fc2ブログ

トラブルで主演女優賞を棒に振った女優(4月のみそかにぶっちゃけトーク大展開!!)

* The sale of this MagabloSM has been discontinued.
What is MagabloSM?
関連記事
日々探求の励みに⇒にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへにほんブログ村こちらもポチ⇒映画(全般) ブログランキングへ

現実は時に厳しいが 未来に踏み出せ!

2013/04/30 17:34 | 未(235記事)  

現代の名匠が芯に愛する”聖”なるモノは今 何処に・・・

現代の名匠が芯に愛する”聖”なるモノは今 何処に・・・


東京画」(85年)のつづき約1ヶ月ぶりです。前回こちらをご覧ください2013/03/28以来の記事となります。

現役で最近もドキュメンタリーものを手がけているドイツ映画監督の巨匠ヴィム・ヴェンダース小津安二郎監督の世界的に見られている名作「東京物語」の足跡を探るため東京へ降り立った。(他にも邦画には有名ではない名作が多く在るが他の国の人は見れていないようでさびしい)

1985年の日本。

日本が戦争に負けて約40年
東京物語(1953年公開)から30年少し
今(2013年)から30年位前の東京。


そこには奇妙な光景が広がっていた。

DSC02758.jpg

ヴィム・ヴェンダースが求めていたものは
聖なるモノ”だった
ここでいう聖なるモノとは小津が確立した独自な
時代や世代に左右されない普遍的な家族の営みをあえて作為的に作り出し形成、作品を包み込む独特な空気感、個性的なカメラワーク作風や台詞回し、基本在るべきシーンの省きの技など多数。

簡単に言えば他の
世界の名作にさえ存在しない”作品のすばらしさ”である。

DSC02762.jpg

モノクロの心地よい世界
そんな世界は・・・・・・・・・・・

DSC02761.jpg

現実に・・
あるはずもないのだ。
本当はわかっていた東京に作品のような
すばらしい世界が存在しているはずはないのだ。
たとえ1953年当時にでさえそれはありえない。

小津安二郎という監督は世界や地域・国境を越えて
それだけ巧みな内容(魔術)を作りだし
若き日のヴィム・ヴェンダースさえ心を揺さぶった!

一人の撮影者と化したヴィム・ヴェンダースの
聖なるモノの面影”を探す”現実を知る旅”が始まる。





日々探求の励みに⇒にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへにほんブログ村こちらもポチ⇒映画(全般) ブログランキングへ

関連記事
現実は時に厳しいが 未来に踏み出せ!

2013/04/28 00:28 | 洋画の解釈COMMENT(0)TRACKBACK(0)  

ためしに動画を久々にブログでのみ限定公開。

* The sale of this MagabloSM has been discontinued.
What is MagabloSM?
関連記事
日々探求の励みに⇒にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへにほんブログ村こちらもポチ⇒映画(全般) ブログランキングへ

現実は時に厳しいが 未来に踏み出せ!

2013/04/26 00:56 | 未(235記事)  

完結 超名優”三國”を共に形成した名・大監督たち

三國連太郎3部作目今回で一応完結します。

三國さんが亡くなる数ヶ月前にとある主演作作品を見たのですがのちの2013ランキングの時紹介しようとおもいます。

テレビは分かりやすく伝えたいのもあると思いますがほとんどが釣りバカと飢餓海峡の三國連太郎と取り上げていたのが残念でした。「飢餓海峡」も去年スカパーでハイビジョン版が放送され録画しています。

今月亡くなったからのお悔やみ特集ではなく三國さんの出演作が普通に数本放送されていました。亡くなった分かっていたかのようにー、三國連太郎にもまだ現役の仲代達矢にも高倉健にも言えることですが1950~70年代には特に日本映画には名・大監督の監督作に多く出ていました。名監督は今なりに数名該当者がいますが、現役で巨匠は山田洋次だけしかはっきりいえる監督がいません。

やはり”良い俳優は良い監督あってこそ存在し得る”のだとわかり、さらに”演技ができるとなお良い”ということが下の監督陣から明白です。


DSC02189.jpg
いい顔、このとき87歳。

==三國連太郎の出演作の名~以上の監督たち==

木下恵介 関川秀雄 稲垣浩 千葉泰樹 木村恵吾 豊田四郎 
成瀬巳喜男 阿部豊 渋谷実 杉江敏男 谷口千吉 本多猪四郎 
久松静児 市川崑 家城巳代治 西河克己 今井正 川島雄三 
滝沢英輔 井上梅次 内田吐夢 中平康 新藤兼人 大島渚 
小林正樹 加藤泰 五所平之助 伊藤大輔 山本薩夫 佐藤純弥 
瀬川昌治 吉田喜重 篠田正浩 今村昌平 沢島忠 中村登 
森一生 森崎東 吉村公三郎 蔵原惟繕 森谷司郎 勅使河原宏 
神代辰巳 相米慎二 藤田敏八 山田洋次 熊井啓 伊丹十三 
松林宗恵 大林宣彦


「このままzzしたくなるばぶー」



谷口千吉監督もも十分な実積ですー
名脇役の菅井一郎と超演技派の脇役や舞台で活躍した大物、
宇野重吉が監督した作品にも出ています。

主に関与した名監督または巨匠、この数は高倉&仲代よりすごい。
上記赤群は皆が数本以上の名作を生涯監督した人たちで、日本には三國だけでも多くの名監督がいましたー意外にもマキノ雅弘深作欣二がなくて黒澤明は脚本担当作には出てて、沢島忠に1本出てるのも意外でした!これを見ればどれだけの数の名・大監督に関与したのかが知れ、すごさ&すさまじさも良くわかり総勢50名ですよw歴代俳優でも50は脇メイン俳優以外ではいない数だと思います。

市川崑 内田吐夢 山本薩夫 に5本強出ていますが、生涯関与監督はかなりバラバラです。しかし「釣りバカ」の監督は有名監督がいないですねwサラリーマン監督が多い。あれはちょくちょく脚本参加した山田洋次が重要な作品でした。

おまけ 三國さんに旅番組出演を昨日(21日)のNHKで放送していて驚いたNHKらしい映像でした。

三國連太郎さん安らかにお眠りください 
あの世では全盛期のような”激しさと静寂さの落差がある”
らしい芝居をしてほしいものです。


「安らかに募」


日々探求の励みに⇒にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへにほんブログ村こちらもポチ⇒映画(全般) ブログランキングへ

関連記事
現実は時に厳しいが 未来に踏み出せ!

2013/04/22 23:30 | 超大物俳優COMMENT(4)TRACKBACK(0)  

「死と史」生涯代表作約50という化け物。

近年、各社が盛り上がらない低迷した日本映画界を盛り上げるためにやたら多くの賞を作った三國連太郎の全盛期にもらった多くの賞はいまの俳優が映画に出ればもらうような細かい小さな賞ではないのだ。
三國連太郎が全盛期がいまであるなら映画演技賞をいくつ受賞しただろうか?大げさかもしれないが「生涯で余裕で100近く行くかもしれない」それだけのプロの演技者であり、泥臭い役への入り込みと確かな演技力、演じわけができる俳優だった。

ー主な三國連太郎代表作セレクトー出演映画数約180本
は特にの代表作

1950年代(デビュー巨匠・名監督に親しむ 松竹・東宝
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
善魔  本日休診 警察日記 続警察日記 ビルマの竪琴 第一部望郷篇 ビルマの竪琴 第二部(現在見れるのは、ビルマの竪琴 総集編)異母兄弟 キクとイサム

1960年代(東映の中村錦之助、高倉健やフリーの仲代達矢とも共演 時代劇で主演・助演
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
宮本武蔵 計5シリーズ(錦之助主演版) はだかっ子 飼育 切腹 王将(三國版)無法松の一生(三國版)
続・王将 飢餓海峡 にっぽん泥棒物語  脅迫(おどし)

1970年代ATGなどの独立社への出演もあり
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
戒厳令  襤褸(ぼろ)の旗 八甲田山 復讐するは我にあり
・1980年代(釣りバカ日誌シリーズスタート
釣りバカ日誌シリーズ(全20作 89年~ 1~2作)親鸞・白い道(監督作) 利休

1990年代 ある意味での円熟期
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
釣りバカ日誌シリーズ(3~10) 息子 大病人  夏の庭 The Friends 美味しんぼ

2000年代 晩年~
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
大河の一滴 釣りバカ日誌シリーズ(11~20(09年 完))


DSC02193.jpg


ー大まかな出演のあらすじー
 ー1950年代ー 
51年 「善魔」でデビューで巨匠、木下恵介作へ出演し三國連太郎
役で出演しそのまま芸名。新人賞。
52  渋谷実監督の「本日休診」へ出演 
55  森繁久彌主演の名作「警察日記」へ出演
56年 巨匠・市川崑の代表作、戦地モノの「ビルマの竪琴」の2作にメイン助演 代表作
57年 歯を抜いたでも有名な家城巳代治の「異母兄弟」で主演&怪演 主演代表作
59  今井正の名作「キクとイサム」助演
 ー1960年代ー 
61年  中村錦之助主演版の「宮本武蔵シリーズ」で助演し、名匠の内田吐夢監督と出会う
      大島渚の異色作「飼育」に日本人主演
62年 名匠、小林正樹の時代劇の代表作、仲代達矢主演の「切腹」への助演 
62&63 時代劇の巨匠伊藤大輔監督の阪東妻三郎版のリメイク「王将」と
    稲垣浩の阪東妻三郎版のリメイク「無法松の一生」へ主演。
65年 内田吐夢の名作「飢餓海峡」の主演代表作、
    巨匠、山本薩夫の「にっぽん泥棒物語」主演し演技賞・代表作 
スター女優・佐久間良子連続殴打話


DSC02191.jpg


 ー1970年代ー
73年 吉田喜重の異色作ATG「戒厳令」主演
74年 篠田正浩の「卑弥呼
    名匠、吉村公三郎の遺作のATG「襤褸(ぼろ)の旗」で主演し、土を食べ・直訴・徘徊シーンの伝説&演技賞。
75年 森谷司郎監督の高倉健主演の大型映画「八甲田山」 へ助演
76年 市川崑の数ある代表作のひとつ 「金田一耕助シリーズ」 の「犬神家の一族」助演
79年「復讐するは我にあり」でアカデミー作品賞への助演貢献
 ー1980年代ー
87年 「親鸞 白い道」で監督で海外 カンヌ国際映画祭特別審査員賞の好評価受ける。
88年  山田洋次も脚本参加した「釣りバカ日誌シリーズ」スタートで主演代表作となる。
89年  名匠勅使河原宏の名作「利休」で主演代表作&数多くの賞
 ー1990年代ー
91年 山田洋次の「息子」主演の代表作&数多くの賞
93年 伊丹十三の「大病人」主演、
94年、相米慎二の読売製作「夏の庭 The Friends
96年 ベテランになっていた森崎東監督の美味しんぼで親子競演
 ー2000年代ー
01年 再び神山監督の「大河の一滴」に助演
09年 20年以上続いたロングシリーズ「釣りバカ日誌シリーズ」終了。



*三國連太郎は超演技派俳優で、高倉健は超スター俳優ですw。
*釣りバカ20作とあわせて約50作の主演や助演での代表作。
*助演でも演技で多く活躍したのが高倉健とは一味二味違う
*三國連太郎亡き後、代表作50越えは現役で50は高倉健だけ。

日々探求の励みに⇒にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへにほんブログ村こちらもポチ⇒映画(全般) ブログランキングへ

関連記事
現実は時に厳しいが 未来に踏み出せ!

2013/04/18 23:46 | 超大物俳優COMMENT(3)TRACKBACK(0)  

日本終了 ”本当の計り知れない俳優”が消えた日

死んだ!死んだ!三國連太郎が死んだ!

このざわざわするものはなんだろう・・・胸が胸が・・高鳴る
そして 止まない
高峰秀子山田五十鈴という大女優が死んだときでさえ



これほど胸が騒いだことはなかった・・書かずにいられない!!原田芳雄大島渚と同じくたとえそれが今後ある高倉健であっても、時間を置いて書くつもりだったが、

それができないのが・・・


この人三國連太郎なのである。


DSC02190.jpg

それだけ真の映画ファンはこの人が好きなのである。
これほど不思議な魅力に溢れた俳優はある意味もういない
日本映画歴代100年少しの中でも三國連太郎という俳優の存在感は計り知れない
なぜなら彼ほど”ちゃんとした造形する演技”を1作1作うまくやった俳優はいないからである。三國連太郎の全盛期70年代までの映画芝居はすさまじい。

日本から本当の俳優が消えた日

これで現役の真の演技派俳優は1(1=三國)から0になった・・4月14日というその日がわすれられなくなりそうで恐い。

三國連太郎は日本映画の映画賞を日本映画全盛期に日本歴代俳優の中で唯一25回以上受賞したからもわかる超演技派俳優であるからだ!今後この俳優を越す俳優はでることはない。

たとえ数だけ越す俳優が万が一に出たとしても全盛期のように良い俳優でさえ日本から消えた。どうでもいいアイドルやタレント俳優がいい演技をしたように振舞い賞をもらうだろう。

実は今年2月に以前録画した三國連太郎主演の未発売・未レンタル作品を1本見ていた。その作品でも三國連太郎は演技賞を受賞している。

”見た者が一生忘れられない魂の叫び”が
  フイルムに異常粘着し縦横無人に支配していた。

DSC02185.jpg写真は2010年に三國連太郎が映画自選10本と選び+解説するという企画を衛星劇場で5ヶ月にわたって放送したときのモノ 亡くなる2週前にに予知するように撮っていた。


次は主な出演作について話していきたい
つづく
日々探求の励みに⇒にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへにほんブログ村こちらもポチ⇒映画(全般) ブログランキングへ

関連記事
現実は時に厳しいが 未来に踏み出せ!

2013/04/16 00:03 | 超大物俳優COMMENT(0)TRACKBACK(0)  

超大俳優父の背中を追いかけてはや55年以上。やはり、届かん。

ワーキング・ガールさらば夏の光ははずします。

監督や俳優ランキングの方でも書いています。
ワーキング・ガールについては去年長ーく書いてるときがありました!
2011ランキング今回で11位までたどり着きます。
今回も3本大まかにセレクトしてみます。


作品タイトル 
     主演          監督        公開年度
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


11・さらば夏の光     
   岡田茉莉子       吉田喜重       1968
12・あばれ大名   
   市川右太衛門       内出好吉      1959
13・リリス 
   ウォーレン・ベイティ   ロバート・ロッセン  1964
14・ワーキング・ガール
   メラニー・グリフィス   マイク・ニコルズ   1988
15・脱出(1944)
   ハンフリー・ボガート  ハワード・ホークス  1944



15・脱出(1944)(HD版)
 ハンフリー・ボガートといえばアメリカ映画の全盛期映画全体の全盛期ともいえる1930から50年代にかけて活躍した超大俳優。映画スターベスト100では堂々1位(1999年のアメリカン・フィルム・インスティチュートAFI))による)、日本でこういうランキングは成り立つません、なぜならちゃんと昔のスターや大物俳優を評価していないからです。アメリカはこういうとこはちゃんとしてると思うので、評価しています。

 最近スティーヴン・スピルバーグの新作「リンカーン」でアカデミー賞主演男優賞を獲得したダニエル・デイ=ルイスがハンフリー・ボガートを上回る3度と話題になりました。しかし数だけは上回りましたが今の映画自体が下向きの時代がなのでハンフリー・ボガートの2回受賞を上回ったことにもならないのです。というより時代が違うから比較にならないというべきでしょうか。ましてや全盛期の今存在しないクラスのスター俳優が毎年何本も製作される名作や傑作に出演していたハリウッドですから競り合いのレベルがキ近年とちがうのです。ダニエル・デイ=ルイス自身も米国民も、皆さんも分かっているかとおもいます。

 ギャングモノ要素と海と船着場ちょうどいい内容でした。スター俳優ハンフリー・ボガートとデビュー作でもあったヒロイン役のローレン・バコールの芝居がギャングのボスとの駆け引きなど普通に見れる内容でしたーこれといった特徴がないのですが、ハードボイルド・スターらしいものを出していると思います。フツにこのころらしいアメリカ映画で、その空気を感じれました。

 最後の4人目の妻となるローレン・バコールと競演した作品で、ハンフリー・ボガートとしては中期の作品になります。代表作のひとつ1942年の「カサブランカ」の2年後の作品でもあります。そういう部分からも作品が楽しめる。


レンタルも多種多少でーwございます#♡””




13・リリス (HD版)
実は最近部分的に見直しました。

DSC04273.jpg写真はロバート・ロッセンウォーレン・ベイティとジーン・セバーグ デビューして初々しいジーン・ハックマンピーター・フォンダも出ている。

ストが2011に見た中でもお気に入りの作品のひとつです、この映画はアメリカン・ニューシネマには入らないんですよねーでもそれにつながるような部分もまたよいのです。
ハスラー」などで一般的に知られる名製作者兼監督でもあるロバート・ロッセンの1964年の遺作で、モノクロなんですが映像が綺麗なんです。モノクロが心地がよくなる。ウォーレン・ベイティといえばベスト10にも入っている某アメリカン・ニューシネマのイメージと重なる部分もあってこっとのほうがその数年前です。情感たっぷりめに進行するんだけど衝撃的シーンがあってそのギャップのうまさが印象に残る作品でした。
主人公の、滝のシーンや馬のお祭り、気を引かせるためのリリスのレズシーンや通称メガネ君(ストがそう読んでるメガネかけてる精神病院の患者)の自殺の経緯やショッキングで苦いラストも印象に残る!

12・あばれ大名(HD版)
 この作品も最近ちょっと見直しました。市川右太衛門といえば生涯1番の当たり役旗本退屈男シリーズの旗本、早乙女主水之介を43年以上演じ、<シリーズ通産30作+テレビシリーズ(73年)>三日月形のおでこ傷と独特な高笑いは右太衛門自身の芝居の印象にもなりました。この「あばれ大名」は右太衛門の生涯第2の代表シリーズものとも言われる”大名シリーズ第6弾でもあります。この映画では大名・前田家の前田慶次郞を演じています。

DSC04319.jpg市川右太衛門の序盤の馬騎乗シーンから


 この作品でも豪快かつかろやかな殺陣シーンや独特なしゃべり癖and高笑いは健在で内出好吉監督がちょうど良い感じのやり過ぎないバランスに仕上げていて好印象を受ける良作、右太衛門はやはりすばらしい俳優で高橋半の音楽もちょうど良く合う。前田利家の大名優、薄田研二と超大物の家康役の大河内傳次郎ともすばらしい掛け合いをしていました。これが一番印象に残る。(これらをしってると今のアクション時代劇はつまりません)

 知らない人のために一応ご説明。市川右太衛門は92歳で亡くなりましたが北大路欣也のお父上です。北大路欣也さんに失礼ですが生涯俳優として市川右太衛門を越すことはできないと思います。それだけすごい俳優です。「親子鷹」という映画や晩年の映画をしりぞいてからの80年代の連続時代劇(1クール)や遺作の90年代の長編時代劇でも競演もしてそれが遺作です。



「クリっクリっリス」

日々探求の励みに⇒にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへにほんブログ村こちらもポチ⇒映画(全般) ブログランキングへ

関連記事
現実は時に厳しいが 未来に踏み出せ!

2013/04/14 16:23 | ランキング(11~COMMENT(1)TRACKBACK(0)  

全盛期のようながたいの良いイメージは見る影もなくひょろっとした姿

* The sale of this MagabloSM has been discontinued.
What is MagabloSM?
関連記事
日々探求の励みに⇒にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへにほんブログ村こちらもポチ⇒映画(全般) ブログランキングへ

現実は時に厳しいが 未来に踏み出せ!

2013/04/09 21:03 | 未(235記事)  

越えられない壁が存在する大物たち

~説明~

*①ーーーーーーーーーーより上が高倉健より上の映画俳優です。(日本の現役"一番スター俳優"の高倉健で紹介)
*①ーと②ーとの間が高倉健を含め同等クラスの俳優
*②ーーーーーーーーーの下が高倉健少し下の俳優です。
*この公開は4月3日の公開を分かりやすくまた追加したものです。

*現在生きているのは三国連太郎 高倉健 小林旭 
菅原文太 仲代達矢
 だけです。
*↓は好き嫌いで決めていませんのでよろしく↓

~~戦前から戦後の代表作が多い大物(国民栄誉賞クラスの映画主演俳優(男))~~~~~~~~~~~~~~~~

尾上松之助

片岡千恵蔵、嵐寛寿郎、市川右太衛門 阪東妻三郎

大河内伝次郎 月形龍之介 長谷川一夫 三船敏郎 

①ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
森繁久彌 市川雷蔵 勝新太郎 中村錦之助(萬屋錦之介) 高倉健

鶴田浩二 若山富三郎 石原裕次郎 上原謙 
 ②ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
大友柳太朗 大川橋蔵 榎本健一 東千代之介 高田浩吉 小林旭 

菅原文太 仲代達矢 三国連太郎 佐田啓二 佐分利信 田宮二郎 渥美清 

松田優作


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
*もちろんこれ以外も主演が多くある俳優はいます、でも数だけではいけません
越えられない壁(特に①ーと②ー)が存在すると思う。高倉健でも届かない存在がある。
いまからでも、生涯960本以上主演and出演映画がある尾上松之助にまずやりましょうよwあげるとすると孫さんや下になるのかな~

すと自身としては今まで数多く見てきて皆好きですが片岡千恵蔵 市川右太衛門 中村錦之助(萬屋錦之介)市川雷蔵が特にいいのでは思います。


70年代以降デビュー俳優では松田優作が唯一入り、70年代以降デビューでは
代表作が一番おおいです。この人に追いつくのが
今や今後の俳優のモチベーションだと思われます。

*細かく説明もしたいのですが時間がめちゃくちゃかかるので別の機会にーマスコミやテレビはお金が落ちる人を現役を中心にひどく神格化しようとしていますから、テレビやマスコミが取り上げてる人=大物とは食い違うのが事実です、くれぐれも信じないようにwでっちあげもかなり多いです。


日々探求の励みに⇒にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへにほんブログ村こちらもポチ⇒映画(全般) ブログランキングへ

関連記事
現実は時に厳しいが 未来に踏み出せ!

2013/04/05 15:35 | 邦画の探求COMMENT(2)TRACKBACK(0)  

超大物俳優を知らない方に分かりやすく日本の現役一番スター俳優の高倉健で紹介しましょう。

よいよ4月になりました。
戦後の日本映画はほぼ理解できましたが、ここ半年くらい戦前の日本映画についてしらべていますー(無論下の俳優以外)

政府が国民栄誉賞を野球の長嶋茂雄松井秀喜にやるらしく、松井秀喜と長嶋茂雄ではけっこう実積が違うと思うもちろん、長嶋茂雄のほうがはるかにうえという意味です。しかし、すごい俳優が日本映画界には多くいます。(国民栄誉賞をあげてほしい映画俳優たち男・主役篇)やります。


日本映画は誕生して今年ですでに100年以上になってるわけですが数多くのスター俳優がいました。

その中でも草分けでる日本初の映画大スター尾上松之助の時代劇群からはじまりました。
もちろん歌舞伎をやめて映画の世界に飛び込んだわけです。

~主な歴代の日本映画歴代の主演スター俳優(男)~

尾上松之助
片岡千恵蔵、阪東妻三郎、市川右太衛門、嵐寛寿郎
大河内伝次郎 月形龍之介 長谷川一夫 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
森繁久彌 市川雷蔵 勝新太郎 鶴田浩二 若山富三郎 
大友柳太朗 高倉健 中村錦之助(萬屋錦之介) 大川橋蔵 
東千代之介 高田浩吉 上原謙 石原裕次郎 小林旭 菅原文太 


~くらいまでが日本の歴代の男の超大物すたー俳優です。(大まかにセレクト)半分以上が時代劇中心で、それだけ時代劇がよかったわけです。

この全員に国民栄誉賞をあげてほしいと思います。この中、現時点では長谷川一夫 森繁久彌しかもらってない事実にわらっちゃいますよね!その事実って高倉健菅原文太は今の流れで言えばもらうのは間違いないでしょう。小林旭はどうなるのかな~!石原裕次郎がまだもらっていないようで驚きです。今からでもやらなきゃやらなきゃ

超大物俳優を知らない方に分かりやすく若者から老人まで名前は知っている日本の現役一番スター俳優の高倉健で紹介しましょう。高倉健以上または同等な俳優が尾上松之助、片岡千恵蔵を始めこれだけいるということです。渥美清も国民栄誉賞もらっていますがこのクラス以下だとわたしはおもっています。東千代之介はちょっと迷った!

ーーーーーーーーーーより上が高倉健より上の映画俳優です。
ーーーーーーーーーの下が高倉健同等クラスまたは少し下の俳優です。

これで超大物俳優を知らない方も分かりやすいとおもいますよ!
これからすれば”最近のタレント俳優”は足元にも及ばないことが良くわかります。






どこでもアソコでもワクワク






日々探求の励みに⇒にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへにほんブログ村こちらもポチ⇒映画(全般) ブログランキングへ

関連記事
現実は時に厳しいが 未来に踏み出せ!

2013/04/03 18:12 | 邦画の探求COMMENT(1)TRACKBACK(0)  

 | BLOG TOP |