fc2ブログ

生誕90年の中村錦之助「マスガン無視の映画歴代記録」 総勢「義経セブンス」去来する群像を超えていく大スペクタクル





生誕90年の中村錦之助「マスガン無視の映画歴代記録」 総勢「義経セブンス」去来する群像を超えていく大スペクタクル






2022年の最後の記事、やはりこの人で大トリといきましょう。

最後は大真面目ときれいごともあるのか、映画界最大級の幻カップルに、

まさかの、源義経と静御前が去来する群像を越えていくはずの大スペクタクル





前回記事 声優大戦争「櫻井~鈴村~ちゃんちゃんちゃーららん」鋼鉄Muu天使降臨 さくらの超機動放送のP.S.孝宏サ・ヨ・ウ・ナ・ラ






戦後2名のみの〇〇映画主演100本の大記録 かつて現代劇と時代劇が両輪の映画界の2大ジャンルだった日本の芸能界の最盛期






かつて現代劇と時代劇が両輪の映画界の2大ジャンルだった日本の芸能界の最盛期、それはもちろん映画時代です。テレビは認めたくないでしょう。テレビは自分たちが一番にしたいため、平気で嘘をつきます。


2022年に生誕90年の時代劇を代表する俳優の一人の中村錦之助(のちの萬屋錦之介)、生まれ年1932~没年1997、”戦後デビューの時代劇スターで、時代劇映画の主演のみの100本を記録”、

中村錦之助 萬屋錦之介

これはライバルの大映の市川雷蔵と共に戦後デビュー名のみの時代劇主演100本、東映の歴代の映画俳優の主演数としても片岡千恵蔵、市川右太衛門(110本強)、高倉健(105本強)に次ぐ本数を記録、勝新太郎は時代劇映画のみだと主演100本に到達しておらず、時代劇は89本です。


市川雷蔵 片岡千恵蔵 市川右太衛門 高倉健 勝新太郎




映画界が衰退後も、年齢が若かったことが大きく、多くのチャンスから、しっかちとチャンスを掴んで、テレビドラマでも活躍、映画とテレビドラマにおいて、もっともバランス良く活躍したといえる数少ない人物です。

戦後を代表する映画スターの一人であり、時代劇映画を代表する俳優の一人、また、テレビ時代劇を代表する俳優の1人です。また映像史を代表する俳優の1人です。


錦之助も深く関与している東映映画の最盛期、下記の”東映映画のみの歴代主演数ベスト10と主演50本俳優”からも、彼の功績の一部分を読み取ることができます。






テレビが完全無視する現実 東映映画のみの歴代主演数の錦之助は歴代4位だった






個人的にランキング的に伝えることをやりたくない派ですが、わかりやすく伝えるため、時には必要だと思うことがあります。もちろん、これのみで全体を伝えることはできませんが、一つの活躍を伝えることができます。




東映映画のみの歴代主演数ベスト10と主演50本俳優 (主要は含まず、単独とW主演のみ、前身の東横も含む、配給のみ含む)


片岡千恵蔵 140本以上 *突き抜けて最多、ほぼ一級作品
市川右太衛門 110本強 *ほぼ一級作品
高倉健 105本強  *ブレイク前は低予算系が多数
中村錦之助 100本強(101本) *約2割が中編映画
鶴田浩二 約100本 *ほぼ一級作品、約5本圏内に3名の混戦
 5位圏内

東千代之介 90本強 *中編映画が半数強
梅宮辰夫 84本 *B級系が大半のため同世代よりも本数が多い
大川橋蔵 80本 *一部に中編
大友柳太朗 70本 *一級系とB級系の半々
美空ひばり 62本 *ほぼ一級作品
 10位圏内

菅原文太 57本 *東映移籍から早くブレイクしたため低予算は少なめ
松方弘樹 53本 *数館上映の東映ビデオ外すと51、初期は低予算系
千葉真一 50本 *特に初期は低予算系が多い
 実写映画の主演50本以上は計13名
~~~~~~~~~~~~~~~~~
<惜しい数本差>
里見浩太朗 47本 *2022時点の現役俳優、低予算系の中編が大半 里見浩太郎の名義のころ

<知名度ほどではない比較対象>
松田優作(民族名・金優作) 12本 *比較対象として登場



*全出演作を確認している数字です。
*実は、千恵蔵だけは近年、東映の主演作が数本発掘されています。
そのため、140本以上と判断し、複数が増える可能性を含めています。

50本は境目、大台到達の区切りということができ、ちなみに2022年時点現役の役所広司(現代風の大物)は、50本の主演に到達していません。師匠の仲代達矢の主演数に追いついて、だんだんと里見浩太朗の映画主演の本数に近づいています。

役所広司 仲代達矢


鶴田浩二 東千代之介 梅宮辰夫 大川橋蔵 大友柳太朗 菅原文太 松方弘樹 千葉真一 







意外な東映映画の先輩と後輩 里見浩太朗と松田優作 知名度先行の少ない数字と売り出された末の残念な数字






松田優作は在日系(帰化済み、朝鮮系の民族名・金優作、母親が朝鮮系)ということもあるのか、東映による広告やマスコミの優遇で、通産の実積以上に知名度が非常に高く、的中率は比較的高い理由があるにしても、東映の本数はたった12本です。


松田優作
朝鮮系の民族名・金優作 金優作

松田優作は、全体の映画主演作18本(『遊戯シリーズ』、『家族ゲーム』)などがあり、20本にさえ到達していません。松田優作は、マスコミが長年にわたって宣伝を繰り返し、高い知名度をわざと維持させているため(これは朝鮮系の国外内企業や朝鮮系の国外内団体、また韓国政府などによる資金が働いているものと考えられる)、


遊戯シリーズ 家族ゲーム


多くの方がご存じかと思いますが、彼の主演18本中、12本が東映系(『遊戯シリーズ』など)の映画です。

東映の俳優(専属ではないが)といっても良いほどの、東映系作品の主演が大半を占めていますが、現実は、主演140本が確認できる日本人の片岡千恵蔵の十分の一以下の大差が存在しています。

在日系の韓国系=朝鮮系だからという利権の理由で、マスコミはむやみに実積の10倍以上の知名度へ誇張することはやめていただきたい。彼の件は、芸能において、今も外国系による日本人差別が行われている濃厚な可能性を伝えています。

実積と知名度は、ぜひともマスコミやメディアには近いように努力していただきたいと考えていますが、彼らは<a href=”https://www.google.co.jp/search?num=50&q=<a href=”https://www.google.co.jp/search?num=50&q=

片岡千恵蔵(時代劇と現代劇の両輪)と市川右太衛門(ほぼ時代劇選任)が東映を形成、最盛期を潜り抜けてきたことがわかり、時代劇路線のに錦之助、橋蔵、東千代之介が加り、千恵蔵の現代劇路線の後を継ぐ存在として、移籍組の鶴田浩二と、東映生え抜きの高倉健が伸びていったことが本数から伺い知れます。

里見浩太朗(映画時代は里見浩太郎の名義)と、松田優作の間に実に数十名が存在していますが、今回は控えます。里見浩太朗はこの中では唯一の現役ですが、大きな代表作がありませんでした。が、本数を伸ばしています。これは東映が彼を強く売り出していたことがわかります。

里見浩太朗

千恵蔵や右太衛門に気に入られたことも大きな要因、特に千恵蔵に気に入られていたエピソード(里見のまったく売れていない自称俳優の息子が、もう10年ほど前でしょうか、日本テレビ系のトークバラエティ番組「さんま御殿」で、幼少期に自宅帰宅したら、超大物の千恵蔵と父親・里見が話していて、すごく驚いた、ビックリしたというエピソードを披露)がありますが、



さんま御殿 里見浩太朗の息子


里見浩太朗自身は、映画時代に主演のブレイクできなかった分、テレビ時代にようやく活躍、どうにか映画時代に受けた主演映画47本という膨大な数の蓄積、お金に換算するとその47本の主演映画の製作費は、千恵蔵や錦之助の最盛期などと比べると突き抜けて、低予算が中心とはいえ大手の映画、それでも今のお金でいうと軽く数十億は越しているでしょう。

その恩を映画ではありませんでしたが、テレビ時代劇の代表作を複数の残すことで返すことができました。







中村錦之助主演『源義経 総集編』 生誕90周年に放送されたほぼ放送されていないレア映画






中村錦之助の生誕90年、CS放送では東映チャンネルと時代劇専門チャンネルで出演映画が放送、残念ながらしっかりとした記念番組やドキュメンタリー番組がありませんでした。これも非常に残念です。

小さなものだと、東映チャンネルの10分枠でベテラン女優の岩崎加根子(宮本武蔵で共演)のインタビューがありました。


岩崎加根子


時々映画は放送されているため、特集の意味をあまり違いを感じませんでした。それは記念年でなくても、特に東映チャネルでは主演作が放送されているためです。確認している限りでは放送していませんでした。NHKは日本の文化や芸能を伝えず、人気さえも数パーセント(つまりまったく人気がない)の韓国人を無理やりごり押し中、あまりにもひどすぎます。


呆れると通り越す反日と、矛盾だらけの自虐史観、さらいあり得ない贖罪意識丸出し、日本の経済や日本人の安全な生活を崩壊させようと、日本を仮想敵国に指定している中国や韓国が望む、外国の都合がよい方向へ悪いほうへ誘導している、まさに国賊放送局だ。

今後も国賊を正常なスクランブル化へ導くため、しっかりと批判していくことが重要だと考えています。


東映チャンネル 時代劇専門チャンネル 自虐史観 贖罪意識



中村錦之助は、歌舞伎の名優の中村時蔵の息子で、事実上の東映にスカウトされ専属俳優デビュー、多くの代表作を残していきますが、その主な代表的な主演映画の本数は90本ほどに及び、歴代においてもベスト10に含まれる大記録、これは同時に世界的にも上位を意味しています。例えばチャールズ・チャップリンは80本ほどの主演作で、25本ほどのごく少数(海外ではそこそこ上位)だからです。

錦之助はチャップリンよりも30本ほど主演映画が多く、代表作の本数も3倍強も多い、これはマスコミが無視する事実です。

中村時蔵 チャールズ・チャップリン

錦之助に関しても多くの有名や細かいエピソードがありますが、その部分はあえて無視して独自な部分に迫ります。




2022年は中村錦之助の生誕90年として『続源義経 総集編』が東映チャンネルで放送されました。この映画はレアな映画で、確認している限りはこれまで放送されていないようで、個人的にも録画しました。以前放送されていたとしても、ハイビジョン版は初だと思われます。

『続源義経 総集編』は1955年7月『源義経』と1956年3月『続源義経』の総集編映画です。

続源義経 総集編 源義経 続源義経

源義経 ポスター

残念ながら映画は商品化されていません。源義経というと、上の画像はもっとも有名な絵といえるでしょう、そのポスター版です。



1954年2月の『ひよどり草紙』(製作=新芸術プロダクション、配給=松竹)の映画デビューから、東映の専属デビューは3本目の『新諸国物語 笛吹童子 第一部どくろの旗』が最初です。

ひよどり草紙 新芸術プロダクション 新諸国物語 笛吹童子 第一部どくろの旗



『続源義経 総集編』は、東映の専属デビューから約1年半から2年目に差し掛かる時期の主演作、映画最大の当たり役となる2選の「宮本武蔵」や「一心太助」までは時間を要しますが、1955年の正月映画『新諸国物語 紅孔雀』の5部作(1955の年末から1955年1月松にかけて公開)が大ヒットした直後の流れで、もっとも勢いがあった時期ともいえ、この1955年7月『源義経』1956年3月『続源義経』そして、『続源義経 総集編』に出演しています。







そこに錦之助の顔があった。大手映画会社の最多の制作者本数250本越えの映画大プロデューサーの成長と『源義経』






源義経の映画3本の1955年7月『源義経』は、東宝を代表する大プロデューサーの藤本真澄(日本映画史上、大手映画会社の最多の制作者本数250本越え)を東映へ招いて製作された時代劇映画、しかも、藤本真澄が制作に参加した初の本格的な時代劇映画です。

これは彼が長年活動していき、大プロデューサーに至るための、あまり知られていない重要な要素だと考えられますし、この重要な部分に、2022年に生誕90年の中村錦之助が主演で関与していました。

東宝は本数的に現代劇が中心のため、彼が本格的な時代劇に関わる機会がありませんでした。東映と東宝の事実上のWINWINのコラボレーションは映画業界に発展を考え、さらに藤本の制作者の成長の修行の一つとして、時代劇の東映でほんの1歩でしたが、経験を積まれたといえます。

東映のスター映画の路線や娯楽、オールスター路線の流れを形成した大プロデューサーのマキノ光雄と日本映画の二大プロデューサーが製作の中枢に関与、表記は企画ですが、東映なので事実上の製作者を意味します。東映初代社長の大川博は責任者としての制作者表記をされています。この両名と市川右太衛門とのコンビの大森康正の3名がクレジットされています。



藤本真澄 大森康正 マキノ光雄 大川博



源義経と弁慶

大河ドラマ「義経」から、コメントでこのシーンが好きだと書いている人もいますが、弁慶の松平健と義経の滝沢秀明の見せ場の場面です。





元弁慶の松平健は上位の配役で大河ドラマ、元義経の滝沢秀明はジャニーズを飛び出す








2022年にジャニーズ事務所をやめて独立が囁かれる滝沢秀明主演の大河ドラマ「義経」の総集編、2005年に放送、


滝沢秀明 ジャニーズ事務所 大河ドラマ「義経」 



大河ドラマ 源義経 総集編 全2枚【NHKスクエア限定商品】


2022年の大河ドラマ「鎌倉殿の13人」に上位に配役の平清盛役で出演している松平健武蔵坊弁慶役 映画時代は「錦ちゃん」、「錦にぃ」などと親しみを込めて呼ばれていた中村錦之助の義経につながる部分がある内容です。




鎌倉殿の13人 平清盛  武蔵坊弁慶 錦ちゃん 錦にぃ


2022年、元弁慶の松平健は上位の配役で大河ドラマ、元義経の滝沢秀明はジャニーズを飛び出す(同時にテレビやマスコミとズブズブの創価学会)。2005年以来とは一概にいえませんが、2022年は両名にとって転機となっていくのかもしれません。

反日テレビは旧統一教会はガンガン叩くが、マスコミや芸能系に信者や関係者が膨大に存在するためか、旧統一教会の何倍も危険な大危険な宗教団体の創価学会を完全無視、NHKも旧統一教会のタレントを数多く起用、マスコミは偽善と侵食で塗りたくられています。大河ドラマ「義経」は滝沢秀明以外に目立つ俳優だと上戸彩も創価学会です。

しかも旧統一教会と創価学会の両方とも、日本を仮想敵国認定し、許されない悪徳国の南朝鮮や小中華こと、韓国が絡んでいます。


仮想敵国=南朝鮮=小中華=韓国

上戸彩 創価学会 旧統一教会


滝沢秀明がジャニーズ事務所と”決別”した全内幕




滝沢秀明主演 大河ドラマ 義経 完全版 第壱集 DVD-BOX 全7枚【NHKスクエア限定商品】
 大河ドラマ 義経 完全版の第壱集


NHKは、紅白歌合戦に秋元アイドルやジャニーズ、在日疑惑などを含めると10組越えといわれる韓国に完全な抜けられぬ、国民に反逆中の壺状態、しかも国民から受信料をぶんどり、朝鮮系(人や団体、国など)に国民の受信料を垂れ流している国賊。旧統一教会が信者をだますやり口と同じだ.。


12月に入り、紅白歌合戦が近いことから、韓国系の確定5組が出場させるため、NHKはこれまで以上に、新大久保や芸能系の在日や帰化系、さらに一般の在日韓国人などありとあらゆる手段を駆使して、南朝鮮系=小中華系=韓国系コンテンツの宣伝を繰り返しています。NHKはけして許せません。


「紅白見ない」のワードがツイッターでトレンド入り、NHK=旧統一教会だからだ。国は、ほんの一部の宗教信者二世のみではなく、本当に向きあうべき、1億2000万人の宗教嫌いの庶民を救済せよ。

NHKは自滅の刃の源義経のようになることを望みます。

NHK=旧統一教会 国はほんの一部の宗教信者二世のみではなく、1億2000万人の宗教嫌いの庶民を救済せよ



弁慶と牛若丸


手塚プロダクションが制作に関与している義経と弁慶の橋の上の名場面、この頃の手塚プロは黄金期でまっとうでした。

ですが、近年の手塚プロダクションは、国賊TBSの深夜アニメ「すばらしきこのせかい」などで数十名の中国人を大規模動員している。もちろん韓国人も・・・・ジェノサイドの中国とズブズブの手塚プロダクション、気になる方はこのアニメのEDロールをご覧ください、衝撃は走ります。


「すばらしきこのせかい」は、中国のテンセントと提携中の国民を裏切った売国スクウェア・エニックスの原作、TBS、手塚プロダクション、スクウェア・エニックスこの3社とも、国防上危険な中国とズブズブで、事実上スクエニの2大ゲームのFFもドラクエは過去の遺産です。



すばらしきこのせかい スクウェア・エニックス

記事をご覧ください
中国のテンセントと提携中の国民を裏切った売国スクウェア・エニックス

手塚治虫はあの世で泣いている。子供たちにジェノサイドの中国ずっぽり関与のアニメを見せろというのか?バンダイナムコ(=サンライズ)も角川も、ポニーも、おっとソニー(「鬼滅の刃」のアニメにも中国人大量動員の過去)でした。そして手塚プロダクションも何を考えているんだ!!子供たちに見せられないアニメなど作るな、東映がアニメ制作を開始した1950年代の頃の基本に戻れ、持続可能な日本人を起用するべきだ。危険な外国に大金を流すな。


バンダイナムコ サンライズ 角川 ソニー 鬼滅の刃にも中国人大量動員の過去 鬼滅の刃





生誕90年に幕 美空ひばりと錦之助か 静御前と義経か 突然の運命の別れに激動の共通点







1954年の『ひよどり草紙』は美空ひばりとの初競演でした。歌舞伎俳優としての将来は期待されていましたが、世間的に目上の大スターだった美空ひばりとの映画初出演で初共演、この共演からほどなくして正式に映画界入ることを決断し、しだいに映画俳優として美空ひばりを上回る存在へと急成長を遂げていきます。


美空ひばりと錦之助というと東映の最盛期に恋仲になったことがあり、当時東映撮影所で力を持っていた岡田茂(1970年代前半から東映の2代目社長,美空ひばりの母の加藤喜美枝(事実上のひばりそのものをプロデュースした芸能界史上に残る名マネジャー)や錦之助の母親などの協力した分断工作によって、恋仲が裂かれたことは有名です。



加藤喜美枝

今からすると可哀想だと思う人がいるかもしれませんが、互いののちの功績からすると、意味の岐路となったことは事実です。縁亜衣沙汰がこの若手の時期に広まってしまえば、互いのイメージも地へ落としてしまったことでしょうし、

二人の恋愛が成就していたら、二人のファンにも知られることになり、東映としては興業的に大きな痛手、現在にお金でいう数百億を越す損害が出ていたことでしょう。千恵蔵と右太衛門の両御大体制の力は絶大でしたが、東映の大手6社内の会社別の連続1位は7年続かずに途絶えていたかもしれません。




歴史人物フィギュア 義経源平争乱 単品 2 源頼朝(石橋山の戦い1180)




映画『源義経 総集編』で錦之助は牛若丸役(のちの源義経)、武蔵坊弁慶役は、戦前から100本以上の名作映画に上位出演している伝説の大助演俳優の月形龍之介(全体は助演だが、主演でも40本ほどの主な代表作)

『源義経 総集編』の前編部分にあたる「源義経」に静御前を演じた俳優はいません。登場していません。ヒロイン的位置は中原ひとみ(東映の現代劇を中心に複数の主演代表作、時代劇では錦之助のヒロインの印象が強い)がうつぼという役を演じました、この役は大河ドラマ義経では上戸彩が演じています。

『源義経 総集編』の後編部分にあたる「続源義経」で源九郎義経役(源義経)となり、ようやく千原しのぶ(東映時代劇の最盛期に上位で活躍したヒロイン女優)が演じる静(静御前)が」登場、うつぼも引き続き登場、


月形龍之介 千原しのぶ 中原ひとみ


歴史上において、一ノ谷・屋島・壇ノ浦の合戦から平氏を滅ぼし、最大の功労者と評される後世の位置づけとなったが、兄の頼朝に逆らい朝敵とされ、最期は朝敵とされてしまい、現在の岩手県平泉町の衣川館で自刃したとされています。

妾とされる静御前との関係は、映画やドラマの多くで悲恋的な愛の関係が運命によって引き裂かれています。

中村錦之助と美空ひばりも芸能で活躍を貫くため、運命としてその恋愛は引き裂かれた。

時代の違いがありながらも、静御前と義経か、美空ひばりと錦之助かと、突然の運命の別れに関連を感じてしまいます。


ちょっと無理やりかもしれませんが、いくさの激動と映画の激動がこの両組を引き裂いたように思えます。





武蔵坊弁慶・本放送時の予告編(1986)


貴重な1986年に放送されたNHKのテレビ時代劇『武蔵坊弁慶』の放送当時の予告編、個人的のも視聴していますが、脇役方向の義経と静御前が登場します。義経=川野太郎と静御前は麻生祐未です。主演の弁慶は名優・中村吉右衛門(2代目)です。



川野太郎 麻生祐未 中村吉右衛門



源平武将伝 源義経 (コミック版日本の歴史) 単行本 –


~引用~


内容(「BOOK」データベースより)
戦の天才にして、悲運の武将・源義経。源平合戦の英雄の、短くも激しい生涯をコミック化。
著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)
加来/耕三
歴史家・作家。1958年大阪生まれ。1981年奈良大学文学部史学科卒業

水谷/俊樹
作家。1979年三重県尾鷲市生まれ。2001年大阪コミュニケーションアート専門学校卒業後、(株)加来耕三事務所へ入所、執筆活動を開始。2008年に独立

瀧/玲子
少女誌でデビュー後、大阪コミュニケーションアート専門学校で講師として十数年勤め、現在は名古屋コミュニケーションアート専門学校で講師として在籍(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)




加来耕三はテレビやラジオなどの出演でも一部に知られる著名な歴史家・作家です。彼が漫画の制作側に関わっており、児童から大人まで世代を問わずに、安心して読める内容、漫画化もされている源義経の話、非常に読みやすく、高評価です。



学校では学べない源義経と武蔵坊弁慶の逸話〜弁慶の勧進帳〜|小名木善行


これが弁慶の逸話に迫る動画です。





生誕90年の錦之助を映画の義経を中心に、ポスターの義経、大河ドラマの義経、アニメの義経、フィギュアの義経、吉右衛門ドラマの義経、逸話秘話の義経に、7人の義経が登場しました。






姉妹ブログの新記事 イッタイゼンタイ「どうーなってるの?!」偽善国賊おばけNHK打倒 整形芸能人批判の世界上位大女優オカダド正論 真木よう子と水原希子の国賊壺へんげ










関連記事
日々探求の励みに⇒にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへにほんブログ村こちらもポチ⇒映画(全般) ブログランキングへ

現実は時に厳しいが 未来に踏み出せ!

2022/12/15 07:14 | 超大物俳優COMMENT(7)TRACKBACK(0)  

コメント

12月30日 最悪な左翼三人衆が日本人を馬鹿にする年末

文化放送の年末がやばい

12月30日PM13時から15時半までの2時間半、最悪な番組が得ラジオで放送されていた。

もちろんNHKラジオの無能グループ・坂道推し、韓国系と在日の強烈な優遇、芸能系の左翼起用、まったく笑えない嘘笑いの芸人たち推しも最悪だが、

PM13時からのラジオ「大竹まこと ゴールデンラジオ!」で左翼3人衆が番組を担当していた。大竹は年末休みのため

3人は、在日疑惑のある左翼政治系の金子勝と、左翼コメンテーターのアオキ・リーこと青木理、左翼タレントの室井佑月だ

ビートたけしの子分の大竹まことも左翼言論人だが、それ以上におかしい3名が、年末に生番組を担当するという非常事態は最悪で、青木理がいつもの韓国は素晴らしいという事実とまったく異なる「韓国上げ」をしていた。


No:471 2022/12/30 23:00 | 12月30日 最悪な左翼三人衆が日本人を馬鹿にする年末 #- URL [ 編集 ]

岸田、テ〇リスト中国人をただちに入国禁止にしろ!!

岸田、テ〇リスト中国人をただちに入国禁止にしろ!!

数日前からネット上で騒ぎになっているが、中国本土で膨大な死者が急速に拡大中、近隣のみで3700万人が感染したとされ、火葬場がパンク、どんどん中国人が天へ召されている状況だ。

電車で突然死が大量に発生、金持ちの著名人でさえ感染し、死者も急増している。

武漢系の変異か、別の感染症か、とにかくなんだかわからないわけだから、国民の命を救うために、入国禁止は当たり前だ。

国の金が使われる、入国の規制や隔離では生ぬるい。


岸田、中国人をただちに入国禁止にしろ!!


No:470 2022/12/28 08:41 | 岸田、テ〇リスト中国人をただちに入国禁止にしろ!! #- URL [ 編集 ]

中韓共同で本格派の日本の漫画含むサブカル壊し始まる②


中国大関与、表の顔は韓国で一部安全させ、資金中国。ウェブトゥーン=事実上中国コンテンツ


記事検索
https://www.google.com/search?q=WEBTOON%E3%80%80%E9%9F%93%E5%9B%BD%E4%B8%AD%E5%9B%BD&rlz=1C1QUCD_jaJP1031JP1031&ei=r1ykY56zEdbm-AbazICIDQ&ved=0ahUKEwjexoa6q438AhVWM94KHVomANEQ4dUDCA8&uact=5&oq=WEBTOON%E3%80%80%E9%9F%93%E5%9B%BD%E4%B8%AD%E5%9B%BD&gs_lcp=Cgxnd3Mtd2l6LXNlcnAQA0oECEEYAEoECEYYAFAAWABgAGgAcAB4AIABAIgBAJIBAJgBAA&sclient=gws-wiz-serp




中韓が漫画市場の覇権を獲る日 「漫画版TikTok」は264億円調達
https://www.businessinsider.jp/post-243627






No:469 2022/12/22 22:49 | 中韓共同で本格派の日本の漫画含むサブカル壊し始まる② #- URL [ 編集 ]

中韓共同で本格派の日本のサブカル壊し始まる

WEBTOONという韓国中国による日本の漫画やアニメや声優などのサブカルコンテンツ壊しがやばい

22日のABAMAのアメプラの後編はWEBTOONの全肯定だった。中韓共同で本格派の日本のサブカル壊し始まる




日本の漫画などが韓国中国に主導権を握られ、日本経済はさらに衰退く、さらに経済安全保障上重要。普及すると、日本人の個人情報が危険な韓国や中国などの外国に流れ、日本人が中韓の植民地になる。。

No:468 2022/12/22 22:40 | 中韓共同で本格派の日本のサブカル壊し始まる #- URL [ 編集 ]

ABAMATikTok擁護理由 くりえみという長期の中韓壺女

ABAMAがTikTokをアメリカが禁止に動いている券を取り上げていたが、中国擁護の頭のおかしい連中ばかりで驚いた。

TikTok広告は電通案件で知られ、ABAMAはテレ朝と電通、サイバーエージェント、つまり擁護に必死なわけだ。

くりえみという在日疑惑のある女、こいつは以前から壺=韓国好きと、TikTokを活用している頭のおかしい女だ。こいつは自分が中韓にずぶずぶの壺だという自己肯定の意見ばかりを繰り返していた。

ぱっくんという前から頭のおかしい男、さらに、中国が優れているという根拠のないアホな専門家も出ていたw馬鹿にもほどがある、中国のジェノサイドと日本侵略を容認する男だ!

米中対立という都合がいい言葉を使う連中は基本的に中国擁護の敵国側と考えていい、米中対立ではなく、民主主義と共産主義の戦いだ「日本は同盟国のアメリカだ。、一方「日本は中国を仮想敵国認定」している。つまりABAMAで中国擁護の連中は全て日本の的だということになる。

No:467 2022/12/20 22:34 | ABAMATikTok擁護理由 くりえみという長期の中韓壺女 #- URL [ 編集 ]

ABAMA左翼祭 白井聡の馬鹿丸出一人自家発電に大空への暴言

ABAMAの唯一ともいえる功績は左翼はろくでもないということを伝えている点である。

先週も根拠や議論の伴わない「動物ガー」あたまのおかしい女性が出演していたが、19日は立民のド左翼の小西と反政府で知られるド左翼の白井聡が出演、互いの馬鹿丸出しを競い合った。

白井聡が小西に勝ちたいという風潮で、馬鹿丸出しをリードし、「日本の軍備の増強は意味がない」と根拠のない、中国寄りな発言で一人自家発電ヒートアップ、感情論の馬鹿全開w


話が無駄に長いため、政策話をしてほしいと話す24歳のリベラル大空にお前こそ政策ガーと文句を言う感情論暴言で終了、今日も左翼はきれいごとを並べ、愚論さえもできず、一人よがり、左翼は話が長く馬鹿丸出しだった。

チャットで「白井という新しいおもちゃを見つけたことが収穫だった」が印象に残る。

No:466 2022/12/19 22:42 | ABAMA左翼祭 白井聡の馬鹿丸出一人自家発電に大空への暴言 #- URL [ 編集 ]

16日TikTokごり押し 創価学会=文化放送=TikTok

文化放送がTikTokを堂々番組で宣伝

12月16日の午前10時台、「おとなりさん」という半島を連想させるお花畑番組に無名なTikTok女が登場、誰だお前は?

文化放送に金を積んだ、中国共産党人民解放軍の幹部の名前が経営あるバイトダンスの案件かw

女は、機械のように自分で何も話せない癖に出演

アンガ山根いわく、「なんのためにTikTokを使っているの?」に、この問いにまともに答えることさえできない女、

彼女の代弁で言わせてもらえれば、「日本壊したい中国共産党のために、贖罪意識丸出しで、お金をもらえるから使っている」だろ??


韓流と同じ嘘ゴリ押し行う中国共産党、一部のバイトダンスから金をもらっているインフルエンサーとそれに乗せられたおつむ弱い若者以外の99%の普通な日本国民は、安全保障上危険だからTikTokを使う人間は誰もいない。

この女が消えてから、20分後に創価学会の氷川きよしの番組が流れていたw





No:465 2022/12/16 10:46 | 16日TikTokごり押し 創価学会=文化放送=TikTok #- URL [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP | 

ブログ