fc2ブログ

俳優時代の全空白と映画100本大記録か?前代未聞の謎だらけの名監督を巡る不条理な記録たちに長ドスを埋め込む







俳優時代の全空白と映画100本大記録か?前代未聞の謎だらけの名監督を巡る不条理な記録たちに長ドスを埋め込む








証言や記録は重要ではあるが、しっかりと残さない時代がありました。それは不透明さが生み出すミステリアスな魅力を放ちはしますが、わからないことの哀しさも生み出すもの、映画界に大貢献した、35歳の早過ぎる死去の名匠は、わたしたち現代人へ、なにを語り、なにをを伝えるのでしょうか?






前回記事 忘去名優武井龍三「映画の日」中央大会の受賞が物語る映画人高評とナゾ戦後 伝説の殺陣師足立伶二郎の消失映画数百本






名匠の沼田紅緑ときっても切れない牧野省三の映画会社の縁





沼田紅緑(ぬまたこうろく)は時代劇の名匠の一人です。伝説の映画人の一人ともいえる人物です。


沼田紅緑



最低でも90本を越す監督数、脚本系20本以上、原作6本を記録、日活(日本映画の父の牧野省三も創立に関与)から1915年に尾上松之助の主演作『法華丈助』で、監督デビューしたと考えられ、1921年に牧野教育映画(牧野省三の映画会社)へ移籍、1923年にマキノ系の等持院、1924年に東亜キネマ系の東亜等持院や東亜マキノ等持院(牧野省三も関与)その後、1925年からマキノプロダクション(牧野省三が創立)へ移籍し、1927年最後に事実上の引退となっています。

彼の映画人生は、牧野省三を無しにしては、語れないといえるでしょう。


監督デビューから多くの移籍の全体的に牧野省三が関与していたことになるためです。



日本映画の父 牧野省三 尾上松之助 法華丈助







沼田紅緑の関するわかりやすいさもある動画です。参考にはなります。

いうまでもありませんが、ここ紹介されている内容は彼のほんの一部の履歴です。










沼田紅緑ときっても切れない牧野省三の映画会社の縁

1、1915年に日活(日本映画の父の牧野省三も創立に関与)でデビュー
2、1921年に牧野教育映画(牧野省三の映画会社)へ移籍
3、1923年にマキノ等持院(牧野省三関与の会社)
4、1924年に東亜キネマ系の東亜等持院や東亜マキノ等持院(牧野省三も関与)
5、1925年にマキノプロダクション(牧野省三が創立)へ移籍



計5社、4度の移籍、マキノ系であり、東亜等持院から東亜マキノ等持院は正確には移籍といいにくいものも含みますが、表記が異なるため、5社扱いをしています。なお、1924年に東亜キネマ系の東亜等持院や東亜マキノ等持院(牧野省三も関与)は2度と数えると計6社ともいえます。


日活 牧野教育映画 マキノ等持院 東亜キネマ 東亜等持院 東亜マキノ等持院 マキノプロダクション


沼田紅緑ときっても切れない牧野省三の縁は、いかにマキノという存在が日本の映像文化の歴史に大きく、牧野省三が日本映画に幅広く深く貢献しているのか、物語る履歴といえます。



記録的には90本を越す監督数です。これも少し疑問符があります。







沼田紅緑の監督本数は大台100本を越していた可能性に迫る







事実のみを取りあげるだけが記事とは思いません。可能性の部分も時に大切だと考えています。

記録的には90本強が確認できますが、最低でも100本ほどを上回る監督作があった可能性があると考えられます。


沼田紅緑は1915年の監督デビュー、1915年1本、1916年0本、1917年3本、1918年3本、1919と1920、1921年は0本、1922年は2本、1923年は16本、これが非常におかしな流れです。





沼田紅緑の記録が残る年数別監督本数と主な重要記録たち

1915年1本 *映画監督デビュー
1916年0本 謎の0本①
1917年3本
1918年3本
1919年0本 謎の0本②
1920年0本 謎の0本③
1921年0本 謎の0本④
1922年2本
1923年16本(現存の小雀峠を含むと17本) *代表作を複数放ち、監督としてブレイク *阪東妻三郎の主演デビュー作を撮る
1924年25本  *監督としての最大のピーク 下記にも登場しますが、自身の代表作最多の年数 *月形龍之介の主演デビュー作を撮る
1925年19本 *市川右太衛門とのコンビ形成とデビュー作も撮る
1926年16本
1927年3本 *風邪が原因の35歳死去




実は以前にもこの沼田紅緑について数年前に1度取り上げたことがあります。そのときは展開の都合上、多くの疑問点は無視していました。


小雀峠


阪東妻三郎 月形龍之介 市川右太衛門




小雀峠 [DVD]


名匠沼田監督の唯一の商品化作品 大変貴重です。







沼田紅緑の監督数空白の謎の0本①から謎の0本④







監督としては実働13年、1915年に1本監督、1916年は0本、まず1本から0本が少しおかしいわけです。1917年と1918年はそれぞれ3本ずつの記録がありますが、1919と1920、1921年はなんと0本となっているのです。1917年と1918年はそれぞれ3本からその後の3年間の1919と1920、1921年は監督の記録が0本となっているのです。果たして本当に0本だったのでしょうか、


あくまで個人的としておきますが、流れ上はありえないことだと考えています。監督履歴のデータは消失していたと考えるほうが理屈が通ります。空気の流れがスムーズです。



1919と1920、1921年の監督は0本でしたが、何故か翌年の1922年は2本、さらに1923年は膨大な年間16本という驚異の映画本数を記録します。1924年に生涯の年間最多監督本数の25本を記録(歴代でも数少ない年間監督数25本越え)、事実上の自身の映画監督人生の最大のピークを迎えます。

1925年19本、1926年16本と4年連続映画監督本数二桁(10本以上)と、4年連続映画監督本数15本以上の大記録に到達しています。

ですが、1927年は3本とを監督して引退、華やか過ぎる一時的な大活躍は、目まぐるしい変化を招くのでしょうか、綺麗な花は散るのが早いといえるのかもしれません。






かつてはアメリカを越え、世界でもっとも映画大スターが存在していた日本







また、世界的映画主演俳優の3名、阪東妻三郎(主演200ほど、助演40本以上)、月形龍之介(主演120ほど、大半が上位の助演410本強、記録消失の1923以前に端役が数十本とされる)、市川右太衛門(主演320強、助演10本ほど)の3大俳優の”主演デビュー作”を手がけたとことで広く知られてます。

市川右太衛門は、長く彼を映画の恩師と慕っていたことでも知られています。当時の世界の映画界でもっとも、競争力が高かったのが日本映画の歴代上位俳優であり、同時に世界的名優です。

特に市川右太衛門とのコンビ形成は沼田にとっても大きなものでした。何故ならコンビ数18本を記録しているからです。これは同時に右太衛門にとっても大きく、自身最初の二桁コンビの形成が、沼田監督でした。






裏記事 超絶主演映画スター市川右太衛門と映画監督たちの二桁到達の大記録たちへのリンク






1本も記録なしの恐怖 謎々だらけの名匠の映画俳優時代に日本映画の父の牧野省三の影








上記部分で取り上げた沼田紅緑の監督本数と並ぶといえるかもしれませんが、実は映画俳優時代が謎だらけだとされています。
監督デビュー前は映画俳優であり、それは不明だらけです。

俳優時代は歌舞伎系の舞台俳優として活動し、牧野省三の経営する千本座の舞台に上がっていたとの記録もあり、映画デビュー前から牧野との縁があったということがわかります。



牧野省三の経営する千本座




満18歳の1909年(明治42年)に牧野省三との関わりがあったと考えられますが、横田商会(のちの日活を形成する1社)で映画出演の助演だと考えられる俳優デビュー、1914年から日活(日活関西撮影所)に入社と横田商会で映画出演はわかっているが、出演映画の記録は残されておらず、1915年の監督デビュー作とされる、記事の上部でも取り上げていますが、尾上松之助主演の『法華丈助』が、記録の最初として残されています。


横田商会 日活関西撮影所





社史で見る日本経済史 第79巻 日活関西東京両撮影所十週年記念写真帖

社史で見る日本経済史 第79巻 日活関西東京両撮影所十週年記念写真帖
152ページ、ゆまに書房、活動写真雑誌編輯局 

非常に貴重な映画関連の資料です。興味のある方はぜひ


社史で見る日本経済史 第79巻 日活関西東京両撮影所十週年記念写真帖

ゆまに書房 活動写真雑誌編輯局 






法華丈助東方仗助





沼田監督の監督デビュー作の法華丈助東方仗助、同じじょうすけ読みとながりです。

知らないうちに映画とアニメがつながっているケースです。時代劇はアニメともつながりが深く、史実も含んだフィクションを伴う共通通部分もあります。


髪型のことでキレる東方仗助

東方仗助(ひがしかた じょうすけ)は、漫画『ジョジョの奇妙な冒険 Part4 ダイヤモンドは砕けない』の主人公です。

ジョジョの奇妙な冒険 ジョジョの奇妙な冒険 Part4 ダイヤモンドは砕けない 東方仗助



ジョジョの奇妙な冒険 ダイヤモンドは砕けない 第一章 スタンダード・エディション [DVD]


主演山﨑賢人、共演神木隆之介、 監督三池崇史で「ジョジョの奇妙な冒険 ダイヤモンドは砕けない 第一章」として2017年に実写映画化しています。東宝とワーナーブラザースジャパンです。山﨑賢人東方仗助を演じ、ジョジョの奇妙な冒険といえば空条承太郎の印象も強めですが、空条は伊勢谷友介が演じています。


ジョジョの奇妙な冒険 ダイヤモンドは砕けない 第一章

山﨑賢人 神木隆之介 三池崇史

空条承太郎 伊勢谷友介









法華丈助蓮華往生とLiSAの紅蓮華&京都に蓮華寺の蓮華つながりの横道








法華丈助は江戸時代後期の侠客、蓮華往生(れんげおうじょう)という奇怪法で信者を成仏を怪しみ、法をうけ、信者を槍でつき殺すという犯行を予知、難を逃れ、悪僧らを捕らえ賞されたという話の中心人物、その映画のようです。


蓮華往生


蓮華往生(れんげおうじょう)とつながりがある蓮華、LiSAの紅蓮華もありますが、京都に蓮華寺という場所があります。

LiSA - 紅蓮華 / THE FIRST TAKE





[4K] 蓮華寺・栖賢寺 日本庭園・京都 2020 Renge-ji and Seiken-ji Japanese Gardens of Kyoto [4K]





今回記事の記事カテゴリーは”最近;映画情報”としています。今の映画を取り上げてもいるからですが、今の映画も過去の多くの先人たちにおかげで存在、過去と最近はつながっています。






日本映画史の中でも前代未聞の異例さも特徴






沼田紅緑の映画俳優デビューとされる、1909年から1915年のデビューの約6年間、多くの映画に出演していたことが考えられます。映画俳優時代の芸名が不明、出演作も不明、本数も不明、1本のデータも残されていない映画系の有名人としては、日本映画史の中でも前代未聞の異例さも特徴です。





これは日本映画の歴史の中でも、とんでもない大きな謎を秘めた人物だとわかります。この多くの謎にも彼の魅力があるといえます。




姉妹ブログ新記事
芸能高額年俸が報ずる先輩男の背中を追う後輩女 二大刺青からアメリカの顔VS日本の顔

姉妹ブログウラ道
最大ライバルのヒロインが出演する破天荒や敵の身内も取り込む荒業




関連記事
日々探求の励みに⇒にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへにほんブログ村こちらもポチ⇒映画(全般) ブログランキングへ

現実は時に厳しいが 未来に踏み出せ!

2022/03/01 19:52 | 邦画の探求COMMENT(3)TRACKBACK(0)  

コメント

アメリカアカデミー賞にゴマをする日本アカデミー賞はありえない

日本アカデミー賞、そこまでアメリカのアカデミー賞を立てる忖度のような日本アカデミー賞だった。日本人のプライドさえもないのだろうか。

濱口竜介監督作品がありえないくらい多くの部門を受賞した、

日本人そのものさえも馬鹿によるような酷すぎる。日本はアメリカの犬だというのか(賞がない頃が最盛期の日本映画)

もちろん、一定で作品が優れているのはわかるが、それにしても高評価が極端すぎておかしい。

また、元秋元アイドルの優遇も電○やテレビらしい問題点、

ノミネート(優秀賞)は相変わらず、CM関与俳優のスポンサー忖度も多い


最近の宝田○もおかしいが、今回の草笛○子に功労賞もおかしい、過去も機能している明確な映画代表作がほとんどないのに功労賞は辞めて欲しい。


No:390 2022/03/11 23:11 | アメリカアカデミー賞にゴマをする日本アカデミー賞はありえない #- URL [ 編集 ]

コレコレの配信暴露により、すとぷり(ユーチューブでアイドル的活動の歌い手集団)のリーダーのななもりの不倫(有名活動者、リスナーによるとキズ○アイ説がささやかれる)&子ども二人が発覚。

子どもはほぼ育児放棄、お花畑女信者は多くの証拠が出ても信じないのか、ハングレヤリチン反社の末路始まる。

ななもりは、呼びかけを無視し、会話上がらず、自宅に押しかけ警察を呼び、暴露配信止めようと工作するが失敗。

コレコレは流行ってもいない、日本人の情報収集の危険を持つ中国共産党アプリ(ロシアとずぶずぶの共産党)のティクトックの宣伝をやめろ。




No:389 2022/03/09 23:20 | すとぷりのななもりの有名活動者不倫と子ども二人が発覚 #- URL [ 編集 ]

偽善平和を叫ぶ中露の同胞を連日過剰に取り上げるNHKの悪意

NHKがおかしい、ここ数日、デモや平和をうったえるイベントや集まりを過剰に取り上げている。


”声を上げるだけでは何の意味がない”

国防のための法改正の署名や、左翼マスコミのテレビ報道への批判(左翼論者の橋下や玉川、青木を使うな抗議など)や、政治家への国防や安全保障の強化のメールなど、確実に運動しなければ、平和は守れない。

綺麗ごとの偽善の平和を叫び、声を上げて、気持ちがよい自己満足に浸る連中はただの馬鹿どもだ。ステレオタイプの左翼馬鹿の集まりに過ぎない。


流行だからといいたげに、ファッションで、かわいそうや偽善の平和を叫ぶ頭の悪そうな若い女たちをNHKが取り上げていた。このお花畑たちは、侵略が基本の、中国とロシアと同胞だ。逆に日本が平和に残る未来を邪魔しているように思える。

対話が通じない中露に対話しろと、あほな左翼たちばかり起用するテレビの報道系番組、このなんの価値もない中露と同胞の馬鹿どもを、連日取り上げている共産党支部ことNHKが、非常に危険だ。

平和を叫ぶなら、日本の国防や核所有の署名などを行え、ファッションで平和を叫ぶ若い女たちに言いたい。


No:388 2022/03/06 22:05 | 偽善平和を叫ぶ中露の同胞を連日過剰に取り上げるNHKの悪意 #- URL [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP | 

ブログ