟一、高田敏江がいます。それぞれが活躍しています。中原ひとみはヒロイン系を経て助演系、山本麟一と高田敏江は助演系で長く活動しました。


中原ひとみ 山本麟一 高田敏江




南原は映画出演のみは1950年代前半のデビューの助演系の名優でありながら、120本と助演系の名優の平均よりもやや少なめだといえます。この時期のデビューの助演系名優だと150本以上が多いためです。

しかも助演が中心としての最盛期通過(1950年代から1960年代前半)の最低限といえる本数のように思えます。その分、テレビドラマに300回も出演していますし、映画とテレビドラマの合算で十分な本数といえます。





テレビドラマだといわゆるテレビドラマの最盛期(ここでいう最盛期は現代劇と時代劇が台頭の1960年代から1980年代前半を指す)に存在した”ゲスト俳優”として活躍し、「ザ・ガードマン」へ23本出演、「キイハンター」へ18本、「水戸黄門」へ29本、「江戸を斬る」へ10本、一時期の高視聴率4タイトルに10度以上も出演

出番は少ないですが、大河ドラマは3本へ出演、10本にギリギリ届くことはありませんが、「暴れん坊将軍」 は9本です。まら東海テレビ製作、フジテレビ系放映の2001年の『愛のことば』が遺作となっています。1953年から2001年の48年ほどの映像作品への出演履歴です。


愛のことば

ザ・ガードマン キイハンター 水戸黄門 江戸を斬る


暴れん坊将軍 愛のことば




小川知子・景山民夫・南原宏治 1991


>南原宏治がある要素で登場、実は彼は晩年に表の顔は新興宗教団体の”幸福の科学”の入信しています。ソロ歌手で一定の成功を収めた小川知子に関する貴重な、1991年のワイドショーの映像です。この独特な雰囲気が現在では実現不可能でしょう。

様々な問題が存在していますが、旧統一教会も同様ですが、幸福の科学も、公式発表の信者数は大規模な嘘といわれています。ほぼ嘘といっていいでしょう。何故なら幸福の科学の議員の選挙時の票数さえ集まっていないためです。


小川知子 景山民夫 旧統一教会 幸福の科学








複数の大ヒット作の”時代劇の悪役俳優”として一般的に知られている事実が物語る









南原はいわゆる”時代劇の悪役俳優”として一般的に知られているといえます。その理由が、自身の有名時代劇の出演(悪役)です。の上位の「水戸黄門」へ29本、「江戸を斬る」へ10本、「暴れん坊将軍」 は9本からもわかります。

もちろん現代劇も悪役俳優が大半でしたが、時代劇のほうが現代劇以上に求められる顔芸、顔のアップ、アクや演技の強さなどのインパクトから、こうした言われ方もされます。

さらに彼が出演していた時期の「水戸黄門」は40パーセントから30パーセントの視聴率を記録していた最盛期、「江戸を斬る」は20パーセントから25パーセントを越す大ヒットを記録時期にゲストとして多く出演しているため、視聴率上だと数年万人が彼の姿を数十度も視聴していたためです。


時代劇の悪役俳優 


テレビドラマ出演における問題点は、レギュラーの名作が1本もないこと、レギュラーさえも非常に乏しいことがもっとも大きな部分といえ、また悪役以外の印象が非常に薄いことが挙げられ、幅の広い役を演じたとは認識がされていないことです。

さらに彼の48年という映像履歴の年数のみだと、現在だとそれほどは長いとはいえませんが、彼が名優といえる複数の理由は年数以外の随所に存在しています。この部分も含めて迫ります。



ザ・ガードマン シーズン1(1966年度版) 17 [DVD]


引用

コントリビュータ 北原義郎, 宗方奈美, 弓削太郎, 稲葉義男, 伊丹十三, 金子信雄, 倉石功, 藤巻潤, 宇津井健, 川津祐介, 金井克子, 南原宏治, 神山繁, 土井茂, 中条静雄



南原宏治の名前が確認できるザ・ガードマン シーズン1(1966年度版) 17 [DVD] です。ジャケットの俳優は、大映映画にも出演していますが、松竹映画の印象が強い川津祐介です。「ザ・ガードマン」はCS放送で現存回は全て視聴していますが、この回に出演していた記憶は遠ざかります。

川津祐介

つっこみますと、中条静雄は当時も中条静夫(中条静雄名義もあったようです)の名義、この表記は間違えているようです。

中条静夫

弓削太郎は上記のコントリビュータ の中へ俳優と混ざってますが、大映の映画監督、その流れで大映のテレビドラマのザ・ガードマンの監督を担当しています。

弓削太郎








南原伸二(のちの南原宏治)警視庁物語シリーズ 映画刑事俳優堀雄二








南原宏治というと、左翼系映画の巨匠の今井正の『米』(1957年)、1950年代の日本映画最盛期の独立映画の名作の『異母兄弟』(1957年)、記念すべきシリーズ1作目の『網走番外地(1965)』への出演も代表的です。

左翼系映画の巨匠 今井正  異母兄弟

網走番外地(1965)

網走番外地というと、日活の三橋達也版が高倉以前にあるため、(1965)と付けています。

三橋達也




網走番外地 [DVD]



網走番外地(1965)』主役の高倉健の橘真一役に次ぐ、南原は事実上の2番手的な権田権三役を演じ、計18本の記念すべきシリーズ1本目、南原の映画出演120本のなかでも、出演そのものの代表作といっても良いでしょう。かなりの出番の多さで、松竹から東映に戻っただけではない転機となった作品であることは間違いありません。


橘真一 権田権三

上位出演の突き抜けた有名作&代表作が少ない彼にとって、のちの助演の大成に繋がる部分があったたと認識しています。





裏記事の関連
国賊TBSが報じない最新シナテロニュース すでに日本国内エイズ感染被害者1000人到達「日本人を道ずれにしてやる~」エイズをばらまく反日中国人留学生テロリストたち




日々探求の励みに⇒にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへにほんブログ村こちらもポチ⇒映画(全般) ブログランキングへ

現実は時に厳しいが 未来に踏み出せ!

2022/10/15 21:00 | 超大物俳優COMMENT(6)TRACKBACK(0)  

超絶主演映画スター市川右太衛門と映画監督たちの二桁到達の大記録たち 清水の二十八衆集合写真





超絶主演映画スター市川右太衛門と映画監督たちの二桁到達の大記録たち 清水の二十八衆集合写真










記録というものは、映画賞などのお金による買収でとれるモノではない、地に足の着いた現実の評価、この部分を突き詰めていきます。







市川右太衛門は、沼田紅緑の後、白井戦太郎(時代劇の名匠)、古海卓二(代表作が少なく、名匠とは言いがたいが貢献した監督)、古野英治(代表作が少なく、名匠とは言いがたいが貢献した監督)、中川信夫(怪談映画が有名な時代劇中心の巨匠)、渡辺邦男(娯楽映画上位の巨匠、通産観客動員歴代2位)、松田定次(娯楽映画上位の巨匠、通産観客動員歴代1位)、佐々木康(娯楽映画上位の巨匠、観客動員歴代ベスト10位級)と二桁コンビは計8名を記録します。





前回記事 
俳優時代の全空白と映画100本大記録か?前代未聞の謎だらけの名監督を巡る不条理な記録たちに長ドスを埋め込む






市川右太衛門と映画監督たち二桁到達の年数順






市川右太衛門と映画監督たち二桁到達の年数順(主演カウントのみ)にも迫ります。片岡千恵蔵と世界にただ二人だけの長編系主演300本越え俳優、平凡や並ではありません。





市川右太衛門と映画監督たち二桁到達の年数順(主演のみ) 代表作は年数順

1、沼田紅緑 1926年到達 代表作は「孔雀の光」3部作、「佐平次捕物帖 新釈紫頭巾」2本、「鳴門秘帖」1~3本目など
2、古海卓二 1930年到達 代表作は1930『旗本退屈男』(シリーズ1本目)、『京へ上がった退屈男』
3、白井戦太郎 1931年到達 1927『怒苦呂』、1944『菊池千本槍』など
4、古野英治 1934年到達 1935『中仙道を行く退屈男』と『中仙道を行く退屈男 後篇十万石を裁く退屈男』
5、松田定次 1952年到達 *自身2位の主演コンビ数27を記録(出演は自身最多36本) 1950『にっぽんGメン 第二話 難船崎の血闘』(片岡千恵蔵とW主演)、戦後1本目含む「旗本退屈男シリーズ」7本(1950~1960、シリーズ最多観客動員含む)、1956『赤穂浪士 天の巻 地の巻』(単発主演の最多観客動員)、、『父子鷹(1956)』、1958『大江戸七人衆』、1959『天下の伊賀越 暁の血戦』など多数
6、渡辺邦男 1954年到達 代表作は「水戸黄門漫遊記」3本(総集編含む)、『巷説荒木又右衛門 暁の三十八人斬り』 、「鳴門秘帖」2本、『旗本退屈男 謎の怪人屋敷』
7、佐々木康 1956年到達 *自身最多の主演コンビ数29を記録 「旗本退屈男シリーズ」10本(1953~1963、シリーズ最終作含む)、「大名シリーズ」6本(1954~1964、映画主演の遺作含む)、単発主演作の2位の観客動員の1959『血斗水滸伝 怒涛の対決』など
8、中川信夫 1962年到達 1951『旗本退屈男 唐人街の鬼』、1962『旗本退屈男 謎の珊瑚屋敷』





片岡千恵蔵と比べると巨匠や名匠が少なく、理屈的には劣るといえますが、市川右太衛門という大スターが、いかに長年活躍しているかを明確にする一つの大記録です。

市川右太衛門 片岡千恵蔵


この事実からも最初は沼田と片岡千恵蔵のコンビである、市川右太衛門はこの事実を熟知しているこそ、後年も沼田紅緑に感謝していたということがわかります。





沼田紅緑 
古海卓二
白井戦太郎
古野英治
松田定次
渡辺邦男
佐々木康 
中川信夫


旗本退屈男




二桁コンビの巨匠は松田定次、渡辺邦男、佐々木康、中川信夫の4名、二桁コンビの明確な名匠は沼田紅緑、白井戦太郎の2名、二桁コンビの名匠以上は計6名において成功を収めました。







玉木潤一郎沼田紅緑のつながり






玉木潤一郎と沼田紅緑のつながりに関しても少し取り上げます。

玉木潤一郎(東映の大映画プロデューサー、戦後の日本映画に多大な功績、日本映画4年連続10億人時の東映の日本映画の会社別1位にもっとも貢献)の戦前の映画俳優時代に出演した沼田紅緑作品は5本が確認できます。

玉木潤一郎




玉木潤一郎が出演した沼田紅緑作品 
1926『討たるゝ兄弟』  
1926『牡丹燈籠』(1926年版) 
1926『鳴門秘帖 第一篇』  
1926『鳴門秘帖 第二篇』
1927『鳴門秘帖 第三篇』  


玉木と沼田は、映画化の上位の代表作(吉川英治の宮本武蔵に次ぐともいえる映画化の本数)の鳴門秘帖の3本が代表作といえるでしょう。




名匠沼田紅緑、バンツマ、右太衛門、月形の日本映画3大俳優のデビュー作や多くの秀作、そして「鳴門秘帖」3本は玉木潤一郎出演のもっとも代表的な映画といえます。右太衛門の「孔雀の光」3部作、市川幡谷が近藤勇を演じた「燃ゆる渦巻」3部作、マキノ輝子や阪東妻三郎の「三人姉妹」3部作、戦後にリメイクされる「鮮血の手型」2本、「佐平次捕物帖 新釈紫頭巾」の2本

バンツマの単独主演の1924の『乞食が武士に成つた話』、『忠治愛刀』、『討たるゝ者』も代表的です。







沼田紅緑の主な代表映画と主演俳優










沼田紅緑の主な代表映画と主演俳優

1923「鮮血の手型」2本 市川幡谷
1923「小雀峠」 市川幡谷 現存含むと2本
1924「燃ゆる渦巻」4部作 片岡市太郎、市川幡谷
1924「乞食が武士に成つた話」 阪東妻三郎
1924「忠治愛刀」 阪東妻三郎
1924「刃光」2本 月形龍之介
1924「討たるゝ者」 阪東妻三郎
1925「三人姉妹」3部作 マキノ輝子や阪東妻三郎
1925「黒髪地獄 前後篇」  市川右太衛門
1926「孔雀の光」3部作 市川右太衛門
1926「佐平次捕物帖 新釈紫頭巾」2本 市川右太衛門
1926~1927「鳴門秘帖」3本 市川右太衛門


代表的は計25本ほど



名優の市川幡谷(阪東妻三郎がデビュー当時、多く助演出演していスター俳優、のちの助演でも活躍)が最初の数本の代表作といえます。市川幡谷が居なければ、のちの阪東妻三郎、月形龍之介、市川右太衛門の実積は、違うものになっていた可能性が高いことがわかります。

市川幡谷




阪東妻三郎、月形龍之介、市川右太衛門のデビュー作も含む初期の代表作、さらに時代劇初期のスター女優のマキノ輝子(牧野省三の娘、名優沢村国太郎の妻、名優兄弟の長門裕之と津川雅彦の母)の上位の代表作も監督しています。


阪東妻三郎 月形龍之介 マキノ輝子 牧野省三 沢村国太郎 長門裕之 津川雅彦



玉木潤一郎は鳴門秘帖7本に出演、市川右太衛門(3本)と嵐長三郎(4本)の主演リレーにも流され出演

市川右太衛門は右太プロを創立するために、マキノプロを飛び出したため、シリーズの主演は3本で途中までとなっています。先に映画会社を立ち上げ上げていた阪東妻三郎に影響されたとも話があります。

さらに市川右太衛門はバンツマを尊敬していたとのエピソードも残されています。





清水次郎長系題材
1923「清水次郎長」  牧野教育映画
1924「清水次郎長」  東亜マキノ等持院
1925「荒神山の血煙」  東亜等持院





1923年と1924年に「清水次郎長」の同名タイトルを監督、1910~1920年代の当時としては比較的多くあった年数違いの同名タイトルです。

荒神山は次郎長映画の関連作として描かれる場合、次郎長映画の本編の一部として描かれる題材です。基本はこの両方に分かれます。マキノ雅弘(長編メイン系監督として、世界1位の280本ほどの大記録の世界的巨匠)は、次郎長映画の本編に取り入れてしまったケースの名作『次郎長三国志 第九部 荒神山』(東宝映画、次郎長三国志シリーズの9本目)を残しています。





【歴史】清水の次郎長 集合写真

荒神山後の手打ち時に撮られた写真から可能性を取り上げています。






荒神山 次郎長三国志 第九部 荒神山  マキノ雅弘
 次郎長三国志シリーズ






稀代歴代の名講談師の広沢虎造次郎長映画







次郎長映画は日本映画史上上位の100本以上の映画が製作されました。名講談師の広沢虎造は多くの次郎長映画に出演していますが、清水次郎長そのものを演じている貴重な映画が商品化されています。



歌くらべ荒神山 [DVD] STD-107


喜劇の神様とも称された巨匠の斎藤寅次郎が監督、歴代名講談師の広沢虎造、時代劇スター高田浩吉、田端義夫、柳家金語楼、古川緑波の豪華共演、歌と喜劇と次郎長時代劇、

さらに名女優の市川春代(ヒロインで10以上の代表作、映画200本以上)と清川虹子、関千恵子(ヒロイン的)、川田晴久、伴淳三郎、堺駿二も出演、事実上のオールスターといえる俳優陣です。関千恵子はこの映画ではヒロイン的ですが、映画トータルの活躍だと市川春代と清川虹子次ぐ評価だと考えています。

清水次郎長を広沢虎造、吉良の仁吉を高田浩吉


斎藤寅次郎 広沢虎造 高田浩吉 田端義夫 柳家金語楼 古川緑波 

市川春代 清川虹子 関千恵子 川田晴久 伴淳三郎 堺駿二






大変貴重な動画 清水次郎長の生家








清水次郎長の生家の大変貴重な動画です。


世界的な映画100本以上、テレビドラマの数十作の国民的有名題材の元となる存在の生家







新選組系題材を含んだ燃ゆる渦巻






燃ゆる渦巻は1924~1938年にかけて計10本の映画が作られた人気作品です。




新選組系題材
1924「燃ゆる渦巻 第一篇」  マキノ等持院
1924「燃ゆる渦巻 第二篇」  マキノ等持院
1924「燃ゆる渦巻 第三篇」  マキノ等持院
1924「燃ゆる渦巻 最終篇」  マキノ等持院




1本目は1924年の1月7日に、日活とマキノの競作公開となりました。映画の多様性のため、業界を盛り上げるために、現代も競作公開はやるべきだと考えています。



燃ゆる渦巻は新選組がメインで登場します。新選組映画というと戦後の片岡千恵蔵(主演7本と複数のヒットを記録)が定着させますが、その新選組映画への定着に一役買ったとも言える戦前の題材です。


新選組映画



前田曙山集 (現代大衆文学全集 第5巻)


出版社 ‏ : ‎ 平凡社 (1972/6/15)
発売日 ‏ : ‎ 1972/6/15
単行本(ソフトカバー) ‏ : ‎ 1040ページ



平凡社 前田曙山




「燃ゆる渦巻」の原作者が前田曙山(まえだしょざん)です。前田曙山集 (現代大衆文学全集)は世に出るほど、戦前の大衆的時代小説で非常に高い人気を誇りました。






芸能高額年俸が報ずる先輩男の背中を追う後輩女 二大刺青からアメリカの顔VS日本の顔








日々探求の励みに⇒にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへにほんブログ村こちらもポチ⇒映画(全般) ブログランキングへ

現実は時に厳しいが 未来に踏み出せ!

2022/03/15 22:13 | 超大物俳優COMMENT(3)TRACKBACK(0)  

邦画史代表キャラ「森の石松」の片岡千恵蔵と中村錦之助の先後輩当り役リレー&名作「二十八人衆」相互



邦画史代表キャラ「森の石松」の片岡千恵蔵中村錦之助の先後輩当り役リレー&名作「二十八人衆」相互





今回もテレビやマスコミが取り上げない本当の映画の真実に迫ります。


大巨匠稲垣浩の主な監督としての流れと国民的映画題材の名作にも迫ります。


記事中盤から部分で登場する稲垣浩も関与している清水次郎長は、日本を代表する国民的映画題材の一つです。反日マスコミが日本映画の真実を無視するため、これさえも、ご存じない方々も多くいるかもしれません。また多くの真実が現在も、当たり前の様に隠蔽されています。


清水次郎長題材の映画は、1910年代から100本を越す映画が製作されてきており、テレビドラマも数十本が製作されています。これは映画題材のみだと忠臣蔵、股旅、水戸黄門に次ぐ本数と確認しています。本数のみだと上位の国民四大題材ともいえます。

その清水次郎長題材の内部題材としても知られている、大きな人気を誇った日本人ならするべき価値のあるキャラクターにも迫ります。そこには時代劇を代表する2大俳優の存在がありました。



清水次郎長 稲垣浩 忠臣蔵 股旅 水戸黄門 国民四大題材




前回記事 監督100本の巨匠候補最年少「荻原」(オギワラ)か「萩原」(ハギワラ) 梶原金八メンバー8名の天下無敵平々凡々






日本映画史上上位の監督と主演コンビ数50本越え 稲垣浩と千恵蔵とのコンビ






単独主演映画350本を越す世界の映画スター片岡千恵蔵、一方はあのチャップリン(チャールズ・チャップリン)はたかが主演90本弱、本数はなんと千恵蔵の4分の1のレベルに留まっています。*350本はオリジナル、改修、断片なども含む本数

左派のマスコミは現在も平然と自虐を続け、日本の個性と魅力を無視し、日本は見習うべきだと、日本人よりも理屈の伴わない外国人たちの誇張を続けています。


片岡千恵蔵 チャップリン チャールズ・チャップリン


稲垣浩片岡千恵蔵とのコンビで、明朗時代劇の形成と定着、さらに伊丹万作のナンセンス時代劇にも貢献、千恵プロ1本目の名作といわれる1928『天下太平記』、『放浪三昧』(現存する最古の千恵プロ映画)、「源氏小僧シリーズ」の1本目『源氏小僧』、『絵本武者修業』、『諧謔三浪士』(現存含む2本)、『一心太助』(現存2の3本)、

『伊達ばやり』(現存2)の3本、「國定忠治3部作」(現存含む4本)、『元禄十三年』、股旅物の代表作『弥太郎笠』の前後編や名作『瞼の母』(現存含む2本)、『一本刀土俵入』、のちの大河ドラマにも影響の戦国物『独眼龍政宗』(現存含む2本)大ヒット「千恵蔵版宮本武蔵シリーズ」(イナカンコンビは総集編や改修版含め通算8本)など多くの名作や秀作を残しました。事実上時代劇を形成したコンビの一つで、日本映画上位に成功を収めた名コンビです。



千恵蔵映画だけでも実に多彩な時代劇を展開し、イナカンと千恵蔵は50本を越す大コンビで、30本ほどの高評価作品があったとも言われます。またその映画は明朗、知的、人情、風刺、侠客、歌舞伎風刺、オールスター、前衛的や左翼的なものなど実に多彩でした。

*50本を越す大コンビは改修や断片も含む

歴代の50本コンビとしては、山田洋次と渥美清のコンビはほぼ1つの題材「男がつらいよ」でしたが、この2人は実に多彩な題材で成功、この多彩な題材の明確な成功数は、日本最初のゴールデンコンビの牧野省三と尾上松之助のコンビさえも越し、歴代1位といえます。

*本数は膨大だが、牧野省三と尾上松之助のコンビの明確な成功の題材はあまり多くない


千恵蔵の「森の石松」の多面性演技も機能している戦中の名作『東海水滸伝』、改修改題は『東海二十八人衆 東海水滸伝改修版』も高く評価しています。この映画は1945年の7月の日本がもっとも苦しい時期の戦中末期(終戦は1945年8月)に初回公開された時代劇、名作るため、『東海水滸伝』から戦後に再公開され、視聴可能な『東海二十八人衆 東海水滸伝改修版』(東海二十八人衆)は劇中に追加された場面があったように考えられます。


明朗時代劇 伊丹万作 ナンセンス時代劇 山田洋次 渥美清 男がつらいよ

天下太平記 放浪三昧 現存する最古の千恵プロ映画 源氏小僧シリーズ 源氏小僧 絵本武者修業 諧謔三浪士 一心太助


伊達ばやり 國定忠治 元禄十三年  弥太郎笠 瞼の母 

一本刀土俵入 大河ドラマ 独眼龍政宗 宮本武蔵 千恵蔵版宮本武蔵シリーズ




森の石松ー島津亜矢

演歌歌手の島津亜矢が「森の石松」を歌っています。日本の時代劇題材の中でも柳生十兵衛や伊達政宗などと並ぶ、有名な片目の有名人物の一人、喧嘩早いが一途で、馬鹿まじめに描かれることがある、森の石松という人物を伝えています。


島津亜矢 森の石松

柳生十兵衛 伊達政宗





数十年高い人気を誇った森の石松の題材 千恵蔵と錦之助先輩後輩リレーの森の石松①






森の石松の題材は懇談と映画は戦前から大きな人気を誇りました。講談と関連する形で映画が作られてきた歴史も強いと考えられますが、映画として原作の伴う時代劇も複数製作され、大衆的な支持を集めてきました。



東海二十八人衆(東海水滸伝改修版)』 は侠客物、清水次郎長の題材、森の石松の題材でもあり、人気のある次郎長の子分の森の石松を主軸にした名作で、森の石松の様々な演技や場面を拾っています。森の石松は不器用だが、周囲から愛されたキャラクターとして描かれることが多く、この映画でも酒と喧嘩っぱやく、融通が利かない人物、親分(上司)への人一倍の忠誠心と絆が強い人物として描かれています。



歴代の数十名の映画スターが演じた中で、主演において有名なのは、千恵蔵、錦之助の国民的な花形中の花形が強く、

片岡千恵蔵は戦前から戦後に森の石松を4度(事実上、森の石松を映画に定着と名作)、中村錦之助(萬屋錦之助)は戦後に主演と助演で3度(千恵蔵の流れを受けて最盛期に貢献)演じました。また、美空ひばりの主演映画上位代表作と評価される1960年『ひばりの森の石松』(巨匠沢島忠、宝塚の影響もあるが、歌手・女優が男性の森の石松を演じた)や、

現代劇俳優の藤田進の『森の石松(1949)』(巨匠吉村公三郎が監督)はキネマ旬報ベスト10にランクインを果たし、主演の本人の演技はある程度ながら、人間的な一面を描き、現代的と左翼的要素から作品自体が高く評価されました。


中村錦之助(のちの萬屋錦之介)は戦後デビューの時代劇を代表する映画スター、時代劇スターで、主演は110本強、本数は千恵蔵の3分の1ですが、映画とテレビ時代劇で多くの代表作を残し、片岡千恵蔵の多くの代表的な役も演じた東映時代の直属の後輩俳優で、戦後の時代劇映画のみで主演100本の大台を越しました。今後はほぼ困難な記録といえるでしょう。


藤田進 森の石松(1949) 吉村公三郎 キネマ旬報ベスト10 ひばりの森の石松 美空ひばり

中村錦之助 萬屋錦之介




片岡千恵蔵の森の石松 約18年4作(1940~1957) 4本とも主演

1940『続清水港』  日活京都  監督は巨匠マキノ雅弘 演習家石田勝彦、森の石松の2役を演じ主演 広沢虎造や沢村国太郎、元宝塚の大女優の轟夕起子が主要 タイムスリップ要素や浪曲や歌を取り入れ、高く評価された。
1945『東海水滸伝』  大映京都 監督はW巨匠伊藤大輔と稲垣浩 石松は全体的に主演として描かれる 終盤に清水次郎長メインに流れとなる 
1952『東海二十八人衆(東海水滸伝改修版)』 大映京都   監督はW巨匠伊藤大輔と稲垣浩 
1957『清水港代参夢道中』  監督は巨匠マキノ雅弘 *『続清水港』の改修改題作で1957年(昭和32年)3月8日に再公開された。




4本とも名作の千恵蔵の森の石松です。そこそこな観客動員も記録したと考えられ、もっとも映画名作が多い森の石松といえます。



続清水港 東海水滸伝 東海二十八人衆(東海水滸伝改修版) 清水港代参夢道中 演習家石田勝彦 沢村国太郎 轟夕起子

伊藤大輔 マキノ雅弘





名作『続清水港』 の森の石松(片岡千恵蔵)と江戸っ子(広沢虎造)の「石松三十石船」場面






個人的にも録画している映画ですが、これは『続清水港』 の1場面です。森の石松(片岡千恵蔵)と江戸っ子(広沢虎造)で、有名な船の名場面を展開しています。




ほんとうはアップロードはやめてほしいところですが、1場面なのでまだ許せます。録画している『続清水港』 はハイビジョン画質版もありますが、この動画の画質は標準画質版のようで、画質は期待しないでください。両名の名演技の雰囲気を感じてもらう価値があります。


江戸っ子 広沢虎造





数十年高い人気を誇った森の石松の題材 千恵蔵と錦之助先輩後輩リレーの森の石松②






中村錦之助の森の石松を3番手位置で演じた、東映オールスター映画『任侠清水港』は、大手6社時代の500本ほどの日本映画のもっとも高い競争力の中で、2000万人近い観客を動員し、1作でもっとも多い観客動員を記録した森の石松は錦之助の石松です。他の2本をあわせ、全3本としても通産でもっとも観客動員を記録した森の石松といえます。




中村錦之助の森の石松 2本主演 1本助演の主要 約4年3作

1958『清水港の名物男 遠州森の石松』  東映京都  監督は巨匠マキノ雅弘 多数の次郎長映画で有名な村上元三の原作
1957『任侠清水港』  東映京都   監督は巨匠松田定次 最盛期の日本映画で観客動員と興行収入は年間1位を記録 片岡千恵蔵が主演の清水次郎長を演じ、当り役の一つとなった。錦之助の森の石松は市川右太衛門に次ぐ、3番手的位置に納まり、主要の出演
1960.『森の石松鬼より怖い』  東映京都   監督は巨匠沢島忠 石松と新進演出家の石井の2役 片岡千恵蔵の戦前の名作主演「続清水港」の事実上のリメイク 鶴田浩二が小松村の七五郎を演じ、戦後の日本映画を代表する2大スターで見え場を展開した。




清水港の名物男 遠州森の石松 村上元三

任侠清水港 松田定次 市川右太衛門 森の石松鬼より怖い 沢島忠 鶴田浩二 小松村の七五郎



実は片岡千恵蔵と中村錦之助の石松の映画の監督は、マキノ雅弘、伊藤大輔と稲垣浩、松田定次、沢島忠の全てが時代劇の巨匠の5名です。特にマキノ雅弘、伊藤大輔、稲垣浩、松田定次の4名は日本映画上位の大巨匠です。


新進演出家の石井






長門裕之の子役時代の好演も光る千恵蔵映画の名作『東海二十八人衆 東海水滸伝改修版』







個人的に20度以上観直している名作『東海二十八人衆 東海水滸伝改修版』は、歴代の主演俳優の片岡千恵蔵の魅力のある幅の広い演技場面を上手に引き出しています。気持ちのメリハリ、しゃべりの落差、部分的違和感の定着とそこから生じる共感性、映像展開としても、千恵蔵らしい重めの動きも上手に機能させています。


名女優の花柳小菊が演じる幼馴染のおりきとの再会、デレからの幼いときの回想、別れの盆踊り、江戸ッ子の藤原鶏太(のちに改名し藤原釜足)との船の上の「寿司を食いねえ」、「神田の生まれだ」の船の上のやり取り、市川右太衛門演じる地元の兄貴分の小松七五郎(=小松村七五郎、小松村の七五郎など多くの映画の役名)との、逆情の怒鳴りから涙の自虐の「馬鹿は死なきゃ治おらねえ」の名セリフ名場面の描写、回想シーンで石松の幼少期を演じている沢村アキヲ(のちの名優の長門裕之)もよい味を出しています。



花柳小菊 藤原鶏太 藤原釜足 小松七五郎


寿司を食いねえ 神田の生まれだ 馬鹿は死なきゃ治おらねえ 沢村アキヲ 長門裕之




出演している多くの名優の中でも、個人的には片岡千恵蔵の森の石松と、阪東妻三郎の清水次郎長のこの2名を高く評価しています。次に花柳小菊のおりき、この金比代参エピソードの有名な悪役キャラクターの都鳥吉兵衛の遠山満の名演技をしていると評価しています。市川右太衛門の小松村七五郎は仲介的サブの描かれ方のように感じられ、石松と次郎長をつなぎ、バランスをとる機能性を任されていると考え、右太衛門の魅力は千恵蔵と阪妻に比べるとかなり弱めに定着しているように捉えています。


阪東妻三郎 都鳥吉兵衛 遠山満 金比代参



次郎長は刀を封印しているため、自分は刀を抜かない、殺陣を行わない見せ場も描かれています。阪妻が剣戟王とも言われた俳優でもあるため、物足りなく感じてしまいがちですが、あえてやらないことに意味もある映画だと思えます。






石松三十石船 / 二代目 広沢虎造


個人的にも高く評価している人物、有名な広沢虎造(二代目 広沢虎造)の「石松三十石船」の講談 戦前の優れた語りの日本の芸能を伝えています。外国にはない残すべき、独自な日本の芸能の魅力があります。



石松三十石船



また、時代劇音楽の先駆者ともされる大音楽家の西梧郎(時代劇映画で最初に膨大な代表作を残した伝説的音楽家、名作数十本の音楽を担当、のちの時代劇、アニメやゲーム音楽へも影響)の曲が、上手にいつくかの場面で機能しています。冒頭の場面と石松とのおりきの回想シーン、次郎長と七五郎や次郎長の子分らの股旅シーンを特に評価しています。また、次郎長が参加しない殺陣シーン曲も悪くはありません。

西梧郎

撮影は宮川一夫と石本秀雄、宮川一夫は言うまでも無いですが、石本秀雄は千恵プロや日活で多くの名作、戦後は松竹時代劇ナンバーワン撮影者として知られ、長年にわたり活躍しました、個人的には日本映画の撮影者ベスト5に含まれるのがこの両名です。その5名のうちの5名が共同撮影という奇跡も作品に華を添えています。

マスコミは宮川一夫の名前は多く出ますが、石本秀雄の存在もしっかりと伝えいく必要性を感じています。


宮川一夫 石本秀雄


実は最初にこの映画を視聴したときは石松亡き後の終盤の殺陣シーンは無くてもよいのではないかと思ってしまったのですが、何度も見直すうちにこれはこれで意味がある、価値があるのだと思えてきました。何度か見なすうちに別な場面が刺さるようになる、稲垣浩と伊藤大輔の2大巨匠の共同監督の凄さというものを感じさせます。






いつの間にか『東海二十八人衆 東海水滸伝改修版』は『東海二十八人衆』の題名で商品化されていた




断片や現存含め映画250本ほどに出演、主演200本ほどを記録した、男性的な個性と剣戟時代劇で国民的評価を受け、日本映画を代表する映画スターの一人の阪東妻三郎、その彼の男性的で力強い立ち姿が特徴的です。

最近発売されたため、最近の日本映画のカテゴリーにしています。




東海二十八人衆(東海水滸伝) [DVD]



視聴できるのは『東海二十八人衆 東海水滸伝改修版』ですが、『東海二十八人衆』の題名で商品化されているこのバージョンのみ、何故か阪東妻三郎の写真と名前のみを押し出しています。

阪東妻三郎の名前のみ表記は、個人的には理解に苦しむやり方です。何故なら出番は千恵蔵の森の石松に次ぐ事実上の2番目、同時に見せ場数も2番目と判断しているため、劇中のオープニング表記は右から千恵蔵、右太衛門、阪妻の阪妻は3番手表記のですが、大映の著作権を買収したKADOKAWA(カドカワ)が、後付けでいじくってしまいました。これは問題に感じられます。

KADOKAWA カドカワ

実はこの映画の公開当時の現存するポスターは千恵蔵、右太衛門、阪妻の三大スターを3名とも押し出しています。


劇中の表記は視聴しているCS放送の録画版だと『東海二十八人衆 東海水滸伝改修版』ですが、製品タイトルはわかりやすく『東海二十八人衆』にしているようです。




清水次郎長題材やその内部題材でもある森の石松題材は、日本映画にとっても非常に重要なもので、流行のみのたかが好き嫌いという低レベルな文化ではありません。日本人の創作や文化を伝える重要なものです。








日々探求の励みに⇒にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへにほんブログ村こちらもポチ⇒映画(全般) ブログランキングへ

現実は時に厳しいが 未来に踏み出せ!

2021/10/15 08:48 | 超大物俳優COMMENT(3)TRACKBACK(0)  

在日超女優の忍者ハットリくん汚染水 足元届ず反日中韓ソニー真っ青の5大名優の千恵蔵映画2000本驚人





在日超女優の忍者ハットリくん汚染水 足元届ず反日中韓ソニー真っ青の5大名優の千恵蔵映画2000本驚人







表上の可愛い風の顔をした”可愛い悪魔”たちに気をつけよう。

たとえば中国に数兆円を投資していると考えられる反日企業のソニーの秋元アイドルたち、結論的に共産党の軍事費や諜報活動に資金源につながっているため、彼女たちにその意思があるないは関係ありません。

ソニーは2019年に400億近い巨額を中国共産党企業へ投資しています。もちろんこれ以前から投資を繰り返していますが、比較的最近のニュースであり、これに着、今もこのニュース記事は見られます。




前回記事⇒パクキョンベ=柴咲工作員=小泉共子の邪悪三角三者左翼名画 在韓人男一文字から読解性犯罪超大国の爆誕



ちなみに大映映画の倒産寸前だった晩年期、映画デビューし主演を連続した、渥美マリによる「可愛い悪魔」という同名の歌が存在しています。渥美マリ主演の軟体動物シリーズ五作目の映画『でんきくらげ 可愛い悪魔』の主題歌です。

東映が水商売の女性たちと歌謡曲要素を組み合わせて、スマシュヒットした「夜の歌謡シリーズ」(梅宮辰夫が全体の主演+毎回のゲスト女優)などの影響を受けた映画です。


渥美マリ 可愛い悪魔 でんきくらげ 可愛い悪魔 軟体動物シリーズ 夜の歌謡シリーズ 梅宮辰夫






日本の有名企業「中国依存度」ランキングから見る ただちに脱中国するべき重要性





2021年の7月からも日本においても、ソニーによる反日国の中国のアニメが放送されています。世界中から非難されるシナ地域(本当は中国は存在せず、シナ地域の共産党支配圏、わかりやすいから伝えるために中国と呼ぶだけ)に平気で金を投資する日本人への裏切り行為を続けています。


下のリンクでニュースが出ます。
ソニーが、中国のエンタテインメント企業Bilibili Inc.へ

もう中国と「縁切れぬ」 華為に1兆円供給する日本企業

ソニー、中国ビリビリに430億円出資 アニメやゲームで協業

2021年7月某日の虎ノ門ニュースでソニーに関するニュースが流れたときに、コメントで多数のソニー批判が10以上流れる、中国企業や反日企業など、流れたことも記憶に新しいわけですが、なぜか、政治系ユーチューバーはソニーのことをほぼ無視、ユニクロや楽天、パナソニックは叩くのですが、ソニーもウイグルの強制労働の関与企業だと情報が出ているわけです。彼らには忘れないでいただきたい。

2021年7月14日にも虎ノ門ニュースも、ソニーの製品と中国共産党を巡るトラブルのニュースも取り上げ、ソニー批判と中国共産党へ批判のコメントが流れていました。ソニーは反日企業だという内容などです。これは月額500円ほどのプレミアム会員であれば、ニコニコ生放送で1週間は無料で視聴可能です。無料といいますが、500円ほどの支払いが求められます。


その中国と同じ反日国、反世界が韓国です。日本への金による多くの買収でも共謀しています。



日本の有名企業「中国依存度」ランキング


日本企業33社の「中国依存度ランキング」 TDK、村田製作所は50%超【マネーポストWeb】
政治系ユーチューバーのKAZUYAによる動画


この動画の元の記事には、<『経済界』編集局長の関慎夫氏によれば、ユニクロを展開するファースリテイリングは全売り上げの2割超、日立製作所やソニーなどの電機メーカーも売り上げの約1割は中国が占め、“市場としての中国”を無下にできない事情があるという。>とある。

ソニーの名前も登場、ソニーはこのパーセンテージよりも投資総額が重要です。中国共産党企業への通算の投資額が数兆円とも考えられ、非常に大きいため、歴代の投資額のランキングも知りたいところです。日本国を壊しかけない爆弾反日企業だと考察できます。



ニュース記事は下記のリンクから出ます。それをご覧ください
日本企業33社の「中国依存度ランキング」 TDK、村田製作所は50%超 プレミアム会員 ニコニコ生放送


関慎夫
 経済界


ソニー 中国共産党企業 中国依存度ランキング TDK 村田製作所
虎ノ門ニュース 






自分たちのほうが汚染水を出しているくせに 処理水を汚染水と日本を痛烈に批判しまくった中韓の同時攻撃





前回は男性篇、今回は女性篇に迫ります。これまでにないような別な目線で迫りたい記事であり、何処に生まれようが、どこの血筋だろうが、優れている方は優れています。

在日をむやみに批判するものではありません。どこの国であれ、反日国とつながりがある反日左翼ではなく、日本のためにやってくれているのであれば、在日は国が認めていることなので評価します。


一部に在日が悪いのかという頭の弱い人もいますが、ここは韓国ではなく日本なのです。在日が嫌なら元国に買えればよい。なにに日本にいるわけです。

しかも韓国は明らかな反日国です。竹島も不当に取られ、先祖から大切な土地も買われ、現在も事あるごとに中国とつながり、日本を叩いています。処理水(汚染水)の問題もそうでした。中韓のほうが何倍も汚染水の濃度があり、地球にダメージを与えているのに関わらず、日本が悪いとナンセンスに叩くのです。



原発“処理水”海洋放出を決定、中韓反発 米は容認 IAEA「歓迎」


映画愛子による上位コメント5選 これ本当に書かれてています。ぜひご自分の目でこの5つ探してみてください。

・中韓が反対していると喜んで放送を流す日本国内にある相変わらずのTBS。
・そもそも放射能海洋放出なんか先進国みんなやっている事。
中韓の放射能に対する過剰反応は完全に「プロパガンダ」。
・あれ、お得意の「内政干渉は止めろ」は忘れ去ったのですか?
・反日TBSは、中国と朝鮮のマスコミがこのTBS の記事を報道すると、今度は反日TBSは、
中国と朝鮮のマスコミは日本の処理水の海洋放出に絶対反対と報道したと盛るのだろう

・ファクト: 中国は大亜湾原発で42兆ベクレルを海洋放出、韓国月城・古里原発53兆ベクレルを海洋放出。対して日本の福島原発は桁違いに少ない1300億ベクレル。しかもlAEAの定める国際基準を満たしていて無害。米国ブリンケン長官も公式に支持を表明。


日本ではなく中韓が酷いことがわかる一部分のみの数字
中国=42兆ベクレル
韓国=53兆ベクレル
日本=1300億ベクレル


3国の部分的な原発のみの比較ですが、これだけでも中韓はほんと頭がおかしい、これだけでも日本がほぼ悪くないことがわかる。日本の40倍と50倍なにに日本が悪いと叩く、千恵蔵映画まっ青のナンセンスキャラを披露



処理水 汚染水 プロパガンダ 内政干渉 反日TBS

ベクレル 千恵蔵映画まっ青のナンセンスキャラ 千恵蔵映画

大亜湾原発 古里原発 福島原発 lAEA







マスゴミが取り上げない 中韓まっ青の千恵蔵映画の名作から学ぶナンセンスの5大名優 現代流名作コラボレーション






千恵蔵映画まっ青のナンセンスキャラを披露と取り上げた流れで、中韓が及ばない日本映画の真実を一つ取り上げます。


世界最多の映画代表作200本を越すナンバーワン映画俳優の片岡千恵蔵は、特に戦前に巨匠の伊丹万作や稲垣浩で、ナンセンス時代劇でも成功を収めています。稲垣浩は明朗時代劇が多く、ナンセンス時代劇は本数少なめです。基本は千恵蔵と伊丹のコンビが牽引しました。



國士無双(活弁入り)

現役の活弁士や映画収集に尽力する坂本頼光による解説が展開する、アマゾンプライムビデオ版『國士無双』、本作は名作でありながら完全版は現存せず、現存する24分版の最新版です。24分から全体を考察(考察映画)することも面白さです。まさに時代の変化と戦前の名作の現代コラボレーションが実現。これぞまさに映画愛です。


アマゾンプライムビデオ版『國士無双』 考察映画

活弁士 坂本頼光


視聴不可含め、数十と言われる千恵蔵映画の戦前の名作の一つ 名匠の伊丹十三の父であり、巨匠の伊丹万作と、片岡千恵蔵の名コンビの現存する名作の一つ『國士無双』(1932年公開、製作=片岡千恵蔵プロダクション(千恵プロ) 配給=日活)、当時、奇抜で破天荒な展開と内容の連続に、ナンセンス時代劇とも称されました。


山田五十鈴伴淳三郎香川良介瀬川路三郎、高勢実乗、林誠之助など名優が多数出演
千恵蔵以外だと、山田五十鈴伴淳三郎香川良介瀬川路三郎の4名は日本映画代表する大名優です。


膨大になるので細かい説明は避けますが、『國士無双』は超大物5大俳優が出演しています。5名で2000本を越す映画出演。現在的に瀬川路三郎のみは知名度が低めですが、彼は千恵プロの専属の助演俳優として長年大活躍し、数十の名作で助演、通産300を越す映画に出演しています。彼があまり知られていないのは、マスコミが過去の都合がいいある程度人間のみを誇張するためであり、同時にその被害者です。


國士無双 伊丹十三 伊丹万作 ナンセンス時代劇

山田五十鈴 伴淳三郎 香川良介 瀬川路三郎

高勢実乗 林誠之助 稲垣浩 明朗時代劇 



マスコミは伝えないハリウッド中韓足元の世界1位 歴代5大俳優の驚愕の映画数字

片岡千恵蔵  助演含み約400本映画 日本映画代表する9割以上の大主演俳優 テレビは大岡越前の父役。マキノ、千恵プロ、日活、大映、東映で活躍 長編メインの最多主演本数など記録多数 歴代最多の時代劇六大スター、七剣聖、御大など異名10強、


主演系のみの直属の後輩に中村錦之助(萬屋錦之介)、大川橋蔵、大友柳太朗、東千代之介、高倉健、菅原文太、渡瀬恒彦、松方弘樹、丘さとみ、伏見扇太郎など、直属大物20名以上の大物後輩は歴代最多数を記録 冒頭登場の梅宮辰夫も直後輩です。

現役の大物の直属後輩は里見浩太朗、北大路欣也、千葉真一、三田佳子、佐久間良子、藤純子(富司純子)、

東映時代の外部を経た大物後輩は、美空ひばりや鶴田浩二、高田浩吉、若山富三郎、近衛十四郎、黒川弥太郎、丹波哲郎など、

間接的な元専属の日活の後輩は、石原裕次郎、小林旭、吉永小百合、浅丘ルリ子、渡哲也、高橋英樹など、元専属の大映の後輩は長谷川一夫、勝新太郎、市川雷蔵、若尾文子、京マチ子、山本富士子なども千恵蔵の後輩です。ここで出しているのは上位のみ、間接も含めると大物は軽く50名を越し、三国連太郎も映画最盛期の数年間は東映専属の後輩でした。

戦前を含むと捕え方にもよる人物も含みますが、山田五十鈴、市川春代、轟夕起子、宮城千賀子、尾上菊太郎、花柳小菊などの大物も含まれます。これら”主演系のみ”です。助演を含むとさらに数十名増えます。


丘さとみは、東映時代劇映画最盛期を代表するヒロイン女優、お姫様女優とも言われました。菅原文太は新東宝のデビューでしたが、主演のブレイクが東映なので東映扱いしています。伏見扇太郎は通産だと大物クラスに含まれるのか、疑問がありますが、1955年からのデビュー6年で40本近いの主演映画を記録するなど、子供たちに大人気を博したため、ここに含んでいます。

丹波哲郎は全体は助演の名優ですが、主演は30本ほどの極少ながら、代表作が比較的多いため含みます。

年齢も下の長谷川一夫も含んで良いでしょう。千恵蔵を含む大映形成の四大スター体制崩壊後に、後から大映のトップに居座ったのが彼だからです。

山田五十鈴  出演260本以上 日本映画代表する大女優 助演とヒロインで活躍 舞台でもドラマでも成果 日活と東宝、松竹に代表作が多い ヒロイン活躍女優としては歴代ベスト4の本数 質とと本数だと田中絹代と1,2を競う
伴淳三郎  出演360以上 エノケンなどの三大喜劇俳優に次ぐ、4番手ともされ、日本の喜劇人史上をする上位の大人物 主演の代表作は少ないが活躍、戦後の松竹助演で多く大トリ表記 バンジュンの愛称

香川良介  出演700本ほど 助演俳優のみの最多出演数 日本映画代表する名大脇役 千恵蔵の名作にも多数、戦後は大映や東映でも多くの名作に出演 数百本の以上の秀作に出演
瀬川路三郎  映画300以上に出演 千恵プロ専属で活躍し、日活でも貢献 50を越す名作に助演出演 戦後は東映の脇役
<最低通産2000以上>





『國士無双』などのナンセンス時代劇は、非常に幅広く、少なくても複数の巨匠や、のちの東宝の膨大な喜劇時代劇映画や、コメディ系のテレビドラマ、近年のテレビアニメへも多大な影響 視聴不可のオリジナル、商品化や現存版全てを含めると5バージョン以上とされ、これは國士無双の活弁入りのバージョン 特にファン向けのテレビアニメなどで、現在も続く強大な影響力を維持







日本が韓国を併合していた1910~1945年と たとえば智美は怪しい名前







反日国とつながりが強固、同時に反日左翼になりえる危険があります。前回のパクキョンベにより女性が犯罪に巻きまれるケースのように、日本人を苦しめる危険があるからこそ、伝える必要もあると考えています。


帰化していれば「朝鮮系日本人」と「韓国系日本人」いう言い方もありますが、定着が強い「在日」という形で取り上げています。


朝鮮系日本人 韓国系日本人 在日


日本人にも比較的馴染みがある韓国人女性に使われる漢字一文字の名前です。



下記に表記している漢字は全部ではなく、日本人の名前として使われることがある漢字のみです。省いている1例とあして”熙"の字は、本土の韓国人の漢字名義や永住の在日韓国人(日本が韓国を併合していた1910~1945年の時期からの在日韓国人)に存在するかもしれませんが、芸能系では見かけることがないため省いています。熙は日本人がほぼ使うことがない感じです。


日本が韓国を併合していた1910~1945年


たとえば智美も怪しい名前です。1文字ずつの中の2文字が両方とも含まれています。智美という名前の芸能系もそこそこ存在していますし、アニメ関連の制作者にも存在しています。2人ともそこそこ有名です。

該当しても明確な証拠がない限り、また細かい証拠が多数ない限り、あくまで疑惑と怪しさがあるレベルです。非常に重要なので何回も書いています。



現在の半島の韓国人女性と在日韓国人女性に使われることが一部あり、かつ日本人に比較的なじみがある漢字一文字 (美)(智)のカッコ付き版

(美)、(智)、英、賢、貞、秀、多、志、知、銀、允、潤、京、仁、雅、順、希、昭、恵、愛、玉、正、喜



智美 ○○智美



玉や銀、賢はあまり名前に使わないわけですが、漢字自体はなじみがあるので含みました。玉子や銀子、ちょっと名前としては使いにくく苦しいです。玉江でも苦しいところです。







○美 美○ ○美子 美の字に潜む日本人と韓国人の恐怖





現在でももっとも多く使いことがある一文字は”美”です。戦前から美は使用され、現代に日本人の女性の名前にも使用されている有名な漢字で、10代や20代は○美のように二文字目よりは、一文字目に配置する名の美○の方が多く存在するようyな印象があります。また30代以上に多いパターンだと○美子なども存在します。

たとば”みなみ”読みの漢字も非常に多くいます。美波などがその代表的みなみ読みの漢字、


上記の「現在の半島の韓国人女性と在日韓国人女性に使われることが一部あり、かつ日本人に比較的なじみがある漢字一文字」にあるとおり、在日韓国人の疑いがある通名かもしれない芸能系に”美”はもっとも多いと考えられます。

日本人も多いが、在日も多く、半島の韓国人の漢字名にも多く含まれることが多く、判断が難しい一文字です。日本の芸能系においても美の一文字を名の一文字目や2文字目に使う人物が多数存在しています。これは同時に在日韓国人の女性が使用している漢字です。

多くの人物を確認していますが、一定の著名系の在日韓国人の女性は通名に"美”使用していることがもっとも多くカウントしています。たとえば自分から在日韓国人と暴露してる作家や官報で在日と知られている芸能系の人物などです。



たとえば「現在の半島の韓国人女性と在日韓国人女性に使われることが一部あり、かつ日本人に比較的なじみがある漢字一文字
」を2文字とも含む智美、雅美です。30代以降に多く存在する日本人の名前ですが、同時に在日系にも使用されることがある名前です。この2文字とも含んでいると怪しいことになりますが、もちろん在日を確定するものではありません。








サントリーのウイスキーの広告の印象が強い女優系の人物







現在の半島の韓国人女性と在日韓国人女性に使われることが一部あり、かつ日本人に比較的なじみがある漢字一文字 (秀)(恵)のカッコ付き版

美、智、英、賢、貞、(秀)、多、志、知、銀、允、潤、京、仁、雅、順、希、昭、(恵)、愛、玉、正、喜



上記二文字を含んだ○○遙こと、○秀恵は、そのまんまの「現在の半島の韓国人女性と在日韓国人女性に使われることが一部あり、かつ日本人に比較的なじみがある漢字一文字」を2文字しようしたあちらの方です。サントリーのウイスキーの広告の印象が強い女優系の人物です。


井川遙 趙秀恵 サントリーのウイスキーの広告



【ソースあり!】在日韓国朝鮮人から帰化した芸能人!噂じゃないよ、事実だけ載せました

書いていることが嘘ではないことを伝えるためにもこ、この動画をご覧いただけたら幸いです。この動画はいきなり○○遙こと、○秀恵が登場しています。



全体的には良くできた動画だと考えていますが、動画では在日朝鮮人の力道山の帰化日が1978年6月8日とありますが、動画内のコメントにあるように、1963年に亡くなっている人が死後15年時に帰化とか有り得なく、1950年角界引退時に百田家の長男として入籍時に帰化している様に思われます。

力道山 在日朝鮮人 百田家



恵の字を慶にしている在日系の名女優○○慶子もいます。彼女は父親が韓国人作家、母親も韓国人(2説あり)だということで有名です。時代劇や大河ドラマ(どちらかいえば歴史劇)などNHKにも多数出演、NHKは在日韓国人だとわかっていて起用しています。NHKにいいたくなる。これ、国民騙していませんか?

恵だとばれやすいため、慶、韓国とのなじみが深い中国の重慶の慶を使用、慶子とし、これは”使われやすい一文字をあえて置き換えているケース”も存在することを意味しています。







在日レジェンドの松坂慶子忍者ハットリくん+忍者怪獣ジッポウの陰に千恵蔵と松之助





在日認定が確認が明確な在日系の女優では事実上のトップともいわれるのが彼女です。


松坂慶子の生い立ちと引退を考えた壮絶な過去が切ない…




逆に失礼なので○○は外しましょう。松坂慶子です。主要で映画数本とドラマ数本の代表作、同じ在日系だと、テレビドラマのヒロイン出演本数では600本を越す野川由美子に大差で負けますが、映画で明確な代表作が複数有、この点で上回る、在日系女優でナンバーワンとも言える在日レジェンドです。


動画の中では母親は日本人となっていますが、別な動画では両親とも韓国人という動画も存在しています。父親が韓国人作家なのは非常に有名です。

松坂慶子 野川由美子 忍者ハットリくん+忍者怪獣ジッポウ 尾上松之助


松坂のデビュー作の忍者ハットリくんの東映の児童向け30分枠のテレビドラマ「忍者ハットリくん+忍者怪獣ジッポウ」(1967~1968放送、忍者ハットリくんの映像化2本目)は現存は個人的にも視聴済みです。



忍者ハットリ君+忍者怪獣ジッポウ(1) [DVD]



忍者ハットリくん+忍者怪獣ジッポウ』は個性的なオープニングの歌がインパクト強めです。現代のゲーム音楽やアニソンにもつながる流れが感じられます。

松坂は、忍者ハットリくんと深く交流を持つ相手役の少年の姉役(彼女は当時10代でティーンモデル)で登場しています。ハットリくん、少年、少年の両親に次ぐ事実上5番手的、または5番手圏内の役柄だといえます。


いうまでもありませんが、。松坂の実積は在日系ではトップ女優といえますが、超大の片岡千恵蔵(主演で200を越す代表作)、歴代上位の大女優の山田五十鈴(ヒロインで数十の代表作)などには到底及びません。松坂はそれよりは大きく劣る、主演の映画代表作は数本、助演でもそこそこ、テレビの実積も含め、ギリギリの大女優クラスと判断しています。この事実を伝えることは重要です。

さらに忍者と特撮、まさに忍術映画で代表作がある、千恵蔵映画(戦前から戦後に忍術映画数本が代表作)や尾上松之助(サイレント期に忍術映画ので大成功)の流れも受けています。このドラマも実写作品で忍者と特撮、忍術も描かれています。

また、アニメや漫画作品の基本の一つ、ナンセンス要素も存在しています。まさに千恵映画の流れを受けている忍者ハットリくんの映像作品群です。




え、登録者人数900万強なのにたった3000人しか見ていないw趙は韓国の姓なので間違い、超やばい真実
中国共産党の恐怖配信サイトMildomに暗躍日本犬3匹 「ネット型新世代広告タレント」ヒカキン製造の陰と900万強なのに視聴3000の異常さ






日々探求の励みに⇒にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへにほんブログ村こちらもポチ⇒映画(全般) ブログランキングへ

現実は時に厳しいが 未来に踏み出せ!

2021/07/15 19:55 | 超大物俳優COMMENT(2)TRACKBACK(0)  

Mr.サンデー訃報特集の反日「視聴男」こと田村正和の国民的父 マスコミ伝達NOの在日レジェンド女優






Mr.サンデー訃報特集の反日「視聴男」こと田村正和の国民的父 マスコミ伝達NOの在日レジェンド女優







今回の記事も前回の流れを重視し、韓国人や日本人へ踏み込んでいますが、全てを断定するものではありません。独自な路線を進みたいゆえに、映画や芸能に関与させつつ、独自な記事展開へ航路を進めています。


事実に迫ることは国益や日本映画の未来を中韓から守ることへもつながります。ここは日本です。彼ら彼女らでは有ません。2018年時点で日本人は1億2千万人強、ですが45万人ほどの彼ら彼女ら、嫌なら半島へいつでもどうぞ、お帰りください、犯罪の多いたくさんの同胞たちがお待ちです。日本へ住みたいなら日本のルールに従うものだけで十分です。


彼ら彼女らにとって、日本に在日する以上は、この記事で取り上げている人物たちのように、日本に染まっていただくことは大事です。ここは半島ではなく、日本国なのですから・・・



前回記事=仰々天!!動画7 逮捕を孕んだジャニーズ&秋元アイドルの「壊滅三本刀」 通名ランキングから韓国統計庁のメス






在日芸能人5名レジェンドと官報の真実と一部分が嘘サイトの現実 日本国の「国の広報紙」「国民の公告紙」としての使命を持つ官報







日本映画にも1960年代、1970年代から在日系の芸能人が少しずつ増えてきた歴史があります。その代表の一人が官報にも記載されている男性俳優の○○優作、

2021年時点で存命のベテランの女性俳優の○○慶子、過去もセールスは全然だが紅白歌合戦の最多出場の○○ひろし、歌手多めのタレント系(アイドル系、映画へも比較的多く出演)で人気を博した○○秀樹など、演歌歌手として大ヒットを連発し、一時代を築いた○はるみ、

半島系の方々も比較的多く出演し、一時期な支持を集めてきました。まだ1970年代はほとんどの有名な芸能系の人物は日本人でしたが、その数パーセントに彼ら彼女らが存在していました。


○○ひろしは○○永吉と共に、某サイトで在日ではないという記述がありますが、これはほぼ嘘です。何故ならこの両名も官報に帰化の記録が残されています。

日本国の「国の広報紙」「国民の公告紙」としての使命を持つ官報は、中国や韓国などの嘘が多い地域とはまったく違い、きちんとした真実を載せています。日本はG7に含まれる国です。中韓は含まれていない意味ともつながります。




マスコミの特にテレビは何故か、○○秀樹が亡くなったとき、どうして実積以上に、彼が大活躍を誇張したのか、現在の日本のテレビ局で絶大な権力を持つ、大勢の半島人が入り込むことに貢献した恩があり、同時に半島系ジャンルのレジェンド的な活躍をしたためです。ですが、その報道側のマスコミはこのことを言うわけがありません。長年にわたり、金のために日本人を騙している張本人たちがいることも現実です。



国の広報紙 国民の公告紙 官報 G7






フジテレビのMr.サンデーの訃報特集の反逆と反日 「視聴男」こと田村正和の父親は断じて”名優レベル”はNO





日本のテレビドラマ史上歴代上位の軽く10本を越すの高視聴率ドラマに主演し、”視聴男”とも言われたことがある、名優の田村正和(日本人俳優)

田村正和は、父の阪東妻三郎(殺陣と時代劇の定着を牽引し、剣戟王や剣聖とも言われた日本映画史上歴代上位の映画スター)の世話になった松竹映画で若手の時期に失敗し、テレビドラマへ路線変更して、だんだんと成功を収めた大物俳優でした。

フジテレビのMr.サンデーという報道風な事実上のバラエティ番組内で、田村正和の死を取り上げていた際に20分ほどの特集を組み、阪東妻三郎を”名優”と呼んでいました。これはありえないことで日本の芸能を馬鹿にする反逆行為です。名優という日本芸能史に数百名いる程度のレベルではありませんし、ただの名優とはありえ4ない暴挙。阪東妻三郎は歴代を代表する大名優、超名優というのが現実です。


この現実を捻じ曲げてまで、バンツマは名優で、息子の田村正和はそれを越す大名優だといいたかったのでしょうか、田村正和も映画の成功なしながら、テレビながらも大活躍しましたが、さすがに稀代の大スターのバンツマには叶う部分は少ないと考えています。日本映画史上歴代ベスト10入リの単独主演200本俳優(総集編、断片などの現存も含む)が、どうしてただの名優なんだ、説明していただきたい。


阪東妻三郎は、主に阪妻(バンツマ)、剣戟王、剣聖(主演の)、時代劇六大スター、七剣聖、日活三大スター、大映四大スターの7つの異名があった大俳優、殺陣や剣戟(剣劇)などのみだと『鬼滅の刃』などへもつながり、日本映画の個性を形成した大人物の一人。

異名数は10つを軽く越す片岡千恵蔵に次ぎ歴代2位。どうしてこれがただの名優クラスといえるのか、理由を答えてみろといいたくなる、反日と反逆、隠蔽と捏造、金で動く、中韓国と同じで笑ってしまう。


事実を捻じ曲げる宮根誠司のフジテレビのMr.サンデー、さすがに映画やテレビドラマを知る者としては、この大暴挙は到底許せませんでした。相変わらず、政治のニュースも遠回しの外資違反放送局らしく芸能でも反日姿勢、外資違反の原因の中国の擁護を繰り返し、政治のニュースだけではなく、誠司のニュースもごまかしばかり、なんちゃって報道番組です。



高視聴率ドラマ 視聴男

田村正和 阪東妻三郎 殺陣 時代劇 剣戟王 剣聖 剣戟 剣劇 鬼滅の刃 

時代劇六大スター 七剣聖 日活三大スター 大映四大スター

宮根誠司 フジテレビ Mr.サンデー なんちゃって報道番組






”日本芸能映像歴代上位の国民的映画スター”の息子の田村正和とマスコミがほぼ無視する在日レジェンド








下記の映像は10分29秒の表示、ナレーションは10分36秒の入り、阪東妻三郎を”昭和を代表する映画スター”と紹介しているフジテレビ系のめざましテレビ


田村正和_心不全_死去_古畑任三郎

この動画は、テレビ画面をそのまま録画しないと消されるため、画面を撮影しているようです。



紹介は少々少難しいが、”日本芸能映像史を代表する、歴代上位の国民的映画スター”というのが個人的な見解です。

個人的にフジテレビのMr.サンデーの訃報は録画していますが、その動画はない様子です。
”昭和を代表する映画スター”でも最低限な報じ方といえるでしょう。


現在も視聴可能な代表的作品の一つだと、東映のテレビ時代劇ドラマの1972『眠狂四郎』の中で、殺陣もやっています。別な形で父親と向き合ったんも田村正和です。実はヒロイン的な役柄の一つで出演している野川由美子は、官報に記録があり、時代劇に多く出演、在日系として知られる名女優です。

多くの特にテレビ時代劇で演技を観ていますが、彼女は啖呵(たんか)を切る演技に定評がある女優です。官報には無国籍とあります。


古畑任三郎 めざましテレビ 無国籍




在日帰化人の有名人(時代劇編)(改定版)



この投稿者の方は多数の動画で、芸能人のほとんどが在日みたいに語っていますが、これは嘘です。それと芸能系そのものに詳しくないようです。その俳優の個々の実積もほとんど理解していません。

ですが人口比率としては最近の芸能系の著名人に在日が増えています。この動画の中で在日10名が登場しますし、野川由美子はほとんど実積がないように取り上げられているわけですが、これは嘘で、実はもっとも多くの代表作があります。


重要なことなので一つ書きたいことがあります。

時代劇は映画とドラマだけでも。戦前から数百名の名優が存在していますが、名優の在日はその数パーセントだと考えられます。映画愛子は自分で言うのもおかしいですが、日本の映画や俳優にそこそこ詳しいほうだと自負しています。戦前もかなり詳しいほうです。この動画の彼は、時代劇にかなり多く在日がいるように取り上げていますが、これは嘘です。


こ動画の様に時代劇俳優といえないレベルの出演のみの比較的若手めの俳優だと、最近は歴代でもっとも増えていることは事実ですが、現在も時代劇俳優は帰化人ばかりは嘘です。あくまで一部に存在しているということになります。






本当はドラマブログのほうで取り上げたいわけですが、田村正和と映画俳優のバンツマの流れで映画のほうで取り上げます。






在日レジェンド野川由美子 特に上位の出演順のテレビドラマの代表作





在日レジェンド野川由美子 特に上位の出演順の代表作 全てレギュラーのメインキャスト 主に代表作6つ

テレビ朝日系とTBS系の1962年から1968年の『てなもんや三度笠』 1966年 関西地区で平均37.5%を記録 データが少ないが最低でも24話以上
松竹とテレビ朝日系の1972~73の必殺シリーズ第1作『必殺仕掛人』 2クール 全体的に出演
東映とフジテレビ系の1972~73の『眠狂四郎(1972)』  2クール 全話ではないが比較的多く出演
松竹とテレビ朝日系の1973の必殺シリーズ第2作『必殺仕置人』 2クール  全体的に出演
東映と日本テレビ系の1976~1981の『桃太郎侍』  自身最大の当たり役の玉川つばめ役 ヒロインで250話強の出演 全体的に出演
ユニオン映画と日本テレビ系が中心1983から1991の『長七郎江戸日記』  3期にわけて全125話 68話、40話の200話強、スペシャル版も多数制作、記憶だとほぼまたは全話出演

*表記は関東基準の放送局で統一、全て現在名称の放送局で表記






『必殺仕掛人』と『必殺仕置人』も名作ですが、最大は『桃太郎侍』がもっとも当たったといってもよいでしょう。約5年間、しかもテレビ時代劇の最盛期です。だんたんと主演の里見浩太朗との掛け合いに円熟味をみせた『長七郎江戸日記』も長期となり、2番目jの代表作ともいえるでしょう。3と4が『必殺仕掛人』か『必殺仕置人』、個人的には中村主水が初登場した『必殺仕置人』のほうが作品的にも上の評価、視聴率は一番だが、ほとんど現存していない『てなもんや三度笠』が5番目、田村と多めに共演した『眠狂四郎(1972)』が6本の中だと上位から6本目となります。

野川は、日本歴代のテレビドラマを代表する上位名優の一人の藤田まこととは、『てなもんや三度笠』、『必殺仕掛人』、『必殺仕置人』の代表的なこの3本以外でも複数共演しています。ですが上位6本に含んでません。


彼女の名誉のために書きますが、当時の在日系俳優は、本当に優れているから彼女のように多数のメインで起用していますが、現在はだいぶ売り出して誇張している在日系とは、意味がぜんぜん違います。これは○○慶子も同様です。たとえば作家の五木寛之は彼女を評価して、主題歌と主演のドラマで起用しています。ロマンポルノ以外の一般系の主演やメインは任せられませんでしたが、宮下順子も同様です。

当時は日本人のだと結因的に国民を騙していた事実はありますが、現実に製作会社や大衆にも評価されていたことも事実、これはわかっていただきたいところです。評価していた人間がたまたまあちらに縁がある人だった要素が、現代より強かったわけです。



松竹とTBSによる『新吾十番勝負(1966)』や東映の1972『眠狂四郎』で田村と共演していますが、東映を離れた巨匠松田定次が監督参加した『新吾十番勝負(1966)』はゲスト出演だと考えられます。


1970年代をピークに岡田可愛、宮下順子、2000年代だと余貴美子も活躍しています。他はそうでもない実積の人たちです。



在日レジェンド 野川由美子 帰化人

てなもんや三度笠 平均37.5%を記録 必殺シリーズ 必殺仕掛人 眠狂四郎(1972) 必殺仕置人 桃太郎侍 長七郎江戸日記

里見浩太朗
 中村主水 五木寛之 松田定次

新吾十番勝負(1966) 岡田可愛 宮下順子 余貴美子







歴代在日レジェンド野川由美子の映画の上位代表作といくつかの歴代大記録






2021年時点存命の野川由美子(1944年8月30日生まれ、この記事時点で76歳)というと最近は深夜や朝方のBSやCSのテレビの通販番組で見かけることがあります。ドラマや映画ではほぼ見かけなくなりましたが、2021年時点も活動は現役です。


上記動画の在日帰化人の有名人(時代劇編)(改定版)の14分02秒~14分58秒に時代劇女優の野川由美子が登場します。この10名の中でもっとも多くの代表作が存在しています。テレビ時代劇にもっとも多く出演した女優の一人です。彼女はメインキャストの女優のみで、単独主演はさすがにほぼありませんが、最低600話以上のテレビ時代劇へ、主演から上位数選のメインキャストで出演しました。テレビ時代劇の女優の歴代上位の記録だと考えられます。


肉体の門


日活映画の秀作の『肉体の門(1964)』、戦後直後から何度も映画化されている田村泰次郎の原作題材です。監督は巨匠鈴木清順、出演は宍戸錠、野川由美子、和田浩治など、この『肉体の門(1964)』はアマゾンプライムビデオ版です。視聴の際はできるだけ大画面のほうが理解できます。


野川由美子は重要な第1ヒロインを演じ、映画の最大の代表作、または上位の代表作ともいえます。にっかつロマンポルノ版などもあります。テレビだけではなく、映画は80本以上に出演し、映画でもある程度の活躍、完全に在日レジェンドの一人です。


さらに動画の部分に触れますが、出演は出演していますが時代劇の代表作は少なく岡田可愛、宮下順子、余貴美子は時代劇女優とはいえません。時代劇に出演している女優というが現実です。



通販番組 テレビ時代劇の女優の歴代上位の記録 肉体の門(1964)

田村泰次郎 鈴木清順 宍戸錠 和田浩治 アマゾンプライムビデオ版





田村正和と凄腕の剣の名手の浪人堀田隼人 日活ロマンポルノの在日レジェンド宮下順子







田村正和は、宮下順子と東映のテレビ時代劇『赤穂浪士(1979)』でも共演しています。このドラマは、当時に多額の制作費を投じたテレビ朝日開局20周年記念番組の超大作です。

田村正和は、時代小説の歴代上位作家の大佛次郎(大仏次郎)の原作、映画の戦前に時代劇六大スターの大河内傳次郎と片岡千恵蔵が単独主演のそこそこ上位の代表的な役の一つとして演じ(大河内は自身の10位付近の役柄、千恵蔵は自身20位圏内の有名な役柄)、戦後の日本映画が最盛期に大友柳太朗がメインキャストで2度演じ、自身の上位の当たり役の一つとした堀田隼人を演じました。

役目柄は赤穂浪士に刃向かいながらも、時に危機を手助けし、その信念、清さや魂を知り、だんだんと共鳴、赤穂浪士の死から自分の生き様を見つめなおしていく、凄腕の剣の名手の浪人役を演じています。堀田隼人は大石内蔵助(萬屋錦之介)に次いで、『赤穂浪士(1979)』のトリの表記され、準主役として描かれています。

物質の生と死だけではなく、見えない志やその清い魂を描くのが時代劇の一つの魅力です。時代劇は韓国や中国にもあるようにマスコミやテレビは報じますが、正確には中韓は史劇です。これは任侠とやくざ物を同じという植えつけた嘘と同じだと考えています。




堀田隼人 テレビ朝日開局20周年記念番組 大佛次郎 大仏次郎

時代劇六大スター 大河内傳次郎 片岡千恵蔵 大友柳太朗 赤穂浪士 大石内蔵助 萬屋錦之介







映画愛子はCSや録画で視聴済みですが、『赤穂浪士(1979)』は商品化されていないため、戦前に片岡千恵蔵と田村の父バンツマの”歴代上位の国民的映画俳優”がダブル主演、日活オールスターキャストの名作の忠臣蔵映画の名作『忠臣蔵 天の巻 地の巻(総集編)』です。軽く名優40名以上が出演。のちに田村正和と宮下順子が共演している『赤穂浪士(1979)』へ忠臣蔵題材などのつながりが存在します。



忠臣蔵 「天の巻」「地の巻」(総集編)



1938年3月31日に公開されたとされている、3時間近い超大作『忠臣蔵 天の巻 地の巻』の171分版オリジナルは、現存せずに視聴できません。パッケージが新しくなりました。片岡千恵蔵の自身上位8選の当たり役の一つ、浅野内匠頭の顔を押し出した上半身のアップ写真を起用しています。



日活オールスターキャスト 忠臣蔵映画 忠臣蔵 天の巻 地の巻(総集編) 忠臣蔵 天の巻 地の巻

日活ロマンポルノ にっかつロマンポルノ



役柄の雰囲気と解釈、自身独自の個性や魅力を含んだ素晴らしい写真映りです。現在でも高い人気がある片岡千恵蔵が、どのように、浅野内匠頭という役柄に挑んだのか、考察する意味がある映画、日本の映像芸能の真実や、その魂を探る意味でも価値のある名作です。


忠臣蔵 「天の巻」「地の巻」(総集編)


宮下順子は、日活ロマンポルノ(にっかつロマンポルノ)の歴代上位の人気女優の一人で、映画愛子は最近も彼女を視聴していますが、その妖艶な演技は、素晴らしい女優です。確定している在日女優ではそこそこ上位に含まれる人物です。確定の中ではベスト10級です。残念ながらエロさは、日本人さえも負ける部分があります。


日本人の歴代の実積にも踏み込みながら、在日女優の良さへも踏み込んでいますが、映画愛子は反日や左翼ではありません。


在日韓国人=ただの批判だけではなく、在日韓国人中にも、日本の芸能へ真摯に向き合い、染まっていった、評価するべき存在が確実にいることも知っていただけたら幸いです。





姉妹ブログの新記事
世界中嫌韓 虚言捏造超大国の韓国の恥の国策7000億円プロパガンダへ大嵐1623コメ ブームだと詐欺られた数パーセントの悪事









日々探求の励みに⇒にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへにほんブログ村こちらもポチ⇒映画(全般) ブログランキングへ

現実は時に厳しいが 未来に踏み出せ!

2021/06/15 20:35 | 超大物俳優COMMENT(2)TRACKBACK(0)  

日の丸戦勝と共産売国奴 チャールズ・チャップリンVS映画超大国大日本の世界ベスト3サイレント超名優



日の丸戦勝と共産売国奴 チャールズ・チャップリンVS映画超大国大日本の世界ベスト3サイレント超名優




日本映画最初の三大スターは外国ライバルのチャールズ・チャップリンさえも軽く凌駕と追い越し実現していた



映画にも関わりがあるマスコミの不正を紹介する衝撃の前回動画”この女何者だ?”、または”何者だ?この女”のフレーズが非常に頭に残ります。シンプルでインパクトが強い。今回は、前回の流れで今回もテレビが伝えない映画スターたちの伝説に迫ります。


今回も都合が良いことしか書けない、企業の案件のありきたりな映画ブログの記事ではなく、過去と現代と未来が垣間見える、ナンセンスも交えた斬新さと個性で、独自な映画の世界に迫ります。



外国人のコロナ感染者が異常です。日本でも経済的な大きな被害がありますが、欧米(白人中心の国)は再び新規感染確認者が1日で1万人を越す国がいくつもあります。特に白人たち規則を守らず、感情のままに身体を動かす、だらしないと存在と考えてしまいます。彼らは白人至上主義=劣化人種(つまり自分たちが優れていると映画やその先人を通じてもアピールするが実は一番優れていない人種)なのか、


日本は感染者をじわじわ増やしてはいますが、外国の特に欧米よりは比較的、またはそれ以上に少ない人数に押さえ込んでいます。外国人よりも日本人は優れた存在なのか、白人よりも日本人のほうが優秀なのか、今回の記事とも関わりがあります。






映画の真実を無視し、都合が良い映画を誇張し続けるマスコミの”この女何者だ?”も登場する前回記事⇒映画「浪人祭」に隠された伝説的な先輩後輩大スター同士の知られざるリスペクト




嵐璃徳は、主演本数は日本映画歴代ベスト10に含まれる最低でも175本を記録(データがないものも考えると200本に迫ると考えられる)、サイレント映画の主演数も当時、松之助、四郎五郎に次ぐ世界ベスト3です。実はあの外国の長有名俳優に対しても、ある部分において確実に勝利しています。





嵐璃徳
 白人至上主義 劣化人種






チャールズ・チャップリンさえも軽く数字で凌駕と追い越す嵐璃徳ら日本を代表する世界的な映画俳優たち







璃徳と同時期に活躍したチャールズ・チャップリン(Charles Chaplin、1889~1977、イギリス生まれの俳優、監督、製作などの映画人)の出演90強、主演数は公式外(未公開、未完成など)を含むと、80本強、出演さえも100作を越していません。璃徳は200本とも言われる確認できるだけでも175本ほどの主演作の記録が存在しています。なんと日本の歴代俳優があの知名度先行型よりも、2倍以上の差を付けています。

チャップリンは数は少ないながら晩年はトーキー映画にも出演していますが、サイレント映画が9割ほどを占めメインです。なんと大スターなのに主演はおろか、出演さえも100本を越していません。璃徳は300作ほどの映画に出演、2名の対峙は主演よりも倍率が増えて、3倍を越すの大差です。


知名度先行型とも言われる名優のチャップリンは、名作は外国上位の20本以上あるにしても、日本だと歴代上位にさえ入りません。また、嵐璃徳などのように、映画大スターの条件の一つ、主演100本さえ越していない現実があります。これは大きな事実です。一言でいうとチャップリンは名作はそこそこありますが、少なめの出演と主演、10度以上映画で演じた一つもない当たり役、3つの問題点の大きな事実、名作は外国でも上位、日本含むと50位以下ですが、そのほかの通産の数字がたいしたことないわけです。

この3つが活躍したある程度レベルだと伝えることを無視しています。マスコミは物事を偏りって伝え、一つの部分のみを誇張してその部分のみで優れていると報道し、他の部分を無視します。





チャールズ・チャップリン Charles Chaplin チャップリン







まさかの対峙 高倉健VSチャールズ・チャップリン







ちなみに2010年代まで存命だった高倉健は日本映画歴代20位にランクインする110本を越す単独主演作、出演数は200作強があるため、チャールズ・チャップリンの公式外含む主演80作強、出演90作強、さらに代表作本数(高倉50強、チャップリン20強)で大きく上回っています。これも事実です。特に主演がメインで出演数2倍の差は大きな差です。



高倉健は100本ほどの長編主演作(他に中編映画もあり)が存在しますが、チャールズ・チャップリンの主演長編映画はデビュー時が40年強ずれていることも影響していますが、サイレントメインだったことも影響しているにしても、現実に10本ほどに留まっています。約10倍の差が存在しています。なんとチャップリンは、戦後デビューの彼にさえ数字で負けています。これも事実です。



この数字を出すと高倉健は戦後のみながらサイレント中心の外国大スターの勝利している部分があるわけで、かなり活動したことが改めて分かります。チャールズ・チャップリンを数字のいくつかで確実に凌駕している事実が存在しています。個人的にチャールズ・チャップリンも高倉健も多数の映画は優れていると考えています。

映画そのものの良し悪しは個人差がある部分なので、内容の良し悪しでどちらが上とは言えませんが、上記同様に高倉が数で大きく上回っていることは事実です。労力や撮影などの手間を含めても、サイレントを長編に置き換えたとしても本数は上回っているといえます。

その直属大先輩で、時代劇という日本人、日本映画の魂の形成と黄金期や、東映の現代劇形成と黄金期に貢献の片岡千恵蔵や他の時代劇六大スターの5名はそれを更に凌駕しているわけですが、今回の内容と大きく反れるのでやめておきましょう。

マスコミがこの本当の事実を無視し続けるため、ご存じない方も多いかもしれませんが、嵐璃徳尾上松之助沢村四郎五郎などは、歴代の日本の映画俳優は、同時に世界的な映画スターである現実と凄みを感じさせてくれます。




高倉健

片岡千恵蔵 時代劇六大スター








映画に関わりがあるマスコミが擁護する左派と左翼の過去や現代の映画監督にも関与する推薦動画







実はチャールズ・チャップリンは日本で2020年10月に大騒動になっている日本学術会議の騒動とも大きく関与しています。彼がアメリカから一時追放された「赤狩り」です。事実上の赤狩りの要素も一部に指摘されています。

映画も政治が非常に関与しています。ただの娯楽のみしか注目せずに、これを部外視する人もいますが、映画は政治も含めて楽しむ部分が存在しています。つまり娯楽には痛みが伴う、これが真の映画ファン、もちろんそれぞれの考え方があるわけですが、映画と政治を受け入れること、これが多様性の現代と未来のあり方ではないでしょうか。





【学者さん達仲間割れ!遂に飛び出す日本学術会議「廃止」論!】マスコミと左派人が必死で擁護してるのに学者さん達が仲間割れ!大学教授から飛び出し



このユーチューバーくまさんは発言は過激ですが、もっともなことを国民の変わりに代弁している部分があります。これくらいの雰囲気で、しゃべらないと危機意識が刺激されない部分があります。

国民の大切な税金がなんだか分からない組織に利用され、大陸側に流れている可能性さえある。国民は怒っていますし、疑問がありますし、不安です。研究者は自分の専門分野のみで頭よくても、世の中の9割以上を占める大衆や庶民の気持ちは理解できていません。

過去のK・A監督などもですが、近年にテレビが優遇している現代の日本学術会議の政府の対応に異議を唱えたK・H監督やキャスター・タレントのSはこの動画でも登場、テレビ関係者はあっち向きばかりを優先的にテレビに出演させています。



菅総理が日本学術会議の会員候補6名の任命を拒否した理由がわかりました!



この動画の彼は感情を抑え目で話しています。




テレビと同様に、日本学術会議でも左派であることがさらに明らかになりましたが、過去や現代の映画でも左的な人間たちを中心に知名度を高めるなどの大きな優遇しています。


チャップリンのことに関しても、一定の世代以上の方々は知名度が高いものが良いと子供の頃から生活と洗脳で刷り込まれてきたため、この事実が残念ながら鵜呑みにできないかもしれません。世の中の知名度やイメージは全部が嘘ではありませんが、マスコミが作り出している虚構が多くを占めています。



残念ながらチャップリンは日本学術会議のマスコミの誇張と同様に、実積以上の知名度先行型の印象操作、情報操作を実現させた事実を生み出しています。これは彼の名誉のあるので一言必要ですが、彼自身がけして悪いわけではありません、日本の放送局や某広告会社、外国の企業も絡んで長年、尻拭いの誇張を繰り返しています。過去に一度誇張したものは実積の何倍も大きく10,100,1000と返すのがマスコミの個性的な生態です。つまり彼らは1を1000、まさに千倍誇張です。


まさにマスコミの千倍誇張は、半沢直樹の千倍返しにも通じる、中国共産党の千人計画ともつながり、3つの千がつながります。






日本学術会議
 赤狩り 菅総理
 中国共産党





女子小学生誘拐犯は中国籍の女 令和元年の9歳以下の行方不明者警察庁発表は1253人



映画から少し離れますが、いえ離れていません。左、中国人の犯罪者という面、左マスコミという面、さらに左俳優のチャップリンとつながりがあります。真実を伝えるためにもう一つ、テレビやマスコミがいかに左狂っているのかを示す下の参考動画の一つです。映画愛子もこれは知らずに驚きました。日本人の未来を背負う子供たちが消えているのに、真実をほぼ取り上げないマスゴミの真実の一つ、まさに彼らは日本を内から壊そうとする売国奴です。本当に許せません。気になる方は詳しくはご覧ください。

『2020年7月11日:静岡放送「女子小学生誘拐犯は中国籍の女」:令和元年の9歳以下の行方不明者警察庁発表「1253人」』第254回【水間条項TV】



小学生誘拐
 9歳以下の行方不明者 水間条項 女子小学生誘拐犯は中国籍の女 中国籍の女 売国奴





日本映画初期の重要な3つの概念 日本映画最初の三大スターと一人スター体制と二大スター体制、三大スター体制と、外国を代表するサイレント映画の大スターチャップリン






尾上松之助沢村四郎五郎嵐璃徳の3名と外国俳優との深くも含めるため、日本映画最初の三大スターと一人スター体制と二大スター体制、三大スター体制、外国を代表するサイレント映画の大スターの4つを取り上げます。



嵐璃徳は1920年デビューのため、これ以前は1909デビューで、1910年からの尾上松之助の一人スター体制、1916年からは尾上松之助(1910年ブレイク)、沢村四郎五郎(1916年ブレイク)の二大スター体制でした。その後、下記にも登場の三大スター体制とも考えられる時期がやってきます。








日本映画最初の三大スター

尾上松之助 1909横田商会デビュー 1910ブレイク 1912日活移籍 日活初と日本最初の映画大スターとして君臨 1925死去
沢村四郎五郎 1914天活デビュー 1916ブレイク 1920国活移籍、1921松竹移籍、松竹映画最初の映画大スターとなる 1925引退
嵐璃徳 1889年デビュー、1920年に帝国キネマで本格的なデビュー 事実上1920にブレイク 帝国キネマの最初のトップ体制 1935引退



*日本映画初の一人大スター体制

尾上松之助 1909デビュー 1910ブレイク 対象期間1910~1915


*日本映画初の二大スター体制 対象期間の璃徳を含める形と含めない形が存在

尾上松之助 1909デビュー 1910ブレイク 璃徳を含める対象期間1916~1919、含めない1916~1925
沢村四郎五郎 1914デビュー 1916ブレイク 璃徳を含める対象期間1916~1919、含めない1916~1925


*三大スター体制 1920~1925の6年間  ナンバーワン松之助の死で概念消滅

尾上松之助 1909デビュー 1910ブレイク 対象期間1920~1925
沢村四郎五郎 1914デビュー 1916ブレイク 対象期間1920~1925
嵐璃徳 1889年デビュー、1920年に本格的なデビュー ブレイク記録なし 対象期間1920~1925


*外国を代表するサイレント映画の大スター

チャールズ・チャップリン 1914年デビューとブレイク 1921、1923までが連続映画主演時代のピーク、映画の連続主演していた時期の内容のみだと1921までともいえる。事実上8~10年が最大のピークともいえる。

それ以降は人気の低迷と政治的な動向も重なり、長期間の間でアメリカを追い出され、本数が急激に減少、それ以降も名作はいくつか残すが、このピーク時以降は本数さえ10本ほどに留まり苦戦。戦後はどうにか1952年の晩年の代表作『ライムライト』(日本公開は1953)を残す、当時は戦前のサイレント期にピークを越した映画人が久々に当たった1本という捕らえ方である。







日活 天活 国活 松竹 帝国キネマ

ライムライト





見えてくる過去の映画超大国日本 尾上松之助VSチャールズ・チャップリン 衝撃初の国民的な映画スターは日本の勝利だ








実はこの4名を並べると1889年デビューの嵐璃徳を最初に、1909デビューの尾上松之助、1914年デビューの沢村四郎五郎とチャールズ・チャップリンと続きます。尾上松之助は1910年に忍術映画を中心に子供たちに圧倒的な支持、さらに忠臣蔵、水戸黄門などの国民的な題材で大人を一部巻き込み娯楽映画の大ブレイク、チャールズ・チャップリンはインテリ向けの喜劇や風刺の路線で1914年に最初の大成功、なんと松之助が、あのチャップリンよりも5年ほども先です。当時の5年は原題以上に大きなものです。特に映画の世界でこれは意味があることです。


チャップリンの最初に大成功を記録した『Caughtin the Rain』(原題)は1921『キッド』(最大のピーク時の代表作の一つ)や1925『チャップリンの黄金狂時代』(本数低迷時の代表作の一つ)などの代表作を5本以上連発していた時期の作品、さらに本数激減時の代表作の1936『モダン・タイムス』などと比べると上位の代表作ではありませんが、非常に意味がある映画です。




チャップリン作品集1 [ チャールズ・チャップリン ]

チャップリン映画は、単発の作品は見る機会はあっても短編は観ていない人が多く存在知るため、上記の短編の作品集が意外と貴重です。







チャップリン主演の貴重なユーチューブ映画『Caughtin the Rain』(原題)バージョン1とバージョン2







チャップリンの主演のユーチューブ公開映画『Caughtin the Rain』(原題)バージョン1とバージョン2実はこの『Caughtin the Rain』(原題)は1914年に公開した2020年から100年以上前の作品ですが、日本で未公開となっています。非常に貴重な作品です。実は日本人にあまり知られていない秀作です。チャップリンの最初のブレイク時の勢いや当ててやるぞの野心を感じさせてくれます。




『Caughtin the Rain』(原題)バージョン1



Charlie Chaplin: Caught in The Rain (Laurel & Hardy)

『Caughtin the Rain』は投稿者と分数に多少の違いがあります。今回はバージョン1と下記のバージョン2を用意しました。



『Caughtin the Rain』(原題)バージョン2




Charlie Chaplin - Caught in the Rain (1914) - FULL MOVIE
今やフリー素材ともいえる彼の映画はこの面でも非常に稀なわけですが、それそのものが一概に評価とは言えません。が、非常に動きにうったえる分かりやすくユーモアがあるインテリな映画です。約13分





Caughtin the Rain ユーチューブ公開映画







チャップリンを擁護する白人たちに知らすべき、5年という重大な時間の大差







上記方面の「日本映画初期の重要な3つの概念 日本映画最初の三大スターと一人スター体制と二大スター体制、三大スター体制と、外国を代表するサイレント映画の大スターチャップリン」の小見出し部分でも取り上げていますが、

日本のほうが国民的映画スター第1号ともいわれる尾上松之助が、同時期の外国を代表するサイレンと映画スターのチャールズ・チャップリンの先に大ブレイクしている事実が判明(個人的には昔から知っていますがこのブログ記事としては初の取り上げ)、チャップリンを特に擁護するイギリスやアメリカの白人たちはこの事実を幅広く知っているのでしょうか。


アメリカを形成に中心的だったチャップリンの母国のイギリス人=白人たちは日本人に事実上、負けていることをけして認めたがらないでしょうが、現実に5年先の事実が存在、日本のほうが完全に先です。外国人たち、特に白人たちにも知っていただきたい現実です。





ウラ記事公開予定場所 10月中に公開予定
映画を極めろ一直線女子の裏道ばやり




日々探求の励みに⇒にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへにほんブログ村こちらもポチ⇒映画(全般) ブログランキングへ

現実は時に厳しいが 未来に踏み出せ!

2020/10/15 19:19 | 超大物俳優COMMENT(2)TRACKBACK(0)